グレースタイル 2010年05月
m9パール
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
・付録、ペダルステッカー。ヒメ、アブ、ショは複数枚欲しくなる。特にアブ。
・付録、みつどもえ小冊子。しんちゃんはレントンかぁ、キュアドリームかぁ。うん、アリだな!(鞍替え)
・麻里奈さんは喜久子お姉ちゃんだってよ。
・フレッシュ漫画賞で読んでみたいのは「旧校舎のヤミ子さん」。絵が良い。高校の名前も読み切り的なシンプル感があって良い!

ヘレンesp(新連載)
新連載というか、シリーズ第四弾。
まだまだ学校生活に慣れ切らないヘレン。っと、その前に不良が……不良!?
異常に膨れ上がった体格に髪型、グローブ……どう見ても改造人間かなんかじゃねーか、こいつ。

そんな御堂くんにボウガンがさくっと刺さるシーンは何だかとっても……いや、笑っちゃいかん笑っちゃ。つうか、白木々津分を忘れてきちゃったのかと思った。
何かを抜き取るシーンが吉富BJよりもBJっぽかった。木々津先生のBJ、読みたいねぇ。

バチバチ
石川も村神も「似た」存在だったわけか。本気でやって、のくだりは何だかグッとくるなぁ。
後、ブタフグさんマジ死んで欲しいですね。腕キメてるシーンの表情がすんごく気持ち悪い!
阿吽にやられて村神にやられて再起不能なり廃業なりして欲しいぐらいのむっかつくキャラです。
そして、こんなキャラを生み出せる佐藤先生のキャラ作りは素晴らしい。

ANGEL VOICE
丹羽が空気から一瞬にしてネタにwww
バンダナがあれほどまでに似合う人初めて見た。

弱虫ペダル
ああ、田所っち……。
リタイアした選手はそのままだから総北は五人体勢になるのかなぁ。今泉くんにも確実に何かあるだろうし、実質四人か……?
表紙の坂道は鳴子と融合したのかと思った。髪の色的に。

ハンザスカイ
タイマンはったらダチじゃぁ!
番場さんもかなりの実力者設定でしたね、そういや。
穂波の初試合はいつになるのだろう。

任侠姫レイラ
面白いけど、やってることは先週とあんまり変わらないんだよな。
アドリブ……に期待だ。

範馬刃牙
達人たちは素人……というかヤッたこと無い奴等とヤりたいのだろうなぁ、と。
もしかしたら今回の人みたいな奴等が出てくるかもしれないしで。
で、そういう戦いを仕立て上げられるのは徳川のみっちゃんしかいないわけで、この流れは確実にトーナメントだと思うのですよ。

聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話
パンドラ様、結構強いじゃん、来週辺り一瞬でやられてそうだけど。
パンドラ様の動きにいちいち反応するチェシャ猫が可愛い。

みつどもえ
ふたばのおっぱい画が昔よりもずっとえろくなっている件。
これはもう普通にバスターモードだよ! おっぱい触られるだけじゃすまないよね、あれでは。

声優さんは基本的には絵がウマイのだなぁ。後、ドラマCDはまだ買ってません。

侵略! イカ娘
ラジオ体操の後に二度寝する子なので、体操の意味は無かったです(キリッ)。

木曜日のフルット
置物の猫が今までで一番猫らしい造形だなぁ。

はみどる!
女装アイドルきたわぁ。でも、そのためか、前回出た頃よりも弟の背や体格が女性キャラみたいに作り変わってるわぁ。
でも、この展開はアリです。アリ。

ナンバ デッドエンド
なんて辛い展開……校長はクズの中のクズ。グリグラにも負けてねーぞ!
剛に隠れてろという山田に男気を見た。しかし、ここからどうするのだろう。
ハッピーエンドにはなると思うのだが、学校やめましたENDだったら哀しすぎるよな……。

剛の危機を嗅ぎつけて特服部隊が集合、誰が剛か、わかるまいフフフ……という展開を考えたが、特服自体がそんなにねーと気づいた。

クローバー
やっぱ、この二人よええ。
とりあえずこの甘党野郎を倒す必要がありそうだ。

釣り屋ナガレ
感謝と決別。
最後のカットが印象的ですなぁ。竹下先生の漫画はメッセージ性があって、そのメッセージ性が押し付けっぽくなくて良い。読みやすい。
これが俺の言いたいことだコノヤロー、なんてのも好きなんですがね。月見アジ喰いたいお。

ギャンブルフィッシュ
まさかグリーンベレーまでくるとは……軍の仕事はどうしたっ!!!
青戸と貝塚は覚えている奴がいるかどうかが気になる。もうずっとずっと前の話だからな。ゴッキーと天狗は来ないのかな。
久々のヒルコ可愛い。

こうして全員集合、いざ行くぞ! みたいなのを見てしまうと、ああ最終回が近いのだなぁと思う。
飽きこそあったけれど、感慨深いですね。

次号予告
弱ペダ祭り第二弾! ファン感謝企画が気になる。
巻頭カラーはバチバチ。この二作はおんなじぐらいのタイミングでプッシュされるな。

アンケート
ケルベロス、シュガーレス、ヘレンespに投票。たぶん、ヘレンに入れた……たぶん(忘れっぽい)。
スポンサーサイト
古書店のおばさんが意味ありげすぎる登場にモヤモヤ。特に慌てない感じを見るに度量が大きそう。

優位を味わいたいといっても、天敵の墓守を見つけたすぐ後にこんな行動を起こしちゃう山王たんに萌えまくる。
アホの子がすぎるぜ……!

