グレースタイル 【今週のケルベロス】乙女、逢い
m9パール
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
古書店のおばさんが意味ありげすぎる登場にモヤモヤ。特に慌てない感じを見るに度量が大きそう。

優位を味わいたいといっても、天敵の墓守を見つけたすぐ後にこんな行動を起こしちゃう山王たんに萌えまくる。
アホの子がすぎるぜ……!

金屋さんの告白には全俺が泣いた。最近、そういう同人読んだだけに余計に泣いた。

ちびっちゃった金屋さんに全俺が泣いた。主に股間の典如が白く泣いた。
つうか、あのクソ猫は金屋さんの尿のニオイを嗅いだのか、絶対に許さない。
バッちくねーよ、それは聖水という名の黄金水だってーの! 一部の人間にゃ力水ともいうんだぜ!?

祈の持つ人造狗骸は「律理」。理性がぶっ飛びそうな変身状態なのに、理性を律すると書くのか。
食べなければ力が出せないあたりはほとんど崩なんだなー。
墓が必要でない分、別のところでコストが必要なわけか。とはいえ、霊魂なんてそこら辺に溢れているし、使おうと思えば人造狗骸も相当に強いのだろうな。

典如と違い、あれだけの密着状況でも祈に危害を及ぼさないのは祈が憎んでいないからなのか、元からそういう狗骸なのか。
三人とも戦闘スタイル、というかフォームがまるで違うのが面白いなぁ。

人造狗骸は用途によって色々な形態が作られているのだろう。
典如が中・遠距離型で、律理が近距離型なんだろうなぁ。そのうち、対空型とかそういうのも出てきたりするのだろうか。

人造狗骸部隊なんて出てきたら相当に厄いことになりそう。エネルギーの霊魂も足りなくなっちゃう!?

何とか間に合った景だけれど、戦う力がほとんど残っていないだけに第三者の介入に期待したい。望くんとのタッグマッチでもぜーんぜーん構わないけどな!
卑怯とは言うまいね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\r
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。