グレースタイル 【ド派手な釣りではなく楽しい釣りを】釣り屋ナガレ1巻 竹下けんじろう
m9パール
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊少年チャンピオン連載。


前作、かるたで涙を呑んだ竹下けんじろう先生の新作。見ての通りの釣り漫画。

釣り漫画というと、すんごい竿を使ってすんごい技術を駆使して、とにかくどでかい魚を釣りあげる! みたいなもんと思われがちだけど(偏見)、この作品にそういった見た目の派手さはありません(ドでかい魚は結果的に釣れただけ)。
主人公のナガレは竿で釣るだけなく、拾い集めたゴミで魚を釣ったり(手釣り)、他の釣り人に釣り場所の情報を教えたりと行動はまさに釣り屋。

そう、彼は心の底から釣りという行為を楽しんでいる。
釣りとは釣った魚のあれこれだけでない。魚の蘊蓄を披露するだけではない。魚を喰うためだけの手段ではない。

その魚のいた海や空、潮風、仕掛けを釣るときの高揚感、エサをつける手のもどかしさ、釣れないときのイライラ、試行錯誤、創意工夫(これは作中のセリフ)。
そういった醍醐味が全てこの作品にギュギュッと詰め込まれている。

もちろん、釣りを知らない人間にもわかるように。
人に物事の楽しさを教えるのは難しいけど、この作品はそれをしっかりと表現してくれている。

読みきり版ナガレも収録されているので、連載分しか知らないという人も是非。
こうしてみると、初期のナガレは少年っぽい妖しさに満ちているなぁ。
もちろん、今のナガレも大好物だけど。

カバー裏にはおまけイラスト。
こんな風にセーラー服を着ると、はっきり男の子だとわかるのが不思議だ。

帯にてポストカードプレゼント企画も有り。
+αも盛りだくさん。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\r
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://graystyle.blog79.fc2.com/tb.php/1076-8f6ae4e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。