金屋さんの告白には全俺が泣いた。最近、そういう同人読んだだけに余計に泣いた。

ちびっちゃった金屋さんに全俺が泣いた。主に股間の典如が白く泣いた。
つうか、あのクソ猫は金屋さんの尿のニオイを嗅いだのか、絶対に許さない。
バッちくねーよ、それは聖水という名の黄金水だってーの! 一部の人間にゃ力水ともいうんだぜ!?

祈の持つ人造狗骸は「律理」。理性がぶっ飛びそうな変身状態なのに、理性を律すると書くのか。
食べなければ力が出せないあたりはほとんど崩なんだなー。
墓が必要でない分、別のところでコストが必要なわけか。とはいえ、霊魂なんてそこら辺に溢れているし、使おうと思えば人造狗骸も相当に強いのだろうな。

典如と違い、あれだけの密着状況でも祈に危害を及ぼさないのは祈が憎んでいないからなのか、元からそういう狗骸なのか。
三人とも戦闘スタイル、というかフォームがまるで違うのが面白いなぁ。

人造狗骸は用途によって色々な形態が作られているのだろう。
典如が中・遠距離型で、律理が近距離型なんだろうなぁ。そのうち、対空型とかそういうのも出てきたりするのだろうか。

人造狗骸部隊なんて出てきたら相当に厄いことになりそう。エネルギーの霊魂も足りなくなっちゃう!?

何とか間に合った景だけれど、戦う力がほとんど残っていないだけに第三者の介入に期待したい。望くんとのタッグマッチでもぜーんぜーん構わないけどな!
卑怯とは言うまいね。
クリザリッド第一段階みたいな服装をして登場の嘉上。
やれ、でなく、やっちゃえ、と行って上手く焚きつけるあたりが巧み。
三田に寸止めされてビビった頃とは違うというわけか。
播磨が止めなければパンツまでいっていたな、あれは。どこまでもノンブレーキな男。


三田のことをマリモに聞くがっくん。って、君はほのぼのしすぎというか、もうすっかり奪われちゃっているよね! 色々と!
相方が全てにおいて優秀でもバディ物は成立するが、君はもっと頑張れ! やればできる、諦めんな!

初めからブレーキが無い男と、初めてブレーキを外した男の激突が近い。
どちらかといえば、やばいのは後者。嘉上よりも先の先に行ってしまう可能性大。

そのまま誇示する力に捕らわれた三田がエクレアの三代目リーダーに。ダークサイドに落ちに落ちて九島組と激突! なんて展開も妄想してみたり。

それにしても、エクレアといいたい焼きといい甘い物が食いたくなる漫画だ。
糖尿病病棟におけば間違いなく禁書・悪書扱いだよ!
・ラインバレルとクェイサーは表紙回数が多すぎると思う。売れてるから、というのはわかるよ。
・付録カードがスリーブに入っていて感動した。Vジャンプでもこんなんやらんのに!

装甲悪鬼村正 鏖(新連載)
ヤマケン絵コンテ、廣瀬周作画、ニトロ原作という混沌幻魔を出せそうな組み合わせによる新連載。

えろげーが元とは思えないハードな展開ですなぁ。まぁ、ニトロはだいたいこんなんなような気もするけど。
草薙なんて明らかに味方ちっくな名前なのに敵なんだなー。

男キャラがどうみてもヤマケン漫画。復帰も近い。
廣瀬先生にとってもグッドな連載になるといいですね。あの絵柄でアクを取り入れられれば、かなりのレベルアップが出来そうな気もするので。

インタビューも流石のヤマケンクオリティー。モツ、て。潔すぎるだろ、その回答。
集めている小物、はこれですよね、わかります。

AI:パト(最終回)
最終回。
帰って来たパト子。
痛パトカーという目の付け所は良かったと思っているのだけど……どうにもこうにも空気すぎる作品……だったかな。
前号の幼稚園児コスは最高にビンビン出来たんだけど、お話の部分は普通すぎてにんともかんとも。

単行本は出るようなので良かったです、正直ダシタイナかと……ええ、はい。
ともかく、お疲れ様でした!

人間失格 壊(最終回)
こちらも最終回。まぁ、原作のストックも無いしな……150Pぐらいしかないし。

すっきりとしたラストと精神病棟の連中の表情がすごく印象的な最終回でした。
結局、竹市は実在の人間だったのか、どこまでが妄想の竹一だったのか……。そのあたりはいつか別記事で触れようかなぁ。

原作者と作画者の完全融合、それにより増幅された悲哀と痛さが素晴らしかった。素晴らしすぎた。
壊、は間違いなくコミカライズ史に残る名作だったと思う。今回の連載で二ノ瀬先生は確実にレベルアップした(女の子との普通の情事も描いてるぞ!)ので、次作がますます楽しみ。

二ノ瀬先生、お疲れ様でした。

真マジンガーZERO
まるで死ぬためだけに出てきたようなキャラとロボだ……。
エース機の武器を採用した特化型量産機なんで動く棺桶じゃねーか。

増殖少女プラナちゃん
モモの方が服の締め付けがある分、胸……じゃなくておっぱい大きくね!?
乳というアイデンティティーが早くも消滅しかかっている金髪はいらない子ですね!

