グレースタイル 2012年01月
m9パール
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
・創作秘話って前回で最終回だったのね。まぁ、もう1クール載るだろ。

ガキ教室(新連載)
小沢としお、新連載。
元ホストの教師が教師になっててんやわんや!
ふーむ、タイトルのガキっていうのは生徒は当然として、教師の精神面にもかかっているのかな?

教師と生徒の成長物語としてみれば少年誌掲載漫画としての体裁も大丈夫そうだ。
しかし、ホストやらなんやらしてたので精神的にも最初からかなり高そうなもんだけど……。

やっぱり、小沢先生の描くブサイクは最高だぜ!

琉神マブヤー
マングーチュ可愛い!(終わり)

LUCKY STRIKE
審判がこれだと何やっても意味なくないか!
審判のヘタレがどっかで覚醒するか第三者がしゃしゃって審判やるとかそんな感じになるのかなぁ。

それにしても、この漫画、性格がガキっぽい奴らが一人もいねぇ!
強いていえばゴリラか。

空が灰色だから
久々のダウナー回!!
一人になると借りてきた猫になる人間ってのは予想以上に多い、本当に多い。もしかしたら自分もそうなのかもしれないが。
喜怒哀楽を顔に出してないからといって、喜んでないとは限らないし、泣いてないからといって悲しんでないからとは限らない。顔に出すことこそがいい事なのだろうか。深いテーマだった。
こういうのがあるから今作はやめられない。

デザートローズ
まだ単行本すら出てないのに、脇役2校の試合をじっくりと描くなんて……。
もう少しキャラ立ってからやるべきなよーな……うーむ。
ここは眼鏡くんは壮大に捨てるべき、だと思うのだがどうだろうな……。

さくらDISCORD
丘くんの名前が奏、っていうのもここまで考えてのことなんだなー。
なんだかこれがラストエピソードって感じもするのだが……。

聖闘士星矢 THE LOST CANVAS外伝 冥王神話
帽子かぶったショタっ子は女性と疑え、とばっちゃが言ってた!
デスクイーン島がこんなところでかかってくるのか。相変わらずの原作キーワードの回収率である。

囚人リク
うおお、レノマつえええ! スライス・デビル(笑)
こうしてみると、リクとレノマは本当に劉備と関羽な関係に見えるな。
そういえば、椿ってまだ独房なのか?

てんむす
汚い食べ方で勝っても勝ちは勝ち、ってことになるのかな。
あんを皿の縁まで広げて、空気に触れさせれば……どうにか。

バチバチ
なんという一撃必殺なタマの取り合いじゃ……。観客の反応も早く見たいなあ。

ANGEL VOICE
先週今週と所沢無双すぎる……! ヒサシ! ヒサシ! ヒサシ!!!
AVのメンバーがプロに入った話、なんかも見てみたいなー。

ハンザスカイ
野田が勝ったってことは次のモブ君が負けて、財前青柳が勝つってことなんだろーか。
てっきり能登が勝つと思ってた。
敗軍の将となった青柳さんを見たい気もするんですが。それは既に一度描いた展開だからもうやらないのかな。

範馬刃牙
今世紀一番がっかりした展開!
なんつーか、勇次郎には絶対的なオリジナルでいて欲しかったなー……。
受け継がれてきた鬼の力、じゃなくて勇次郎こそが始まりであった欲しかった。
こういうの見ると、江戸時代の範馬、幕末時代の範馬、紀元前範馬とか色々やられそうで萎えるぜ!

後、勇一郎とかもうちょい名前捻れや。

侵略!イカ娘
千鶴の手に杵を当てたら杵が危険だからな!

