グレースタイル ギャンブルフィッシュ
FC2ブログ
m9パール
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ギャンブルフィッシュのカテゴリーを新設しました。
ちょくちょく個別感想を書いていきたいと思います。

さてさて。
先週のギャンブルは、惜しくも菜っちゃんが敗退。
もう白鷺チームは一敗も許されない状態に。

強力な助っ人が一人でも欲しいこの状況。
一刻も早い月夜野さんの復活が望まれます。
さぁ、月夜野……今こそ愛の力でトイレという拷問場から舞い戻れ!

img666.jpg

一度はトイレから出たものの……

img111111666.jpg

やっぱり無理でした。
月夜野由佳、ダイスゲーム参戦またもや成らず。

戦ってへたれるならまだしも、戦うことすら出来ずにどんどんへたれていく月夜野さん。
初登場時、彼女がこうなるなんて一体誰が予想していたでしょうか。

巻頭カラー(めんどいのでモノクロスキャンしてしまいましたが)の文字がウン○みたいな色づけされているところが、さらに笑いを誘います。

意中の思い人を人知れず下の名前で呼ぶという状態まで再現しているのに、読者にこみ上げてくるのは萌えとはかけ離れた笑いと哀れみの感情のみ。
ヨゴレ役もここまでくると立派です。ヨゴレの天元突破ですよ。

とりあえず、拭きすぎて血を出さないようにしてくださいね、月夜野さん。
あ、でも、エリート校のトイレットペーパーはソフトなんでしょうかね。
ていうか、ウォシュレットついてるか。

さて、ウンコ・ウーマンの激戦はさておいて、今週のギャンブルフィッシュは巻頭カラーでした。
見開きでゲームセンターあらしみたいなポーズを取っているキノコが印象に残ります。
突っ込むのも疲れましたし、記事も長くなりますので経緯ははしょりますが、2回戦目の選手はキノコ水原に決定いたしました。
やった、前回の七点賭けが当たった。

しかし、対戦相手の宵鮫ヨシヲくんは(モデルはきっと山根先生本人コメント欄でMisfitsというバンドがモデルという事を教えていただきました。確かにソックリです)どう見ても一回戦の相手以上に凶悪な相手。

img667.jpg

間違ってもおっぱっぴーなんて言いそうにありません。

まぁ、援交組織を作るとか言っている女よりは、世界征服の方が微笑ましくて良いような気がしますが、それはそれ。
公衆の面前で犯罪シンジケートどうのこうの言っちゃってますが、でもそんなの関係ねぇ!

……教育の一環で銃の組立なんぞやっている奴に、水原みたいな公然猥褻カット野郎が敵うはずがないのですが……

ですが、この絶望的な状況を覆してこそ、興奮と感動とカタルシスが生まれるというもの。
キノコ水原……健闘を祈る!

ところで、ヨシヲくん、デモンストレーションの時点で既に最高得点を叩き出しているような気がするんですが。
ほんと、勝てるんですかね、この試合。まぁ、読者にそう思わせれば製作者的にはシメたもんなんでしょうけど。

しかし、勝負は一回のみ、ですか。
下手したら来週で決着がつくな。
ヨシヲくん、ひょっとして使い捨てキャラ?

画像の出典:「ギャンブルフィッシュ」 青山広美/山根和俊 秋田書店

追記
書き忘れたのですが、二人仲良く乗馬シーンには突っ込みません。
月夜野さんだけでイッパイイッパイです。

追記の追記
ダイス・スタッキングの説明してねぇ。タイトルにも入れたのに。
ま、いイカ。
山根和俊先生といえば、ムチムチした女の子です。
定金伸治先生のジハードの挿絵担当をしていた時も幼児体系という設定のエルシード姫を、こんな風に描いていました。

山根先生は、どんな時でも自分の意思を貫く男です。

ギャンブルフィッシュの作画でもそれは変わりません。
作中の女の子はほとんどが中学生。
だのに、登場する女の子はプリンちゃんばかり。

あくまでも、自分の意思を貫き通す山根先生に、胸がドキドキさせられたものです。

そんな山根先生が、今週、ついに禁忌を犯しました。
これがその証拠です。

img663.jpg

……バカなッ! 山根が貧乳を描いただとッ! 確率的にありえない!

