グレースタイル 【今週のシュガーレス】春雷
m9パール
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
優しさと愛を知る三田の拳が嘉上に直撃!
いや、散々いっている通り、三田が愛と優しさの男というのには違和感があるのだけど。
キサマの愛は侵略行為、と言われてもおかしくないぐらいの変わった愛。

それはそれとして、嘉上さんいい人だった説は正しかったようで。
やせ我慢と作り笑いだけの世界になったらイヤだと彼はいったが、その世界の一人になっていたという皮肉。
もしくは進んでやせ我慢をしていただけかもしれない(過去の優しかった自分を押し殺すことで)。そして、周りには我慢をしないことを求めていた(エクレアの他のメンバーや三田への行動から)。
そう考えると三田よりも嘉上の方が自己犠牲の精神が高く優しいと言えるかもしれない。

嘉上の内面はさておき、コートの下が普通に半袖であることには笑った。やっぱ暑かったんですね。そら、そうだ。
春を探しに行った嘉上はマリモが作ったエクレアよりも大きく強いチームを作ってくるかもしれない。何だかんだで三田の近くにいたらそれはそれで笑えるが。

そして、満を持して主人公の椎葉と久々登場の卜部・シロ。卜部はともかく、がっくんが取り巻きAみたいな登場だったことについてはもう突っ込まないぞ。
嘉上へのツッコミも三枚目キャラみたいなツッコミだったけど、俺から言うことは何もありません!
岳は出てさえくれればいいんだよ……!

というか、シロは良くこの二人についてきたな。着いてくる理由がまるでないというに。
シロと播磨弟が無駄に似ていて笑った。実の兄弟よりも兄弟してやがる。もしかしたらこのツーショットを描きたいがために……? さすがにそれは違うか。

次号から新展開。マリモがいない間に同時間軸で起こった九島でのあれこれをがっくんが解決する展開があると思ったけど、もうこれはこれでいいや。
とりあえず、マリモはそろそろお腹いっぱいなので、椎葉の復権求む。不良漫画では珍しいけれど、パワーアップイベントなんてのもあるといいな。
ただし、時間のかからない方法で頼む。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\r
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。