グレースタイル 2011年01月
m9パール
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CA1L701F.jpg
今週発売のヤンチャン本誌より。

>キレ者老刑事・張沼耐造。内気な中学生・島田乃亜。出会いは凄惨な殺人現場。ここから全てが始まった――

島田……報道ギャングABSURD! みたいにまたもやウダヒマの世界観を継承した作品なんだろうか。
ウダヒマ……いい加減通して読まないとアレかも。このタイミングで新装版をだしてくれたらありがたいのだけど。
もう中古もあんまりないよなぁ。

自分のような半端な読者にもきっちり読めるように仕上げてくるであろう安心感はあるので、いますぐ! 読破! みたいな気持ちではないけれど。

ともかく、これで米原秀幸の連載作品は現在、プレイコミックの「報道ギャングABSURD!」、プリンセスGOLDの「COLD RUSH」(こちらは原作)、そしてこの「Vision Noa」の3本に。

ちなみに、プリンセスGOLDの方は絵柄はたしかに少女漫画風なのだが、男性でもあまり違和感ない絵柄。かつ、登場人物はしっかりとヨネコ臭が出ていて非常に続きが気になる内容でした。
後、個人的にヨネコ漫画で好きなのはアクション時の蹴りの迫力。このCOLD RUSHでもそういった蹴りのシーンが出ていて良かった。
プリンセスGOLDは他にも男性視点で読める作品が多いので米原先生目当てで読んだ男性も二三作はハマるのがあるかも。

プリンセスGOLDの話ばかりになってしまったけど、プレイコミックの方も充分に面白い!
風が如く終了から結構立ったけど、まだまだ米原先生は現役だなぁ、と思う。だって、いつの間にか月刊3本も始めてるんだぜ?
漫画界の回遊魚だな……。


画像の出典:【ヤングチャンピオン5号 予告ページ】米原秀幸 ヤングチャンピオン 秋田書店
スポンサーサイト
・3スターズ、これで単独表紙が無いのはケルベロスだけか。そのうちなるかな。ついでにNJもだな。
・3スターズ第三回は2月。予約開始もそのあたり。行きませんが。
・アンケートの項目は撤廃しました。

走×シャトル!(読み切り)
石坂リューダイ、読み切り。
話は王道な読み切りスポーツ漫画というか、ジャンプでは良くみるけどチャンピオンでこの手の話と主人公を見ると新鮮である。
タイプとしては小野田坂道と同じなんだけどね。まぁ……弱虫ペダルも言ってしまえばジャンプテイストの作品かー。

連載で見る分にはもの足りない……が、読み切りとしては充分に楽しめた。次作が楽しみ。
しかし、この手の常に笑っているキャラってのは相手とすると怖いものがあるな、坂道とかミクロとかそっち系。

出陣!ムショ高排球軍(最終回)
最終回。
相手チームが兄貴しかいないように見えた。多重影分身ですか。
最後の最後までキャプテンが出なかったのが残念、あと、テンマの母ちゃんが悪人でないけどダメな奴で泣いた。これは勝っても一波乱あるだろうなー。兄貴は讃えてくれるだろうが。

敗因としては……うーん、自分としてはギャグとシリアス、どっちでもどっちつかずな印象が最後まで取れず、振りきれてないってことと、展開が冗長だった話があったこと、かなー。キャラデザに関しては慣れの部分もあるだろうが、シリアスを意識したキャラデザにして欲しくもあったり。悪く言えば半端だったってところ。
後は誌面が充実していることといったタイミング的面も大きいか。2005年あたりだったら生き残っていただろうし。

ラスト2話は素直に楽しめたし、試合の結果も気になる程度には読んでいたんだけど。
終わってしまったものはしょうがないので、栗元先生の次回作に期待したい。
なお、ブログの文章を見るに未収録であった部分はewebやヤフーコミックで補完される模様。
まぁ、手元には残らないので要切り抜きですかね。ダシタイナも久々だ……。

ともかく、お疲れ様でした。

ノベルゴッド(最終回)
ああー、結局普通な感じにオチてしまった。
作者に、この路線は合ってないような気もする。デビュー作の読み切りは結構楽しめたんだけど……。
この分なら次回作はあっても嬉しく無い。

キガタガキタ!
マヨヒガ、ヒートエンド。
キガタ君の攻撃性能の高さがもはやバトル漫画のそれになってきた。
原作恐怖新聞とも互角に渡り合えそうだなー、向こうは向こうで最凶の悪霊扱いだったけど。