確かに蛭子の設定はビッチロリータ系です。
でも、山根先生ならその設定をあっさり破ってくると思っていました。
正直……驚きましたよ。今でも、信じられないぐらいです。

ですが、これは紛れも無い事実なのです。
おそらく、このコマの蛭子を、否、蛭子の設定をめぐって山根先生と青山先生の千日戦争が行われたに違いありません。

10月18日……山根和俊が貧乳を描いた日(当たり前ですが実際はもっと前です)。
私は生涯、この日を忘れません。

自らの意思を曲げてでも、読者を喜ばせるシーン(実際問題、貧乳で正解だったと思う)を見せてくれた山根先生。
あなたは漢だ。

とゆーわけで、今週のMVPは残・念と言いながら中学生の下着を軽々と剥ぎ取るアビィ、ではなく漢の漢「山根和俊」に一票。

さて、ネタはここまでにして。
惜しくも菜っちゃんが負けてしまいました。
やはり、普段から裏街道を歩いているヤツらは土壇場で強いです。

菜っちゃん敗北ということは白鷺チームはもう一敗も許されません。
重要なのは次の出場者なわけですが……
一体、誰が選ばれるのでしょうか。対戦相手は確実にあの大柄の男だと思うのですが……
以下、予想です。

①予告の絵の通り、月夜野さん復活、出場
②仕方が無いのでとりあえず杜夢が出る
③水原出陣
④阿鼻谷を恐れた蛭子がまたまた裏切って杜夢側につく
⑤本物の秋野めぐみ登場
⑥新キャラ登場
⑦お待ちなさいッ!

とゆーわけで、私はこの7点賭けでいこうと思います。
個人的には⑥を推したいのですが。

次回もギャンブルフィッシュから目が離せません。
それにしても、今回の勝負は目の保養になりました。眼福眼福。

画像の出典:「ギャンブルフィッシュ」 青山広美/山根和俊 秋田書店
五桁の暗算ならとか言いまくってたのが、しっかりと伏線になっていたようで。
なっちゃんの提案は卑怯っぽいけど、ルールの隙をつくのはギャンブル物の定番なので、全然オーケーである。
むしろ、そこに気づかない人間は一生地を這う。

どうでもいいが、この学校は生徒の更生には無関心なのか。
むしろ、助長してる?
まぁ、他者を蹴落とすこと、頂点に上り詰めることを校風にしているからいいのかな、これで。
一応、裏社会の頂点って事ですし。

それはそれでおいといて、今回の杜夢はいつにもましてかっこよかったです。

img648.jpg

イケメンは何を言ってもかっこいいという典型的なカット。

それとは対照的だったのが、この水キノコのカット。

img646.jpg

正直すぎるよ、アンタ。
まぁ、中学生のあるべき正しい姿と言われたらそれまでですが。

個人的にナンバーワンだったのがこのシーン。

img647.jpg

アビィがクイズ番組の司会者だったら、視聴率はサザエさんを越えるであろう。

さて、来週からの展開だけど……
このまま、なっちゃんが勝つという可能性も少なからず出てきたわけで。
となると、杜夢が負ける可能性もあるっちゃあるんだよね。
なっちゃん勝ち、杜夢負け、月夜野復活だったらそれなりにドラマティックで意外性ありだし。

とっとと2連勝しちゃってマントの男を後で再登場させるという手もありますね。
当初の予想通り、月夜野2回戦に間に合う、そして敗北という展開も悪くない。(そうなると、月夜野の評価は最悪になるけど)

何にせよ、次回も楽しみです。

画像の出典:「ギャンブルフィッシュ」 青山広美/山根和俊 秋田書店
月夜野さんの華々しい退場っぷりは前回で触れました。

トイレに走った月夜野さんをよそに奈々となっちゃんの勝負が始まります。
負けたら一枚ずつ服を脱いでいくこの試合。
月夜野さんをこの試合で出さなくてよかったと思います。
彼女のことですから、一回負けたと同時に全部脱いでしまいそうですし。
ていうか、ダイス投げる前に脱ぐかも。

予想ですが、なっちゃんは確実に負けるでしょう。
ただし、たっぷりと時間を稼いで。

そうする事で彼女の杜夢への愛が一層引き立つと思うんですよねー。
負けても光る愛。美しいじゃないですか。
そして、満を持しての月夜野さん復活!
これぞ、美しい少年漫画の流れですよ。ねぇ、月夜野さん?

