グレースタイル 鉄鍋のジャン!R 頂上作戦 第四醤 罠――それぞれ!
m9パール
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大谷日堂杯本戦開幕!

司会のハゲとイベントガールが場を盛り上げる中、
「十三龍」の日本進出を危惧する沢田と筍。

オレたちがとめなきゃイッキに日本中が乗っ取られかねない
……いや、お前らじゃ無理だろ。

さらにサクラを使って場を盛り上げる十三龍。
以下、サクラの台詞。

どんどん増えるといいなぁ。
アメリカには200を越える店がオープンしてるわけだし


オレたちの町にもできるってさ、うれしーーーー

とにかく料理がオニウマだってさ
オニウマかよ、ワハハハーーーッ

……うわぁ……
これはひどい。誰がどう聞いてもサクラです。
サクラの玉手箱や。

つうか、これ周りの観客もこいつらがサクラだってわかってるんじゃないか。
なんだか彼らを見る目がやけに冷ややかだ。
過剰なアピールはかえって逆効果ですよ。

十三龍のやり方を「姑息な方法」と称する佐藤田。
対してそれを「地道なアピール」と称するエリザ。

おそらく、佐藤田は本当の「料理人」なのだろう。
うまい料理さえ出せば下手なアピールなどいらない、
客はむこうからやってくると考えるタイプだ。エリザとは逆。

ここで佐藤田裏切りフラグがものすごい勢いで立った。
同時にラスボスになる可能性も大きくあがった。
最悪、かませ犬化は避けられるだろうな。

そしてショーも終わり、本戦出場選手が全員出揃った!

img363.jpg


……えーと、料理の大会だったよね?
なんですか、この人達から感じる殺気は。
地下闘技場トーナメントの帰りです、とかいっても通用しそうな奴らばっかりだ。
今にもオプティックブラストやりそうな人とかいますよ。

観客も観客で、なんかみんな強そ~~、とか言ってるし。
普通、料理人に対してのこの言葉は
「美味い料理を作りそう」という意味だけがこめられていると思うのだけど、
こいつらの場合は両方の意味がこめられている気がして困る。

キミタチ、これは料理の大会ですよ?

……まぁ、そんなこんなで一回戦目の食材が決定した。
それは……「卵」だ。
鉄鍋のジャンで「卵」というと「血の卵のデザート」を思い出す。
一度食べてみたいなぁ、アレだけは。

醤のケガをする心配するキリコ。(おっぱい揺らしながら)
ひょっとしたらキリコも飛び入り参戦してくるかと思ってたが、
どうやらそれは無いみたいだ。
とすると、彼女は解説兼おっぱい要員か。

あまり本編には関係ないが、大谷が自らあの卵衣装を着ているのが気になった。
こういう人間では無いような気がしたんだが……。
3年間で彼も何か変わったのだろうか?

醤はいったいどういう料理を作るのか? 
次回へ続く。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\r
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://graystyle.blog79.fc2.com/tb.php/129-27339327
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。