クローバー
ハンマーヘッド、思った以上につええ。まぁ、寅男の強さ自体は結構怪しいもんがあるが。
ゲンゲンは安定して強いのが魅力。
次回重大発表! うーん、なんだ? 実写化かタイトル変更とかか? 二部移行とか。もう単行本も結構な数になるし。

次号予告
クローバー重大発表。
スポンサーサイト
>着々と作られるアノニム包囲網。メンバーの一人を追い込む正門。が、その前にアノニム管理人、メイヘムが現れ、正門を一蹴したのだった。

ついに登場電波系大ボス! が、その前にトーナメントの精算をしようとマリモに襲いかかる宮華。
宮華に気持ちが向いていないマリモは宮華との戦いを拒否するのだった。

……こうしてみると、岳と宮華って結構似ている部分があるな。幸いにも出純は岳のラブコールで気持ちを傾けてくれたけど。
宮華も岳同様、ひとつの物事にしか焦点を合わせられないタチなのかもしれない。
一方で、マリモは岳よりも器用な分、結構ブレが起きてしまう。

と、そんな二人の前に突如としてアノニム管理人メイヘム登場!
宮華を凶器でぶっ飛ばし、マリモに対して衝撃の過去を語る。

うわぁぁぁぁ、み、宮華死亡確認状態だろこれ!
まだ息がある、ってあのぶっ飛び具合であるわけねーだろ!
まぁ、あれだけ顔面を鉄パイプでやられた典斗が階段で転びました、程度な傷で再登場したから、宮華も次回登場時には包帯だけして登場、とかなんだろうなぁ。
不良漫画のキャラの頭部は実はかなり硬いのだ。

森崎くんばりに吹っ飛ばされた宮華のことは置いておいて、気になるのはマリモの過去だ。
家庭環境に踏み込んだ話はシュガーレスでまだ例が無い。一応、岳の祖父はいたけれどあれ過去話だし。

どうやら、メイヘムとマリモは兄弟関係らしいが……。
そういえば目の描き方がマリモとメイヘムはよく似ている。

しかし、どうもただの兄弟というわけではなさそうな。
マリモが実子、メイヘムが養子……またはその逆ってところだろうか。
メイヘムが父親を殴り殺した理由は……一番ポピュラーな理由としては虐待、かぁ。こんな社会的なテーマがシュガーレスで扱われるとはな!

ともかく、ただのおちゃらけ野郎共のいきがりでは話が終わらなくなってしまった。
メイヘム編はいいとして、トーナメントがちゃんと再開されるかどうかが不安ではある。

そういえばマリモ裕福説が覆されてしまったのだけど、食費はどうやって賄っているのだろうなぁ。一人暮らしっぽいし、親族による仕送りが妥当か?
このあたりの理由はまぁ、どうでもいいと言えばどうでもいいんだがw
・青き未来が再開したけど相変わらずつまらないな。

ブラックジャック創作秘話
手塚先生の漫画評とか下手したら原稿よりも宝物なんじゃないだろうか。
しかし、内容が少なく感じるな。

琉神マブヤー
マングーチュ可愛いな。中身は哲弘漫画の女の子みたいな感じだけど、これはうん、可愛いな。
つうか、本のタイトルがでーじスケベ! って沖縄限定エロ本すか!

LUCKY STRIKE
恒実ちゃんの恥ずかしい写真ってどうせ変顔とかでしょ!? 信じて送り出した系じゃないんでしょ! 気を持たせやがって! わかってんだよ、チャンピオンは少年誌だもん!
それはそれとして、ただのクズ男じゃなさそうだなぁ。バットコントロールもあるしでそこそこ強そうなチーム。江夏の速球だけで打ち取れるか危うそう。
性格が性格だけにラフプレイもしてきそうな気も。

デザートローズ
黒人と偽ヨン様の差が明らかになった瞬間である。
そして、巴、ポテンシャルたけーな!

さくらDISCORD
おい、これもんのすごくラストエピソード臭がするぞ!
頭から水かぶるシーンが多い漫画である。

聖闘士星矢 THE LOST CANVAS外伝 冥王神話
アルバフィカのヤンキーパンチかっこいい!!!
アルバフィカ編のアルバフィカよりも今回の話の方が輝いているんじゃないかアルバフィカアルバフィカ。

りびんぐでっど!
連載が始まった当初、このマンガがこんなラブい展開をするようになるとは思わなかった……。
素晴らしい、素晴らしいぞ!
恋愛漫画というのは苦手じゃが、その他ジャンルの漫画での恋愛はワシャ好きなんじゃ!

