グレースタイル 【今週のケルベロス】計る、謀る
m9パール
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
冒頭のおばちゃんは1話で話に出た怪談好きの古書店のおばさんですね。
怪談好きというだけあって、異変に気づくのも早い。もしかしたら、何かしらの形で景に関わってきたり?

景に心が向いている金屋さんが非常に可愛らしい。
少し儚げでぽわぽわしていて純粋そうで……高身長女性を描くのがうまいのに、ロリもうまいなんてフクイ先生は罪作りです。

いや、しかし、友恵のおっぱいの大きさがマジでやヴぁいですね。
P293、金屋さんの頭よりもおっぱい大きくないですか? 何というビッグバンインパクト……。

それでもって、偽金屋さんのサドっぷりがすごいこと。
リョナられる側だと思ったら、まさかリョナる側に回ってくれるとは……!
にしても、こうしてみると、墓守ってきつい商売だ。腹に穴開けられても途中退場禁止。不死身でも痛いもんは痛い。そのうち、精神の方がイカれてしまいそう。ああ、大変だ。本当に大変。

偽金屋さんが早々に正体をバラしてしまったのは少し残念ですが、景をだまくらかすためにもう一度か二度、あの姿になる展開もありえますな。
崩ならば何をしても許されるんだよな。

今回の敵は百代狸。崩はみんな動物の名前が入るのかな。
月並みな考えですが、虎とか狼とかは強そうだなぁ。
元となった動物の造型が全くわからないのが少しアレなのですが。

金屋さんは予想通り、少し特別な力を持つ人間なので、今回の騒動が終わった後も記憶を消されずに景の理解者となって欲しいところ。
そんでもって、急接近した二人に友恵が慌ててくれれば俺は素敵な気持ちになれると思うのです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\r
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。