グレースタイル 【良く見れば 見破れるよ 表紙詐欺】木々津克久 フランケン・ふらん二巻
m9パール
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャンピオンRED連載中。

眼球の移植手術を局部麻酔……もうこの時点で頭がおかしくなりそうだ。
それでも恍惚の表情を浮かべるふらんを間近で見れるなら……。

一巻以上に過剰な善意を振りまくふらんがまぶしいなぁ。

エピソード10、連載当時は耐えられたが、単行本で改めてみると……やはり、絵面は最悪だな、うん。
しかし、あの極限状態で異性を犯すなんて考えが出てくるものなんだろうか。とても勃つとは思えない。
補足エピソードがカバー裏に載っていたけど、さらに最悪な絵面になっていて笑えた。部屋を掃除したくなりました。

エピソード11は収録されている中でも一番秀逸な話だと思う。
患者が手術できないなら、医者を手術すればいいじゃない。いや、そういう話ではないのだけど。
ジェドラル医師の今後が気になる。このまま医療神の名を欲しいままにするのか、廃人まっしぐらか。

今巻初登場となるふらんの妹分、ヴェロニカはふらんとは真逆の存在。
殺すことを旨とし、ショートカットでMなのだ!
……Mというのは正しくないか、受けキャラといった方が正しいな。

事実、話の最後では電極によるお仕置きを喰らうし、本誌連載分では逆さ吊りを喰らったりもしている。
そのくせ、なんだかんだで拠り所であるお姉さまがLOVEなのだ。何この、萌えっ子。
訂正、やっぱりドM属性だわ、この子。

そんなヴェロニカたんだけど、収録数の関係か、今巻での出番はラスト一話で終り。
三巻分に期待しましょう。
おまけページである程度、補完ができるのが嬉しいところ。

先生がたまに本誌に描いていた禍談も収録。
何といっても変態ガキのエピソードが素晴らしい。萌えは人種を超える!


すべてにおいて一巻からパワーアップしているので、一巻所持者は買っても損なしです。
表紙買いした人も、半分ぐらいは楽しめてるんじゃなイカ? 知らんけど。

http://graystyle.blog79.fc2.com/blog-entry-679.html(ウチの一巻レビューはこちら)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\r
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://graystyle.blog79.fc2.com/tb.php/920-588fb44d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。