囚人リク
スライス・デビルさん、中々クレバーなタイプなんだなぁ、味方に引き込めれば……とも思うが、正直、敵の方がかっこいいタイプかも。
リクあたりコロっと殺されそうで怖いな。

てんむす
相変わらず敵エピソー(ry

ANGEL VOICE
所沢のこの安定感!
進撃の巨人ならぬ防衛の巨人だな(上手いこと言ったつもり)。

範馬刃牙
柴千春VSマイケル、みたいな亡霊が出てきた……誰? 誰の亡霊なの!
というか、ここまでくるともはやスタンドだよな。

侵略!イカ娘
イカちゃんの一部だと思うと……なんて早苗は優しいなあ、凌辱アビリティ持ちならここで皿ごと喰う勢いになるはず!
それはそれとしてアレルギーは突然なる場合もあるんだっけか。おお、怖い怖い。
ちなみに、俺はカニよりエビ派。

行徳魚屋浪漫スーパーバイトJ
デザートローズにも偽ヨン様かと思いきやこっちにも偽ヨン様(草食系眼鏡イケメンを全部ヨン様と呼ぶクラスタ)!
優秀な副官がいるのはいい事だよね。うん。この勤務態度でよく店長になれましたね( ^∀^)店長!

シュガーレス
なんの背景もなくてクズだけど強いキャラになれそうだったオンドリの立ち位置が全崩壊した瞬間である。
こういうのも魅力あっていい、とか言ってたのに、俺! 恥ずかしい!!
なんだよ、メイヘムって! 格闘ゲームのキャラみたいな名前しやがって!
正門は妙に恵まれないキャラだなぁ、最強クラスの敵校の同学年、なんて後々かなりおいしいキャラになれそうなのに全然そんな気配がないぜ。

ボス登場で匿名編も佳境か? まだアノニム自体も4人くらい残ってるけど。

クローバー
今回は兄離れ弟離れがテーマだったんだな。
俺は一人でやっていきたいんだよ、という思いはあるのだけれど、弟君は少し不器用すぎたねぇ。

次号予告
小沢としお先生の新作、「ガキ教室」連載スタート!
今度は中学教師かぁ……これは前作よりも一層ドラマ化狙えそうなテーマですね。
ほんと、小沢先生の作品は一回ぐらいドラマ化して日の目を見るべきだと思います。
CA3F0214.jpg
やった~~~ヾ(*´∀`*)ノキャッキャ
まぁ、数十名が色々あって404名全員当選ということになったので、当選っつうか全プレだけどな!

ともかく、なみえ先生ありがとうございました! キスマークより手形くれ、とか書いてすんませんした!
・てんむすのこのカットっていつまで同じの使うんだ?

ブラックジャック創作秘話
常に読者に最高のものを! な手塚先生。
このヨコ長アトム、手にとってみたいなー。

琉神マブヤー
新たな敵キャラ、マングーチュ登場。
どうせ痴女なんでしょう、わかってんだよ!

LUCKY STRIKE
遅報:恒実ちゃんちゅうk
う……うわぁぁぁぁぁ! しょ、小学生だからって油断してたああああ最近の小学生は進んじゃってるのぉぉぉ!
こんな思いをするのなら花や草に生まれたかった。

それはそれとして、良いライバルキャラとラスボス候補の同時登場(片方は名前だけだが)と今週も見所あったな。
作品の方向性も見えてきて良い感じである。……掲載位置が少し気になるけど。

デザートローズ
ショタっ子と外人のトイレでの初遭遇なんてやばい匂いがぷんぷんしますね!
トイレ長いな、もなんかの前振りでしょ? でしょ?
ごめん、もう書く事ねーや。

