グレースタイル ファンレターの書き方「漫画家編」
m9パール
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
漫画家編とか書いてあるけど、漫画家にしか出した事ありません。
あくまでも私個人のやり方ですので、この書き方が100%正しいわけではないのですが、参考にしてくれれば幸いです。


何に書くのか
官製はがきor便箋。
個人的には官製はがき推奨
開封の手間も省けるし、漫画家さんも作業の合間にちらっと読んだりも出来るので。
広告の裏とか千切ったノートはあんまりお勧めしません。

返信はがき等は必要か
これ、最も気になることですよね。
返事を催促しているみたいだから返信用はいらないという意見や、作家への負担を減らすために入れるべきという意見もあります。

私自身は前者の理由からつけません。
向こうがそう取ることは無い、と考えても私はつけません。(たまに欲しい人はつけろ、って漫画家さんもいるみたいですが。)

でも、そもそもファンレターは返事が来る事を期待して出すものじゃないですからね。
その点から見ても返信用はいらないんじゃないかなぁ。

何を書くのか
率直な意見、感想。感情をぶちまけるがええよ。
建設的な批判なら書いても大丈夫だと思います。
誹謗・中傷は当然NGです。編集者が渡さないと思いますが。

それと、他作家への誹謗・中傷もNGです。
ファンレターを出した漫画家さんが、その漫画家との付き合いもあるかもしれないし。

なるべくその日に出そう
書いたその日にそのままのテンションで出しにいくのが吉。
次の日になると冷めてる事があるかもしれませんし。
そんな事ないよ! って人はじっくりと書きませう。

同封について
プレゼントを同封する事についてはやった事が無いので良く分かりません。
ただ、色紙を入れてサインお願いしますは絶対にノゥ。人としてノゥ。
もちろん、漫画家に出すときに限らずね。


まぁ、大体こんなもんでしょうか。
後、書き方とは関係ないことですが、返事を期待するのはやめた方が良いでしょう。
始めに書いたとおり、ファンレターは返事が来る事前提のものではありません。

ファンレターの返事がこなかったからといって、この人は良い漫画家、あの人は嫌な漫画家とかレッテル貼りはやめましょう。
こっちが出すのは一枚、向こうが受け取るのは多数……ですよね。

以上です。
……あ、言い忘れたけど、差出人の名前はちゃんと書いておいた方がいいと思います。
返事が来る事前提じゃないんですけど、こればっかりは一応ね。
それに差出人不明って不気味やん。

追記
手書きが一番です。
コメント
この記事へのコメント
はじめまして。
ゴルゴ31さんとこから来ました。ryokeithです。

学生の頃は漫画というものが占める割合が今よりずっと大きかったので、
結構頻繁に葉書でファンレターを出していました。
それこそ、連載時の感想や、時には昔の作品を読み直した感想を書き連ねてました。

特に「BE FREE!」「まじかるタルるートくん」「東京大学物語」に夢中だったので
江川達也先生にはかなり頻繁に書いてました。するとその時期の年賀状が江川先生から届くようになりました。

その頃は本気で嬉しかったです。
三年間ずっと年賀状が来ました。

結局、自分が社会人になってからは葉書を書かなくなり、しかも引越しもしたので届かなくなりましたが。

その時期に荒木飛呂彦先生にも何度かファンレターを書き、一度だけ暑中見舞いの葉書が来て大喜びしました。ちなみに4部の仗助の頃でしたので当然仗助の絵でした。

昨日の夜たまたま久しぶりに江川達也先生と荒木飛呂彦先生から頂いた返事を見返してたので、
ついつい書き込んでしまいました。

どちらの返事も10年以上も昔にもらったものですが(汗。

今でも大切にそれぞれ画集に挿んで保管してあります。
2007/09/14(金) 15:09 | URL | ryokeith #2WdbYHDY[ 編集]
俺も昔、江川氏のGOLDEN BOY読んで、ファンレターってほどのもんでもなものを
封書で送ったら、年賀状が届いたよ。
両面とも、手書きではなかったけど。
2007/09/14(金) 20:16 | URL | k #-[ 編集]
>ryokeithさん
コメントありがとうございます。
基本的に返事はこないと分かっていても、来るとむちゃくちゃ嬉しいものですよね。

