グレースタイル 【野球に携わる人たちへ】くそ暑い夏 水島新司
m9パール
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビジネスジャンプに掲載された読みきりをまとめたもの。

甲子園に携わる、携わった野球好き共の物語。
それは選手だったり、選手の家族だったり、観客だったり。
登場人物全てにドラマを感じさせてくれる作品集。

甲子園の主役は選手だけではない。野球が好きでそこにいる人間全てなのだ。

野球シーンというよりはドラマパートに重きを置いているので、野球のルールを知らなくてもさらりと読める(とはいえ、掲載誌の読者層にそういった人は少ないか)。
個人的にお薦めなのは、二話の泣いてたまるか。

試合中に起きた事故によって、死んでしまった投手武司。
その投手の彼女羽衣子と、投手を死なせる要因を作ってしまった打者の一雄。
羽衣子は学校をやめ、モデルとなる。一雄は野球を辞め、高校をやめ、庭師を目指す。
そんな二人だったが、高校卒業の資格だけは取りたいと思い、定時制へ通うことに。
そこには廃部間近の野球部があり、二人は入部を勧められる。
二人は、思わぬ形で野球とまた関わる事になったが……。

面白いのは一雄と羽衣子が最後まで互いの素生を知らぬまま終わること。
最後に武司の墓参りにいった羽衣子が誰のものかわからぬ花を見つけて終わり。

大きな波がある話ではなかったが、それでも、何かじんとくるものがあった。

他の作品も心がじんわりと熱くなるものばかり。野球好きならなおさらか。

今作を読んで水島新司の怪物っぷりを再認識。
水島新司はまだまだ描けるのだ。

だからこそ、今のドカベンスーパースターズを見ると、残念な気持ちになる。
一定の売上を持つドカスパを終わらせるのは商業的に愚かしい事なのだろうが、ある程度の連載をしたら区切りをつけて、新作をやって欲しいと強く思う。

話を戻して。

今作は水島新司初心者に強くお薦め出来る作品。ドカスパしか知らない、読んでない人は是非ともご一読を。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\r
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://graystyle.blog79.fc2.com/tb.php/1164-b2e2c013
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。