グレースタイル 別冊少年チャンピオン創刊号(7号)
m9パール
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
・表紙、クローズZEROⅡをメイン。うーん、月チャンの派生にしか見えないが。付録はリストバンド。月チャンと同じ生産ラインか、これ? 次号も扇子だし。ペットボトルカバー、フラッグ、手ぬぐいとつけば完璧だな。
・掟ポルシェと綾小路翔とかもうチョイスが何考えてるかわからない……!!
・NJ復活おめ。

クローズZEROⅡ
同名映画を平川哲弘がコミカライズ。前作は内藤拳一狼先生がコミカライズしたものですね。やはり、画力は大幅に違う……。
しかし、作品から漂うほのぼのムードはどこか似ているなあ……。映画ってもっと殺伐としてたよね。

真喜雄はリンダマンが憧れて(恐れて?)いたぐらいだから、原作合わせてもトップクラスなんだろーな。

内容は看板漫画にふさわしいドッシリとした内容だったと思います。

バキ外伝 創面
あいつはねぇ、稀代の悪ですよ。

あれだ、マイボスマイヒーロー(ヤクザ)って感じだ。いや、元もヤクザだけどね!
花山薫は静かに暮らしたい、ようだが、カンパで財布ごと思いっきり出しちゃうほど漢度溢れさせてたら絶対無理だと思う。

GMのことはもう無かったことにしていいけど、作品自体がしっかり続くのかどうかが不安すぎます。

魔法少女・オブ・ジ・エンド
週刊で読み切りを2作掲載したサトケン2号こと佐藤健太郎先生、連載作。
平凡な人生を過ごしたい主人公、児上と虐められっ子少女つくね。
変わらない日々を過ごしていた二人(とクラスメイト)の元に突如として現れた殺戮者。しかも殺戮者は少女の姿をして――

ホラーなの? 魔法少女なの? どっちもなの? というすんごくカオスな作品。
魔法少女のデザインが良いですねー、作品の雰囲気はフリーのホラーゲーム(しっかり褒めてます)のようで、これまた良い。
まじかるという一見可愛らしい言葉もこの作品ではまるで呪詛のよう。バイオ3のネメシスによるスターズ……!みたいな怖さがあります。

一体、なぜ魔法少女は学校に現れたのか。世界規模でこうなっているのか、色々と興味が尽きない。
ベタなところだと、虐められっ子で世の中に絶望したつくねちゃんが何らかの形で召喚ってところかな?
それか、魔法少女による単純な侵略活動か。
バットで撲殺できるあたり、今のところ何とか対処はできないでもないってところでしょうが、さて。

こういう作品が載せられるってあたりからも別チャンの幅広さがわかりますね~。

サンセットローズ
米原秀幸、新連載。
フルアヘッド!ココの舞台からえーっと、どんぐらいだ?(忘れている)
ともかく、一応の続編ということでよろしいか?

舞台はそのままに、登場人物を一新させることで新規読者にも非常にわかりやすく、第一話で主人公が敵を超絶アクションで圧倒するところ、旅立ちのシーンまでしっかりと入れてくるあたり、流石の! 流石の大ベテランという構成。

これは文句なしの看板作品といえるでしょうね。
というわけで、秋田書店はこの機会にフルココの新装版を出すように!

聖闘士星矢 THE LOST CANVAS外伝 冥王神話
週刊でやっていたやつの移籍作!
今度の舞台はハーデス戦後かー、今までの話はハーデス戦前だったので、舞台設定からして新鮮ですね。
とりあえず依林ちゃん可愛すぎてヤバいわ、メソポタされている心臓が早鐘打っちゃうぐらい可愛い。

聖域の方は壊滅状態なのでシオンや生き残り勢の助けなども入らないが、あれだけの数を童虎一人で倒すのかなー?
次の聖戦で冥闘士をバッタバッタと倒したのだからそれぐらいはできるのか。

わかっていたことだけど、月刊の方が絵が綺麗だなー。話作りもこちらの方がまだじっくりと考えられると思うし、環境的には月刊のが合ってるだろうな。

ハーデスDISってるけど、本人と戦ったらバッタバッタとやられるんだろうな、と微笑ましい目で見てあげましょう。

眠らないでタエちゃん
中村ゆきひろ、新連載。
眠気と戦う少女のギャグ漫画。週刊で掲載していたうれいちゃんとは絵柄も頭身もグンと変えてきたなぁ。
タエちゃんの体つきがムチムチだわ、眠気を我慢している顔が妙にえろい感じになってるわでえろ枠なのか! えろ枠なのかこれ!
最後のよだれも擬似お漏らしと見なせば完全にえろ枠ですね、本当にありがとうございました!!!