さくらDISCORD
丘、マジいいやつ……もう主人公でいいよお前。
……で、どうすんだろこれ。

聖闘士星矢 THE LOST CANVAS外伝 冥王神話
うおお、アクベンスきたぁぁ!
そして、相変わらずそんなに強くない暗黒聖闘士! まぁ、元は一輝のパシリだったしな……。
LCではテヨギン補正がかかってそこそこ強くはなってるのかなぁ。

りびんぐでっど!
女の子人体改造! 冷静に見たらすごい構図だ!
カオシックルーンでも似たような展開ありましたね(*´д`*)
ニーソックスを履いた時に少し余る足のお肉が好きです。

ましのの
今夜のおかず。

囚人リク
え、こいつ、そういうクレバーな殺しもできるキャラだったんだ……!
初登場時では単なる狂犬キャラかと思ってたけど厄介なタイプっぽいなあ。
こいつは味方になるんじゃなくて刑務所内で倒しておく相手っていうポジションにするってことかな。

てんむす
うひょぉぉぉぉ~~~~へいへい天子落ち込んでるぅぅぅぅ!!
しっかし、まぁ、ずっと言っているけどなーんで相手ばっかりに魅力的なドラマが作られるんだろうなあー。

バチバチ
バンドを取って後退のネジを外した状態か……。
吽形に勝って欲しいけれども、ここまで覚悟を決めた相手を踏み越えでもしない限り幕内の魔人達には勝てないのだろうなあ。
というわけで俺は阿形を応援する!

ANGEL VOICE
説明が大雑把すぎて伝わらない典型……!
とはいえ、自分自身もサッカーの知識0だから伝えるとかそういう無理……なんだけどね。
とりあえずAVはズバっと面白い作品だよね\(^o^)/

ハンザスカイ
立ち上がりが遅いのにいきなりフルスロットルしてしまうと後半に目も当てられないことになりそうだ……。
序盤を完全に凌ぐスタイルにしないと厳しいんじゃないかな、野田……。

範馬刃牙
オーガの起源がエジプトに……!?
刃牙の監修にムーでも関わってるんじゃないかと思うような展開だな。

聖闘士星矢 NEXT DIMENTION 冥王神話
デストールつええええ! 黄金にも劣らない水鏡をひと捻りだ! 洞察力も高いし、黄金らしい実力は備えてるんだなー。
こう見ると手を抜いてグレートホーン打って瞬殺されたオックスの惨めっぷりが半端ないな……牡牛m9(^Д^)プギャー
封印ってことはまた出てくるってことだよなぁ。そもそも黄金聖衣ごと封印しちゃったし。

ついでに連載もしばらく封印。本当に春に戻ってくるかは怪しい……。
後、車田先生はお約束がわかってるのだな、と思った。今回の連載分はよかったぞー。

侵略!イカ娘
パツキンは友達が少ない。
シンディーはともかく三バカの知能は人外じみているので、そのうち鮎美ちゃんに友達認定されそうではあるけど。

木曜日のフルット
せめて前後賞か、組違い賞なら救われたのに。

行徳魚屋浪漫スーパーバイトJ
普通にセクハラやん!

シュガーレス
言語崩壊者……ってハウってる、とか成瀬も大概だけどな!
そして、ダーティファイターとの戦いに定評のある岳!
最近は岳も随分と実力がついたようにも見える、もう気絶王wwwとか言ってらんないな。

にしてもアノニム、大したことないな……。二年生上位連中とはかなり実力差があるのかな。
成瀬や与祟、キリオには勝てる奴がいなさそうだなー。

クローバー
麗しき兄弟愛。

次号予告
ブラックジャック青き未来が復活。
後、小沢先生の新連載がくるみたいですね、烈に載ってた。
去年も行われた漫画脳様の企画に今年も参加ですヽ(*´∀`)ノキャッキャ
前置きそこそこ、以下本文。
次点は集計には入らないんですが、どうしても書いておきたかったので。……紛らわしくてすまん!

