グレースタイル 【今週のケルベロス】強き、魂達
m9パール
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
教師の愛のパワーで旦那との勝負に打ち勝った冬子先生。
体から抜け出た旦那は景の陸劫を食らい、名無しの崩として墓に封印されていくのだった。

最後の最後に崩らしからぬ感情をいだいて死んでいったような。
人間に触れすぎて人間に感化されてしまったのだろうか。ま、よくあるお話。

白魔道士ちゃんが言っているキリシマ機関というのは霧島望(仇喰)の父が作り出した組織だろうな。
人造狗骸の生成といい、相当マッドな研究をしていると見た。
全く出番が無い仇喰はそこに捕らわれてしまっているのかも。

戦いも終わり、生徒の安否も確認。かっこいい形の枝は犠牲になったのだ……。

が、一息つく間も無く、黒鱗の墓守「真堂陵太郎」が現れる!
このジェットコースターのような展開、仇喰乱入のワクワク感を思い出させるな!

常世の上層部ですら恐れる真堂の実力は相当なものなのだろう。
現に俺たちの第四錠前隊をサクっとぶち殺してその存在を見せつける。
景サイドに死人が無いだけに真堂の異質さが際立つ。

この流れで第八の崩とかも乱入しねぇかなぁ、と思いながらも次回に続くのだ。
冬子先生は生き返ったけど、アンデッドですごめんちゃーい、とかならなくて少し安心した。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\r
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。