グレースタイル 【ポエムとシリアスと爆発と】ムラマサ 4巻 哲弘
m9パール
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


開始2ページで挿入されるおっぱいポエムと正義が特攻するシリアスさとの温度差を楽しむ4巻。
シリアスも実は描けるという方向性を示し、ムラマサはここから新境地を……迎えなかった。
まぁ、それは次作で楽しめばいい。

また、シロのアホさ加減が終わり際にかけてクライマックスレベルに。
えろの失敗をえろで取り返そうとするあたりはニヤニヤする半面、成長しろよ、と勝手な親心を抱いてしまった。

西東さん登場時に現れたハゲの斧の能力は服をきていりゃ服を脱がし、きていなければ皮をつるつるにするというもの。
つまりはグリスカントの亜種。全く、チャンピオンはあの手この手で脱衣させようとしやがる……!

しかし、皮をつるつるというのは割と洒落にならないダメージのような。
というか、あのハゲはあんな高いところに陣取ってまで女子の服を脱がせようとしていたのか。何という脱衣欲。
カイザーの名はやれぬが子爵ぐらいなら名乗っても良いぞ。

後、いまさらながら思うが、西東さんの初登場が何だかえろひどい。
あの登場の仕方のせいで、当初は、変態が追加だー! としか思えなかった。

カバー裏はヒロイン達の水着姿……なんだけど、私にはボディペイントにしか見えなかった。
だって……だって、村咲さんのおっぱいのラインがあんなに……!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\r
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。