グレースタイル 週刊少年チャンピオン21+22号
m9パール
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
・おさらい的な意味で楽しみ下さい
・次回の感想は木曜日にやりたい
・キューティーハニーのコス写真、2枚しか無いじゃん……。ただのグラビアじゃん。

パニッシャー(最終回)
なんか上手くまとまらんので後日。

打ち切りチックな終わり方だけど、話をまとめたわけでなく、普通に次回載ってそうな終わり方。
せめて勇者アルシスと幻惑蝶エリュミーヌの顔出しぐらいは欲しかった。

世界中を敵に回しても僕だけは君の味方だよ、っていう展開にしたかったのだろうけど、ここまで持っていくには週刊連載だと遅すぎたか。

さて、謎が残る八戦聖。
バルハークのセリフから察するに、死神を過去に封印した八人の人間(初代八戦聖)が持っていた魔道具を受け継ぎし者たち、って事なんだろうが、そうなると八戦聖って相続制なんだろうか。
そうなると、スキがザイグロコンビを知らないのも合点がいくが、それでも一国の王女かつ八戦聖にカウントされている彼女が今の八戦聖が誰か、なんて知らないのは流石におマヌケすぎる。
いくら謁見の間が狭い国の王女とはいえ、そういった情報機関ぐらいはあるだろうし。

そうなると、前任にあたる八戦聖をザイグロコンビがぶち殺して、魔道具を奪ったと考えるのが自然なのかな。
アルト父を殺したのがザイナーハなので(証言が正しければ)、アルト父が実は八戦聖だったのかもしれない。

ただ、それだと、八戦聖の息子であるアルトをスキ、ウォーゼルが知らない、というのもやはりおマヌケすぎる。
となると、アルト父は八戦聖ではない可能性が高いか。殺された理由からするにガーヴィナル絡み?
……うーん、でもそうだろすると、その時にガーヴィナルを回収しなかった理由がねぇなぁ。
ああ、もう次から次へと。

まぁ、もう八戦聖はいいや。

設定のアラはともかく、一番の失敗はアルトのキャラクターにあったような。
消極的な性格(そのため話を引っ張るキャラではない)だが、決して理知的ではなく、キレやすい。
実力こそあるものの、それ以外に大きな何かはない。確固たる信念があるわけでもない(最終話でそれが出てきたような気はしたけど)。
なんだかこれじゃキレる十代だ。

ハイファンタジーであろうが、ローファンタジーであろうが、ファンタジーにおいての主人公の設定は特に大事であるだけにこれは痛かった。
話の構成や進め方も最後まで他人のRPGプレイを見せられている感が抜けなかったなぁ。
もう少し謎の回収、ばら撒きをバランス良くやってくれれば、ストレスなく読めたのに。

個々のシーンでは良いものがあっただけに、それが線につながる事が無かったのがもどかしい。

この連載で失ったものは多いだろうが、漫画家廃業というわけでもないだろうし、佐渡川先生には次作で是非ともリベンジをして欲しいもの。
キャラの投身を上げて、学園系の作品をするのが個人的には良いと思うのだけど。

まぁ、どんなジャンルだろうと、読者である私は黙って読んで、あれこれ言うのみ。
次回作、期待しています。お疲れ様でした。

しかし、連載開始前は一番期待されていたであろう作品がこうなるとは。
エンターテインメントは難しい。

ザ キザクラ ショウ(読みきり)
ツギハギが読みきりだったから、こっちも読みきりかと……。

1本目はともかく、2本目は普通に面白かった。
ジョギリネタも良かったが、マジンガーネタには爆笑。
狙ってやったとしたら、大した奴だぜ、西森先生……。

だんだんとキザクラさんのキャラも固まってきた感じ。
後は気の合う相方が欲しいかな。まっすんは偉大だったな。
次回予告には無いので、今回はこれにてお別れ。またの登場、お待ちしています。

キューティーハニーVSあばしり一家(40周年企画)
前回を見たときはどういうオチにするかと思ったら、こんなオチとはやられた。
デューク・フリードが出ただけで何も言えないっす。ごちそうさまでした。

紹介記事では乳首出しているんだから本編でも出して欲しかったなぁ。そこが残念といえば残念。

範馬刃牙
烈さん袋とじはいい話。花山さんはいつの間にか烈を信頼していたんだなぁ。

で、本編。バキが性格悪すぎるw
意図はわからないけど、飯を恵んでもらった相手に対して、ぺたぺた平手→蹴り、ってあんた……。
しかも君は進化した、って何という上から目線……。
そろそろこいつは喰われていいのかもしれん。

