グレースタイル 【今週のシュガーレス】向井司郎
m9パール
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
不意打ちを食らったものの、そのまま反撃……というか相手の蹴り足吊り揚げるなんてとんでもないパワーファイターだ!
重力遮断の超能力だか、合気の極意だかなんだか使わないととても出来るもんじゃねぇ! 増してやあの体格で。

やはり、ヤンキー漫画というよりは超人バトル漫画と認識した方が良さそうだ。
脚を吊られつつも、そのまま反撃に転じる敵さんもヤルネェ!

シロはヒラオリの名前を知っていた。周りに無関心というわけではないのだろう。
比重がシャケに傾いているだけで、コミュニケーションは取れるんだな。

あれだけの力を見せつけられてバールのようなものでどうにかしようとするヒラオリ君が戦力差読めてない可愛い。
直接的な言葉を選べばバ(ry
ていうか、肩口からちょっと見えちゃってるよ、バール!

校庭で戦っている丸母が上から登場したのには驚いた。岳を抱えているあたり、保健室か何かを探してさ迷っているのだろうか。
二階のトイレを借りるにもわざわざ窓をぶち破って登場するぐらいだし、方向感覚が無い子なのかもしれない。

クロームバナジウム鋼とか言っちゃうあたりは相変わらずの細川節……というか、丸母は頭が良いキャラで間違いないのだろう。
前回の感想でも言ったが学校の勉強が出来ないだけの子なんだな。
出来ない、といっても根本的な意味がわからない、ということでなく、どうしてこの答えになるのか、他にもやり方はないのか、なぜこれはこうなのかといった教師に疎まれるタイプの考えの持ち主なんだろう。
そうだとしたら、彼のキャラがもっと面白くなると思う。

一方で未だ気絶中の椎葉岳が気になる。雑魚掃討以外の見せ場がそろそろ欲しい。かといって、中途半端なやつを倒してもしょうがないしで、やはり、シャケ四天王をやるしかないか。
その展開をやる前に学校の全体図やら既存の人物の日常やらを描いて、簡単な掘り下げをして欲しくもある。

クローバーのような日常、を求めているわけではないが、授業風景はどういうのか、食事はどうしているのか、学外での生活はどうか、と興味がつきないわけで。
魅力的な人物が多いということは十分わかったので、緩急混ぜつつ大事に大事に進めていって欲しい。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\r
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。