グレースタイル 別冊少年チャンピオン8号(創刊2号)
m9パール
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
・扇子が糊くさい

しこたま(新連載)
西川淳改めニシカワ醇新連載。

剛力たま、15歳♀。メジャーリーガーを打ち取るほどの豪球を投げる彼女が、入ろうとしたのは名門野球部。
が、女子禁制という理由で入部を断られ……!

ハッタリのきいた導入と可愛い美少女、次回から期待できるヒキと漫画らしい漫画でした。
リアルさ重視のスポーツ漫画が増えてきている中(人気があるイナズマイレブンはトンデモ路線なのにね!)
、少年誌らしいスポーツ漫画でいいと思います。

とりあえずアレだ。たまちゃん超カワイイんですけどおおおおおおおお!
なにこれやべぇ、別冊に舞い降りた天使! 守護天使! 
球を投げる瞬間の表情が特にヤバいですね~~~三しこ!(今考えた俺の萌え単位)

次回からメンバーを集めるようだけど、メンバー全員女の子とかでもいいのよ?
女の子でトンデモ野球してもいいのよ、アニメ化してもいいのよ。
つーわけで、当ブログではしこたまをしこたま推していこうと思います(言ってやった)!

クローズZEROⅡ
ハゲ軍団の頂点も禿にすればよかったのに、と鳳仙のメンツを見るたびに思う。
しかし、なんだかんだでこの学校、強い奴あんまりいないような気もする。
まぁ、シュガーレスの神楽もそんな感じなんだけど。

バキ外伝 創面
この子、なーんで人がいっぱいいる教室であんな行動に出たのだろう。ある程度計画を練っていたみたいだし、人通りの無いところでやれよ!
しばらくは花山と不良のほのぼの話で進むのかな?

魔法少女・オブ・ジ・エンド
今後の展開に関わりまくりであろう脱出組が勢揃いである、学生なの君? というような人もいるけど、魅力的なメンツ(?)。
今回の描写を見るに、つくねが呼び出したわけでもない?
パニックホラー物って結局、襲われているのはすんごい一部って感じだけど(その場所を脱出後に世界全部がそうなっていて絶望ENDってのあるけど)、この分だと日本全てがこうなっていそうな気も。

とりあえずおっぱい大きい子は生き残って乳揺らすべき。

聖闘士星矢 THE LOST CANVAS外伝 冥王神話
九尾さん弱ッ! まぁ、敵はいっぱいいるし、ラスボスで2回分は使うだろうしでまぁその……ねぇ。
とりあえず俺は~の生まれ変わりじゃねーぞ、ってシチュは萌える。

眠らないでタエちゃん
タエちゃん爆乳すぎんよ~。

12月のゼファー
なるほど、兄貴が過去のトラウマ男に対抗するために弟を一応育てているとみれば、また面白さはちがってくるかな。
しかし、相変わらず違和感があるというか……たぶん人体のせい。

ハダカノタイヨウ
紙ゴミとはまた使いやすそうな言葉が出てきたな……!
熱意はあるけど、太陽くんはまだまだってところかー。
新キャラの灰原はこれまた人生捨ててそうなすごいビジュアルである、一応、姉崎さんの師匠ポジってことなのか?
それにしても秋田書店の漫画家ってみんなこんななのか、おら、ワクワクしてきたぞ!

サクラサクラ
敷島さん、確実に計画上で生まされたキャラやわあ。
そして、見た目に寄らず巨乳。こういうのって貧乳が相場だけど巨乳。
徐々に黒い部分も見え隠れするも、ニヤニヤ読めるという点を外してこないあたりがいいですね~。

それと乳首発動! オーケーなんですね、別冊では乳首が!
なるほど、そういうことになると、この連載陣すべてがおかずとして立ち上がってくるな。

やさい学園
野菜ネタにも慣れてきた。あれ、何だか楽しくなってきたぞ。

別冊 木曜日のフルット
つまりずっと体中を這い回ってきたというわけか、気づけよ!
後、トートバッグの締切が近いのでお母さんを説得して、と仰っていたが別冊読者の大半はもう自分で買えるぐらいの収入がありそうだよね!

囚人リク外伝
レノマは子供の頃からレノマだった。童貞捨てたのが年齢1桁だと考えるとムカつきますね(-^〇^-)
ファミリー以外はぶっ殺し(まぁだいたいこんな意味だよね」)って秋田書店編集部でも使ってそう。

DIABOLU(読み切り)
藤田勇利亜、読み切り。
悪童三人衆が街をたむろするギャング共をぶっとばす!

話はシンプルながらも三人の行動原理がわかりやすい。絵も動きも良い、迫力ある。
主人公一人でも話が回りそうだな、とは思ったけれど。

面白かったです、こういう既に世界を築いている新人さんはすげーなーといつも思う。

人の痛みを知らない子
やはり衛星を使っていたか。ありがちな展開ながらも主人公のキャラが魅力的だったので、楽しく読めた。前後篇でちょうど良かったかな。

ブラックジャック創作秘話 ~手塚治虫の仕事場から~
久々に週刊初期のクオリティーを感じさせる骨太な内容だった。
最後に嘘をつくシーンの哀しさがすごい。歯を食いしばるような展開。

この分なら2巻も無事出せそうだなー。

次号予告
読み切り2作、深谷陽「スパイスボーイ!」
佐渡川純「ワイルドモモ」
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\r
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。