鉄のラインバレル
やっと正義の味方になれたのに、力を剥奪とは、早瀬には辛い展開が続くなぁ。

みのりスキャンダル
知るかバカそんなことよりおっぱいだ、の精神がこの漫画にはあるよね。
大変に素晴らしい。

聖痕のクェイサー
ワンチェンってカタカナで書くとグルグルのアイツを思い出す。向こうはェが無いけど。
目のデッサンだけウマイ。つうか、ナンバー2の割には大して強そうに見えないんだよな。

まふゆの胸が育ってしまったら美乳キャラは誰が担当すればええんやろう。

シグルイ
怪物め、がこう来るとは……!?
途中で飽きが来たこともあるけれど、この作品を読んでいて、本当に良かったと思える回だった。
静かに沸き起こる熱さと狂気にワクワクが止まらねー!

さて、結末はどうなるのか。

ミカるんX
ちんこが柔らかそうなあの人まで不死か! 多すぎだろ、不死キャラ!
それはそうと、ペソマルクがここまで強いとは……正直、雷帝軍ってトップ以外はたいしたこと無いのでは……。

フランケン・ふらん
今回は二本立てで、一本目がサバイバル・オブ・ザ・デッドの宣伝コミカライズ。
いつふらんが出てくるかドキドキしながら読んでしまった……。
導入部分だけ描いて終わらせるあたり、宣伝作品としてはベリーグッド。また別の作品でやってね!

二本目、ふらん本編。
誰にもやられる事はないだろうと思っていたふらんがここまで追い詰められるとは思いもしなかった。
色んな意味でブチ壊しいく強烈な奴が出てきたもんだ。
死んだ、ということはまず無いだろうし、再登場に期待しマ◯コ。

しかし、ミニミニヴェロニカたんは可愛いすぎんだろ、おい。

ひみchuの文子さま
ばーか、の文子様を見て初めて文子様で興奮した。

ヨメイロちょいす
本当に優秀なギャグ作品だよなぁ、と。
ギャグマンガ好きなら全員に進めたいぐらい優秀。それでいて、勃起というえろコメの条件も満たしてやがる……!

ちなみに、今月で一番笑ったのはぱんつのニオイでカリンを思い出すところ。泣くところじゃねーだろ!
恐竜の絵は所先生に教えてもらうといいよ!?
……はっ、原作:所十三、作画:tenkla……これは金のニオイがするで!

どみなのド!
上に同じく優秀な。あ、でも、今月はイマイチ。

いちばんうしろの大魔王
服部さん派だけど、ころねに乗り換えるわ、と言いたくなるような回。
無表情キャラの笑顔は最高のギャップ萌えを生み出すよね! 勃起してきた!

ぽかぽかばんぱいあ
俺も漫画を大量に読んでいるからイメトレは十分なハズだ……。
どこまでイメトレしているか書くと、すでに漫画家の枠を越え総理大臣です。レッツルーピィ!

次号予告
新連載、原作:藤見泰高 作画:カミムラ晋作「必蟲スイーパーズ」。
ベクターコンビによる新作なので、楽しみ!

もう一本、新連載。青本もあ「NONすけ~る」。
内容的にはガレキに華を、と同じ感じなのだろうか。好きな作家なので、本誌昇格嬉しい限り。
・ドロップの原作を読んでいないせいかどのあたりが原作とかけ離れているかわからにゃい。

罰十ジーザス(読み切り)
赤間結衣、読み切り。
個人的には前作の方が好き。というか、あれだ。ハゲの描き方、生々しいなぁ、おい。

サイレントブラッド(最終回)
最終回。
1~3話がピークだったなぁ……。どうにも話のスケールが大きすぎるというか。
後、作画にはもう少し頑張って欲しかった。

最後の終わり方は良かったです。そこまでの積み重ねもあったし。
ともかく、お疲れ様でした。

ハカイジュウ
目新しいことはないのだけど、作画がすごいから楽しめます。
チャラ男はなんだかんだで終盤まで生き残るタイプ。

ハカイジュウ(仮)は複合生物なのかなー? キメラみたいな。

ランチキ
キムは最初の一発でのされちゃったのか……。
反撃も出来ずに終わるとは。

明日のよいち
最近、ロリ分が過剰じゃないですかい!?

極☆漫
オチよりもいきなりのドラえもんに吹いたw
でも、ドラえもんはなんだかんだで完コピ難しいような気がする。絵、描かないからてきとーな意見ですが。

ドロップ
何という唐突な解説役。このマルコメは間違いなくグリフィンの隠し玉。

賞味期限あり
誕生日にラーメン食いに行ってる千明ちゃんに泣いた。若い娘が……。

次号予告
新連載、秋好賢一「プロレス甲子園」。
え、こっちでもプロレスなの!?
・表紙はチャンピオン押し押しの小池里奈。

ブラックジャック2010(読み切り)
キリコもBJもバスケも、何一つ良い描写が無かった……。いい加減このシリーズはやめて欲しいよ、吉富先生はスクール人魚描いた方がええねん。

ミッチェル田中の美少女探訪(読み切り)
小池里奈、第三弾。
インタビュー漫画というよりは小池里奈を遠くから見てスケッチしているかのような歪みのある内容。
地味に好きな企画だけど、小池里奈ばっかりは飽きたなぁ。

ぷちワル(読み切り)
中村哲、読み切り。
女の子可愛い。以上。
キャラは立ってるし、オチも良いのだけど、少し古臭いのが気になるような。そろそろ連載を視野に入れた作品を読みたい。