バチバチ
ああ、やはり、モンゴル勢の粘り強さとハングリーさはすごいというか。
天雷、こういうキャラだったんだなー。鮒太郎には笑った。
ところで、王虎はいつまで休業状態なんだろうか。いい加減、復帰しないとメインキャラとの取組すら無くなってしまうような。幕内になってからやるのだろうか。

ANGEL VOICE
ヒサシ、かっけぇ。先週の選抜入り(?)だかなんだかのもう一人はヒサシになるんじゃないかと思えるぐらいの活躍。
GK(ソニー信者じゃないぞ)つながりでまだ出ていない皆川弟も気になるところ。

弱虫ペダル
御堂筋くんの良いところは作戦変更からの実行が早いところ、動揺はしつつも思い切りがいいところだな。
下降が止まらない御堂筋株がここにきてストップ。最後の最後は実力勝負。
でも、こっちは二人、いや御堂筋は石垣を勘定に入れてるかどうかが怪しいので実質一人か?

一人で戦うものはチームに勝てない、これ少年誌におけるスポーツ漫画の基本よ。
しかし、マジで三日目どうするんだろう。

ハンザスカイ
勝てる……のか?
ここは結城に勝って欲しくもある。

範馬刃牙
握力自慢の海王に握力勝負で勝てる烈が振りほどけないぐらいのチャンプってお前なんで地下闘技場トーナメント出なかったんだよおいこら。
アイアンマイケルってこの業界だとどんぐらい活躍できるんだ、スモーキーにボコられそうなんだけど。

聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話
骸の中から冥衣登場、という演出には震えた。大作RPGのラスボス第二形態、みたいな派手さと荘厳さ。
さて……もう一人の守り人どこいった?(先週からそればっかり)

聖闘士星矢 NEXT DIMENTION 冥王神話
アベルとカインって王道な感じできたな。カインは力が高くてアベルは技が高いんだよね! でも、FEは力が高いほうが優遇されるし、技はそこそこあれば後は補正でどうにかなるしでアベル君は後半はベンチが多いんですよ。
それはそれとして創作物だと結構な割合でカインが悪者になるんだが、これはどうなるのだろう。
アベルの裏切り宣言はブラフにも見えるがさて。アナザーディメンションのコマが普通にかっこ良くなくて少しがっかりした。

みつどもえ
娘の持っている服ってなんとなくでもわかると思うのだけど!

侵略!イカ娘
ラーメンは暑くても食べるっていうのはわかる……いやむしろ……暑い方が美味いでゲソ!
なべやきうどんは暑い時に食べても美味しくないけど……この差は一体。

木曜日のフルット
ねずみはねずみでも万治郎鼠さんだったんや。

はみどる!
背景に田代がでてないかどうか探しちまった。
たしかにこの3人は無駄に素直である……芸能界汚れしてないかというか。
壁さんは芸歴が長いだけだからな……泣けるわ。

行徳魚屋浪漫スーパーバイトJ
制服の力っていうのはある。制服着てなかったら怪しいおっさんだろ、みたいな人が結構……はい、自分もその一人であります。
主任がいい人すぎてヤバいな。おそらく、スーパーバイト最終回は主任が「沼田、正社員にならないか?」という出だしだと思うよ!

シュガーレス
触れるの忘れたけど、九島生徒もかっこ良かったな。
でも、こいつら、初期は袋叩きだの不意打ちだのしてた……してたよ。

ナンバデッドエンド
タイマンになったのはいいけど、相手が負けを認めるまで手を出さずにボコられる、なんて事になりそうで来週が怖い。
そして、心が折れるなんて事は一般的な不良にはあるけど、ヤクザにはそれを望めそうもない。

クローバー
このイケメンさん、花山さんあたりに殴られて吹っ飛んでくれねぇかな。
しかし、まぁ……行動が古いよなぁ。

次号予告
新連載、濱口裕司「モメンタム」。新連載攻勢第一弾。
読み切り、重本ハジメ「鏡の国のアニー」。
モメンタムは少し気になる。

続きは今期新連載について雑感。

[週刊少年チャンピオン8号]の続きを読む
表紙、まさかのシャケさん独占。やったよ……ついにシュガーレスが本当の意味で表紙だよ! シャケだけど!
がっくんどこいった、カラーページでは目立ってるけど表紙……表紙。

表紙煽りの狼よ疾走れ、がなんかかっこいい。走っているのは犬だけど。

本編。
真正面から殴り合って苦戦しているマリモは初めて見た。今まで無双状態だったしヒュドラ戦は人海戦術取られただけだしでやはり矢坂兄弟、強い……!
そりゃ、シロちゃん負けるわ……。
というか、三田さんの早々の戦線離脱に吹いた。部外者だし、じゃなくてだな……何しに来たんだよ君は……このままだと三田さんが岳にえろ本自慢しにきただけの男に……。

と、思ってたらシロちゃんが復帰してきてびっくり。予想はしていたことだけど、こうして実際にその場面を見るとビックリ度倍増。
邪魔さえ入らなければ弟君ぐらいはイケるかもしれない、当たればイケル!
鼻をバトル漫画よろしくビキっと治すサマはかっこよかった。学年最強(笑)とかシロコダインとか言ってごめん!

