グレースタイル パンチラ、コジャントウマイゼヨー
m9パール
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
少し遅れたけど「めっちゃキャン」購入。
原作は九十九森。作画は国広あづさ。
そうです。「七人のナナ」の国広先生です。

今作めっちゃキャンは、前作と全然作風の違う料理漫画。
料理漫画といえば、気になるのはリアクション。

七ナナでパンチラ製造機と化していた国広先生に、
料理漫画特有のバカリアクションは描けるのか、と思っていたけど……

img296.jpg


img297.jpg


どうやら、取り越し苦労だったみたい。
ちなみに、一枚目はまぐろの漬けを食べてのリアクション。
二枚目はカツオのタタキを食べたイギリス人のリアクションです。

うーん、こうしてみると完全に料理漫画してるなぁ。
しかし、忘れてはならないのが作画が国広先生である事。
国広先生といえば、連想するのはパンチラ。パンチラといえば、国広あづさ。

料理漫画でパンチラを出すのは難しいと思うでしょうが、
そこは我らのパンチラ製造機。思う存分やってくれてます。

img298.jpg

第1話の1コマ目からパンチラ

img299.jpg

せっかくの締めのシーンでパンチラ

img300.jpg

本当に必要なのかと問いかけたくなるパンチラ

と、まぁ、パンチラの多い事多い事。
そもそも目次の時点でパンチラしてるというのがすごい。

そういうわけで料理を見てもおいしそう、パンチラを見てもおいしそうと
二重の意味でおいしそうなめっちゃキャン。
既存の料理漫画と比べても中々の出来。

ただ問題は話がワンパターン過ぎる事。
作品全体のテーマが「人情」と「絆」だからといっても、
毎回毎回似たような話では感動もしない。
もう少し、突き抜けてみたり変化に富んでもいいのでは?

この点、しっかりと九十九さんに正して欲しいところ。
パンチラの方は充分感動モノなんですけどね。

参考リンク
めっちゃキャン公式ホームページ(公式サイト)
国広あづさのお茶碗一杯(作者ブログ)

店頭用ポップもこれまたパンツ。(意味不明)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\r
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://graystyle.blog79.fc2.com/tb.php/4-e6e4f130
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。