魚屋レジェンド スーパーバイトJ(最終回)
ちょっぴりの職場バレで最終回。
イナゲ主任の優しさに全俺が泣いた。

つうか、浦安増刊読んでるぐらいなら、本誌もチェックはするかもしれないし職場バレは確実にしてるんじゃねぇの!?
それとも今は職場が変わっているのだろうか、だとしたらセーフ? いやアウトォ。

それはそれとして、普通に面白い作品だったので是非とも再掲載して欲しいなぁ。今までのNJ漫画ではこれが一番好き。共感できるというか何というか、共感していいものなのかどうか……。

バチバチ
この漫画の保護者共は揃いも揃って涙腺を刺激する奴等ばっかりだぜ。
そして、大鵠のムカつきっぷりがすんごい。登場回数がまだ二回だというに……。
個人的に、虎城親子よりも上です、壁殴り度。

進化した吽形さんにボッコにして欲しいところだが、不穏なフラグも立っているわけで、怖い怖い。

ANGEL VOICE
空気王・丹羽くんの活躍が見れそうで嬉しいです。今週まで存在を忘れていましたが。

弱虫ペダル
特にドラマも無い普通のおかんが来て励ましてくれただけなのに、この燃え上がるものは何なのだろう。
女性だ、でアヤちゃんが降臨ですか! と思ったのはナイショだよ。

そして、次号から前代未聞の六連続弱ペダ祭り。ドンドコドンドコドコドコドコ。
色々と麻痺してもう驚けない自分に驚く。

ハンザスカイ
最初のあれこれがなければ峰岸の圧勝だったのになぁ。ハンザが白帯であることへの油断も少しはあったのかもしれない。
今後、ハンザが黒帯を取った後、同じことが起こるような気がする。

任侠姫レイラ
げぇー、本人だと気づいていなかった! マジでただの色ガキかよ!
もう少し深いものがあるキャラだと思ったのだけれど、少し残念。
金ボケ北海もろともレイラタッグに沈めてもらいたいものだ。

範馬刃牙
栗谷川さんはもっと喧嘩してると思うのだけど。

みつどもえ
このドタバタすぎるノリが要所要所で入るからまだまだ安心して読めるなぁ。
ズボンふたばが中々に新鮮! グレート!
最後のオチも新鮮でした。ふたばが落ち込んじゃう……!

そんでもってアニメ公式HPが大幅更新。
キャラクター相関図がそのままキャラ紹介になっているあたりはニヤニヤできますなぁ。

ドラマCDも触りの部分を視聴可能。
個人的には、ふたば>ひとは>みつば、かなぁ。それよりも矢部っちのヴォイスがイケメンすぎるぜ……!
後、みつばの発音に違和感。植物のみつば、みたいな発音せんでも……。

まぁ、しんちゃんの声がくぎゅだったら俺は何にも言わないよ。

侵略! イカ娘
ニセイカ娘の家におジャマ~。
中の人の名前は常田鮎美。おお、なんとラブリーな名前じゃねーか。オヤジの名前が明かされなかったが、宮下の下の名前ぐらいの重要度なので、割とそれはどうでもいいな、うん。

どうでもいいけど、このオヤジから男には抵抗、なんて言葉を聞くと途端にえろげちっくなニオイがするのは何故なんだ。

今回は別ページでアニメスタッフの語りも有り。
構成の横手氏の「イカ娘いじって泣かせたい」発言には激しく同意しておこう!

木曜日のフルット
鯨井先輩の血はまろやか。ちぃ、覚えた。きっと、みつばの血はクソ甘い。
下の~ションの部分にサティスファクションが出てくるのはまだですか。

はみどる!
おい、元子役は業界にずっといたのに業界用語がわからんのか!
想像以上にアホの子というか、干されてた期間が長すぎたて記憶からあれこれが消えちゃったんだろうなぁ。
下から舐めるのコマで素足でなく、タイツの上から舐めているのが素晴らしくえろすでした。

シュガーレス
三田は穏健派というよりは武闘派だと思うのだ。無視されただけで即殴りかかるような子だし。
嘉上は過激派。

ブレーキを無くして暴走する三田をマリモが抑える。ついでに嘉上もやっつける、という展開もありなんじゃないかと思った。
このまま三田に加勢するのでは少し普通すぎる……かな? まぁ、その前に大勢にやられて三田くんKOなような気もするけど。
なんだかんだで数の暴力は強い。

しかし、当たっていなかったとはいえ、バイクへのバット攻撃をあんな風に避けるとは思いもしなかった。
命中率100%の神話が崩壊! こういう、おおっ、というアクション描写があるから良いねぇ。台詞回しもそうだけど。

そして、7月8日にシュガーレス二巻発売決定ッ!
新連載組全員の続刊が出るようで喜ばしい。一巻の売上もそこそこ良かったし、これはマジでシュガーレス旋風が来てくれるといいなぁ。

つうか、細川雅巳の初の「2巻」ですよ! そんじょそこらの2巻とは重みが違うってーの!

ナンバ デッドエンド
島崎と肉マンの覚悟に泣いた。良いやつらだよ、ほんとに。

クローバー
そういえば、ゲンゲンって真田菊池よりも強い設定なんだよなぁ。鳴我はハヤト一強のこの世界(イチゴ除く)に良い風穴を開けそうな気がする。

釣り屋ナガレ
なるほど、ありがとう、の心か。釣りとハートフルの部分を上手く共存させる竹下先生のこの腕前は本当にすんばらしい。
そして、次回は責任と覚悟のお話。釣りしました楽しいです、だけで終わらないのがこの作品の良いところ。いや、竹下先生の良いところ!

