グレースタイル 【ケルベロス個別感想】ただ、愛を
m9パール
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ぶっちゃけてしまうと最近のケルベロス、ちょっと書くことがないです。
というか、戦ってる間って基本的に目新しい設定が出るわけでもなく、これからの先の予想もし難いしでどうにもこうにも。

善悪二元論ではないという今回の話自体は非常に興味深いのですが。

話のキモとしては雪房が崩に対する認識を改めつつある、ってことか。
これが今後、どう影響を及ぼすかはまだ予想もつかないのだけど。

九力の境遇は金屋さんと良く似ているから、ここにきての金屋さん大プッシュだったのだろうなぁ。
なんか九力はどこかの組織に入ったら良いように使われそうなフラグが立ち過ぎていて今後としても厄いというか危うい存在ではある。

環境とはこうも人の性質を変えてしまうのか。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\r
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。