グレースタイル 【今週のケルベロス】ただ、信じ
m9パール
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
センターカラーの色使いが清く正しく少年漫画風。
本編、やっと景の思いを友恵が理解する。
というより、わかんないわよ、という前にタメがあったのはどことなく感づいていたけど、誰かの口からそれを言って欲しかったんじゃないかなーかなー。
二人との強い繋がりがある金屋さんはカミングアウトには最適だな。そして、こんな時でもぶれない帆奈ちゃん可愛いよ。

狗骸をも驚かせる友恵の踏ん張り力の強さにたまげる。もうすっかり公式パワーキャラ!
……と、しかしここから雪房が戻ったとしても逆転の気配がまるでない……というかそもそも墓守状態になれないのだから二人揃って痛ぶられるしかないんだけどどうなるのだろう。
常世介入による、ダンナの一時撤退ぐらいしか解決策が見当たらない……後は景の暴走とかそっち系?

しかし、崩共はいたぶっていたぶっていたぶっている間に反撃の体勢を整えられてしまうのがアレだな……まぁ、これ言っちゃったらファンタジー漫画の敵どももみんなそうだし、みんな始めっから一撃必殺モードだったらすぐいに作品終わっちゃうしなー。ハナっから魔王設置しとけや、レベルの意見なのかもしれない。
といっても、崩共の性格や姿勢にバリエーションが欲しいのは本音ではある。

余談ですが、ダンナに撤退して欲しいっていう考えはアレだ……冬子先生のえろえろモードがもっと見たいっていうのもあるんや……。
先生の! もっとイイトコ見てみたい!!

CAVKV2AG.jpg←もっとイイトコ

描きこまれた一滴の汗がここまでえろすを生むとは……フクイ先生はえろすの伝道師やで。
品行方正に生きてきて教師になったのに突然化物に寄生され、苦しみながらその生涯を終えそうになるって考えてみたら極上のシチュエーションだよね。

画像の出典:「ケルベロス 第五十四刻 週刊少年チャンピオン11号」フクイタクミ 秋田書店
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\r
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。