グレースタイル 「チャンピオン読者が選ぶ!このマンガが面白いぞっ☆2011」(タイトルがなぜか宮下風なんだな……)
m9パール
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
のっかる。

募集要項はイカコピペでゲソ。
①秋田書店作品部門(週チャン作品除く)
対象:2010年に秋田書店から単行本が刊行された週チャン連載以外のマンガ作品
②秋田書店以外部門
対象:2010年に秋田書店以外の出版社から単行本が刊行されたマンガ作品
③週刊少年チャンピオン部門
対象:2010年に単行本が刊行された「週刊少年チャンピオン連載」のマンガ作品
及び、週刊少年チャンピオン本誌2010年NO.1~NO.52に掲載された読み切り・短期連載を含む全作品。

この記事では①②③全部やります。
作品の評価は一言であっさりと。んでは。

①秋田書店部門
第一位:人間失格壊 二ノ瀬泰徳 月刊チャンピオンRED 全1巻(連載終了)

第二位:ヨメイロちょいす tenkla 月刊チャンピオンRED 4巻~

第三位:足利アナーキー 吉沢潤一 ヤングチャンピオン 4巻~

第四位:空手婆娑羅伝銀二 野部優美 月刊少年チャンピオン 全11巻(連載終了)

第五位:trash. D.P.×山本賢治 ヤングチャンピオン烈 1巻~

一位は今年度納得の一位! 圧巻、壮絶、強烈、至高の作品。レビューはこちら。
二位は去年に続き今年もランクイン。というか、前年度よりもランクアップしているが、その益々のアホっぷりへの拍車のかかりっぷりとクオリティに脱帽してのランクイン。
三位は、現秋田書店最悪ヤンキー漫画。四位は惜しくも終わってしまったが、秋田書店スポーツ漫画最高峰作品。五位は現秋田書店最悪趣味漫画。奥底に眠る暗い感情を呼び起こしてくれるドラッグのような一作。

他にも候補はありますが、バランスよくあげるとしたらこのあたりかしら。花のズボラ飯やどみなのド、今年終わったベクターも入れたかったのだけどね。
後、単行本が出ていればエクゾスカルとやまちちは入っていたかも。


②秋田書店以外部門
第一位:ドリフターズ 平野耕太 ヤングキングアワーズ 1巻~ 少年画報社

第二位:トリコ 島袋光年 週刊少年ジャンプ 12巻~ 集英社

第三位:血まみれスケバンチェーンソー 三家本礼 コミックビーム 2巻~ エンターブレイン

第四位:まごころ。 魔神ぐり子 まんがくらぶ 全1巻(連載終了) 竹書房

第五位:ブロッケンブラッド 塩野干支郎次 ヤングキングアワーズ 6巻~ 少年画報社

一位、まだ一巻しかでてないけど黙ってても面白くなるだろう、と。二位は文句なしのランクイン。トミーロッドとの戦いは燃えた。
三位は気軽に読めるアホグロ漫画。四位は以前紹介したひよりすとの作者の別作。毒とほのぼのが調和した4コマ漫画。
五位は筆者趣味。 


③週刊少年チャンピオン部門
第一位:ケルベロス フクイタクミ

第二位:Goofy 根建飛鳥

第三位:バチバチ 佐藤タカヒロ

第四位:シュガーレス 細川雅巳

第五位:侵略!イカ娘 安部真弘

一位、週チャンでの次期看板にぜひともなってもらいたい。皆を守るためのファンタジー。
二位、短期連載で圧倒的な読み応えにランクイン。三位、この漫画が評価されないのはおかしい。
四位、細川雅巳新境地! 不良漫画をなぞりつつもどこか……? といった不思議な一作。どことなくほのぼのしているのが謎な一作。
五位、まだまだ、いやいつにも増して絶好調かッ! 変わらない面白さ、とは安心できるということ。


以上です、今年の週チャンはスリースターズの攻勢を始め、いつにも増して攻勢に出ていた気がする。
来年はさらなる飛躍を。
そして、刃牙に代わる看板を作り出す! 週チャン改革、いえすうぃーきゃん!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\r
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。