・週刊少年チャンピオン部門

1位:ケルベロス

2位:ANGEL VOICE

3位:バチバチ

4位:りびんぐでっど!

5位:侵略!イカ娘

次点:シュガーレス

コメント:1位はケルベロス。前年度チャンピオン連載作品のチャンピオン、だと思ってる。
捨てキャラ無し、面白いストーリー、熱い展開と毎週毎週わくわくさせていただいた。
設定も決して複雑でなく、チャンピオンのファンタジー部門の不作っぷりを吹っ飛ばす勢いがあった。
惜しむらくは打ち切りか、どうにか次作ではさらなるヒットを望みたい。
この作品に関しては色々な思いがあり、そういった意味でも1位とさせてもらった。

2位はAV。俺が今までに読んできたサッカー漫画の中で一番面白い。下手したらスポーツ漫画というカテゴリーで一番かもしれん。
ともかく、この作品が評価されない世界なんてあっちゃいけない、と思う。もっともっと、更に称賛を受けていい作品。連載ももう長いが、未だに、いやここにきてさらに面白さを加速させていることを評価して2位。

3位、バチバチ。理由はAVに同じくここにきてもまだ面白さを維持している点。

4位は連載開始移行、変わらずな面白さを提供してくれるギャグ作品であるりびんぐでっど!をノミネート。
もなこが毎回毎回モツをブチまけてくれるのでグロファンも納得だね! え、違う?

5位は人気絶頂のイカ娘。こちらも変わらない面白さを提供してくれている。安心できる。

次点はシュガーレス。変わらない面白さがある、といったら今作はちょっと違うのだが、まあ、目は離せない作品である。この作品の面白さはなんというかちょっと別次元な感じ。ともかく、キャラを徹底的に魅せており不良漫画としての面白さは既に十二分だと思う。とか褒めといてランクインはさせなかったけど。


上位5作を選ぶにあたって、今年は面白さ現状維持をテーマに選ばせていただいた。
爆発力よりも維持力、今年はそれを重視! 途中で不能になっちゃダメなんですよ!
逆に言えば、今年は爆発力のある新作が無かったということでもあるのだけど。今年度はその点に大きく期待したい。 

・秋田書店部門

1位:trash.

2位:ヨメイロちょいす

3位:フランケンふらん

4位:ブルーイッシュ

5位:エクゾスカル零

次点:恐怖博士の研究室

秋田書店部門は以上の5作。
1位はtrash. ……あれ、去年も一位だったっけ? まあいいや。
2巻収録分は母殺しの殺人鬼、村雨編。
ただ単にモツぶちまけるだけの話でなく、きっちりとしたストーリーで魅せてもらった。
連載分で読むと少し冗長に感じられたが、単行本で読み返すとしっかりと話が作られていることを感じられた。
俺がヤマケニストであることも加味し(贔屓目ともいう!)、1位。うん、文句なし。

2位はヨメイロちょいす。秋田書店作品でトップクラスに誤解されている作品。
確かに出回った画像のようなシーンもあるが、実際、この作品の本当に評価される部分はそんなものでなく、しっかりと作りこまれたギャグ展開とSF(すこしふじこ)にある。
ページ一枚で読み手を笑わせることができるっていう作品は滅多にない。それが10数ページ、月毎に読めてたなんて改めてRED読者で幸せだったと思うよ。
ギャグ漫画好きな方は読んでみてほしいです。マジで印象変わりまステマ!(語尾)

3位はふらん。一話毎の内容が濃く、上質な短篇を読んでいる気分にさせてくれた。
次回で終了が非常に惜しい。

4位、ブルーイッシュ。梅田阿比先生らしいしっとりとした作品。掲載誌によく合っている作品。

5位はエクゾスカル零。最近、じんわりと面白さ上昇中。覚悟が以前の熱さを取り戻してく過程に前作読者もあの時の熱さを想い出すのだ。

秋田書店部門は普通に選ばせていただきました。
らぶゆや、どみなのド、ミカるんX、ハカイジュウも候補にあったのだけど、惜しくも今回は除外。
抱かれたい道場は単行本が出ていればランクインさせたかったな……後、ばくおんも。

・秋田書店以外部門

1位:HUNTERXHUNTER

2位:となりの関くん

3位:ダンスマカブル

次点:カイチュー!