ギャンブルフィッシュ
パカパカ、ってあんた。そうか、これがシリアスな笑いですね!(少し違う(
人の心が残っている、残っていたということは壮大な負けフラグに思える。
この分だとラスボスは学園長? うーん、でも、器ではないんだよなぁ。大穴で白鷺パパとか白鷺一族の偉い人とかそういうもアリかなー?

次号予告
弱ペダ六連続祭り! 大変、航が死んじゃう!(とりあえず言ってみた)

付録でみつどもえ小冊子。楽しみ。

そして、待ってましたのヘレンesp第四部! 完結編という表記が少し哀しいが、素直にワクテカしておくぜ……。
第二巻……は出るのだろうか、一巻の売上は芳しくは無かったけれど。

アンケート
ケルベロス、シュガーレス、スーパーバイトに投票。
そんな赤くなった顔で喰うぞ、なんて言われてもその……なんだ困る(主に性的な意味で)。

ここにきての念入りな景くん虐めには何かこみ上げるものがあるな……。
着地失敗してぶあっ、ゴチィして涙目、おまけのポコポコポコ……。やだ、この子、萌え度高すぎ……!!!
フクイ先生は鼻部分に一撃入れて涙目になる描写が好きすぎますよぅ。

後、全力出して殴ったはずなのにパチィンとまるでダメージを与えられていない景くんの素の攻撃力にも萌えますね。
徐々に年相応になっている望くんにも萌えますね。
リョナアクション漫画なのに萌えの宝庫、なんてどんだけ俺得作品なの、これ。


仇喰の今までの行動は全て自分の嘘から成るものだった。
どうしようもない状態で、妹を安心させるために嘘をつき、それにしがみつきながら生きてきた。

きっと、こうすれば大丈夫って考えはたいてい大丈夫じゃないんだなぁ。ああ、嫌だ嫌だ。

結局、霧島ノートには何も有益なことは書いてなかったようで、色んなことが振り出しに。
そのあたりは多くを知っているだろうワンダフル雪房に聞くしかないだろう。

それはそれとして、あの場から逃走したヤマオーさんが大ハッスル。
うひょー、待てコラ! なんてどうみても俺たち側のセリフじゃねーか! つまり、俺達は崩。
本気出せば弾丸レベルの速さで動けるのに、それをしないでロリ二人を追い回す当たり中々の畜生。いや、畜猫?

しかし、それをしないがために景&望、または第三者(倍率高いのは電話ボックスズ)にやられてしまうのだと思うと、ファ~~~泣けるなぁ~~~。
あ、そういえば祈たんも人造狗骸を持ってるのだった。兄と違い、狗骸を憎んでいるような感じではないのだが、やはりコントロールは難しいのだろうな。だとすると、益々金屋さんが危ない。
・表紙はケルベロスが良かったなぁ。
・ケルべ、ハンザ、シュガーは今後も三作同時に扱われるんだろうか。

ブラック・ジャック2010(前後編読み切り)
うん、つまらない。
バスケコラボ縛りがなければもう少し面白くなりそうなもんなのだが……。
後、キリコは無免許医……だったっけ。医者としては正式な免許は持っているような、軍医だし。

ミッチェル田中の美少女探訪(読み切り)
グラビア連動企画、第三弾。今回は大島麻衣。
いつもの通り、ミッチェル先生の妻帯者とは思えないレポート内容でした。
次号も掲載予定とのこと。

バチバチ
石川はダチ、王虎は宿敵、猛虎はライバル……という感じになりそうだ。
石川とは土俵外でも付き合いが増えそうな予感。
村神はまだわからないな。そろそろ出番がほしい。

ANGEL VOICE
技術は負けてはいないので精神面で対等なら大丈夫なのが市蘭

弱虫ペダル
二日目は精神面で今泉、肉体面で田所が弱点になりそうだ…
張り合った鳴子は元気というのが興味深い。

田所はまだしも今泉はかなりヤバいかもしれない。
まさに弱泉モード。第二の覚醒で強泉になれるのか。御堂筋と張り合えるようになるのか。

二日目のカギは間違いなく今泉くんになるだろなー。

箱学は満を持して最後のキャラ「新開」が登場。
山岳がメンバー入りした時の回だともうちょっと物静かというか、チャイニーズな雰囲気だったような。
彼がスプリンターかクライマーかオールラウンダーかが気になる。予想ではオールラウンダーだけど。

ハンザスカイ
ふと思ったんだけど両校共に顧問はどうしたんだろう。

任侠姫レイラ
キッド、ダメじゃないか。プロレスはさ……ちゃんと受けないと!

それはそれとして、学生レイラには付き合いを求め、レスラーの方のレイラには婚姻を求めたのはどういうことだろう。
プロレスラーとしてのレイラに惚れ込んだ、レイラの正体にも気づいた上での行為なら、なかなかの良い男だ。

そうでなかったら、なるほど、ただのYARITINNじゃねーの。

範馬刃牙
朝からサンマはニオイが残りそうだから、朝喰うならシャケだなぁ。
というか、朝から魚は食べないな。山盛りキャベツは喰いたい。

シャドーが外にも出ちまうなんてうっかりえろ妄想も出来ないなぁ。
まぁ、梢がいるからいいのか。

聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話
男子屈辱の!! 調☆教☆TIME!!
ここにきてパンドラ様大ハッスル、初期の面影の微塵もないショタチェシャといきなりのえろす展開におののく。
今はパンドラが頑張っているけど、基本へっぽこだから、次であっさり攻守逆転してそうな感じがするぜ! ついでにチェシャにも攻められる。誰か、そういう同人誌を作りやがれ。

と、凄まじく次号が気になるナガレだが、次回は取材のため休載。って、なんの取材だ、なんの!