そして、超予想外のカード、卜部VS周防の再戦! 卜部よ、靴ぐらい回収してこい!
流石にリベンジで敗北ってのは無さそうだしここは卜部が意地を見せるか?
カラーページにも出ていたし、キリオ登場あるかと思いきや……細川先生は本当に斜めをいくな……それが上か下かは読み手の考え次第だが。
筆者としては上だと思う。予想は裏切り期待を裏切らない、が出来てきたと思う。

しかし、このままだと岳が相手の顔と名前すら知らずに抗争終了になってしまう!
まぁ、エクレア編の時もそんな感じだったし、他所が絡む時の岳の立ち位置ってこんな感じだと先生の中で決めているのだろうか?
それはそれでおいしいから良い……かな?


それにしてもシュガーレスのカラーはいいなぁ。キャラ達の私服姿がすごいカッコイイ。
細川先生と梅田先生のカラーは何度見ても飽きないな。
ドヤ顔冬子先生、マジ可愛い。中身、ダンナだけど。

冬子先生の記憶の中、清叔母さん(可愛い)がいるのは当然として、この根暗そうなドテラ女は……もしかしなくてもさんじゅうにさいさん、なんだろうか。
となると、清叔母さんも同じくさんじゅうにさい。冬子先生は30代か……ふむふむ。素晴らしいな……絶妙な年齢設定だ。

墓守が敵だとしり沈む景。この流れで狗骸そのものや墓守としての自分にも黒い感情をもってしまいそう。
それが今後、どう影を落とすのか。
少なくとも敵であるあの墓守に出会ったとき、景は爆発しそうな気が。

そして、生徒を守るため、身を投げる冬子先生。
うわぁ、先生、教育者の鑑……といってもいいものなのかはわからないが、あそこで即身投げの行動を取れるのは普通にすごい。かっこいい、という言葉は適切でないかもしれないが、良い先生だった。ショタ趣味! とか思ってしまってすいませんすいません。

つい過去形にしてしまったが、ダンナの姿解放により冬子先生生存。
って、なんだ、このローゼンメイデンみたいな衣装は!?
これはダンナのイメージがふんだんに加えられている……んだよね? ぶっちゃけ全裸でもそこはいい訳なんだから……ドレスのデザインに加えヘッドドレスをしっかりと忘れないとは……。
崩でなかったら良い友達になれる! と思えちゃうぐらいダンナに親近感、基本ヒキ体質だし、オタク適正たけーよ、それとも最近のカラスってみんなこうなのだろうか。
教えて、カラス界のえろい人。

さて、戦闘能力ではヒケを取っていないはずの景だが冬子先生を人質に取られている以上どう戦うのか。
あまりもたもたしているとあの墓守が来て冬子先生ごと抹殺してもおかしくは無いよな。
REDいちごで女装少年漫画を描いていたおりもと先生の新作がきました。
他にも描いていたのは知っているが、筆者が知っているのはREDいちごでの作品のみなので……。

とはいえ、その作品だけでもバイク好きなのねー、というのはわかっていたけれど。
スズキは変態、漢のカワサキ……。

CAWX4I4V.jpg

タイトルの語感や字体に突っ込むんじゃないぞ、わかってるからな。
ちなみに、メイドいんじゃぱんは間違いで、メイドいんジャパンが正解。カタカナの方が多いので、検索する時は間違えないように。つうか、間違えんなや! 烈!

