グレースタイル 最近のアニメ感想とか
m9パール
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
・チャンピオン感想がまだできないのでアニメの感想でお茶を濁すスタイル。アニメ見てますかみなさん。
・mixiで書いたものを推敲せずにコピペしたので見難さに関してはご容赦を。

君と僕Ⅱ
こんなイケメン五人組はいません。
これって女の子が絡む話のが面白いよね。前期もそうだったけど、月曜深夜のテレ東は静かな作品→ギャグ作品とコンボさせるのが好きだな。前回も夏目→男子高校生の流れだったし、今回はこれの後はニャル子だし。

ニャル子
この作品はパロディを楽しむんじゃなくて、いわゆる肉食女子の生態を楽しんでニヤニヤするものでありますよ?
ぶっちゃけ、パロディのできは戦コレのが遥かに上というか基本的に口でネタ言ってるだけだからね、オタクの会話劇みたいなもん。
まぁ、結論からいってハス太をhshsしたいってことですわ、わかりますか?

ヴァンガードアジアサーキット編
アイチはもう日本チャンピオンだから変に負けさせられないだろうと思ったらまたまたなんか怪しい流れだ。
主人公を負けさせないように相手キャラを立てるというやり方はできないのかなー。
というか、アジア編になってから、日常が激減していて、こっから入った人は掘り下げがないとかそういう不満はないんかしら?

ルパン
古き良きルパンって感じで面白いですね!(さっきから面白い連呼で小学生の作文みたいですが許せ)
ルパンと次元がやり手みたいな描かれ方に対して、五右衛門が強いんだけど童貞男みたいな描かれ方なのは笑うところだと思います。ちょろいわー五右衛門ちょろいわー。
こういうアニメは一期に一作はあってもいいよね。

めだか
一年やるみたいなんで評価はそれからかな。この作品はキャラが出揃ってからが本番だよね。禊ちゃんまだ?

あっちこっち
見ていて悟りを開けるアニメ。

さんかれあ
題材がいいし、作画もいいから好きなんけど、あれだなー、展開が遅いのが気になるんだよなー。
オヤジ関連を来週やってその次で最終回? ちょっとここで尺取り過ぎなんじゃないかなーと思った。
メインは主人公とれあだと思うんだけど。まぁ、二期があったらそっち…かな。
蘭子のおっぱいは素晴らしいですね!!

戦国コレクション
俺はこれを煽り抜きで今期最強だと思っているよ…(気持ち悪い笑顔
見る人がみればわかる、わからない人でも面白い、元ネタに興味を持てるというパロの見本を丁寧にやっているアニメ。特に4・5・7話は面白いですよ!

最初の1~3話は正直ナニコレって感じだったんだけど、見事に騙されたかな~~~~と。
アニオタは二種類に分けられる。戦コレを見ている人間と見ていない人間だ。

夏色キセキ
スフィアオタやら萌えオタ一本釣りアニメかと思ったらまさかの俺たち好みのジャンクフード的アニメだった。
丁寧に作っているんであろうが、どこか間の抜けた部分がちらほら見え隠れするこういう感じが好きなんですよ~~~まぁ、普通にしっかりと作ってあるやつも好きだけどな~~。
とりあえず、夏色キセキを語るには2話は外せないので。2話! 絶対に2話は見ておいてね。

エウレカ
30分フルに使った監督のオナニー。

Fate/Zero
きりつぐの過去を二話やる必要があったかどうか疑問。
なんだか一期の頃よりも緊張感やらなんやらが減少している気がするなー。
作画の方は相変わらずとんでもないけど。

モーパイ
こちらは変わらず面白い。一年生組の出番がかなり増えたのは俺得だった。アイちゃん可愛いよ。子供の頃、SFが好きだったら見ていて損は無いと思うんだよなー。派手さはないけど、丁寧すぎるほど丁寧な描写がいい。宇宙を間近に感じられる作品だと思う。