img642.jpg

………………ダメかもしんない…………

頼まれもしないのに脱ぎ、頼まれもしないのに脱○シーンまで披露。
彼女はどこまで自分を読者に曝け出すのでしょうか。

つくづく、この作品が少年誌で良かったと思います。
REDやヤンチャンだったら、夜の一人情事も披露してたでしょうし。
とりあえず、月夜野さんが脱肛でもしない事を祈ります。
誰か彼女に人肌に暖めたポカリを。

蛭子奈々と月夜野由佳……二大便器女の活躍を見られるのはチャンピオンだけ!

画像の出典:「ギャンブルフィッシュ」 青山広美/山根和俊 秋田書店

追記
乱雑に引き千切ってあるペーパーの表現が細かい。
青山先生のネームか、山根先生の脚色か、はたまた両方かわかりませんが、このトイレ描写は本物です。
良くおなかを壊す私が言うんだ。間違いない。
今週のギャンブルフィッシュ感想も兼ねて、月夜野さんの今までを軽くおさらいしてみたいと思います。

彼女が初登場したのは第3話から。

img630.jpg


連載開始初の強敵の登場に大いに期待したものです。
そして、4話でその実力の片鱗を見せ、続く5話で彼女がした事は……

img631.jpg

脱衣でした。
この辺りから、読者は彼女に別な意味での疑問を持ち始めます。

そして、続くBJ編。
キノコこと水原にイカサマを指摘され、彼女がとった行動は……

img632.jpg

またもや脱衣でした。それも嬉々として。
本来ならしてもおかしくない行動だったかもしれませんが、こんなに短いスパンで脱がれては読者もたまったもんじゃありません。
このあたりから、月夜野に脱衣女、脱衣マジシゃン、趣味は脱衣、露出狂の異名をつける読者が増えてきます。

そして、極めつけは単行本第一巻の帯。
編集によってつけられた「全裸マジシャン」の称号。
月夜野の脱ぎっぷりは全関係者&読者公認となりました。

この後の彼女はBJ勝負に負け、杜夢のドキ胸魔法にかかり、続くビリヤード編では背景になっていました。
背景になった過去ライバルキャラが前線に復帰するのは難しい。
誰もがそう思っていた頃、再び彼女は現れました。

img617.jpg

異常なまでにこっぱずかしいポーズで。
このポーズ+登場のタイミング+今までの行動により、ダイス勝負編での彼女の負けは確定と皆が思っていました。
かくいう私もそのクチです。

何があろうとヤムチャ化は免れないはず。
そして、ついに始まるダイス勝負。

その試合会場で彼女が取った行動は……

img628.jpg

img629.jpg

ヽ( ・∀・)ノウンコー

月夜野由佳、下剤を盛られ戦わずして退場。
………………彼女はどこまで読者の期待を裏切らないのでしょうか。

このままウン○で不戦敗という、汚名を被る事になってしまうのでしょうか。
それとも、史上初、オムツをしたまま戦う全裸マジシャンが見られるのでしょうか。
実際にそんな事が起きたら、次回のギャンブルフィッシュは間違いなくNice boat

便器女月夜野由佳の運命は如何に!

にしても、獅子堂学園に秩序はないのでしょうか。
何の関係もない生徒一人を拉致監禁なんて……
まだ、クローバーの世界のほうが平和です。

さて、メンバーが足らなくなった杜夢側はどうするのでしょうか。
菜摘が戻ってくるのは確定として、あと一人は……
キノコが司会兼参加者のような感じになるのでしょうか。
それとも、まさかまさかのお待ちなさい参戦?