そんなヤングチャンピオン烈2号は絶賛発売中、今作が載る3号の発売日は来月の15日発売です。

関係ないのですが、筆者はカキフライが苦手です、食べ物の方ね。

画像の出典:【ばくおん!!】おりもとみまな ヤングチャンピオン烈2号予告ページ 秋田書店から
・裏表紙で獣姦。

釣り屋ナガレ(最終回)
最終回。
最後の最後が無声漫画かよ! と思ったが、むしろそっちの方がオヤジの葛藤やらなんやらを想像できて良かった。
ナガレの旅の理由も最後にサッサと回収。これ、お嬢に語るシーンが欲しかったなあ。

ともかく、長い間中堅陣を支えた今作もこれで終わり。
釣りをしている時やおっさん共が出ている間、孤児院絡みの話やお嬢のコイバナは普通に面白かったのだけど、少し前のキャスティング編があまりにも冗長だったのが悔やまれる。
あの話は釣り以外の楽しみもあるんだ、ってこととヒロのお披露目も兼ねてのものだったろうが、どうにも尺を取り過ぎ……。
終了を告げられたのもこの話の途中ということらしいし、色々と邪推してしまうんだぜ。
売上も苦戦はしていたが、(チャンピオン作品にしては)悪くは無かったはず。

まぁ……終わってしまったものはしょうがないので竹下先生のウマイ次回作がまたチャンピオンで(しばらくはあまガミらしいけど)読めることを祈って。
連載お疲れ様でした!

ノベルゴッド(短期連載)
短期連載2話目。
これ、玉置もクズだが、結局無関係の人間を殺める方向にいってしまった神サマちゃんもたいがいだなあ、と。
自販機で当たり引いて当たった……って言っているカットは可愛かったです。
次回でラストらしいけれど、ほんの少しの意表をついて欲しいな。

真々田さんと生物部で
web出張作品。
久々に見た黒須の黒髪はしんせんである。

キガタガキタ!
おお、こういう民俗学チックな話大好き。
しかし、この女の手を引くことになっても嬉しくも何ともないだろーな。

バチバチ
相撲漫画を描く上でもはや欠かせない! 外国力士のライバルだっ! それも現在、政権を築きつつあるモンゴル勢。
モンゴル力士のスタミナとハングリー精神に根負けする鯉太郎ってところだろうか。
おいらも冬子先生と首投げしたいお。

ANGEL VOICE
メンバー入り……松田ともう一人……誰だ? 乾かござるかなー。
しかし、ここにきて本当に良いチームをだしてきたなぁ。AVはチャンピオンスポーツ部門の土台だな。

弱虫ペダル
こっちはこっちでグラつきが激しい。
御堂筋がアレすぎてアレ。悪い言葉で言えば終わコンだよ。
今泉にちょっかいを出す意味はない……な。下手したら覚醒されちゃうしさ。

ハンザスカイ
半座もまだ折れてない。結城の流れるような動きが見ていて楽しいなぁ。

出陣!ムショ高排球軍
こちらは次回最終回。個人的総評は次に。
最後の将軍の表情はどれだけシミュレートしても兄貴チームに勝つ術が無いということだろうか。
……まだ登場していないキャプテンが鍵かしら? いや、来週で終わりなんですが。

範馬刃牙
誤りはないけど、やっぱりあそこは正拳突きでアバラ全損ぐらいにとどめておくべきやったで!
あれで殺していいのはファンタジー漫画だけ! 刃牙はファンタジー漫画だろ、というツッコミは無しで。

聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話
アスプロス、サティスファクションして消え行く。
光も闇もぶっちぎって己を通すキャラは、敵であろうが味方であろうが魅力的。
二重人格云々へのツッコミはなかったけど、逆に二重人格でさーごめんごめんwみたいな流れになっていないのでこれはこれで潔くカッコイイ。

そして、テンマとアローン、サーシャの決戦が始ま……あれ、魔宮の守り人ってもう一人いるよな……。

聖闘士星矢 NEXT DIMENTION 冥王神話
双子座のヘルメットは本当にダサいな……。被らなくて正解だよね、これ。
結構連載しているけど、まだまだ続くようだ。

毎度!浦安鉄筋家族
セミの断末魔が刃牙ちっくで笑えた。あの書き文字パロは高確率で笑いをもたらすので好き。

みつどもえ
松岡さんとJKは良い友達になれるよ、こずえは寄るな。
それはそれとして久々にウザイ杉ちゃん回であった。

侵略!イカ娘
早苗かわいいよ早苗。
……アニメ二期はやるのだろうか?

木曜日のフルット
月チャン出張編もいつものフルットでした。
このお茶漬け雑煮はいいかもしれない、鍋に入れるおもちが余っているので気が向いたら試したい。
働きたくないでござる。

はみどる!
ババァァァァァ!!! ましろちゃん1111!!!!!11 かわいいようぅぅぅぅぅ!!
一生ステージ衣装を着せて毎朝毎朝似合っているよキラッっていって辱めたいようぅうううう!!1!

