グレースタイル エレガンスイブの新規読者ゲットへの方法を支持したいというお話
m9パール
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
花のズボラ飯のHitにより、知名度も上がりつつあるエレガンスイブ(それでも花のズボラ飯ってどこでやってんの? みたいな意見はよく見るけど)ですが、そのエレガンスイブはここ最近新規読者へのアプローチが非常に上手だと思う。

とりわけ、今号についてきた付録小冊子はいいです。
連載作品の中でも面白い回をピックアップして集めたものなんですが、こういうのは本誌購読に踏み切れない読者には非常にありがたい!

また、週刊少年チャンピオンの沢編集長との対談、と読者数の多い週チャン派へのアピールも忘れてはいないのが良い。

といっても、エレガンスイブのメインはやはり主婦層(漫画オタクでない)だと思うので、花のズボラ飯を読んでいるいわゆる漫画オタクである層が手に取るかというのには疑問があったりするのですが。
だからこその今回の付録小冊子での対談やら知名度の高い作家の読み切り掲載、といった攻勢なのでしょうが。
効果の方はさておいて、新しい試みにチャレンジすることは読者の目から言っても見ていて楽しいですね。うおっ、この作家載ってるのかよ!! っていう驚きは大きいです、本当に。

後は、花のズボラ飯2巻についてきた嫁姑の拳宣伝ペーパー、これも良かった!
上記の通り、エレガンスイブの連載作品は基本的に主婦寄りなのですが、嫁姑の券はどちらかといえばギャグ多めで(つうか、9割ギャグ)読み手を選ばない清々しい面白さを持った作品といえます。
読者層も花のズボラ飯と近しいものがあると思います。漫画オタクが好むタイプってことですね。

ですので、こういったペーパーを入れることで相乗効果がしっかりと見込めると思うんです。
ここで全然お門違いなジャンル勧められてもアレですが、ちゃんと読者層を狙い撃ってくれたので、嬉しいですね。
……まー、実際は花のズボラ飯と嫁姑の拳を大きく売り込みたいだけであって、読者層の被りを狙ったであろう戦略、なーんて意図があったかどうかはわかりませんけど!

エレガンスイブの狙いはともかく、言いたいことはチャンピオンでも同じことをやれば効果がありそうなのにー、ってことです。
例えばそう! イカ娘の単行本の中にりびんぐでっど! のペーパー入れたり、クローバーにシュガーレス入れたりってことですね。

特にチャンピオンはギャグが強い! 公式で言われている通りだと思います。
ギャグのいいところはどこから読んでもだいたい話がわかるところ! ペーパーという短い宣伝媒体にはむいていると思うんです。

今は漫画が溢れており、面白いだけでは読んでもらえない。面白くて、それでいて買い手の目に止まるやり方が必要だと思います。
ですので、こういったやり方もどんどん試していってもらいたいと私は思っています。

本誌にも付録冊子をつけたり、なんてのはやって欲しいですね~。

結論:チャンピオンにも連載作品の宣材冊子つけて、単行本にも宣材ペーパーつけて

あ、一行でまとまった!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\r
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。