グレースタイル 【ちょっと昔のチャンピオン作品を振り返る】カオシックルーン 全8巻 山本賢治
m9パール
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
略してちょむか。
第二回をやるかどうかは未定。


今作はカードを扱った作品、とはいうものの、遊戯王のようなカードによるバトル作品ではなく、カードに封印されたモンスターを召喚して戦うバトル作品。
カードというよりはどちらかといえばポケモンの形式に近いか。

じゃあ、カードじゃなくて札とかデバイスとかでもいいんじゃね、と思うのだが、タイアップ企画の一環だったのでこれも止む無し。
なお、タイアップ企画は何事もなかったかのごとく自然消滅。なんじゃそりゃぁ!

とはいえ、一応はブロッコリーが関わった企画であり、そうそうはっちゃけた事はできないはず……と高を括ってはいけない。
……いや、侮っていたのは当時の自分だったかもしれない。

第一話からジェットコースターのようなスピード感溢れる展開、牛一頭捉えて串ぶっ刺してそのまんま焼いているような大味なストーリー、気を抜けば一瞬で合い挽き肉になる登場人物達。
エロ! グロ! エロ! グロ! グロ! 断面図! バイオレンス!
山本賢治が作りなれた作品の空気がそこにあった。

カードバトルにおけるプレイヤーへのダイレクトアタックがこれほどまでに強烈に描かれた作品もないであろう。

そんでもって、とにかく悪役はすぐ死ぬ。4週持てば長生きだ。
つい筆がノって、メインキャラを皆殺しにしちまうような作者だから、味方だっていつ死ぬかドキドキモノである。

女の子キャラはみんなカワイイ。成年誌で描いていただけあって、ムチっとしていてとても可愛い。
エロ描いていた作者だけあって高確率でおっぱいも出る。そんでもって、それ以上に高確率で断面図も出る。
幼女が四肢ぶった斬られて、機械のアームつけられる展開だってある。ボカして描くわけでもなく、じっとりねっとりと描かれる。それも主人公の眼前で。

もうね、とにかく油ギトギトのジャンクフード漫画。

なんだ、じゃあ、良いとこないじゃねぇか……と思った方。違います。
ええ、はい。今、言ったことは全てこの作品の良いところですよ。

ある漫画家は言いました。

自分にとって漫画とは、駄菓子、またはジェットコースター。栄養にならない。目的地にも近づけない。
だけど食べているとき、走っているときは、絶対に楽しませる。漫画は、それでいい。


では、栄養にならないジャンクフードのようなこの作品は何か。
漫画だよ。最高に漫画だ。毒のような漫画だ。

チャンピオンの負の部分を全て飲み込んだような超悪作……なのですが、漫画好き、とりわけチャンピオン読者の方々には是非とも丸ごと喰らっていただきたいですねぇ。


ちなみに、さらにバイオレンスを増した続編「カオシックルーンEs」は月刊誌、チャンピオンREDで絶賛休載中。
ええ、まぁ、色んな事情があるんですよ。

とはいえ、状況は最悪ってわけでもないのですが。
まぁ、毒を創るにも時間はいるって事で。

コメント
この記事へのコメント
どうも、素晴らしいレビューです。
一瞬しか出ないような悪役が異常に個性があってまたいいんですよね。
僕も断面図と聞いて思い浮かぶのはエじゃなくてグの方です。

Trashは烈で連載されるんですかね。
そこらへんよくわかんないのですが。
2010/01/06(水) 12:58 | URL | Anaki #6EPJV56o[ 編集]
ありがとーございます。
その一言で、もっとがんばれます!

>一瞬しか出ないような悪役が異常に個性があってまたいいんですよね

こいつを好きな方は結構多いと思いますが、数がわからない男が一番好きです。

あのたった一言に彼がどれだけ異常な人間かが集約されていてすごくいい。
呼び出す竜、アル・マーも素晴らしいデザインでした。
Esでアル・マーが驚異的な性能になっていて驚きましたよ。使い手の問題もあるのでしょうが。

TrashはD.P先生作画で2月売りの烈から連載されますよ!
2010年はヤマケンの年になるといい。
2010/01/07(木) 00:57 | URL | しんせん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\r
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。