グレースタイル 週刊少年ジャンプ第14号
m9パール
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
月刊ジャンプ……この期に及んで新連載ですか。意味あるのか?


サムライうさぎ
最初、読み切りかと思った。1話ほぼ全てモノローグ。

というわけで福島鉄平の新連載。
妻を娶った下級武士が出世のため、妻を喜ばせるために頑張っていたが、
世知辛い世の中の現状を知り、挫折し、
それでも頑張って(嫁のために)今度は自分の道場を立てていこうという話。

武士社会での格差を容赦なく、
それでいて少年誌テイストで描いていたのには上手いと思った。

ただ、これ今の読者層にウケるんだろうか。
今のジャンプのメイン読者層って剣からビームが出たり、手から火だの風だの出したり、
スポーツで客席まで吹っ飛んだりする漫画が好き……なんでしょう。
あ、最後のはちょっと違うかも。

これはどちらかといえば、月刊、
それも青年誌あたりでマッタリやるような題材なんだけど、
それをあえてジャンプでやるか。……その意気や良し。

読後感は悪くなく素直に応援したいと思える作品。

ユンボル終わったから購読やめようかと思ったけど、
こういうのがくるから漫画誌って侮れない。

ところで、主人公の役職が「作事方 物書」って事は
毎回モノローグ形式で話を進める気なんだろうか。

それも面白そうではあるけど。

追記
伍助が倒したやつらの数、20人どころじゃないんですが。

To LOVEる
違うんだ。
これは私の求めていた女装じゃないんだ。違う、違うぞぉ。


重機人間ユンボル
ゲンバー大王、暁に過労死!
そして、バル達の工事は終わらない!

なんかゲンバー大王ってすごくいい人なんじゃないだろうか。
世のため人のために不眠不休で働いて過労死、って。
最高の工事戦士じゃあないか。

バイスとタビルが生きてたけど、もはやそんな事はどうでもいいぜ。

うーん……打ち切り勧告は3話あたりでされてたんだろうな。
で、そこからネタを詰めに詰めてこの超展開。
ドリル=ドカルト、ゲンバー=ユンボルなんかも40話ぐらいでやる筈だったんだろう。

姫母体説も、もしかしたら無かった設定かもしれないし。

まぁ、愚痴ってもしょうがない。面白かったよ、武井先生。
ただ、これだけは言わせてもらいたい。
掲載誌変えた方が良い。もっとも、今回で痛感しただろう。

……単行本はもちろん買わせていただきます。
そして、今、最後のアンケート投函してきた。
ア ン ケー ト 投 函 し て き た

最後の最後に一言!

突貫工事、お疲れ様でした!


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\r
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://graystyle.blog79.fc2.com/tb.php/251-3222e94d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。