グレースタイル ラインバレルアニメ版準拠読みきりを読んで思うこと
m9パール
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
※まだ本誌出張の読みきりしか見ていないのでアニメ視聴者には的外れな指摘かもしれませんのでそこのところ注意。

とりあえず、原作との違いは早瀬が現在進行形でいじめれている事でしょうか。
いじめれている期間が長い分、正義の味方への願望は原作よりも強くなっているっぽいですね。
ラインバレルに乗った時なんか、いきなり邪気眼モードマックスだったしなぁ。
押さえつけられていた分、反動がすごいというか。

まぁ、そこらへんは一話で視聴者を引き込むための処置なんでしょうね。
無力な人間がいきなり力を~の方が確かにわかりやすい。
ただ、無難といえば無難な展開になってしまっているのかなぁ。

原作では、早瀬はある程度力を手に入れて(ファクターしての力)、そこからラインバレルゲットという流れなので、ラインバレルゲットまで早瀬は無茶苦茶調子こいている状態があったんですよね。

それこそ、友人にこんな事言っちゃうぐらい。
CADUP6EA.jpg
もっとも、彼は自分が馬鹿な事言っているという自覚はあると思います。

好きな人を守りたいけど守れない悲しさ、その好きな人が他の誰かに守られている悔しさ、その他の誰かに自分までもが守られている惨めさという負の感情がこびりついている早瀬。

そして、ファクターの力を手にいれ、強くなってもまだ好きな人を守れないでこんな事をしているのが原作の早瀬君なのですよ。

この序盤のキャラ立てがあってこそ、早瀬浩一のキャラは今でも強く輝いているんじゃないかなぁ、と思うわけなのです。
なので、アニメ版では原作同様に主人公の存在を強く描いてもらいたいと思います。それこそ、ラインバレル搭乗時以外でもガンガン早瀬を押し出すべきかと。
強烈な主人公が出てくるこの作品において、彼が没個性になってしまうのが一番の改悪だと思うので。

ロボを動かしたり、美少女を裸にするのもいいですが、そういった地味な点もしっかりやって欲しいところ。
後は、よっぽど原作レイプをしない限り、神作にはならないけど、良作ぐらいにはなってくれるんじゃないかなぁ。
その原作レイプが心配……ではあるんですけどね、制作がGONZOだから……。
そのあたりはスタッフの手腕に期待したいです。

何にせよ、動きがあることは良いことです。特に秋田にとっては。
全2クール、全力で痛くしちゃってください。

ネット放送は今月11日から。
古き良き、ではないですが、ロボアニメ好きならお勧めします。

画像の出典:【鉄のラインバレル】 清水栄一×下口智裕 週刊少年チャンピオン 月刊少年チャンピオンRED 秋田書店

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\r
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://graystyle.blog79.fc2.com/tb.php/967-d3c120f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。