みつどもえ
本編よりもキャラ表で宮下の名前が吉岡になっている方が笑えた。
おいしい、おいしいよ、吉岡さん!
後、草次郎ってかなり大きいんだなー。千葉氏も佐藤と同じぐらいかと思ってた。松岡さんはスタイルいい!

侵略! イカ娘
この手の良い話は最後、イカ娘に不幸があるのだけど、今回はそれもなく。
感動した!

木曜日のフルット
そういえばいたな、富竹さん……。他にももう一人いたような気がしたが、名前と面が思い出せないぜ。
ところで、そろそろ単行本のページは貯まりましたかのう。

はみどる!
フラれてムシャクシャしたからといって、子供を押しのけて風船をもらいに行く男っているのだろうか。というか、引き下がるの早いな、男。物分かりいいな。
かすみさんのツンデレセリフまでセンスが古代! このへんのキャラ付けは徹底してるなぁ。

魚屋レジェンド スーパーバイトJ
お前も頑張れ! って、編集は荒北かよ!
コジマさん好きな俺には得な内容でした。いや、内容的にはコジマかわいいよコジマ、なんだけど。

ナンバ デッドエンド
グリグラは剛のところにいくまでに誰かがケリつけてくれるといいなぁ。
兄ちゃんや今まで剛が倒して改心させた奴(広島のハゲ除く)とかならなお燃えるのだが。コーイチとか。

釣り屋ナガレ
孤児院にいそうな悲劇のヒロイン的な子かー。難しい問題ではあるだろうが、エアガンをあんな風に使うのは許せぬ! 愛のビンタだ! ビンタ!
ところで、この展開でどう釣りを絡めるんだろう。

ギャンブルフィッシュ
水の中であんな風に使ってたら札がふやけて破けちゃいそうだよぅ。

次号予告
巻頭カラーはみつどもえ。声優発表というスーパーサプライズだーーー(棒読み)。
イカ娘の方にもアニメ情報有り。

読み切り、中村哲「ぷちワル」。なんだか少しレトロなデザインの娘達だ……。

ミッチェル田中先生の美少女探訪も続けて掲載。でも、内容が小池里奈第三弾って、お前……。
チャンピオンガールの人とかにはいかねーのかよ!

アンケート
シュガーレス、ケルベロスに投票。後、もう一つは忘れました。バチバチか、バイトに入れた記憶があるのだけど。

今回は面白くなかった作品を三つ選ぶ項目もあって、色々と邪推などしてみたり。
もちろん、ちゃんと三作選びましたよ。
作品名を書くとなぜつまらないと思っているのかの理由も必要になるので、そこの部分はヒミツ☆
げぇー、カラーが新キャラ!!

三田はマリモを引き戻しにきたのでなく、会いにきただけかー。
まぁ、マリモが渇いているようなら、再度チームに引き戻そうとしたり、今のチームの事も話したのだろうけど。
チームエクレアがほのぼのしていてびっくりだ。マリモも昔から読者の知っているマリモだった。

周りに人が集まるなんて、何だか主人公みたーい。……がっくん、もっと頑張れよ!

チームが出てくると途端に普通の不良漫画っぽくなるなぁ。それだけ九島の環境が外(一般的な不良の世界)と比べて変わっているのだろうけど。
ただ、それでも仄かに香る細川テイスト! 花瓶のくだりやエクレア命名のあたりとか。
エクレア=稲妻、というのはチョコレート戦争で見た。エクレール。クリームが溢れるから稲妻のように早く食えってやつ。

チームエクレアの様子からして、シャケと意味なく交戦するとは思えないのでこれに関しても嘉上が絡んでいそうだ。
でもって、ニュー・エクレア(コンビニの新商品みたい)は嘉上の方針なのか、やたらと名前を披露したがる(マリモのエクレアはバスにすら名前が書いていない)。
ビルの外どころかバットにもチーム名が書いてあるなんて。正直、その方針は格好悪い(ダサい)。

どんなキャラですらも倒すことが出来る(ただし、不良漫画に限る)走行中にバットぶち当てというヒラオリですらやらない凶行に出るエクレア。
三田の仇を兼ねてマリモ出陣、それに合わせて三人もついてくる……という形になるのだろうか。ただ、卜部とシロがついてくる理由があんまり無いのが困る。
岳はまぁ、ほら、主人公だし。主人公だし!(大事な事)

単行本宣伝も兼ねてのカラーと掲載位置なのだろうが、そのうちにこの待遇が定期的に与えられるといいなぁ。
この才能は絶対に評価されるべきだと思うのですよ。
巻頭カラー祭り、第二弾。
連載開始時のカラーよりもずっと良くなってるなぁ。祈たんのボディラインがえろくてたまんない。

サブタイは仇喰が求める仇が崩や狗骸でないことをはっきり示している。

本編。
超シンプルなどつきあいながらも燃える展開だ。いや、シンプルだからこそ燃えられるのか!
世々さんが通じなかった仇喰にもガンガンダメージを与えられるところを見るに、やっぱり墓守になると霊力やら身体能力の増加がすさまじいんだなー。

そして、気になっていた仇喰過去編。
墓所を必要としない狗骸をなぜ生成する必要があるのか、そもそも狗骸は人が作るものなのか、とまた新たな疑問がぽつぽつ。
祈もあの様子だと狗骸を宿しているのだろうか。不完全ながらも狗骸持ちが三人出揃った……のか?

