グレースタイル 砂漠の花、散りゆく! チャンピオンはダシタイナが多い
m9パール
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
略して、はがおい。
というわけでデザートローズが最終回! 先週、何の前振りもありませんでしたけどね!

ちなみに、本編の内容は統征と秀明館の二校が決着! 利き手スライディングで負傷してしまった木更木くんは来年も絶望的なそうで……重傷すぎるだろjk。まぁ、利き手から突っ込んじゃう人のことはいいや。

そして、統征の手段を選ばないながらも全力な姿勢に、郁達は決意を新たにするのだった。
                                                         

終わった! お、終わった!!!
主人公チームがベンチで観戦したまま終わった!!!
吉井が……! 吉井が……吉井はいいか。

スポーツ漫画で脇役二校(割かれた話数が少ないだけにまだライバルといえる感じでもない)の試合でそのまま終わっちまうなんて普通に考えてすごいぞこれ。
一応、最後は言いたいこと言ってシメたようにも見えるけどさ。

まぁね、チャンピオンは新人に厳しいんですよ!
どこの漫画雑誌でもそんなもんでしょうけど、ほら、チャンピオンは単行本が全部出ないからさ! 漫画専業だけどそういうことちょいちょいやっちゃうからね、ご祝儀、そうご祝儀ですよ! 香典ともいうかな!?

とはいえ、新人賞受賞者なんだから二作目もわりかし早く載るんじゃないですかねー。
鷹見先生の漫画は妙なオーラがあるんでね、結構いい線行くと思うんですけど、そのあたり、しっかり編集部には導いてもらいたいです。
とりあえず、次作ではメインキャラをもうほんのちょっとだけ個性づけして欲しいかなー、なんて。

ともかく、連載お疲れ様でした!


さて。
このデザートローズ、単行本1巻が2月8日に発売されたんですが、最終回が載ったチャンピオンは2月16日に発売されたわけですよ。

最終回が2月16日発売、だいたい雑誌は2週前ぐらいには出来てるだろうか……最終回と単行本作業が同時くらいだったのかなー。
単行本巻末に郁と筧の細かい設定が載っていたのもその影響かもしれませんねー。知ってますか、郁には双子の姉がいるんですよ!! 木更木の取り巻きぐらいしか女子がいなかった女日照な今作には正に女神! 的な存在になるのかもしれなかったんですよ! 勿体無い! MOTTAINAI!!

2巻の発売も見込めないので永遠に見れることは無いかなー(´;ω;`)

まあ、私が言いたいのはそんな事じゃないんです。ダシタイナ発進にも小一時間ほど問い詰めたいわけですが、それは言いたいことちゃうんですわ。

今回の主題は最終回のタイミングがアレすぎねーかな、ってことなんですよ。
単行本発売→翌週最終回、しかも予告一切無しって普通に考えたらパッチ配布レベルの超バグ鬼畜行為ですよ。
単行本をご祝儀代わりに買って、さぁ、最新話を読むぞってファンは怒るよ、そりゃね。

今作に限らず、チャンピオンには度々こういった前例があるんですが、こればっかりはどうにかしてほしいと思います。悪しき風習ですよ。
終わるのはしょうがない、でも、終わらせ方はあるんです。

じゃあ、単行本出さなきゃいいだろ、って話でもないですけどね!ヽ(`Д´)ノ

このやり方だと安定して低いところを飛びつづけられるし、中には一際高く飛び上がれる個体もあるでしょうねー。
でも、母体はずっと! 低いままですよ。雑誌が評価されることは無いと思います。
結果的に味も何にもないクソ雑誌になっちゃうよ。

頑張れ、チャンピオンマジ頑張れ。

後、新連載のジャンル被りはやめてやれ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\r
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。