グレースタイル 【今週のシュガーレス】約束
m9パール
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
巻頭カラー! 新連載以外で巻頭カラーというのは間違いなく人気がありプッシュもされている証拠。
この日が来て本当によかった。

カラーページ、がっくんの立ち位置にたまげる。いや、表紙の時点で予想はしてたけど……してたけど。
ポジションが完全に伍代とかトモキとかの立ち位置じゃないか……!
そして久々のシャケイラスト。四人の中で一際目立つこのオーラ。本編登場はいつになるのかな。

本編。
嘉上の思惑に反し、三田はナイフで傷をつけた。
緊張の糸が解けたのか、倒れる三田。思い通りにならない三田を壊そうとする嘉上、そこにマリモが現れた!

嘉上は三田と同じでいたい、壊れるほど愛したいなどと思っていたのではなく(まぁ、この考えは妄想が過ぎるけどw)、三田も結局は自分と同じ風になるんだと思っていたのだろう。
嘉上自身、過去に裏切られただのなんだのがあって、今の三田に近い状況になりそこで最悪な結果になってしまった事があるんじゃないだろうか。

皮を剥いていった先にある本質は真っ黒で、違う自分。だけれども、剥いても剥いても三田は真っ白な三田実だった。
嘉上にとって、それは異物であり不可解、不愉快な物だった。自分が興味を抱いた三田実ではなかった。だから、排除することを決めた。

播磨達は三田の水になれた。嘉上にとっての水は何なのだろうか。
三田は嘉上の水になれる可能性があったが、嘉上は自らそれを零してしまった。

大きな樹であるマリモは嘉上の乾きを無くすことが出来るのか。サイズがサイズだけに生み出す水は多いだろうが果たして。
乾燥したハリガネムシは水を与えると「元」に戻るらしい。嘉上の本質は今まで通りの黒か、白なのか。

エクレア編のキーワードは「乾きを潤す水」だったんじゃないかと考える。
そうだとしたら岳が出なかったのもうなずけるような。彼は別に乾いていない、自分で水を飲み自分で立ち上がる人間だから。
とはいえ、他人に水を分け与えるほど出来た人間でもないので、マリモの抜擢になったんじゃないかと。うん、これだ、この考えなら合う! ツジツマが!(不在理由の強引解釈)

それにしても、赤鼻のトナカイはキマってるセリフだ。このセリフのためだけに名字を三田にしたんじゃねぇの、と思うぐらいのキマりっぷりだなあ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\r
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。