秋田書店以外部門は以上。

1位はハンタ。週刊連載でこれより面白い漫画ってちょっと無いんじゃないの? と俺は思っています。
絵付きの嘘バレが作られるほど、人を動かすパワーのある作品。休載の枷からも外れ、今は毎週連載という奇跡を実現。
この作品に毎週連載されたらちょっと他漫画はお手上げだろう。ハンタ厨であることは重々承知。
しかし、それでもあえて言おう! ハンターハンターは最強の週刊漫画です。

2位はとなりの関くん。ちょっと新しいジャンルを築きつつある(?)作品。最近は知名度も上がってきた?

3位はダンスマカブル。単に拷問シーンを描くだけでなく、しっかりと背景も描かれており、実に丁寧な作品だと感じた。丁寧な作品だけあって、そりゃ拷問シーンもねっとり丁寧に! ああ…股間が痛い。

次点はカイチュー。面白いよね、これ。


以上です。今年も良い漫画にたくさん出会えると良いな。
一号から六号までガッチリさぼってました~\(^o^)/キャッキャ

このやってなかった分を今までの形式でやるとすると、いくら好きなチャンピオンのことといえどうんざりするのでこう……まとめ形式でサクっとやってみようと思います。

琉神マブヤー
沖縄ご当地ヒーローとのタイアップとして始まった今作。
なのに蓋を開けてみればいつもの哲弘漫画でした~~~、ってオチ。
女子にフーフーのくだりとかちょいちょい無駄なセリフ回しとかまさに。

現状、ちょいヘタレ気味ヒーローというイメージぐらいしか感じてないのだが、これ、沖縄県民はどう思ってんだろうなー。
ともかく、今のところ目新しさは無いかな。連載開始前に編集長が「マブヤーのイイところは敵を許すところ」と言っていたけれど、そういったシーンも流れもまだ無いし。
のんびりしているなーという印象です。

LUCKY STRIKE
とりあえず悪い顔でニヤついていたコマがすごく印象に残ってます。
黒犬騎士団でもあんな顔しないよ!

討ち取られつつも徐々に徐々に反撃の準備が整っていく様は見ていて面白い。
主人公にもようやくエンジンがかかってきたかな。沢村は今後もイイライバルとなってくれそう。
今の誌面のスポーツ陣では三番目くらいに好きな作品です、ラキスト。

空が灰色だから
面白い回とそうでない回の落差が激しいという印象。
どうにも自分はラストでひどいどんでん返しが無いと満足しない性質らしい……な。
女の子可愛いな漫画としてみています。

デザートローズ
とりあえず練習試合で終わらないようで一安心……かな?
俺もまた怪物、といった妙な名台詞や相変わらずの吉井推し(中華料理屋で打ち上げとかw)とちょっと変わった路線になってきたかなー?
登場人物の見分けもなんとかついてきたかな……まぁ、面白く読めてるか? と聞かれると答えには困ります。

6号ラストのコマは不良漫画のそれっぽいなあー、と思ったり。

さくらDISCORD
島編も終わり芽吹編へ。
住吉が良い感じにくだけたキャラになってきて可愛い!
島編は綺麗に終われたけど、芽吹編は対象がブッキーだけでなく家族全体にもかかってそうなのでこれは難しそうだなー。イイ感じに終われるのだろうか。
しかし、この流れでいくと後に控えている丘編は一体どれほどの……と見せておいて実は軽い話で終わりました、

ブレない丘! なんてのも面白そうだけど。
数話前までは楽しみ方がいまいちわからなかったですが、最近、それがわかってきたような気がします。上手く言葉にするのは難しいけれど。
青春を言葉で表すのは難しい!(逃げた)