12月のゼファー
米林昇輝、新連載。
駅伝で有望視されていた兄、ライ。しかし、ライは事故で脚を怪我してしまう。一方で、弟のフウは卑屈すぎる性格で暇を持て余した兄のパシリ。だが、兄にも匹敵する脚をフウは持っていて――

内容云々よりも顔のアップがかなり多いのが気になる。
マラソン、いや駅伝、ともかく陸上なんだから全身絵の出る構図ってかなり多いと思うんだけど……。
一話目はキャラ魅せだけにして、って事なのかなー。

連載陣の中では一番期待値が低いかな。登場人物へ感情移入がまるでできないのも辛い。

スターダスト ジャンクション
既に売れっ子漫画となったとなりの関くんの森繁拓真、新連載。
宇宙人が何かする→ハツノ君のすんごい思い込みツッコミという形式は関くんでも見た流れですね~。今回は男女逆だけど……え、宇宙人は女なのか、って?
まあ……女だろ(ピンク脳)。

ハダカノタイヨウ
週刊で畳の上のミクロを連載していた吉木まさかず、新連載。
漫画家に憧れているものの、周囲には打ち明けず、こっそりと漫画を描く主人公、一ノ瀬太陽。彼と対比されるかの如く、周囲の目も気にせず自分の求める漫画道を突き進むヒロイン、姉崎流那。
ひょんなことから姉崎に漫画賞をどちらが先に取るかの勝負となってしまうが――

ミクロの頃よりもずっと見やすい絵柄になっていて驚き!
姉崎のキャラクターは端から見たらうわぁってなるかもしれないけど(TwitterでRTされちゃうタイプだね☆)、一生懸命を貫く彼女の生き方はいいね。

どちらかというと、流那の燃えるような漫画への思いが太陽のようだと思ったなー。もっとも、一ノ瀬の方も漫画への思いは強いままなんだから、これからか。
次号も楽しみ。

サクラサクラ
もりしげ先生、新連載。
極限化した少子化現象。その年の出生者は最後の世代と呼ばれ、加護と監視の元、生きていた。
それから、10年後、子供たちは再び生まれ始めたのだが、彼らは依然として最後の世代と呼ばれたままであった。

最後の世代と呼ばれた彼らは15歳となり、学園へ入学。丁重に育てられていた主人公の花坂春には初めての学園生活となるのだが……!

ボーイミーツガールも絶滅間近な少子化ラブコメ。
監視を続ける「御老人」たちは一瞬でも早く死んでほしい、という危険思想な持ち主であるヒロインが素敵です。家事能力が低いのも逆にグッドですね。一方で、春は意外にも万能タイプか? 最近は多いよね、料理系男子。

子供が生まれ続けているにも関わらず彼らが最後の世代と呼ばれるのは、それが今現在生まれている子供が生まれているとは言い難い存在だからなんでしょうかねぇ。

最後に登場した敷島もそういった存在なのだろうか。

一見、ちょっと変わっただけのラブコメに見えるようだけど、設定やら思想やらからそこはかとなくダークなもりしげ漫画になりそうな気がしないでもない。
連載陣の中では個人的にはかなり期待している作品。もりしげ先生の作品は打率高いからなー。まぁ、全部読んだわけじゃないんですが!

ブラックギャラクシー6
阿部共実、新連載。
友達がいなかったギドラさん(ニックネーム)が部活を立ち上げて青春謳歌を狙うちょっと残念系コメディ。
相変わらずの独特の会話劇主体。どこらへんがブラックでギャラクシーなのかはよくわからないが、既存作品と似通った内容にも見えるので安心感はあるか。反面、目新しさを感じられないので、飽きは早そうなのでどこかで違う方向へハンドルを切って欲しい、とも思った。

やさい学園
前原三十日、新連載。
野菜人間(マジで野菜)達の4コマ漫画。
……行く行くは出荷されるという前提で話が繰り広げられているのがちょっと面白い。

栗ちゃんは栗の花の匂いはしないの~~~~^^
バナナくんだけネタがストレートで笑った。

まぁ、しかし……どうなんだろうなこれ。

サイケデリック寿
西森茂政、新連載。
以前にやっていた浦安での読み切りを少し手直ししたという感じかな?

内容は……うーん、いつもの西森先生か。一話目は真新しさで面白いといったところ、肝心なのは次号以降かな。

バキどもえ
こちらは週刊でちょくちょくやっていた作品の移籍。
はい、いつも通りの内容でした。ていうか、もうどもえが無いからどもえ、ってタイトルにしても滑ってるだけに見えるなぁ。

別冊 木曜日のフルット
これって連載なのかな? 週刊のと内容はほぼ同等。
こちらは安心して読めるな。石黒先生の場所を選ばない漫画巧者っぷりは本当に素晴らしい。

シュガーレス外伝
九島の頂点シャケ。彼が頂点を取った三日間の激闘に迫る!
というわけで、シュガーレス外伝。三日で頂点といっても楽々取ったってわけでもないんね?

