グレースタイル 週刊少年チャンピオン30号
m9パール
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
・タイミングを逃しに逃した更新。
・表紙、平野綾、表紙の映りはいいと思う。表紙は。
・弱虫ペダル、カラー。巻島先輩、これじゃラスボスだよw

すくらっぷ・ブック(40周年企画)
原作未読。
古き良き、という言葉が良く似合う作品。
1ページ当たりの情報量が多くて、ページ数が長く感じるなぁ。もちろん良い意味で。
読みきりとは思えない満足度と後味でした。

武闘占術伝ヒイロとナナシ(最終回)
一週増加しての最終回。
五行の蘊蓄が上手く戦闘とマッチしていて見ごたえがあった。
秘拳焔の流れは普通に少年漫画してたなー。

単行本が9月に出るようなので、売れ行き次第では第二部再開というのもあり得るのかな。
長い目で見れば面白くなりそうな作品ではあるが。

ただ、仮に第二部をやるとしたらある程度のテコ入れは必要不可欠だろう、と思う。
何というかこの作品はあまりにも普通すぎる。

普通なのは悪いことではない、そりゃそうだ、普通なのだから。悪いの上に普通があるんだから。
でも、良くもない。
良くも悪くもなく普通、なのだ。

これでは当然記憶に残らない。一ヶ月も経てば綺麗さっぱりと忘れられそうな感じだ。
重要なのはこの漫画のここが他の漫画(同ジャンル)よりも優れている、という一点だ。
残念ながら今回の全8回では、それを感じ取ることができなかった。

強いて言えば、五行を駆使しての異能合戦か。
だが、舞台がファンタジー(それもハイファンタジー)である以上、そういった異能は必要不可欠であり、他のどの漫画も取り入れているべき要素である。
誰もがやるべき、つまりは普通、の要素だ。
大事なのはここからの後一歩。

二部をやるとしたらその後一歩を追加してもらいたい。
断っておくけど、エログロバイオレンスな要素を投入しろ、というわけではない。
雑誌の色、なんてものは作品の力でどうとでもなるのだから。

それとキャラも普通だ。
世界観がありふれたものである以上、キャラには何か+要素が欲しいところだったのだけど。
これも二部に移行するに当たっての改善点だと思う。
もちろん、上に同じくただ変態っぽいキャラを出せばいい、というわけではない、念のため。
こいつは一癖あるな、と思わせるキャラ。そんなんでいい。

過剰なアクは読者を選ぶが、アクが無いとそもそも目に止まらない。
この作品に必要なのは良い意味でのアクだと思った。

とうじ先生の作画に関してはこのままでいい。
述べたとおり、秘拳焔のシーンなんかは作画が先生で良かったと思えるぐらいだったし。

全体的な総評としては散々述べたとおり、普通すぎて記憶に残らない。
二部に期待するとしたら記憶に残る要素、それだけです。

色々言ってしまったが、単行本は必ず買います。
両先生方、ひとまずお疲れ様でした。

弱虫ペダル
先輩たちが落車の結末を言ってしまったのは失敗だった……ような?
いや、でもそれを知ってるからこそ、今のニヤニヤがあるのだけど。
福富さんに(笑)のマークが付く日は近い。

みつどもえ
最近ののりお先生は規制派どもに容赦がないぜ!
宮 はもちろんですが、せいたか女好きとしては加藤さんももれなくチェックする日々です。

聖闘士星矢 冥王神話
あれ、これってカルディアさん敗北してるんじゃね?
相手倒せてないもん。
デジェルを救出したときは超カッコ良かったけどさ。
原作に続き、イマイチ不遇だなぁ、蠍座。もしかしたらどんでん返しがあるかもしれないけど。

範馬刃牙
乳首とか久々にみた。

浦安
あんなにピーナッツバター塗ったら、いくら病院とは蟻だらけに……ひぃ。
蟻だー!

釣り屋ナガレ
人口呼吸は! 人口呼吸はカットなの!!!
助けられたナガレきゅんが無理やりさせられてしまったみたいで、えろす。

クローバー
こういう話を待ってたんだよ。じーさん、かっこいいな。

バチバチ
井の中のなんとやら。
重要なのはここからだな。

川口のかけているタオルの柄が気になる。
あのツラで可愛いもの好きだったりして。

力士弱けりゃただのデブ、は記憶に残る心得だなぁw

クローズZERO
三上兄弟、萌えキャラすぎるだろ。くそっ、こんな媚びたキャラ出しやがって、くそっくそっ!
ちなみに、あの三人組では三つ編みが一番強い、これ豆知識な。

畳の上のミクロ
剣崎くんとの確執が長いよ。

ツギハギ生徒会
次回登場も確定。うむ、そうか。

号外! 新選組カズエ
初めてカズエが可愛く思えた。
いつもと髪形が違うのとデフォルメが強いからかな。
こちらも次回登場確定。しかし、見どころがわからん。

ギャンブルフィッシュ
感動のラストシーン、とか待望のセクシーシーンならわかるが、感動のセクシーシーンってなんだ、そりゃ!
しかし、突っ込むのがバカらしいほど、力のある言葉ではある。突っ込んだけどね。

待望のヨガリシーンはエクストリームにもほどがあった。
その股間の手はなんだ、その手は!

ANGEL VOICE
4点……。走り勝つことが難しい状況で覆せるのだろうか。
本当に追い込むなぁ。

幻仔譚じゃのめ
一つの湯のみで呑めって、また恥ずかしい展開に持ってこうとしやがって!
何気ない間にもエロスが入ってきやがる。
とりあえず犬はギネスに申請だぁ!

木曜日のフルット
整体探偵、って普通に土曜劇場とかでありそうなタイトルだな。

次号予告
40周年企画はプラレス3四郎。

表紙&巻頭カラーは聖闘士星矢 冥王神話。

読みきりで72回新人まんが賞受賞の渡辺義彦「アフロボマー」。
先生たちの評価は様々だったけど、どうか。

グラビアは水樹奈々。頑張ってくれよ、グラビア班。

今週のアンケート
面白かった作品→ムラマサ、バチバチ、じゃのめ
グラビアを見たい声優→井上麻里菜、小清水亜美、その他(田中理恵)
※ゆりしーがいたけど、あえてスルーしたぜ! ラインナップは手堅いと思います、俺的に。
コメント
この記事へのコメント
今週(先週)のクローバーのヒューマニティー溢れるエピソードが妙に面白いです。
クローバーってこういう面白さがウリの漫画でした…っけ…?(。∀゚)
2009/07/02(木) 01:54 | URL | アキサメ #Imfn6zns[ 編集]
喧嘩シーンがおざなりなあたり、作者が描きたいのはこういうドラマとか群像劇なんでしょうね~。
爺さん、あっけなく逝っちゃいましたね。
2009/07/03(金) 17:19 | URL | Sinsen #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\r
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://graystyle.blog79.fc2.com/tb.php/1147-74f0e4e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。