グレースタイル 浦安鉄筋家族ウィンター増刊号
m9パール
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一回書いたのに消えたんだよ、ちくしょう。

浦安
ギャグ漫画家はカツオブシとはいうものの……
浜岡先生は持ちが良いカツオブシですね。

ベストセレクションなだけあって全てが高水準な内容。
中でも垣ネタは抜きん出ている印象。やはり、人気があるだけはある。
個人的には新作その2もお気に入り。なんでツナマヨはあんなに旨いんだぜ?

24のひとみ番外編
番外編とは名ばかりのいつものひとみ先生。
ひとみ先生はいつから嘘をついているのだろう。
赤ん坊の頃まで戻る必要がありそうだ。

博士と僕
矢上裕、読みきり。

さすがはベテラン。下ネタメインだが、下品だとは思わせない内容。
もう少しページ数が欲しかった。

みつどもえ<おしょうがCHU>
ひとはの主婦姿は何度見ても良い。
私が配達員だったらあの年賀状はパクるね、容赦なく。

サナエと不思議な黒い猫
施川ユウキ、読み切り。

クロの表情が一切無いのには何か意図があるのだろうか。
そんな事を考えれば考えるほどハマっていく作品だった。
深い意味は無いと思うけど……うーん。

ギゼンダーマン
沼田純、読み切り。

偽善を行うヒーローの話。
読んでいて偽善の定義とは何だろう、とこれまた横道に逸れる。内容は……まぁ、いつもの沼田先生でした。
クロスレビューパロが通ったことに驚き。

メイキング・オブ・マイティ♥ハート
いやーん、タイトルながーい。
内容はマイティハートとは名ばかりの楽屋裏ネタ。

この手の作品は(増刊号に)一作あれば良いスパイスになりますね。
にしても秋田書店の編集はヤクザだわ、全裸だわでロクなのが……治外法権か、あそこは。
まぁ、楽屋裏ネタをやると大抵編集者は外道に描かれてしまうのですがね。

星蔵仁義
これは間違いなく椿ナイトクラブ番外編。
ある意味、ひとみ先生よりも番外編してます。

なわけで、ファンでないとサッパリな内容かと。
もっとも、私は楽しめたからそれで良いけど。椿終了は33号だったか……もう結構経ってるんだなぁ。

侵略!イカ娘 in Winter
オチで夏に戻った事に少しホッとした。やはり、この作品には夏があってるでゲソ。
そうじゃないとイカちゃんが寒そうです><

ミディアムグレイヒーロー ヤンキーライダー
タイトル長い! でも、そんなの関係ねぇーー!
降臨! 満を持して! 園田ともひろ登場ッッ!!

内容はいつもの園田ともひろなんですが、今回はギャグが切れに切れまくってた印象。
まさに秋田書店の切れたナイフ!

冒頭の卓球~云々のくだりで確信しましたね。あ、この作品はやべぇな、と。
そこからの展開はもうね……ニヤニヤしっぱなしですよ。

個人的にはこの増刊号の中で最高の作品でした。600円が全然惜しくねぇ。
なわけで、園田先生には今すぐにでも秋田書店にカムバックしていただきたい。
そして、最終的には「はぐやん! とんじる」の復刊だぁーー!
いや、ほんとピクピクパァーがもう一回見たくてたまらんのですよ。

まぁ、オーバードライブの頃に感じてた不安を払拭してくれただけでも良かったです。はー、満足満足。

ヒーローさんいらっしゃい
第64回新人賞、竹野嘉恵デビュー作。
園田ともひろで満足した私の心をさらに満たしてくれた作品。

孤独ヒーローと等身大な子供達の交流がすごくマッチしている。
これで新人とは素晴らしい掘り出し物だ……

こういう人がいるから増刊号のような新人発掘雑誌の購入はやめられませんね。

恋愛成就ツアー らぶのり
本誌では既にデビュー済み。男マネさるたひこを掲載した伊藤正臣先生の作品。
前作は妙に読みづらく、キャラも硬い印象があったのですが、今作ではそれがキレイさっぱりと解消。
なびきの表情も生き生きしており、高水準なドタバタギャグ作品に仕上がっている。

後、お腹周りの描き方がエロくて良いと思います。
太ももの汗も。
img695.jpg


総評
全作品、レベル高すぎです。
これなら1000円でも無問題。文句? ねぇよ。

強いて言うならヒーローを題材にした作品が多かったかな……目次で作品名を見てやっと気づくぐらい些細な点ですけどね。
マイナスにもならないや。

とゆーわけで、全12作品、604P、総額600円。
迷うぐらいならとっとと買っちまうが吉ですよ!
え、600円が勿体無い? その考えこそが勿体無いと気づけ!!

画像の出典:「恋愛成就ツアー らぶのり」 伊藤正臣 秋田書店
コメント
この記事へのコメント
らぶのりのその絵はお色気シーンだけどなんか健康的でいいですね。
本誌での本格連載も近そうです。
2007/12/25(火) 14:15 | URL | 木本 #-[ 編集]
健康的なエロスって大事ですよね。
狙ったエロスよりもこちらの方がエロイ事も多いし……

とりあえず伊藤先生にはもう一度、本誌に来てもらいたいです。
2007/12/26(水) 17:09 | URL | Sinsen #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\r
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://graystyle.blog79.fc2.com/tb.php/706-73b4dfd1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。