グレースタイル 週刊少年チャンピオン35号
m9パール
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
・なんかページめくるたびに女の子の顔が違うんですけど。しまむらの広告の方がまだマシに思えるから不思議だ。
・二つ終って一つ始まりました。枠が空いたのでしばらくは打ち切り心配しなくていいのかな。と、思っていると終わるから秋田は怖い。
・疵面再開だと……いいのか、それは。

釣り屋ナガレ(新連載)
竹下けんじろう、新連載。
同名読み切りを過去に掲載したので、順当な繰り上げ連載のようで。

読みきり時はスイカでクロダイを釣るという海老も真っ青な内容だったが、今回はイカ釣り。
チャンピオンの準看板娘をいきなりターゲットにするあたりが面白いでゲソ。ある程度はわかってるんだろうなぁと勘ぐり勘ぐり。

読みきり時に封印していたオニャノコも惜しげもなく投入。むしろ投乳。片方は間違いなく無乳だが。
連載作品としてはいい判断ですね。どんな作品にもある程度の花は必要だ。

かるたの影響は多少はあるだろうが、押しつぶされずに連載していって欲しいところ。
少なくともじょっぱれナガレにならないように……ね。
ところで、ラストのカラーページって実写取り込み……?

ヤンキーフィギュア(最終回)
筆児が告白して、さくら元に戻ってオッケーして、美星はネトラレで……。
まとめるべきところ、回収すべき点などはすべて終えてくれたので最終回としては満足でした。

が、作品全体に関してはあまり満足できませんでした。
何というか……中途半端な面が目立つ作品でしたね、私にとっては。

筆児のオタク描写はとってつけた感じだし(主人公なんだからそれだけは徹底してほしかった、あれは身近なオタク像でもなんでもない)、さくらはヤンキーというよりただ言葉づかいが変わっている子だし、オチのさくらの下着姿は白ばっかだし(ここがもっとも重要)。
父親の話や、おっぱい王子も強引なまとめ方だったしで、なんだかなぁ、な印象。

整合性なんかはある程度なくても良い突っ込み所になっていいのですが、中途半端なのはやめてもらいたいところ。
お疲れ様でした。

LOOK UP!(最終回)
で、これもまた最終回。新連載の中で一番最後に始まって、一番最初に終わるとはね。
ほんっと、ベテランにも容赦しませんね、秋田は。

さて、このLOOK UP!ですが……。私はこの作品が大好きでした。
始まる前は私にとって最も期待できねい漫画でした。
第一話を読んでからは、ちんこ出すとか可笑しいだろ一話目でそれは無い、と思っていました。
が、第二、第三話を読んでいくたびにその考えはいつしか真逆のものになっていました。

いったい何が私の琴線に触れたのか……。
一見さんお断りのような絵か、ちょっとヤバゲなネタや痛い展開か……。
確かにそれもあるかもしれない。私にそういった嗜好があるのは否定しない。

が、本当に私が惹きつけられたのはそれらの後ろに隠れていた緻密なスポーツ描写と真っ直ぐな展開だ。
一目でわかる人物の動き、人数が多いスポーツなのにごちゃごちゃしない画面。瞬を起点に集まる仲間達。

これらの要素が、始めは(作品にたいして)下をむいていた私に上を向かせた。
そう、私がこの作品に対してLOOK UP!させられたのだ。

それほどまでにこの作品は素晴らしいものだった。だからこそ、ここで終るのは納得できない、と言いたいが……言いたいが……そう、終わる理由も納得できるのだ。
やはり、上記の要素(絵、痛いネタ)が多数の人には受けなかったんだろう……。
が、それでも作風を変えず(むしろパワーアップさせながら)最後まで作品を導いた水穂先生はまさに漫画職人だと思う。

あえて残念なところを挙げれば、聖の存在がただのクダ巻き親父になってしまった事が悔やまれるなぁ。
尺の問題でこればかりはしょうがないような気もするが……連載がもう少し続けば何かやらかすであろうキャラだっただけに残念だなぁ。

……長くなってしまったけど、水穂先生、本当にお疲れ様でした。巻末コメントが実現する事、祈っています。
そして、最後に。

最終回だからってク○ト○スはねーだろ、百歩譲って脱糞までがセーフラインじゃこらぁ!!

範馬刃牙
克己、完全覚醒のようで。バシャアという音はガラスを割った音だったんですね、近隣住民大迷惑です。まぁ、爆発の方が迷惑だと思うけど。
克己が着々と(?)対ピクル用の技を開発するに対して、我等がバキくんはリアルシャドーでピクル対策を。
それ、勇次郎にダメダヨ! って言われたばっかりなのに……。こんなところで反抗期になる必要はないよね。

後、今週一番のサプライズはなんといっても末堂の復活でしょう、実に七年振りですよ。
七年……小学生が中学生になってしまうほどの時間ですよ……。
長かった。本当に長かった。末堂……何の感慨も湧かないけど、お帰りなさい。
話題にしている人が少ないところが泣けますね。ケイ、ウリャ!

クローバー
地味に安藤さん再登場フラグが立った件について。
あれですね、モジャ兄弟がヤバゲなところに颯爽と登場するパターンですねわかります。

「あ、安藤!! 生きていたのか!!」
「フッ……笑止。この俺がうんたらかんたら」
みたいな感じで再登場するんですねわかります。

みつどもえ
ウンコーな回でした。
ふたばはなりきりキャラが徐々に定着してきたなぁ。最初がハート様、次が吉岡たん、今回がバネドリル(風邪の回はひとははカウントしていいものか微妙なラインだけど)。
となると、次は宮丸さんあたりが候補なのかな? 