あの状況でも前向きにノリノリなすずのはマジでその気になれば売れると思うが、売れたらまっしゅるーむが終わってしまうのでこれでいいのや。

行徳魚屋浪漫スーパーバイトJ
エンコ詰め、(想像上のね)主任の表情はマジとは言い難いが秋田編集のイメージが普通にこええよ!! 平然と言い放ってて妙なリアルさがあるよ!
NJの職場は良い職場だな、と思った。……まぁ、読者としては何とでも言えよう。NJ、頑張れ。

ナンバデッドエンド
俺たちの剛が帰ってきたと思える内容だった。
タカシくん、味方いねぇよタカシくん。っつか、グリグラにボコられた猛の連れもタカシだしこの漫画、タカシ率高いな。
しかし、この展開は制裁フラグだよな……梶原の舎弟の男がイっちゃってるっぽくて怖い。

クローバー
ここまでイライラするクズイケメン野郎も無いですね^^
こういう時こそ、ノベルの神サマちゃんの出番だっつうの! 
いや、しかし……ほんとに……猪塚の地獄のミサワ臭もすごいわ。なんか、もう挙動やセリフ、服装まであの絵で再現されるわー。

次号予告
3スターズカラー攻勢。
表紙はシュガーレス……頼むぜ秋田。

web出張組はハナコの◯◯。やっとですね。

読み切り、一本。石坂リューダイ「走×シャトル!!」。
漫画賞受賞作の作品、楽しみ。

アンケート
まだ。
ドキッ、生徒と教師の密室大作戦!

冬子先生の昔の表情を見るに、景へ向けている感情が清叔母さんとおんなじものだと思うがどうだろうか。
つまり、お膝ぽんぽんは思ってもないことでなく、深層心理ではしたいこと――。

そして、景を合法的に観察するために教師という職のセレクト――!
この女、カラス崩もびっくりの搦手の使い手である。

さて。
景の親を殺したのが新墓守、ってことは景の記憶は閉隠で封印されていたってことかー。もしくは脳の自己防衛かもしれないが。
まぁ、記憶封印が新墓守の仕業だとして、そんな野暮ったいことをする理由はやはり、景の両親、特に母親が新墓守のいう久遠の力に関係していたってことなのかなーとドヤ顔で予想してみる。

それはそれとして、友恵ちゃんカワユスなぁ。足音がFEのジェネラルみたいでアレだけどカワユスなぁ。
車とか壊すなよ、のセリフでスト2のボーナスステージを思い出してしまう。友恵ちゃんの百裂張り手!
後、金屋さんの稲妻だー! って驚き方がしんせんだった。
岳の行動は常に一手遅れてますね^^

九島に乗り込んだ矢坂兄弟、ヒラオリら雑魚勢を瞬殺したが目の前には三田とマリモのチームエクレアが!

ある程度予想していたカードだが、こうして実際に目にすると何か熱いものがこみ上げてくるな。
三田VS弟のスピーディーなバトルもだが、マリモVS兄の重量級ド付き合いが楽しみでならない。
今までマリモの相手を出来る奴がいなかっただけにこれは好カード。

しかし、三田さん、借りがあるとはいえ、半分は自分がヤりたいだけなんじゃないだろうか。
この人、結構好戦的でヤンキー気質だから困る。仲間に優しく、敵に厳しすぎるよ! 愛を知る三田の拳、って言葉は嘘八百だぜ。

気になるのはパキられてから登場していないシロちゃんの安否。
出来るのならリベンジを兼ねてここで再登場してもらいたいものだ。

三田が譲らないってことはないだろうし……不意打ちがなければどうなってたかはわからないし、シロ復権のためにも細川先生頼みます!

残った周防の相手は岳かキリオのどっちかになりそうだ。
地理的には岳だけど、なんか職員室に連れてかれちゃいそうな気がしてならない。

やはり、岳が出ていると充実感が違うなー。


ちなみに、次号は表紙&カラー。表紙GET!と書いてあるが、単独表紙かどうかがわからないな……。グラビアが怖いよグラビアが。
・書くことに意義があるんや!

