グレースタイル 【今週のシュガーレス】兼光一哉
m9パール
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あれだけのやり取りで癌に気がつくシャケの有能っぷり。
一方、兼光の方はそれを完全に把握しているのかどうか。把握しつつもなお肯定して進むのならそれはそれでトップとしては仕事をしているといっていいのだろう。

そして、ヤンキー同士の語りは拳で! シャケのパンチを食らって気絶もダウンもしないとは流石に互角と評されることはある。
……というか、互角て。すんごいキャラ出てきちゃったな。シャケもシャケで体勢崩れちゃってるし。
この世界のヒエラルキーの頂点はシャケで肉薄する奴すらいないと思ってた。

とはいえ、最強キャラと互角だの匹敵するだの、ってキャラは結構残念な最期を遂げることが多い。
ガイアだってオーガと同等に近い評価をされていたし、ゲバルもトップ3の一人とか言われてた。
キュイだってベジータと互角だったんだよ!

なわけで、兼光は正門あたりに喰われるか、卑怯な手でやられるか、九島の一年が倒すかのどれかになりそう(下手な予想も数撃ちゃ当たる)。
このまま格を落とさずにシャケとのタイマンで神楽編エンド、なんてのもあるだろうけどその確率は低そうだなー。
と、思ってると細川先生に思いっきり覆されちゃうんですけどねー。本気のシャケも見たいといえば見たいし。

それにしても、神楽工業は幹部連中の数がそこそこ多いな……。
兼光を除外しても7人……九島側はキリオを追加しても5人だからちょっとメンツの数が釣り合っていない。
周防編は敵の数少ねぇな、と思ってたけど、今回はなんか多いな。まぁ、安藤、正門、生駒の三人以外は速攻で退場しそうな気もするけど。

ともかく、学校と学校が絡む事態になりそうで、連載開始以来の大掛かりな話になりそう。
九島の雑魚面子にも色々と期待したい、ほら、鹿嵐君とかいたじゃないか。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\r
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。