敬語を使っている花山さんが新鮮。初期の方でちょこっとだけ、使ったぐらいだっけか。

弱虫ペダル
壁を作るなぁ。というか、どう考えても無理なのでは。
時間が無さ過ぎる……。

みつどもえ
うちの宮峠のせいで、吉岡さんの台詞が消えちゃってすんませんした。

クローバー
2時間経過って……。
こーへーくんはまだ生きてるの? 妹さんももう襲われちゃってるのでは。

浦安
小学生なのに、なんて関係だ……。ただれてるよ!

ナンバデッドエンド
肉マンの真性っぷりがやばい。
敵さんのビジュアルはともかく、名前がまたもやコーイチ。
この世界のコーイチは強いんだな。

トンボー
え、秋田書店って100万円で買収できるのか!
つまり、宝くじが当たれば、いち、じゅう……たくさん買えるじゃなイカ!
とりあえず買収したら、秋田漫画ヒロインお風呂イラスト集を付録でつけてやろうと思います。え、もうやった?

クローズZERO
阪東も武装戦線の後ろ盾が無いとそこまでは……。
まぁ、それなりに根性はあるけどさ。

ギャンブルフィッシュ
父ちゃん、偽物確定\(^o^)/
逆に母親は本物っぽい。上手く言いくるめられたんだろうか。
凌辱エロゲー以外で寝とられは勘弁でごわす。

侵略!イカ娘
じゃんけんリフターは究極の金食い虫。
こっちのはメダルしか出ないけどね。

風が如く
これがほんとの鬼柴田。……この転がし方がうめぇなぁ。流石は米原先生だ。
桃太郎ならぬ桃子登場には驚いた。もう少しむちむちしている方が好みです!

聖闘士星矢 冥王神話
あのコンボはアイアコス様必勝のうんたらかんたら。
原作がアレだっただけに大ハッスル。外道で強いって厄介だなぁ。

幻仔譚じゃのめ
邑の兄貴だと……。……中々、Sな感じでいいじゃないか。
こういう子は一端転ぶと、甲斐甲斐しくやってくれるんだよなぁ。何をしてくれるかは禁則事項。
邑兄の手の形が、グルグルでニケが箱から抜いた剣に見えたのは秘密。

ANGEL VOICE
やっぱり教頭先生だったか。
厳しい顔をしているあたり、まだまだ難しそう。
教頭自身はサッカーが大好きなだけに、サッカーを汚したあいつらを許さない、ってところだろうか。
とりあえず校長がんばれ。

任侠姫レイラ
レイラたんカワユス。
ブックの場面を普通に描いてきたことには驚いた。
プロレス知らない人には結構衝撃的な事実だったのでは……。
プロレスはエンターテインメントなのだよ。ガチとかそういうのとは違う問題。

木曜日のフルット
しっぽで目をふさぐって……意味あんのか、いや……良くわからんが。
気をつけて頑張れよ、ってなんか良いセリフだな。

CTC
今週の萌え1はオレに対するご褒美ですね、わかります。
ノッポはいい、実にすばらしい。

次号予告
新連載原作:永久保貴一、漫画:とうじたつや「武闘占術伝 ヒイロとナナシ」。
どういうものを読んでみないと何とも。
主人公の子がRAVEのハルに見えたのは秘密だ(二回目)。

40周年企画は吉富昭仁先生によるブラックジャック。
どんな奇抜な人かと思ったら吉富先生か。
RAYでつながりがあるので、納得といえば納得だけど、驚きは薄れたなぁ。
しっかりと描ける人なので、中身は心配しなくてすむけど。

しかし、バスケットとコラボっていったい何するんだ!

今週のアンケ
面白かった
ムラマサ、レイラ、じゃのめ

4月刊の少年チャンピオンコミックスのうちどれを買いましたか
ムラマサ、クローズZERO1・2、聖闘士星矢 冥王神話、ギャンブルフィッシュ、ANGEL VOICE、
マイティハート、ストライプブルー

烈海王総集編を買いますか
まだ決めてない

毎週買っている週刊少年誌を教えて下さい
ジャンプ(実は買ったり買わなかったりだけど)

余白は何を書いたか失念してしまった……。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\r
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://graystyle.blog79.fc2.com/tb.php/1112-f3237a21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。