後、しんちゃんはふたばのウンコーを見る気まんまんで家に行ったのだろうか? 仮に見ないとしてもある程度の興味があったのだろうか?
これ以上はFC2に怒られそうなのでやめますけど。

ギャンブルフィッシュ
一方、天狗は五木島を暖めた。
あのぅ、美華さん? パンツは脱がなくて良かったんじゃないでしょうかね?
なかなか体を張るお嬢様ですわ。

弱虫ペダル
初めて寒咲さんが愛おしく思えたような気がする。今まではちょっと黒い部分が見え隠れしていたので……。でも、今回を見る限りではちゃんと女の子でした。
部長はどうみても保護者。

追記
何と、9月13日の土曜日に渡辺先生がサイン会をやるそうですよ。
パニッシャーに続いて新連載組が優遇されてますねぇ。でも、これはこれでいいことですよ、ほんと。
いきてーなー、サイン会。でも、整理券制かぁ……うーむ。

パニ、ペダルと来てるから次は悪徒のサイン会なんかやってくれるのかな。かな。
でもって、次は覇道で、最後はルック……なんだか悲しくなってきたからこの話やめやめ。
……にしてもずいぶんと明暗が分れたもんだ。まぁ素直に喜べばいいのさー。

ナンバMG5
良いギャグ回でした。ガリガリくん……確かに似てるわ。

ストライプブルー
久々に肝尾先輩のターン!!
打って良し、走って良し、守って良し、頭も良し、何というパーペキ人間だ、肝尾先輩。
顔? 顔なんか記号だからどうでもいいですよ。
でも、これだけの選手なのに相手校には「この肝尾ってやつは……」扱いなんですね。チェックしてるところいねぇのかよ!

検大附属は相手チームを舐めすぎなところが敗因になるんだろうなー。

マイティハート
パイ人という名前はどうにかならなかったのだろうか。語感的にタイ人に失礼なのではないだろうか!
まぁ、チャンピオンにはタイ人(というかムエタイ)にもっと失礼にしている漫画が載ってるけどねー。

聖闘士星矢 冥王神話
決死の聖衣クロスアウツ! 模型的にはキャストオーフ!
そして放たれる廬山龍飛翔!! が、無残にも童虎死す……。
って、死んじゃだめだろ、史実的に考えて! 
原作への大いなるリスペクト精神を持つ手代木先生の事だから、ここから何かしらで童虎を再登場させるんだろうけど……あそこまで打ちのめされた状態からの復活ってちょっと思い浮かばないなぁ……。
唯一、あるとすればMISOPETHA-MENOSで出血を抑えつつ回復を図るという方法でしょうかね。
これなら史実的にも合う! ツジツマが! 童虎自身は崩れた城から発掘すれば何とかなるでしょうし。
ただ、戦線復帰は難しそうですね、それが残念といえば残念。

後、紫龍がやたらと脱ぎたがる理由がやっとわかった気がします。
つまり、テンマも全裸になった時が(ry

覇道
おお、この盛り上げ方はうまいですね。見たところどっちもパワータイプだから短期決戦になるのかな。
もっとも、キヨマサはチート気味のタフネスが最大の武器ですけどね。
さて、どうなるかな。

現代怪奇絵巻
>きれいな女性が~
二次元キャラ以外で、綺麗系は初めて見たかも。

>エロから隔絶された~
チャンピオンPINKっていったい……ちょっと秋田さんは一度でいいから創刊してみてくれなイカ?
シーラカンスの表紙はたぶん邪王だよね。

CTC
どきどき痴女神判やってみてー! でも腹以外タッチする場所なさそうだ。
デジェルが早速の人気でたまげた。

月例フレッシュまんが賞
北方欧州先生の「DMM症例見本」が気になります。なんか全体的に評価も高いし。
あらすじを見るだけでいかにもな匂い(キワモノ的な)がしますよぉ。一時期に比べギャグ作品が減ったのでここらで新人さんを何人か投入してみるのもいいかもしれませんね。

ちなみに、北方欧州先生は25号で女装怪人という作品を投稿していました。
おそらく背負う業がかなり深いのでしょう。チャンピオン的に楽しみな人です。

次号予告
範馬刃牙が一挙二話掲載。まぁ、これは別にいいや。
それよりも驚いたのが疵面の袋とじでの復活ですよ。REDであんな終わり方をしておいてしれっと出てくるのはなんだかなぁ。誰が悪いとかそういう話じゃないんだけどさぁ……。

ていうか、REDでやってたんだからREDでやるべきではないだろうか? 
そもそも任客立ちの起源ってグラップラー刃牙でやったような気がするんだけど。私の気のせいだったっけ。
……まぁ、面白ければなんだっていいんですけどね。マイナスラインからのスタートだから評価の眼は厳しいものになるかもしんなーい。

悪徒がセンターカラー。これは待ってました。

後、付録で山本梓ミニ写真集がつくそうで。そのせいかどうなのかはわかりませんが、お値段が270円という超大台に。
…………チャンピオンヒロインの写真集の方がほしーよー。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\r
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://graystyle.blog79.fc2.com/tb.php/926-d6c5e4c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
・週刊少年チャンピオンマスコットガール選手権-高校生大会-開会式 アンケートでの読者採点及びサイン入りチェキの応募数で人気を競うという...
2008/08/03(日) 23:26:25 | 赤い放射能に汚染されたブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。