ノベルゴッド(短期連載)
雨墨篤、短期連載。
前作・天国遊戯で数週間チャンピオン掲載。まぁ……だいぶまえの話なんだけど。
第一話は起承転結の起段階……といったところなんだけど、とりあえず、ふーんとしか。
全話読み終わってからじゃないと特にいうことがないかな。設定が目新しいわけでも、作画がすごいわけでもなかったし、というか、絵に関しては天国遊戯の方が良かった気も。
保留で。

禍々!桂さん
webからの出張掲載。
これは……web版が終わった後、桂さんがまた転校したって設定?
そうだとすると少し哀しいね。

キガタガキタ!
アンジー再び。
えろげカットキガタくんが普通に可愛くてたまげる。後、西条先生の幼女は素晴らしい。

バチバチ
ブタフグにすら決めなかった徳利投げを決めちゃうとかワロタ。
バチバチはたまに入る息抜き回のクオリティーも高いな~。

ANGEL VOICE
習志野、面白いキャラ多いな~。
ここにきてこんなチームが出てくるなんて、古谷野先生のキャラ作りがすごい。

ハンザスカイ
ん……公式戦で初の敗北くるかね。
そうなると、先鋒が負けたときに次鋒が爆発する、って前試合のアレが活きるからそれもアリかな。
……でも、野田……出来るのか?

範馬刃牙
最初の恥骨粉砕で勝負キマってるだろ!!
まぁ、神心会のネットワークがあるのだから捕まるわけないし、そもそも警察関係者は信者が多いのだから手出しできないだろうな~。相手も相手だし。
しかし、空手には危険な~っていうのは今さらだ……。

聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話
カイロス、かなりあっさりと封印されたな……もう少し引っ張ると思ったが駆け足だ。
神の道を開いたり数珠をなぜか持っていることにはツッコまないぞ、だって双子座だしアス兄さんだし。
しかし、性能たけーな、この兄貴……原作の双子座兄弟より強いんじゃないか? 向こうもかなり強いけどさ……。
すでに戦う相手がいなくなってしまったアスプロスだけど、今後どうなるのだろうか。このまま神の道に飲まれてしまうのか?

聖闘士星矢 NEXT DIMENTION 冥王神話
まぁ、そうだろうな……氷河は神聖衣着れるもんな。
というか、魔鈴さんに弟なんていたっけ。そんな設定あったか?

みつどもえ
このゲーム……キャラゲーっぽいキャラゲーで何というか超つまんなそうだw
ていうか、自分のマスク貸すとか高レベルなプレイだな!
それと、アニメポスターのみっちゃんが全然可愛くねぇな。

侵略!イカ娘
今回はダメかな。こういうの久々。

木曜日のフルット
寝っ転がれば入るんじゃないかな……こうトトロみたいな感じで。

はみどる!
ケツ突き出して出てくるかすみさんに、クレしんのみさえを思い出す。そんな感じの回あったよね……。
というか、かすみさんの十年後はみさえっぽくなってそうな気も! 相手は俺だけどな!
グレースタイルはかすみさんを応援しています。天地さんはそれ以上に。

行徳魚屋浪漫スーパーバイトJ
ああ……暇なときの職場って異常に時間の流れが遅いよね……これと勉強している時の時間の流れはヤバい、カイロスが裏で操作しているだろ、ってぐらいヤバい。

ナンバデッドエンド
おお、顔が優しくなった。やっぱり、こっちが俺たちの剛や!
しかし、剛はヤクザに加担してないからいいものの、他の奴らをやめさせるとなると相当キツイもんがあるんじゃ。
ぶん殴ってハイ終わり、とはならないぞ……。またここから二転三転ありそうな、下手したら人生デッドエンドされちゃうぜ……。やよいも意味深で気になる。

クローバー
181話まで連載して! やっと! 隼人が釣り下手だという新事実! 
意外すぎる不意打ち要素の笑った。
クズイケメン君の動向はどうでもいいが、メイちゃんに手を出すのは許るさーん!

釣り屋ナガレ
最終回……いや、ほんとの最終回は次回か。まとめはその時に。
最後のヒロインは兄ちゃんか! と思ったらちゃんとお嬢に返事してくれて良かった良かった。
とりあえず兄ちゃんはツナギを着てベンチに座ろう! な!

次号予告
特になし。出張掲載は真々田さん。

アンケート
ケルベロス、シュガーレス、はみどるで!
キーチさんのキーチは基地外のキチなの? と、言いたくなるぐらいのゲス兄弟だった。矢坂兄弟が赤子に見えるよ! ボンちゃ、ぱねぇ。
これがヤングチャンピオン烈だったら確実にごーかんされてましたよ! ごーかん!

