グレースタイル 【今週のシュガーレス】ケンカの順番
m9パール
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今週号を読む前→キリオさんが今さら出てきても周防君に二年生の残りと合わせて瞬殺されたし、そもそもこの手の漫画の二年生なんて全部よええよ、キリオは終わコン!
読んだ後→キリオTUEEEEEEEE!!

いや、マジキリオさん強いよ、なんなの、全盛期超えてるんじゃねーのこれ。やはり、シュガーレス世界における信念の強さはそのままケンカの強さに繋がるんだなー。
まぁ、多少は肉体も関係ある。流石にシロと引き分けて体引きずるぐらいになってまてシャケに挑んでKOされて、のその後は辛いんだろう。岳さんは特別です。

しゃべりが以前よりもウザくなっているのは笑った。何あの身振り手振り。
というか、キリオは一年生の時は普通に岳みたいなしゃべり方だったのに二年生になって何があったんだろうな。シャケに破れて一時期考えが変わったとしてもどういう物に触れたらああいう口調になるんだ、と。

キリオの言っていた理論はいかにも九島のそれを体現したものだなー。
これが単に殺し合いや暴力比べだったら、逆に持てる戦力を全部使わない方が卑怯になる。
例えば、こちらが二人いて相手が一人、ならば二人でいかない場合は卑怯だ。全力をだしていない。

ただ、言ったとおり、これはケンカであり個VS個の単純な力比べ。
そのため、目の前の相手を見据えてない周防は無礼だ、と。

そんな周防の性根を治すために屋上へ彼を招待するキリオ。
シャケさん、すっかりカウンセラーみたいな扱いになっちゃって。打撃精神科医シャケ、とでも名付けたくなるぐらいの仕事っぷりだ。
一年生がある程度の診察をし、最後にシャケが最終診察をする。みたいな感じになっている。

今後の展開を考えるに周防がシャケと戦って敗北、改心、体調を万全にした後にキリオと再戦ってことになるのか。
この手の漫画の二年生は軽んじられがちなので(星矢の白銀聖闘士然り)、彼には本当の意味でのナンバー2の扱いを期待したい。
そうだとすると、風車組ってどのぐらい強いんだろうなー。三年生連中がシャケ以外静かすぎるのも気になる。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\r
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。