グレースタイル 【鯉は大海を知る】バチバチ 3巻 佐藤タカヒロ
m9パール
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年、チャンピオン読者の心を鷲掴みにした漫画は今作バチバチですが、2010年ブレイクしなければならない漫画もまた今作バチバチだと思います。

3巻は鯉太郎初の取り組みが為される巻。
空流部屋の面々の実力も明らかになり、今後への妄想と期待が膨らみます。

見どころは凶悪なまでのヒールさで魅せる王虎……も捨てがたいですが、精神的に大きく成長した鯉太郎に注目。
観客のヤジや悪意ある視線にも動じなくなった。それどころか、相手の心も感じ取れる大きな人間になってくれました。

P67、土俵で自らを証明したいのは、土俵に生を求めているのは俺だけじゃないと鯉太郎が感じ取るシーンは3巻最高のシーンだと思います。
1巻の頃の鯉太郎を知っていれば特に。

合間合間の笑い部分も緊張感が適度に抜けて良い。
それでもって、そこでも鯉太郎の成長を見ることが出来るのです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\r
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。