そして、現代で初の死人登場! 
モブとはいえ、この描写は大きい。それだけこの墓守の異常性が出ている表現にもなる。溜めた甲斐、あったな!
異常というよりは彼にとっては、そこにあった食べ物を食べた、みたいな感覚なのだろうが。女子達の助けも一蹴しているわけだし。

墓に封じられた崩は浄化されて柱となるけれど、この場合はどうなるのかなー。なんか、未来永劫苦しむことになりそうな予感。

黒鱗と雪房の違いは墓所が固定されているかいないか、だろうか。
黒燐の方が後発(?)な分、色々と改良されているのかな。

雪房→固定された墓所が必要、崩を栄養とする 
黒鱗→墓所が必要だが墓所を発動できる、黒い魂(崩)を栄養とする
典如→墓所を必要としない、黒い魂(崩)を栄養とする、意思疎通が難しい


どこでも墓所は実質、墓所を必要としないも同然なぐらいの能力に見えるけれどどうなんだろう。
崩以外のモノを栄養にできるのも大きいな。黒い魂の人間なんていくらでもいるわけだし、実質、同化現象が起こることはない。
雪房は崩以外も栄養にできるか明かされてはいないので、下手したら燃費の分でも雪房は黒燐の劣化か……。経験の面では勝っていると思うが、墓守の経験では向こうの方が上だろうし、仇喰以上のやっかいな敵が出てきてしまった!

しかし、フクイ先生は新年からフルスロットルだな~可愛い女の子はとりあえず殴ってるもんな~。なんか今さらながら開けちゃいけない箱を開けた気分になってきた。
卜部さん、負けてもなおかっこいい。
そして、周防に改心フラグか、改心→矢坂ブラザーズ暴走→周防終了、という流れが頭に浮かんだ。
最後に放ったケリは地味にアバラを折ってそうな……何気に汗流してますし。

初登場から今までの内容を見るに細川先生は岳以上に卜部を気に入っているんじゃないかと思えてきた。
好きなキャラへの贔屓目が入っているかもしれないが、負けてもなお格が下がらない描かれ方をしているな、と感じる。

まぁ、話が進まないからこれ以上書くことがないのだけど。
不良漫画のスパイラルには入っているだろう。ただ、雑誌内での役割はしっかり果たしていると思う。
だから、この作品はこれぐらいの速度で良い。

しかし、靴が顔面に当たっただけで気絶とかスペランカーみたいな不良がいるんだな……そんなに高速で投げられてたか、靴。
すっかり原作だとかネームだとかの方向性に行ってしまったヤマケンだけど(まだ本調子じゃないのはわかる)、それでも彼の凶悪な空気は原作越しでも充分に伝わってくる。
そんなヤマケンが2010年に携わったした二本の作品。

装甲悪鬼村正鏖とtrash.



当初は作画がヤマケンじゃねーのかよ、ダメじゃないのか!? と思ったけれど、全くの考えすぎだった。
いやむしろヤマケンがパワーアップしたんじゃないのかと思えるような二作だった。

まず装甲悪鬼村正。
作品全体のダークな雰囲気と基地外乱舞な内容はともかく、これに関してはとにかく最終話が素晴らしい。
以前の作品でヤマケンは、「人殺した奴が幸せになるなんてダメだよ」と言っていたけれど、まさにそのヤマケンの思い通りのラストになってくれて長いこと、ファンやっている人間にとっちゃある意味グッとくる素晴らしい最終回だった。
死の救いすら許されない水魚は今後、どう苦しみを背負って生きていくのか、想像しただけでジワっとくる。

とはいえ、こっちは原作ありきな部分もあるので未プレイ者にはその部分がアレ。


なので、満足度としてはtrashのが上かな。
ストーリーは女子高生殺し屋が銃でバン、斧でブシャァ、基地外が暴れてモツポロリ。
全編こんな感じ。いや、マジでマジで。

なので、頭を空っぽにして、作中人物の悪意を片っぱしから脳内に詰め込むようにして読むといいですよ!
前にも書いたけれど、根底にある負の感情を100%の力で代わりに描ききってくれているような超快作です。怪作ともいう。

無論、読者を異常なまでに選ぶ作品だし、正直オススメは出来ないのだけど。
単行本の装丁も無駄にPOPで良い。

何度もいうけれど、オススメできない。読んでみては欲しいけれど、好む必要は無い。
そんなカンジの作品DEATH。

ちなみに、単行本には言語感覚がおかしいヤマケンコラムが収録されていないので気になる方は本誌で最新の基地外模様をチェックオススメ!
・マウスパッドは使い勝手良さそうだな……と思ったけど、マウスパッドをもともと使わない人間だった。
・ジャイアントロボの話がわかんなくなった。
・読み切りは微妙だった。こういうのが読みたければ4コマ雑誌を読む。

