グレースタイル 【小野田坂道、灼熱の時間】弱虫ペダル二巻 渡辺航
m9パール
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊少年チャンピオン連載中。

裏門坂編クライマックス! そして、鳴子との出会い。

この二巻は坂道の転機となる巻ですね。
鳴子との出会いにより、自転車で自分の求めるものを坂道が見つけ始めてきます。
しかし、見開きの使い方がかっこいいよなぁ、渡辺先生。

後、タイトルに灼熱の時間とつけてしまいましたが、今現在、本誌でやってる方がそっちに相応しい状況かなぁ。後、渡辺先生の制作状況もそんな感じだと思うよ、うん。

ここからしばらく(三、四巻ぐらい?)はウェルカムレース編が続くので、オタクである坂道が好きな人は脳を切り替える必要があるかも。
自転車をやる動機はオタクのそれなんですが、レース展開は完全にスポーツ漫画の形式ですからね。
そのあたりの落差を楽しむのもまた良いと思いますがね。

まぁ、渡辺先生の事だから、レースが終われば少しはアキバ編なんかもやってくれるんじゃないかと期待してみたり。

おまけページは前巻と同じ取材日記。先生の人柄が出ていて良い。

一巻感想はこちら

よそ様リンクは無し。レビューサイトが多い作品なので検索した方が良いかと。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\r
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://graystyle.blog79.fc2.com/tb.php/955-23df23d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。