グレースタイル 【今週のケルベロス】蜘蛛、禍禍
m9パール
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
槍を突き立てることが出来たのは立派だが、やはりこの子は一般人だったようで。
足持たれた瞬間、すわっ、足ぶっ飛ぶのか! と思ったけど、蜘蛛さんの手心で無事でした。
というか、普通に喋れたんだな、こいつ。てっきり崇めよ奉れしか言えない崩かと思った。
人語を喋るとある程度不気味さは消えるなぁ。

前はちっとも崩の気配を探知できなかった景も少しは変わったようで。
修行の成果が出ているのか……それとも人とも崩とも違う同化状態にほんの少し近づきつつあるのか。

カラスのダンナが何を考えているかが気になる。仰岐をけしかけるのはわかるが、挟撃だのなんだのすればいいのに、それをしないあたり、景を成長させたがっているようにしか見えないが……?

一般人の信森君、ちゃんと考えてあるような名前からしてこれだけで終わるキャラではないだろう。
ちょっと一方通行ラブな流れにもなりそうだったし(すね殴られたけど)日常編でも絡んできそうな。でも、今のところ、望くんの天然な魅力には敵いませんね!
喧嘩っ早いところもどこか景に似ているなぁ。今の景は犬のようにクンクンしていて変わったけど……。

仰岐の広範囲消化液攻撃、服だけ溶かすファンタジーのスライム的な攻撃なのかどうかそれが問題だ。
もし、服だけ溶かす技ならメガトンさんのメガトンが乳デカッ!しちゃうじゃないか。というか、あんな風に液を撒いて人質の生徒は無事なのだろうか。

友恵が思い出すことは確実として、信森と生徒連中の記憶をどうするのかが気になる。
まぁ、墓守としての姿を見られなかったのなら、虚言妄言の類でどうにかなるだろうが。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\r
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。