ライコネンの熱帯魚(新連載)
山西正則、新連載。
魚を人造人間(ホムンクルス)に出来る魔女と、平凡な少年のおはなし。いや、平凡というよりはリア充にちけぇ。

一話目はまだ様子見、おとなしい展開だ。
グッピーがワープアになっていたのは笑えるというよりは泣けたぜ。読者層的にも心が痛いんじゃないか!(偏見)
しかし、相変わらずの裸足へのこだわりっぷりに感服する。

必蟲スイーパーズ
ゲジゲジが口に……ゲジゲジが口に!!! ひぃっぃぃぃ!
トラウマ世界一決定戦、ぶっちぎりの優勝みたいな悪夢ーー!

そんなことに驚いていたら次回最終回……はええよ!
聖闘士星矢の後のサイレントナイト翔かよ!

NONすけ~る
ダメよ、趣味人が他人の趣味をけなしちゃ……それはそれとして、学校にフィギュア持ち込んでる生徒はなにするんだ!
持ち運びの際にパーツ破損が起きるかもしれない……最近のパーツは細かくて折れやすいものも多いし、瞬着でつけるのもげんd(ry

真マジンガーZERO
超総攻撃フラグ!
ブロッケンの設定を上手く活かした作戦だった。

鉄のラインバレル
ルーベンス財団は壮大なかませ組織になりそうな気がしてならない。

聖痕のクェイサー
アニメ二期決定!
アニメでやれない事をやる漫画が二期決定とかすごいな、世の中。

仲間になった元敵キャラはかませになる運命なんや! まぁ、元からそんなに強い子じゃないからね。

ミカるんX
雷帝よりも前にミカるんの新フォームを出す相手が現れるとは思わなんだ。
寮長退場は残念だ……うう。
今回は応募怪獣が無かったな、……業界人以外での応募者っているのかな……素人さんの応募怪獣、見たいな。

フランケン・ふらん
規制問題に一石を投じているようでいないようなw
死体だと思ったらそもそも死体じゃねぇという内容は面白かった。

ヨメイロちょいす
相変わらずの頭が(ry
雪女がえろくて素晴らしい。というか、雪女がえろくない創作物を見たことがないな……ないな。
股間が札幌雪祭りとか脳のどのあたりを掻き回せば出てくるのだろう。

どみなのド!
いるよな……下に着てくるもののアフターを考えてないやつ。……私じゃないよ?
ヨメイロはネームがおかしい、どみなは展開がおかしいでREDの二大おかしい漫画!
勢いが全く衰えないからいいよねぇ。

いちばんうしろの大魔王
竜かと思ったらなんか犬っぽかった。
それよりも作者の巻末コメントが気になる、一週間で10キロ減量って病気じゃね!?

次号予告
表紙、ヨメイロちょいす。
このご時世になんてロックな……。

読み切り、菅原キク「バーバレル2号で知れ!」
マヨイ屋の店番トキワ、の人ですね。まさかREDにくるとは。
おっと……タイトル表記が普通に直ってるぜ。

覚悟が侵入した冷凍装置の基部、そこに彼は六人の正義執行者の名前を見つけた。

エクゾスカル震電、禅、雷電、鱗、霹……そして零。

雷電は黒須京馬だとして、震電ってあれか、鉄拳で一八がつけてた若先生デザインのスーツ。
装着者が一八、という謎のコラボレーションはないだろうから、他の誰かがつけていると思うけど……あのデザインをした時からエクゾスカル零の構想は出来上がっていたんだろうなぁ。

カプセルに入っていた虎眼先生っぽい死体は偽装であるらしく、敵は5人いることが確定した。
雷電は覚悟信者にみえるけど、まぁ、ほら、その手の奴らは後半で敵に回るなんてよくある話だし。
若先生がよくある展開を描くかどうかはともかく。

そして、早々と霹の装着者が登場。
僕は君を殺すんだ……この意味深な言葉の意味は――。

段々とエンジンがかかってきて、一話と二話に感じていたモヤモヤもだいぶ晴れてきた。
後は、覚悟が以前のような熱さを取り戻してくれればオールオーケー。

以前に若先生が行ったニコ生対談では、エクゾスカルは徐々に記憶を取り戻す話、と言っていたらしいが(筆者はニコ生未視聴)、そうだとすると今後の展開にもさらに期待が持てる。
しかし、だとすると、いったいいつ記憶を失ったんだ!

まぁ、細かいところは置いておいてモーントヴォルフの忠犬っぷりが可愛い。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。