グレースタイル ヤンチャン烈の「抱かれたい道場」が面白すぎる件
m9パール
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今月(先月)の抱かれたい道場も最高でした。
まさかまさかのセンターカラーに加え、ジャンプ好きっ子なら泣いて喜ぶバトル回。

s248.jpg

どうだ、この迫力のあるバトル描写!(どうだ、って無駄に偉そうだ俺)

恐ろしく濃い内容のギャグをやりつつ、絵が普通にウマイ!
これが「抱かれたい道場」の面白さの一つ。このクオリティーでそれやるか~~って突っ込める。

話はズレるが、最近、舵原先生は童貞なんじゃあないか、と思うようになってきた。
そもそも「抱かれたい男」と「ヤりまくる男」は違うわけで。

抱かれたい男は、母性と父性を併せ持ち、すべてを守ってくれる存在。
なので、当然童貞をも守り続けているという仮説。童貞を守られない男に何を守れるというのだ、的な。

聖人とはわけが違う。漢的な至高を持ちつつも母なる大地を内に秘めた存在、それが抱かれたい男。
そこらのクソイケメンとは訳が違うんですよ!

なんだか自分で言ってて意味わかんなくなってきましたが、まぁ、舵原先生は童貞な方が衝撃的で面白そうだな、というただそれだけの話。

ん……ああ、抱かれたい道場が面白いって話だけど、これに関しては先生のサイトを見るか、烈本誌を立ち読んでおくんなまし。
烈本誌はまぁ、ゴム(自販機で売っている奴じゃないよ)付いていると思うけど。
ちなみに、先生のサイト初心者はウキウキ!大殺界から読むといいと思います、まりやちゃん可愛いし。

というかねぇ! この作品に関してはどんな褒め言葉も褒め言葉にならないよ! 
読めばわかる! 万の言葉よりも一の拝読だ!

なわけで(何度目だ、このいい回し)抱かれたい道場がオススメです。

画像の出典:「ヤングチャンピオン烈2011 No.4号 抱かれたい道場」中川ホメオパシー ヤングチャンピオン烈 秋田書店
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\r
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。