8体の崩もそうだが、最終目標が何なのか、少しだけわかったような気がする回だった。電話BOXの二人はその組織(?)側の人間だったりして。
仇喰……霧島は仲間になりそうな気もするし、妹をかばって死ぬような気もするなぁ。
猫崩が祈を襲い、それをかばって……とか。久々登場の金屋さんがどこで誰と絡むのかも気になる。

景が打ち負けたのは怪我もそうだが、リーチ的な意味もありそうな……飲もう、牛乳。
フクイタクミ先生は週刊少年チャンピオンでデビュー。
デビュー作は「ジョギリ屋ジョーがやってくる」。一話完結の都市伝説的伝奇漫画で、ちょっぴりのグロさとイジメられる女の子が良く出てくる作品。

そんな前作のニオイを少し残しつつ、妖怪退治という少年誌的王道路線に踏み切ったのが今作・ケルベロス。


主人公・十三塚景は決して強くはないが、人を助けることが出来る少年だった。
殴らないと許せない奴は一発でも殴ってやらないと気がすまない少年だった。
しかし、彼は強さを求めているわけではなかった。

ある日、幼馴染の鶴原友恵と旧校舎の奥深くへ探索に行くことに。
無数の鳥居を抜け、扉を開けたその先には封印された化け物たちが……。
そのうちの一匹に景達は為す術もなくやられる。

そんな景へ語りかける新たなる化け物。
幼馴染を助けるため、殴らなきゃならない奴を殴るため、景は強さを求めた。


チャンピオンのバトルファンタジー漫画というのはスタート段階で躓くことが多くて、どうにもこうにもエンジンかかる前に終了の足音が聞こえてきちゃう作品ばかりだったけれど、今作は舞台設定を現代日本にすることで説明を極力省きドラマとキャラクター面に重きを置いているところが評価できるところ。

また、この手の相棒が異能物は得てして相棒上位になりがちだけれど、そういうわけでなく、互いに互いが共存し合っているところがグッド。
最新話では、さらに二人の関係が近づいていてニヤリと。 ニヤリと!

力を手に入れたばかりに、性格が変わってしまうこともなく、自らの手でやるべき事は自らの手で。
敵を倒すのなら相棒と二人三脚。
力の使い方を決して間違えない、強さを履き違えない主人公に胸が熱くなる。

s181.jpg

どれだけ力を得ても、どんな状況にあっても、助けられるものは助ける。主人公にブレは無い。

脇をかためるヒロイン達もしっかりとした物を持っていて(見た目的な意味でも)、絵柄の印象以上にどっしりとした作品。
小手先の描写だけに頼ること無く、王道をしっかりと見せてくれるところが嬉しい。

少し粗い絵柄だけれども、迫力が損なわれているわけでもないので、そこは問題無しか。
提示させられた敵は全部で8体、そのうちの2体を倒し、イレギュラーが登場したところで幕、と単行本単位の構成も良く出来ているところがなお嬉しい。

おまけ漫画は4P。主人公と各ヒロインの3サイズが掲載、体重がヒ・ミ・ツ、でないところがありがたい!

各話ごとの感想はここから

画像の出典:【ケルベロス 1巻】フクイタクミ 秋田書店 週刊少年チャンピオン

細川雅巳先生は星のブンガというファンタジーアクション漫画で週刊少年チャンピオンからデビュー。
この作品は単行本1巻発売後に打ち切り(続刊出ず)。その後、ギャグ漫画フンドシ守護霊を掲載(非単行本化)、連載終了後、しばらく後に読み切りで埋葬虫という作品を掲載。
いわゆる不遇作家の部類に入る方なのだけど、印象に残る台詞回しと世界観を持った作家。

そんな細川先生が四作目に発表した今作「シュガーレス」。
ジャンルは……ヤンキー漫画。誰が強いの、学校最強は誰だの、ってアレ。

そんな独特の世界観を持つ作家が、テンプレちっくなヤンキー漫画なんて描いたら埋もれちゃうんじゃないのかとも思われるだろうが、決してそんな事は無かった。
細川雅巳はどこまでも細川雅巳だった。


主人公・椎葉岳は中学生の時に初めて人を殴った。
その時に確信した。自分は動物だと。

動物ならば頂点に立ちたい。単純に強さを示したい。自分を誇示したい。
九島高校の頂点に掲げられた巨大な旗。高校最強の名前を載せる旗。
その旗をつかんでやりたいと、岳は思った。いや、岳だけではない。九島の生徒のほとんどがそう思っていた。

そんな九島において、唯一「テッペンに興味がない」と言い放つ巨漢・丸母タイジ。
少し対照的な二人が出会った時、目の前に九島の頂点が現れ……「ケンカ」が始まった!