開始早々はためくモンブランの旗に笑ってしまう……駅前のケーキ屋のオススメ商品かよ!
そして、ショートケーキに続く、新たなる九島の上下関係の例え!
上級生が下級生に行う洗礼なのかこれはw

モンブランの前の頂点が岳の回想の旗の奴なのかな?
CA3F0278.jpg
CA3F0279.jpg
えーと、呉松何がし……?
これを見るにカタカナじゃないと旗には名前が書けないってわけでもなさそうだな!

栗山は(モンブランって書くとおおひなたごう先生のおやつを思い出してしまうのでこれで)、シュガーレスらしい面白いキャラだな。髪型も実に細川チック。
これでいて負けたとはいえ、パンチ一発でシャケに結構なダメージを与えるあたり相当な実力者だ。

今でいったらキリオと同等、メイヘムより強いとかそのあたりなのだろうか。面白いキャラだったから本編でも登場して欲しいなあ~。
ラストは一年時の兼光とシャケの殴り合いで〆。ここからさらに決着のつかない一年トーナメントに繋がるのだな。

キャラが経っているキャラの外伝だけにとても面白かった。次は兼光外伝オナシャス!

幼虫奇談
忌木一郎、読み切り。週刊の漫画賞を受賞した作品ですね。
コミック怪あたりでバリバリ書けそうなPNである。

親友が自殺をした。主人公の亜美は親友の死の真相を知ろうとしているが、どうにも出来ず毎日、現場に訪れるだけ。そこに謎の少年が現れ、亜美に「ある有り得ない物」を手渡す。

えーっと、いわゆる異能系ホラーってことか。
欄外に、審査員の先生方のコメントが載っていて概ねその通りな内容の作品でした。
ストーリー、わかりやすい、キャラの表情良い、そして蜘蛛である少年のセリフ周しが人間離れしていて良い。価値観、例え、全てが虫っぽい。

どことなく高橋葉介っぽい雰囲気も出ているような?
ともかく、チャンピオンらしいホラー漫画でした。作者の忌木先生は押切蓮介先生のアシスタントをしていたらしく、なるほど納得のホラー描写。

渡辺先生のコメント通り、確実に連載を狙っていけるものがあると思います。
夏に向けてホラー枠……!!! どうかなぁ?(今からじゃ遅いか)

人の痛みを知らない子
道家大輔、前後編掲載。
巻末コメントで久々に漫画描いた~みたいな事言ってたけど、そういえばどろろ梵から姿を見なかった。
内容は……ハード近未来SF? こちらも主人公の曲がった価値観が出ていて良かった。
見た目や行動でなく、端々から感じられる異形ってやつが私は好きです。

ブラックジャック創作秘話 ~手塚治虫の仕事場から~
週刊で掲載していた作品のリメイク……というより加筆掲載。
新作じゃねぇのかよ! と思ったけれど、元が面白いだけに何度読んでも良いものは良い。

手塚先生のチョコ~~~のコマはコラとして有用だな、と思いました。

次号予告
新連載、ニシカワ醇「しこたま」。
えーっと、これは王様のオーパーツを掲載していた西川淳先生ですよね、変えたんだPN。
そして、タイトルがなんか卑猥だな! 内容はまっとうなスポーツ物というか、女版巨人の星っぽいけど、タイトルが!! 単行本になった時、売れそうなタイトルである。

そして、本誌からスピンオフで瀬口忍「囚人リク 外伝」掲載。
レノマが主役っぽいけど、本編もレノマ主役に見え……ゴホン。
楽しみですね、シュガーレス、リクと推したい作品を掲載していくのかな。次はバチバチあたりが来そう。


総評
予想以上に面白かったです。最初だからかもしれませんが、このカオスでごった煮感は今の誌面にはちょっと足らないチャンピオン感でした。

惜しむらくはまー、やっぱり、オリジナルの看板作品に欠けることでしょうか。
クローズ、創面、フルココ、LCと候補が全部元ネタありき……なので、そのあたりはどうにかして欲しいと思いました。
REDでいうシグルイクラスの作品を早く掲載して欲しいですね。

ところで、本誌発売前に名前が上がっていた有名作家達はいつ掲載するんだろう、てっきり創刊号に載ると思ったのだけど。

CA3F0277.jpg

まあ、書いた以上はいつかは調整して載せるんでしょうが、利根川の載せるとはいった……いったが(ry みたいなことは勘弁して欲しいかなw
物がいいのに、そういった事が起こってしまうとゲンナリしてしまうので。

……ともかく、期待は裏切らない内容でした、読もう、別冊チャンピオン! ……掟ポルシェもいるしね!(ここ大事)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\r
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。