グレースタイル チャンピオン読者が選ぶ!このマンガが面白い!2012~ぶちかましじゃい~ グレースタイル版
m9パール
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
去年も行われた漫画脳様の企画に今年も参加ですヽ(*´∀`)ノキャッキャ
前置きそこそこ、以下本文。
次点は集計には入らないんですが、どうしても書いておきたかったので。……紛らわしくてすまん!

・週刊少年チャンピオン部門

1位:ケルベロス

2位:ANGEL VOICE

3位:バチバチ

4位:りびんぐでっど!

5位:侵略!イカ娘

次点:シュガーレス

コメント:1位はケルベロス。前年度チャンピオン連載作品のチャンピオン、だと思ってる。
捨てキャラ無し、面白いストーリー、熱い展開と毎週毎週わくわくさせていただいた。
設定も決して複雑でなく、チャンピオンのファンタジー部門の不作っぷりを吹っ飛ばす勢いがあった。
惜しむらくは打ち切りか、どうにか次作ではさらなるヒットを望みたい。
この作品に関しては色々な思いがあり、そういった意味でも1位とさせてもらった。

2位はAV。俺が今までに読んできたサッカー漫画の中で一番面白い。下手したらスポーツ漫画というカテゴリーで一番かもしれん。
ともかく、この作品が評価されない世界なんてあっちゃいけない、と思う。もっともっと、更に称賛を受けていい作品。連載ももう長いが、未だに、いやここにきてさらに面白さを加速させていることを評価して2位。

3位、バチバチ。理由はAVに同じくここにきてもまだ面白さを維持している点。

4位は連載開始移行、変わらずな面白さを提供してくれるギャグ作品であるりびんぐでっど!をノミネート。
もなこが毎回毎回モツをブチまけてくれるのでグロファンも納得だね! え、違う?

5位は人気絶頂のイカ娘。こちらも変わらない面白さを提供してくれている。安心できる。

次点はシュガーレス。変わらない面白さがある、といったら今作はちょっと違うのだが、まあ、目は離せない作品である。この作品の面白さはなんというかちょっと別次元な感じ。ともかく、キャラを徹底的に魅せており不良漫画としての面白さは既に十二分だと思う。とか褒めといてランクインはさせなかったけど。


上位5作を選ぶにあたって、今年は面白さ現状維持をテーマに選ばせていただいた。
爆発力よりも維持力、今年はそれを重視! 途中で不能になっちゃダメなんですよ!
逆に言えば、今年は爆発力のある新作が無かったということでもあるのだけど。今年度はその点に大きく期待したい。 

・秋田書店部門

1位:trash.

2位:ヨメイロちょいす

3位:フランケンふらん

4位:ブルーイッシュ

5位:エクゾスカル零

次点:恐怖博士の研究室

秋田書店部門は以上の5作。
1位はtrash. ……あれ、去年も一位だったっけ? まあいいや。
2巻収録分は母殺しの殺人鬼、村雨編。
ただ単にモツぶちまけるだけの話でなく、きっちりとしたストーリーで魅せてもらった。
連載分で読むと少し冗長に感じられたが、単行本で読み返すとしっかりと話が作られていることを感じられた。
俺がヤマケニストであることも加味し(贔屓目ともいう!)、1位。うん、文句なし。

2位はヨメイロちょいす。秋田書店作品でトップクラスに誤解されている作品。
確かに出回った画像のようなシーンもあるが、実際、この作品の本当に評価される部分はそんなものでなく、しっかりと作りこまれたギャグ展開とSF(すこしふじこ)にある。
ページ一枚で読み手を笑わせることができるっていう作品は滅多にない。それが10数ページ、月毎に読めてたなんて改めてRED読者で幸せだったと思うよ。
ギャグ漫画好きな方は読んでみてほしいです。マジで印象変わりまステマ!(語尾)

3位はふらん。一話毎の内容が濃く、上質な短篇を読んでいる気分にさせてくれた。
次回で終了が非常に惜しい。

4位、ブルーイッシュ。梅田阿比先生らしいしっとりとした作品。掲載誌によく合っている作品。

5位はエクゾスカル零。最近、じんわりと面白さ上昇中。覚悟が以前の熱さを取り戻してく過程に前作読者もあの時の熱さを想い出すのだ。

秋田書店部門は普通に選ばせていただきました。
らぶゆや、どみなのド、ミカるんX、ハカイジュウも候補にあったのだけど、惜しくも今回は除外。
抱かれたい道場は単行本が出ていればランクインさせたかったな……後、ばくおんも。

・秋田書店以外部門

1位:HUNTERXHUNTER

2位:となりの関くん

3位:ダンスマカブル

次点:カイチュー!

秋田書店以外部門は以上。

1位はハンタ。週刊連載でこれより面白い漫画ってちょっと無いんじゃないの? と俺は思っています。
絵付きの嘘バレが作られるほど、人を動かすパワーのある作品。休載の枷からも外れ、今は毎週連載という奇跡を実現。
この作品に毎週連載されたらちょっと他漫画はお手上げだろう。ハンタ厨であることは重々承知。
しかし、それでもあえて言おう! ハンターハンターは最強の週刊漫画です。

2位はとなりの関くん。ちょっと新しいジャンルを築きつつある(?)作品。最近は知名度も上がってきた?

3位はダンスマカブル。単に拷問シーンを描くだけでなく、しっかりと背景も描かれており、実に丁寧な作品だと感じた。丁寧な作品だけあって、そりゃ拷問シーンもねっとり丁寧に! ああ…股間が痛い。

次点はカイチュー。面白いよね、これ。


以上です。今年も良い漫画にたくさん出会えると良いな。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\r
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。