後、単行本1巻が住吉編ラストまでなので、すごく綺麗に終わっている分、逆に不安になりました。ほら、ダシタイナ的に。
売れ行きどうなんだろうなー。

聖闘士星矢 THE LOST CANVAS外伝 冥王神話
デジェル編も終わり、話はマニゴルド編へ。
LCトップレベルの人気を持つキャラだけに期待大。
さらに人気キャラのアルバフィカも合流と、力の入れようがすごいなあ。敵も原作にいた暗黒聖闘士なだけに見応えがありそう。
積尸気の力がLCではかなり重要視されてるんだなー。一方で、NDの方は……。

ともかく師匠の兄の元弟子(ややこしいな)と対戦、さらに積尸気使いということで見応えが(二回目)……。

まぁ、それはそれとしてデジェル編の締めは個人的にはぜんっぜん納得できんかったなー。
爺も婆も美しい死に方しすぎである。被害者出てんねんで!

フローライトも最後はあっさりだったしで、全体的な話としてもお粗末な内容だと思った。

りびんぐでっど!
毎度毎度、ネームの上手さとギャグ展開に吹く。
安定していて面白い。振り返って言うことも無い!
というわけで投げる。いや、良作なギャグ作品って面白い! の一言で充分だと思うんですよ。

ましのの
この作品はまあ一話毎のクオリティーの差が激しいというか……やはり徹底的にバカやってる方が光るな。
ただ、ここのところ、ましの抜きでも話が回る回がちょいちょいあって、そのあたりはイイと思います。

パイ子は沙姫ちん子とキャラ被りしているけど、乳補正で今後も出番はある……かな。

囚人リク
レノマが完全に仲間入り、となるも改めて極楽島の難攻不落っぷりが明らかに。
と、同時にどう見てもマジキチなキャラが登場で刑務所内もさらに過激に。

考えてみれば最悪の刑務所って設定だからなー。飯も普通に出るし運動会もやってるし、逆らわなかれば暴力も無いしで感覚が色々と麻痺していたようだ。

突破口を見つけたものの何らかの妨害があることは必至だしで前途多難そう。

てんむす
天子敗北なるか!?
ということで今、てんむすがすっごく面白いでウッヒョォォォォ。
なんていうか読んでてゾクゾクする。天然系無自覚最強設定キャラが虐げられているのは最高にゾクゾクする!? しかも理由が自分のせい!! 最高!
と、ゲスい喜び方をしたとこで、まぁ、いつかはくる試練だったのかもしれないな~ともっともらしいことを言ってみる。
イロハも知らないでうんまいよ~^^だけできた子だったしね。

これ以降、ちゃんと正しい戦い方を学んで強くなるのか。結局元通りになるのか……後者だったらちとキツイかも。
ともかく次回が早く読みたいです。

バチバチ
鯉太郎VS白水、決着。
相手の攻撃を流しも受けもしないで全部ダメージ覚悟で食らっているあたり、相撲っつうかプロレスっつうか喧嘩というか……。
ともかく迫力の取組だった。

ページをめくった際のドキドキ、それを最も与えてくれるのがこのバチバチだと俺は思います。
そして、次回からは阿吽対決、一体どうなってしまうのだろう、腕とかすっ飛ぶのかな(グロ漫画の見すぎ)。

ANGEL VOICE
熱さのバチバチ、ストーリーのAV!
AVの感想となると毎回毎回こればかりですまないが、正直、サッカーのことは全然わからないし興味も無いんですよね……。

マイちゃんの死期が近そうで辛いですね。

ハンザスカイ
吹越戦決着。うーん、時間かかり過ぎたかこれ?
負けたのは納得できたけど、うーん……なんつったらいいんだろうなあ……。
補正があっても完全上位選手に素質だけしか無い素人が喰らいつくってのはどうにも納得できないものがあったなあ。正直、熱くはなれなかった。

範馬刃牙
勇次郎との戦い……いやごっこ遊び? もクライマックス。
虎王を決めた時の熱さは筆舌に尽くし難いものがあったなあ。こういう話が動き出した時の堰を切ったような熱さは短期漫画じゃ味わえない特有のものがあった。
ダメージ自体はあんまり通ってなかったけれどね!

