グレースタイル チャンピオンRED9月号
m9パール
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
・シグルイTシャツって当たっても着る機会無いよね。
・次号の付録は若本規夫朗読CD!

どきどき魔女神判!(新連載?)
八神先生、お帰り。
作品自体は顔見せというかプレ連載みたいなもんでした。
本格的なお話は次回からという事で。

それよりも巻末コメントのヒール転向発言の方が面白かった。
ちなみに、次回は巻頭カラー&クリアファイル付き。
しかし、よくこれのコミカライズ取ってきたな……

絶対征服ヤミカミ(新連載)
山西正則、新連載。
アンビエンツ高校のが面白くね? と思っていたのだがこの作品も作者独特の空気が良く出ている。
登場人物の瞳が総じて虚ろな感じがするが、ヒロインだけはその虚ろな瞳のおかげで「神」である事を感じさせられて良い。
でも、普通の人間の瞳はもう少し力強く描いて欲しいな。次回に期待。

淫虐の森
松本英、読み切り……って何だこりゃ。
テンションが最後まで維持できているのは良いけど、10分ぐらいで考え付きそうな内容だ。
まぁ、らしくて良いけど。

シグルイ
サイレント。
今更ながら、シグルイにサイレントは良く合う。

本編は伊良子が段々と魔性と狂気に目覚めていく過程を描いたもの……の筈なんだけど、牛股と藤木似の地蔵に小便をかけたり、いくの乳首を箸でつまんだり(酔っ払いの親父かよ)、いくの投げた小豆が目に直撃して悶えたりと、端から見ていてあまりにも異様すぎる回。
サイレント状態がその異様さに拍車をかけている。

行き過ぎたシリアスは笑いを起こす、とどこかで聞いたがまさにその通りの内容だと思う。
誤解が無いように言っておくとこの笑いは、ギャグを見てゲラゲラクスクス笑うといったものでは無い。
揶揄の意味合いが入った失笑でも無い。

じゃあ、どんな笑いなんだと聞かれても困ったことにそれを説明できない。
気が付いたら「ニヤリ」と笑ってしまっているのだ。たまに小さく声も上げる。他人から見るとただの怪しい人状態。
シリアスなシーンを見ていると、度々私はこれに陥るのだけど……他の皆はどうなんだろう。

ただ一つ言えることは……この「笑い」が出ない作品は記憶に残らない、という事だ。

アキハバラ無法街
うーん、ガンアクションやお話の構成はいつもの杉村先生なのだが……
+αが凄すぎて何が何だかよく分からない状態になっている。
でも、私には合う漫画だ。何となく感じる。

BLUE DROP
そろそろエロも飽きてきたといったところで、ストーリーが徐々に動き出す。
この当たりの展開はベテランなだけある。
しかし、シグルイといいこれといいアニメ化作品は放尿をしなくてはならない決まりでもあるのだろうか。
普通、シンクロしないよ、こういうの。

ベクター・ケースファイル
クモの薀蓄は過去最高に興味深いものだったが、どうにも話の展開がお粗末だったような気がする。
薀蓄を増やすかストーリーを美しく魅せるか、さじ加減が難しい作品だ。
とはいえ、今回の話で伏線はかなりばらまかれた、と思う。

ジャイアントロボ
草間博士のすっごい悪顔。
なんか今すぐ核ミサイルのボタンを押しそうな……
大作も大作でパパに似てきたし。この世界、温和な人いねーのかよ。

プリンセスは身悶える
前回には無かった集中連載の文字が扉絵上部に……不吉。
話自体は安定していて良かった。なんか話作りが上手くなっているような気もする。
射乳? 突っ込みませんよ。

フランケン・ふらん
みんなの願いを聞き入れる優しいふらん。
学校の生徒の悩みを解決よ!

とはいえ、生徒の悩みはほとんどが見た目の問題。
それを直すにはやっぱり整形しかないわけで……
というわけで、最終的には世紀末学園になりましたとさ。

いや、二重まぶたとか巨乳化ならわかるけど、頭にジャギみたいな棘を埋め込んだり、人外みたいな見た目になっている奴は何なんだ!?

どういうお願いをしたらああなるのだろう……
ていうか、基本麻酔無しで痛くないんだろうか。
性交換オチは愛があればラブイズオーケー、みたいな感じがして良かったけど。

月光のカルネヴァーレ
なんか今までで一番面白い。
アンナもいつにも増してコミカルだし。仕事が丁寧で良いな、隈田先生は。

学園創世 猫天!
眼鏡に刀って最高にツボだわ。しょおー

メイドサンダー
毎度毎度安定していて良いわぁ。
幽霊メイドは使い捨てるには勿体無いと思う。

エル・カザド
メディアミックス作品にありがちなアニメ設定ガン無視の超展開発動!
んでもって、次回感動の最終回!
いやー、お手本のようなラストだなー。エロスはいつもより多めでやんした。

DVドローム
このコラムは読んでて安心する。気持ちがすごく良くわかる。
個人的にはREDにおいての癒し系ポジションだと思っているだがどうか。

次号予告
祭丘ヒデユキ、「シャングラッド神紀」の第三弾掲載。
この作品、アクションも派手だしバイオレンスさもすごくて非常にRED的で良い作品なんだけど、いかんせん執筆ペースが遅いのが困る。
個人的にはとっとと連載化して欲しいんだけどなぁ。

誌面全体が萌えエロ7:燃え3ぐらいの割合になってしまっているのでこういう作品はすごく大事だと思う。
そういった意味では次号の高遠るいに大いに期待しているのだけど……
あー、ヤマケンが恋しいなぁ。

REDいちご予告や10月号以降の予告はこちらの記事を参照して下さい。
そういえば、8月24日からREDのWEBラジオも始まるようで。……何かやる事あるの?
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\r
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://graystyle.blog79.fc2.com/tb.php/520-8c73dd05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
表紙はシグルイ。モツが出てないのは珍しい気がする。そして付録はプレミアムDVD。エル・カザド1話のコメンタリー、シグルイ&BLUE DLOPのプロモ、REDCM集を収録。エル・カザドのコメンタリーは本編音声がカットされて
2007/07/23(月) 01:49:59 | 赤い放射能に汚染されたブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。