何にせよ、次回がめがっさ楽しみです。
もちろん、便器女月夜野さんの処遇も。

画像の出典:「ギャンブルフィッシュ」 青山広美/山根和俊 秋田書店
獅子堂学園の生徒はまっこと現金な奴らよのぉ。
きっと杜夢がカイジ顔だったら、何にもなかったはずだぜ。
しょせん顔か! 顔なのか! キィ。

ふと疑問に思ったのだけど、他人がもらったプレゼントをもらって嬉しいものなんだろうか。
いや……あえて言うまい。正直に生きろ、キノコ。

それにしても阿鼻谷の神出鬼没っぷりは異常。
ここにくるまでに誰にも見つからなかったのだろうか。
まぁ、この人なら消え去り草ぐらいもってそうですが。

ダイスゲームの種目やルール、相手等は直前に発表のよう。
勝負の内容は相手が決めるので、相手側は好きなだけ対策を立てられる。
だが、こっちは何もできない。

普通に考えて2回戦以上の逆境だ。逆境のインフレーションだ。
それでも杜夢は勝負を受ける。ギャンブラーの誇りに賭けて。

睨み合う二人は迫力満点……なぜか二人には虫がたかっちゃってますが。
ていうか、舐めるな喰うな。明らかに毒手に使うようなタイプの虫だったぞ、アレは。

……この虫プレゼントが効いたのか阿鼻谷ゼミと戦おうとする人間はさらに減少。
しかし、杜夢の前に強力な味方が現れる!

その名は全裸マジシャン、月夜野ーーーーーッ!!

img617.jpg

img618.jpg

もう、ダメだぁ……
なんていうか……その……この時点で死臭がするんですけど。
ああ、見える見えるぞ。先発で出ていって華々しく散る彼女の姿が。
ていうか、度胸も何も途中で気絶したやんけ、お前。

とりあえず「気持ちは嬉しいけど……」と言われて断わられるに一万脱衣賭けるぜ。

ま、まぁ、百歩譲って彼女が仲間になるとして三人目を誰にするのかが問題だ。
個人的には新キャラ希望。それも杜夢レベルのイケメンだ。
ただし、性格はダーティ。これならライバルキャラとして後に再利用可能だと思うんだがどうか?

あ、でも、あえてオタクタイプのキャラにしてもインパクトありそうだ。
催眠術の村越進太みたいなタイプ。

こういう予想をするとワクワクが止まらないぜ!
とか何とかいって美華さんが選ばれちゃったらどうしよう。
有り得ない事ではないんで恐ろしいです。
来週もギャンブルフィッシュから目が離せません。

画像の出典:「ギャンブルフィッシュ」 青山広美/山根和俊 秋田書店
「フルセット」 梅田阿比 秋田書店
まず、キノコの着ているシャツで爆笑。
あのシャツを懸賞にすべきだろ……常識的に考えて。
浮世離れした携帯ストラップを着けているキノコだが、シャツを中に入れるという暴挙には出ていないらしい。
それにしても、学園から都市部への距離って結構近いんだな。

朝比奈との対戦の練習のためビリヤード場に来た杜夢達。
そこにいたのは菜摘の伯父である達彦。どうやら彼はビリヤードのプロらしい。
友達の伯父が都合よくプロ……すばらしく漫画的展開だ。

しかし、菜摘のイケメン好きは……ほんとに……
せめてキノコも紹介してやれよ。

達彦からビリヤード手ほどきを受けようとする杜夢。しかし、達彦はそれを拒絶する。
どうやら杜夢の悪評はネットを通じて広まっているらしい。
まぁ、広めたのは学園の誰かだろう。

コーチの話を断られた杜夢達の前にある男が現れる。

img504.jpg


img505.jpg

勇次郎のような笑い方をしながら現れたこの男は五木島。
決してコピーを多用するあの漫画家さんではありません。

どうやらこの男、賭け玉専門の裏プロらしい。
言われてみると、メタボリックな体から闇の匂いがしないでもない。

上手い事を言って達彦をノせる五木島。プライドの高さが災いしたか。
その結果として達彦は第一ゲームを落としたも同然の状況に。
そして、五木島の攻めが始まった。

img506.jpg

この最後のコマは普通にカッコいい。
さっきまではカロリーメイトはおやつとか言いそうなオーラが出てたのに……

おそらくこの五木島がビリヤード勝負のコーチ、もしくは代打ちになるのだろう。
アビィがいなくて寂しがっている読者に第二のオヤジをあてがってくるとは……
青山も山根も出来ておる喃。

しかし、この男の性格からすると確実に対価を要求してくるだろう。
例えば、ほら……対戦相手の姉ちゃんを好きにしていいんやな、とかさ。
そんでもって、ギャンブルフィッシュSAGAになるわけですよ。うん、こりゃ売れるな、この漫画。

画像の出典:「ギャンブルフィッシュ」 青山広美/山根和俊 秋田書店
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。