グレースタイル 現代怪奇絵巻最終回を思う
m9パール
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最終回。
学校編で始まったので学校編で終了とのこと。
ニョッキ、レベッカ、微妙な表情の猫等は出たものの最終回だからといって、何も特別な事は無し。
それはそれでこの作品らしくていいか。


初期はあるあるネタの羅列、微妙な絵とあまり評判の良くなかったけども、連載を続けるうちに徐々に徐々に、読者を怪奇の渦に巻き込みいつしか安定した巻末漫画のポジションに落ち着いていた。

根本先生のブログ、「怪奇!」「などとぬかす」「たまげる」といった使いやすい名言、たまに出てくる美少女キャラ、無駄に表情豊かな登場人物、一人歩きしていったオタクAA……。
今作がそういったポジションになれたのは上記の要素全てが絶妙なバランスで成り立っていたからに他ならないと思う。

この加減を三年間保ってきた今作、ここで失うにはあまりにも惜しい。
が、創作物である以上、終わりの時はある。
後顧の憂いこそあれど、ここは素直に根本先生の次回作を待とうと思う。それが単行本を出せるような作品であればなお嬉しい。

根本先生、お疲れ様でした。
ボニータの連載も頑張ってください。

コメント
この記事へのコメント
「現代怪奇絵巻」、確かに独特の存在感がありましたね。僕もいつの間にか「たまげる」を愛用するようになっていました。オタクAAの発祥がこの作品だということは全く気づきませんでしたが。
2008/12/31(水) 15:25 | URL | ナナシ #-[ 編集]
~という怪奇のワードも使い勝手良いですよね。
本当に素晴らしい作品でした。

>オタクAAの発祥がこの作品だということは全く気づきませんでしたが。
AAの出典を明記しているやるお系スレでもスルーされていたのには泣けました。しっかり使われたのに……
2008/12/31(水) 17:06 | URL | Sinsen #-[ 編集]
怖い! もうこのブログが読めない!
2009/01/01(木) 23:14 | URL | ナナシ #NetAmKeg[ 編集]
などとぬかす読者にたまげる
2009/01/04(日) 17:35 | URL | Sinsen #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\r
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://graystyle.blog79.fc2.com/tb.php/1030-f53d2148
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。