グレースタイル 【今週のケルベロス】父と、母と
m9パール
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
真堂が雛羽の魂に封印されていた最初の狗骸、惧逆の姿を暴く。
……ってなんか、すんごいデザインだなー。犬っていうよりワームか何か? というか、これは尻尾なの?

最強最古の狗骸を宿していた墓守は惧坂に操られるままだったのかなぁ。
ちょうど今の黒鱗と真堂の関係のように。

操られるままと書いたけれど、真堂自身はただ単に自分の思うままに行動しているってこともあるか。
純が何かしたわけでもないのに、ムカついたから殺しちゃうとかあのちくしょう連呼を見るに、チョー自己中だ。
紳士の仮面をかぶった自己中だ。

そして、それは10年経った今でも変わらないんだろうなぁ。

この様子なら、今後は狗神の里行きは確実か。
そこですべてがわかりそうな気がする。

展開を見るに一つの山を超えたようで少しだけ安心した。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\r
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。