三年間、連続で年賀状を送るって律儀ですね、江川先生。羨ましい。
また、これを機に書いてみるではどうでしょうか。

>kさん
コメントありがとうございます。
江川先生の返信率の高さに驚きです。
売れっ子になるとファンレターを読むのも一苦労だろうに……
2007/09/16(日) 15:02 | URL | Sinsen #-[ 編集]
マイナー系の漫画家にファンレターを送ると・・・
僕は2月から4月にかけて7人の漫画家に編集部宛で手紙を送ったのですが
返事の手紙は一通もきませんでした
なので9月に作家のサイトやメールで私の手紙が届いたのか質問したら
4人の作家から「手紙は届いてない」「問い合わせたが編集部に手紙が届いてない」という返事をされました
このサイトにリンクされている国○○づ○にも「編集部に手紙が届いてない」と返事されました

そんなバカなことがあるのですか?
僕は今年の1月に「こちら葛飾区」の秋本治先生から年賀状の返事の手紙をもらったのですよ

つまりマイナー系の漫画家にファンレターを送るとロクなことになりません
2009/11/29(日) 12:12 | URL | L #mQop/nM.[ 編集]
それは難しい問題ですね
そうですね、それは編集部でお眠りになってしまっているケースですね。

渡すのがはばかれたり、怠慢だったりと色々わけはあるみたいですが。

私の場合そのようなケースが無いのでこれ以上のことはいえんばくて申し訳ありませんが……。

>マイナー系の漫画家にファンレターを送るとロクなことになりません
まぁ、そういうことが起こってしまったのならそう思われても仕方がないかもしれません。

ですが、それでも好きな作家さんにはファンレターを送ってあげて欲しいな、と思います。
一度、編集部に問い合わせれば次からは届くと思いますよ?
2009/11/29(日) 22:21 | URL | Sinsen #-[ 編集]
漫画家さんが連載してた雑誌を離れるときに原稿の返却やらなんやらをお願いしたら、
ファンレターも渡されて、連載中は全然こなかったのにと担当に話をしたら、一部捨てられていたという事実が発覚して憤慨したっていう話を聞いたことがありますね。
これはまぁ出した側にとっては、そりゃ色んな思いを込めて書いたものですから「編集の野郎!」っていいたくなるかもしれませんけど、
そもそも大手はともかくマイナー系の編集部になると(画報社とか)編集者の数も少ないとこがほとんどですから、それだけ一人辺りの仕事量も増えるんですよね。
だから編集も忙しくてそこまで手が回らないのかもしれません。
渡すならばファンレターの内容もチェックする必要がありますしね。そうなると、本業は漫画を作る仕事ですから、必然的に後回しにされるのは仕方のないことかもしれません。

そういった事情を考慮すると、そのファンレターが届くのはすぐかもしれないし、連載が終わった後かもしれない。届かないかもしれない。
でももし届いたら、きっと漫画家さんは嬉しがるでしょうから、碌な事がないなどと言わずにこれからもファンレターを出す出さない関係なく応援してあげてほしいと僕は思います。
2009/12/01(火) 14:18 | URL | ナナシ #-[ 編集]
まあ僕はファンレターが届かなくても漫画家を応援しているのですが^^;

僕がいちばんいいたかったことは
今年、数多くの漫画家にファンレターを送ったのですが返事の手紙がきたのは秋本治先生からだけということなのです^^;
2009/12/02(水) 09:40 | URL | L #mQop/nM.[ 編集]
気の利いたコメントはできませんが返信
>ナナシさん
コメントありがとうございます。
完全に同意です。FLよりも応援する気持ちが大事です。


>Lさん
漫画好きの方はみんなそうだと思いますよ~。

>>返事の手紙がきたのは秋本治先生からだけということなのです^^;
送った側としてはそれは残念な結果でしょうが、これからもどんどん出していってあげてくださいね。
返事がなくても読んではいるのだし、その気持ちが一番大事なのですから。
2009/12/03(木) 17:32 | URL | Sinsen #-[ 編集]
宛先
誰か潮見知佳さんの、手紙の宛先知りませんか?
2009/12/15(火) 09:39 | URL | 漫画だいすき #-[ 編集]
ボニータか別冊花とゆめに載ってると思いますよ。
または秋田書店か白泉社宛てで出せば届くんじゃないでしょうか。
2009/12/16(水) 01:50 | URL | しんせん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\r
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://graystyle.blog79.fc2.com/tb.php/593-cc12362f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。