グレースタイル 週刊少年チャンピオン39号
m9パール
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
・奨励賞のおやじ小学生を読んでみたい。

うずらコンビニエンス(新連載)
サンカクヘッド、新連載。
これは……シュール系ギャグマンガなんだろーか。4コマ枠かと思ったら普通のショートギャグマンガでしたね。

うずらさんのおっぱいは挟むのにちょうど良さげなサイズですねふんがふんが!
この手のやつは最初のフィーリングが大事だと思うので、その点では私にグッド。
女の子が可愛い、ってのはそれだけで大きなアドバンテージなんですよ。

ただ、うずらさんはコンビニ制服のがえろいよね、絶対。

空が灰色だから手をはなそう
前回がちょっと変わった症状の子だったのに対し、今回はかなり強烈なのを放り込んできたなー。
WEB漫画でやっている欝な作風を週刊漫画誌に持ち込んでくるとは思わなんだ。そして、それを許すチャンピオンの懐の広さがすごい。

本来、友達であったはずなのにそのポジションに自分はいなくて、いるのは他の誰か。
そして、自分はもうそのポジションに戻ることはないって、これ、結構あるあるな感じの話で心を抉るな。

明の行動を知って、離すために不治の病と嘘をついたのか、本当に不治の病だから絶交するのにちょうどいいと思って真実を言ったのか、明を傷つけまいとして不治の病と称しているのか読む側にとってはどうとでも取れるように作ってあるのがウマイというかなんというか。

嘔吐する明を見ても特に何の反応もしていないので、三番目の理由はないかな、と。
というか、そもそも本当に友達だったのかという解釈も出来るか。
もっとも過去回想カットでは二人ともお揃いのペンダントをつけているので、友達ではあったんだろうなー。

個人的には一番目の理由を推してみたい。
内容の面白さは置いておき、衝撃的な内容だった。

ただ、この内容の読み切りが2回も3回も続くようならその作風はどうなんだろう、とも思うが。
ともかく、次週最終回に期待したい。

少年探偵狩野俊介(最終回)
結局一人(厳密には二人)殺して終了、そこそこデカイ話にはならなかったけど、テンポは良かった。
ジャンヌは推理面と戦闘面両方のサポートが出来るなんて、もはや、使い魔の領域じゃないか……。

卓司さんの殺し方が想像以上にダイナミックで驚き、お前はターザンか。
ともかく、安定して読めました、またの再登場をお願いいたします!

半熟ガーディアンズ
犯人たちの過去が思ったよりしょぼくて吹いた。テロリストなのかなー、と思った過去は老人の年金強奪なんてアレすぎる……!
なんかものすごい早さで終わりそうな予感がひしひしと。

ドラゴン・ハイドレード 辰吉漂龍伝
黒輪さん、死んだらもう駄目じゃねーか!(作品的に)
辰吉の啖呵の内容が謎。

聖闘士星矢 THE LOST CANVAS外伝 冥王神話
サーシャ攫うなんてロリフォスが一人アテナ!するぐらいキレますよ。
少なくとも聖域に戻ったらカルディアはすんごい勢いで怒られそう。

りびんぐでっど!
最初、男かと思ったら……なんだ、ただの残念な女子か。
そんなことよりモブのゴスロリ女子が気になります。

ましのの
BLCDの男の顎表現がやべぇ……鉄骨渡りってレベルじゃねぇぞ。
ましのはともかく、他の女子はなぜアレで隠せると思ったのか。
後、作者の近況報告的なものが作中の背景に書かれていると妙に懐かしい気持ちになるな。

囚人リク
髪縛った椿がかっこいい……! やだ……!
決着はまだ……か。少しダレてきたか。

てんむす
この流れ……天子は割食いしないと見た!
天子はともかく、部長の方は勝算はあるのだろうか。

バチバチ
白水がきっちり一般人(それでも体格は恵まれているが)してくれるので、ただの超人ショーにならないのがバチバチの絶妙なところ。
相手は最強筆頭候補だけど、相撲のルール上、土がついたっておかしくないはず。

弱虫ペダル
過去編入ってなおさらむかつくキャラってのも弱ぺでは珍しいな!
小物すぎて御堂筋に捨てられるフラグとしか思えない……おんなじ事をやってあげただけやよ、とか言って。
ボトル割れてたのは密かに虐められてたんじゃ、とも思ったけど、そこまでやったら別の漫画になるか。

ハンザスカイ
吹越の表情は「団体戦はしょうがないですよ、個人戦なら大丈夫ですって……」みたいな諦めの表情だなー。
まぁ、こんな表情されたら徳良としては奮起するしかない。吹越、男だけどな!

範馬刃牙
遊んでくれるオヤジ……って、まだ遊びの段階なのかよ!

侵略!イカ娘
こ……これは薄い本のネタになる!

木曜日のフルット
フルットの持っている食べ物がちくわぶにしか見えない。

行徳魚屋浪漫スーパーバイトJ
この子にイラっときたら感性がおっさん、ってことなんだろうか! ……俺はおっさんだ!
しかし、経験者でもやめるもんなのか。そうなるとずっとやっているヨシノさんは中々にやる、って事なのだろうか。

クローバー
水戸黄門でいったら助さん格さん、って言い始めたあたりが今週です。
しかし、竹下さんはガチの釣りオタ……っていうか、この人何聞いてるんだ?

次号予告
新連載、増田英二「さくらDISCORD」。
透明人間の増田先生(こう書くと作者が透明人間みたい)が帰ってきた!
期待しております。

チャンピオン新連載大攻勢
夏のマグナムなんたらかんたらー!
って、前の新連載大攻勢はなんだったんだろう、まぁ、ドラドレは短期だし、半熟も短期っぽいし、イマワはショートだし、狩野はもう終わったしでガリガリとかやった頃の大攻勢みたいな扱いなんだろう(あの時も二ヶ月以内にだいたいの新作が終わった)。

というわけで、今週から始まったサンカクヘッド「うずらコンビニエンス」を筆頭に、
増田英二「さくらDISCORD」
脚本:岩明均 作画:中山昌亮「ブラック・ジャック 青き未来」
鷹見隼人「デザートローズ」
がスタート!

増田・鷹見両先生は初連載(短期連載抜き)ってことになるだろうし大いに期待したい。
さくらDISCORDは青春恋愛物って感じなんだろうか、ふむ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\r
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。