グレースタイル 【今週のケルベロス】雨の、中で
m9パール
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
常世、思ったよりもデカイ組織だ……。表社会にも強い影響力がある、と。
市長や警察署長が崩の存在を認識している、っていうのはまた新しい情報だなー。
それと、斬子は素であの歯なんだな、デフォルメでもなんでもなく。呪具の呪いかなにかだろうか。
比嘉隊長がいい人すぎて泣ける、望月ちゃんも可愛いよう可愛いよう。斬子はどこかの部隊に所属というよりは独立して動く特務隊ポジションなんだろうな。

さて。
憑かれた冬子先生が本格的にはつじょ……じゃなくて染まりつつあるな。風呂に入っていない先生ぺろぺろ。
完全に行動が鴉のそれっぽくなってしまっている。それでもまだニオイは完全に消しているようでダンナやるな……でもこのままだとマジでただのヒッキー……。
景の後ろからぺトっと登場するシーンを初めに見たので「えええ~~~っ、ヤンチャン烈的な展開ですかぁ~~~」と思ってしまったのはないしょだぞ。

気配を消しまくりのダンナに対し、ニオイ放ちまくりの黒鱗と墓守。
常世の会議は彼らに対してのものなのか。

同族殺しってことはやはり他の墓守の墓や蓄えた力を奪ったり崩をあえて解放させて自分のエネルギーにして生き長らえるやり方の狗骸なのだろう。
崩を捜し回るよりはそちらの方が効率いいといえば良い。
そして、周りのみんなを守りたいために崩を封印する景とは必然的に対立する、と。

全部、妄想予想なんだけど、俄然面白くなってきた。
作品の人気もまだまだ上昇しているし、もっとプッシュして準看板ぐらいにはなってほしいなー。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\r
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。