グレースタイル エレガンスイブ増刊「もっと!」感想
m9パール
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もっと!を買ったんで感想を書きます。全作の感想は書きませんが。

花のズボラ飯
エレガンスイブの人気作、こちらでの最新話数は36話。
魚をもらったけど捌くのが面倒な花!

隣人にもらったら三大困るものは捌いてない魚、剥いてない栗、竹の子!
気持ちはわかる、今回は料理してくれたからいいが、実際は死んだような目でヤるしかない。
料理は作るだけが料理じゃないもんな。

ヤコとポコ
水沢悦子、完全新作。オリジナル作品は初ですね!o(^-^)o

猫型ロボットアシスタントと実力はある女性漫画家のちょっと不思議で緩い日常。

作中でゆっこペンという謎いペンが出てくるのですが、そのペンの色の名称がうさくて……水沢悦子先生らしくて面白かったですね、まあ、いつものうさくんクオリティーかな!(言ってやった)

おまかせ! 噂のチキンガール
焼鳥屋屋台を営む手葉咲。彼女の裏の姿は国家極秘機関JOG(ジャパンお助けグループ)のメンバー。今日も御近所のトラブルを解決!
嫁姑の拳の函岬誉先生の新作。
嫁姑同様のハイスピードギャグ!二三ページに一回の笑いどころがあるのは嫁姑同様かな。流石に雑誌が雑誌なので女性、とりわけ主婦向きな作品が多い中、こうした男性でも読める、笑えるギャグが載っているのは嬉しい。面白かった。

私立ブルジョワ学院女子高等部外部生物語
三島衛里子、新作。
ってタイトル長いな!

ブルジョワ私立に外部生として入学したパンピーのそこそこノーマル、だけど波乱もありげなストーリー。
生まれもった価値観は変わること無いんですよね、かといって価値観の違いすぎる相手とは過ごし辛い。付き合い方を学ぶのが学園生活なのだろうが、前途多難っぽいな~と思った。

石黒正数読み切り二作
石黒正数新作。
どちらも小さじほどのホラー要素を含んだ読み切り作品。
流石に石黒先生はフットワーク軽いなあー。

ずれ、家族がいつのまにか入れ替わっていた、というのは本当にあるかもしれない、幽霊やあからさまな怪異が関わっていない分、余計にタチが悪い。

窓、ある一つの窓に恐怖を抱く男。ある日、男は窓から跳び落ちてしまうが……。
窓から引っ張る何かとは……。そのうちこの会社つぶれるな、うん。

カラスヤサトシ読み切り四作
初期に描いた読み切り三作をプレイバック掲載。四作目は完全新作。
カラスヤサトシ先生のこういった作品は好きだ、静かな静かな狂気を感じる。二作目のはまた違った趣であるが、身につまされるものが。
マイノリティを自称したいが為に大して好きでない物にハマってると言ってしまい、本当のファンに目をつけられてしまい……!
あるわ、抜け出せない何かがあるんだわ。
同類を紹介して自分は逃亡という流れも面白かった。

四作目おとろしはホラー漫画。
旧家に引き込まれる、引き寄せられる、家の怪異。
言いようの無い何かに引き寄せられていく登場人物の描き方が良い。第三者の男が普通なため、異常性がさらに際立っていてなお良い。


残りは雑誌のメイン読者層に向けた作品が多かったですね、十十虫は夢を見るはボニータ連載のものですね、絵が美麗。

その他の一話完結の作品陣もしっかりとした内容で良かった。
次号はきづきあきら&サトウナンキ先生が載るらしいですが購入するかどうかは未定かな。

強いて言うなら目次ページを前後どちらかにつけて欲しいと思った。いじょ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\r
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。