グレースタイル 【最強の男とは誰か?】らいでん一巻 塚脇永久
m9パール
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月刊少年チャンピオン連載中。

江戸時代に実在した力士・雷電為右衛門。これは彼の若き日を描いた物語である。


現代(2008年)において、最強と称されるオランダの格闘家エミル・ハーン。
そんな彼が人類史上最強と崇める雷電為右衛門。エミルはそのルーツを探るため、二本に来るが……。

と、ここで話が江戸でタイムスリップ。何と雷電(幼少時は樽吉)自身の話にシフトしていく。
なので、エミル自身が雷電のルーツを暴くといったルポ的要素、お勉強的要素は無し。
史実を完全再現(ある程度は正しい模様)という風でもなくどちらかといえばif的要素が多めで、あくまでも少年漫画している。

現在と江戸を行き来する構成はちょっと違和感を感じるところもあるが、二巻ではそれが重要な意味を持つ。

展開が月刊漫画の水準以上にスピーディーで読んでいて気持ちがいい作品。
昨今の相撲業界のあれこれにうんざりな人はいっそこれでスカッとしてみては?
……そんな人は漫画読みませんかね、そーですか。

いや、でも、実際にテンポはすごくいいですよ。

バトル描写は躍動感があり、迫力満点。筋肉の描写も良い。
古き良き少年漫画が読みたければ、迷わずお勧めします。

帯コメントは10万24歳のあの方。確かに最適な人選だ。


よそ様リンク
マンガ一巻読破様


今のところ、レビューが一巻読破様以外見つからないなぁ。面白いのに。
色々な意見を読みたいので、他にレビューしてるとこを知っている方、または自分がレビューしたよ、という方は教えてください。次巻以降の感想の参考にしたいので。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\r
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://graystyle.blog79.fc2.com/tb.php/956-40e9f8d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。