しかし、この戦いが終わったら烈戦をしれっと開始したりするんだろうか。
もうそっちの方には意識は向かないのだけれど。

聖闘士星矢 NEXT DIMENTION 冥王神話
LCがマニゴルド登場に対し、こちらもついに! ついに! 蟹座の黄金聖闘士、デストール登場だぁぁぁ! ヒャッホウゥゥ!
デスマスクは散々だったが、こっちはね! マニゴルドの活躍があったしね!

って読者のみんな(俺だけかもしれん)が、思いながらも登場したのはオカマ言葉でぶちゃいくなお顔の黄金聖闘士でした~~~~(^o^)
しかし、実力だけはありそう(?)なので、ゲスいけど強いというキャラ設定があると信じてる、頑張れデストール! 蟹座のためにも! ちなみに、俺は乙女座。

にしても車田先生のこの蟹座DISはまるで蟹座の人間に何かされたんじゃねぇのか、ってレベルだ。
実際はお約束を守っただけなんだろうけど。

毎度!浦安鉄筋家族
安定しているので割愛。

侵略!イカ娘
こちらも波に乗りつつ大安定枠。
アニメも3期あるのだろうか。

木曜日のフルット
こちらも(ry

行徳魚屋浪漫スーパーバイトJ
休載明けの6号は作画に気合入りまくりですごかった。ミツイシさんがすげぇ可愛い。
その他は安定、そして2巻発売決定が本当にめでたい。
後は全話収録されれば御の字なんだけど。……ああ、もうこういうことで悩みたくないわ。

シュガーレス
一ヶ月を振り返るとやはり、今作は色々ありすぎ……。
アノニム乱入でトーナメントお開き。
アノニムに矢坂兄弟敗北。
アノニムVS周防・卜部の友情タッグ! ……うん、語る事多い!

卜部乱入までにやられなかった周防も流石といえば流石、か。この子、スペックは高いからなあ。
実際、片方を殴っている間にもう片方に攻撃されたら辛いだろうなあ……三国無双で二人同時に武将を相手にするようなもんですね!!

だが、それにしても、矢坂兄があっさりやられすぎかな、とは思う。
パンチを受け止められるのは不味かった。善戦するも凶器攻撃、典人のポカミスで負けるならまだしもこれは……。

今後、兄がどんなに颯爽と登場してももう強キャラ設定は無くなってしまったようなものだし、正直にいえば勿体無い! もっとウマイやり方があったんじゃないかな、と思います。
マリモと善戦出来る程のキャラだけだしな……むぅ。

後、ゴンタまんは合掌。

クローバー
クローバーはまぁこちらも安定ですね。言うこと無しです。

というわけで、一ヶ月を振り返るとまあ安定しているという気がしますね。
カオスなチャンピオンはどこへいったやら、という感じか。
そもそも元々からチャンピオン作品は安定していて面白いのが多いから、カオスというイメージ自体が変わっているのかも。

しかし、突出したものを持っている作品が無いというのは問題。現状、バチバチと……AVぐらいか?
凪を超えて嵐のような面白さと熱さが来て欲しいと切実に思います。

後、読み切りのえれくとは非常に面白かったです。女の子の体つきがえろいね! 武器を一つ持っていると強いよ、本当に!
ブラックジャック創作秘話は……うーん……このマン一位の煽りでとってつけたような内容にならないことを祈る。
再開一話目はマジでそんな感じで少し不安になりました。二話目は面白かったけれども。


以上ですね、お待たせして申し訳ございませんでした。
新年あけましておめでとうございます。

色々とやっていないことがありすぎていますが、一つ一つ片付けていく予定であります。
今年もよろしくお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。