ヨルムンガンド
ブラクラよりもこっちのが面白いと思うんだよなー。
こっちのが銃を撃っているって雰囲気が出ている。


銀河へキックオフ
これ、めっちゃ面白くないですか?(迫真)
1~8話一挙放送から見だしたんだけど、キャラの内面描写が丁寧、サッカーシーンもサッカーに興味ないアニオタでもわかりやすく作られているので単なるルールを知っている奴ら御用達アニメになっていない、登場人物が深夜アニメの人物より人間ができていて可愛い。
いやー、一挙放送見て良かったわ。なんかねー、こういうアニメ見ているとホッとできるんですよーー。NHKの本気っていうのかこれ?

萌える三兄弟やら可愛い女の子もいっぱい出てくるのでこれはみんなに見て欲しい作品だなー、と。たぶん、みれば面白いってなると思う。スポーツアニメ、あんまり好きじゃない俺をハマらせるとは大したもんですよ。
あと、なにげに声優も豪華だよね。

ガンダムAGE
もう何も言うまい。まぁ、言うてこの時点で今後何があっても、しーどですてぃにーよりは面白いですよ、ガンダム史上最も、とか言っている人もいますがんなこたーない。これよりつまんないのあるからね! 確実に!
種死に親でも殺されたのかってぐらいDISってますが、当時、リアルタイムで見ていてガノタはだいたいこんな印象を今でも持っているでしょ。

ガンダムダブルオー劇場版
ようやっとレンタルしました。
俺の中でのダブルオー、ってTV版は結局、ガンダムWの後追いをして結局そこから上に上がんなかったっていう印象で、正直、55点って感じの作品だったんだけど、この映画版でやっとそこから脱却してくれたと思った。

ただ、やっぱりガンダムの見所といえば巨人同士の戦いってところに尽きると思うんだよね。ここで宇宙怪獣のような第三の異能の敵を出してしまったのはガンダムとしては致命的なものがあったと思う。スーパーロボットでよくない? って疑問が生まれてしまうよ。
作品としてはやっと別の道にいけたけれど、全体の評価としては映画版で上がることも無いまま終わってしまったと思う。

多様性はあっていいと思うし(Gガンは評価している)、魅力的なキャラを多く生み出したことは評価したいけれど、根底を覆してしまってはダメなんだなぁ、と思った。

グラハムの死亡に関しては賛否が出たらしいけど、個人的には……まぁ、否かな?
彼自身の戦いはTV版最終回後ようやく始まったと思うのだけど、その途中で死んでしまうのはちょっと……ただそういう志半ばで死ぬというのも武士の生き様といえばそうなのかもしれない。

それは置いておいて一番の不満だったのは戦闘シーン。高速で動いて高速で避けてよくわからないまま敵を倒すって流れ。パッと見はすごいカッコイイんだけど、何度も何度もこれで通されるのは作画の無駄遣い極まりないかと。
禿がファンネルを使いすぎると戦闘が単調になる、っていった意味をよく考えて欲しいと思った。

ストレンヂア
これもようやく見た。侍というか男たちの戦いを極限まで描いた一作。
一つ一つの動作に命がこもっていてすごく見ていて息が詰まる。
ラストの斬り合いで主人公が敵を切った瞬間、緊張のあまり息をブハッと吐くのだけれど、見ている側も同じようになってしまう。それだけ内容に入り込める作品だと思った。長瀬智也の声も全く気にならない、というか、長瀬智也じゃないとダメじゃないのかと思えるハマりっぷりだった。見て良かった。


以上、うわー、なんだか長くなっちゃったぞ。推敲してないんで読みづらかったらめんご。長々書いたんでブログにも転載しよう。
ニチアサモクアサドアサ系は割愛。

まぁ、強いていえばスマプリはやっとこと、アクションがこなれてきたかなと。
おしまい。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\r
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。