舞台設定に大きな目新しさは無い。
ヤンキー漫画の設定なんてだいたいがそんなものだし、ハズレすぎても受けないだろう。

しかし、上述したとおり、この漫画は没個性ヤンキー漫画でなく、間違いなく細川雅巳の描いたヤンキー漫画と断言できる。
そう思う要素は前三作にも見られた台詞回しとキャラクターである。

s179.jpg

主人公の岳に対して二年生が言い放ったセリフ。
普通、こんな発言する不良はいない。どことなく詩的な表現。

s178.jpg

九島の頂点に対し、メインキャラである丸母タイジが言い放ったセリフ。巨漢ヤンキー=バカ、の図式を覆すかのような発言。
このように少し知的な、それでいて、鼻につく感じがしない独特の台詞回しが細川作品のキモ。
良くいえば名言、悪く言えば少々かっこつけ感が漂っているのだけれど、脳にググイッと入ってくる言葉のオンパレード。

そして、何よりも印象的なのが九島の頂点であり、目指すべき存在「荒巻至」(通称:シャケ)が言った一言。

「誠実にケンカして1番強い奴が頂点を取る」

一対多数の暴力なんていらない。俺とお前のどちらが強いで殴り合う。小細工なしに殴り合う。
最後に立っていた強くて純粋で、一番誠実なやつが頂点だ!
従来のヤンキー漫画設定でありながらも、こうした強い信念と熱さを秘めた奴等の喧嘩は見ていて清々しくもある。

作中人物達を見習い、誠実に純粋に楽しむべき作品である。

※喧嘩という非日常ばかりの一巻だが、今後、生活感ある日常描写も入るので心配はいらない
本ブログのシュガーレス感想はここから

画像の出典:【シュガーレス 1巻】細川雅巳 秋田書店 週刊少年チャンピオン


・ケルベロス表紙かと思ったらバキがにやついていた。……てめぇ、本編に出てないくせに。
・二週間ぶりのチャンピオン、クンクンスースースーハァァァァァハアァァハ-。
・まんが賞途中通過、見知った名前もちらほら。今回はどんな作品が来るだろうか……。

ブラックジャック創作秘話(読み切り)
手塚先生伝説と思いきや、壁村編集長奇人伝も入っていたでござる。ベランダに飛び移るところで不覚にも笑った。
何が起こっても不思議じゃねぇ、ってアレですか。火とか点けちゃうんですか!

改めて作画が吉本先生で良かったなぁ、と思う。汚な凄くて泥臭くて……良い。
このまま定期的に掲載して、単行本化して欲しいものです。絶対、これ売れるって。みんな、手塚先生大好きじゃん。

バチバチ
お、同じタイプのRIKISI……!
熱いけれど、後々に響きそうでハラハラする取組だなぁ。

ANGEL VOICE
い、いや、今聞きたいんだけど、その話……。
誰も聞いてなくてもいいからブツブツしゃべっていてくれないだろうか。

弱虫ペダル
こ、これはつわ……ああ、違いますかそうですね。
それと東堂くんが残念イケメンすぎて吹いた。

ハンザスカイ
空手漫画っつうと、だいたいフルコンだと思うのだけど、今作は防具付きなんだよねー。
そこのところが新鮮で珍しい。

峰岸も高校から空手を始めたっぽいが、随分と早く黒帯を取るのが早かったんだな。
過去のあれこれが半座と被るところがありそうで、良いライバルになってくれるかも。

任侠姫レイラ
最後の少年が北の切り札……なのだろうか。
俺もレイラたんと放課後の個人授業をしたいです。

観客の湧きっぷりが見ていて気持ち良い。後、足りないのはあれだ、技名だ! ちょっと恥ずかし目な感じの技名が欲しい!

範馬刃牙
最低でもアライ以上じゃないと烈には勝てないと思うのだけど、いるのかな。
裏世界とかならいるのかなぁ。
何で俺まで、とは仰るけれど、良い体験が出来そうじゃないか。

聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話
輝火の余韻をぶち壊す痴女であった。
この人、出るたびに服装が残念になっていくよね……。それが良いのだけど、部下からはからかわれていそうだ。

みつどもえ
よくあさ、のコマが妙に笑える。
うんこし終わったみたいじゃん、いや、実際そう狙っているのだろうけど!
淫夢の森を買えた時点で 吉岡<岳 の法則が成立している。うんこ眉毛、じゃなくて、ナマコ眉毛……恐ろしい子。

アニメのキャラデザ、僕らの宮の下が良い感じだなぁ。
あー、早く、声優発表が気になるなぁ(棒読み)。まぁ、宮宮に関しては本当に気になっているんだけど。

侵略! イカ娘
イカ娘の来世にご期待下さい。

木曜日のフルット
イケメン・美人→無造作ヘア
キモオタ・××→不精

グレースタイルは女性に配慮したブログです。

はみどる!
ちんすこうコメントが伏線になっていたとは……(違います)。
すずのの可愛さが天元突破。あの告白は有りすぎるだろう……! 俺のちんすこうもちんこすう!
かすみは表は清純でありながらも裏は汚れと面白い子だよなぁ。汚れで汚れの某マジシャンは見習えよ!
まぁ、清純といってもパッと見だけど。

二人が出張るとどうにもあかりが活躍できないなぁ。

ツギハギ生徒会
千両ちゃんっておっぱい大きいじゃないか。今まで気付かなかった。
俺、千両ちゃんの方につくわ。

魚屋レジェンド スーパーバイトJ
NJがかっこつけている時、大抵周りにコジマさんがいる件。見抜かれている、見抜かれているよ……!
本編も面白かったけど、煽りのほのぼのカニコーセンやトンボー二巻未発売中、の衝撃が高すぎる。
いや、もう過去のことだから笑えるけど! 笑えるけど!

巻末コメントを見てニヤニヤしつつもバレた時の状況を考えて寒気がした。

ナンバ デッドエンド
前々回、前回で何とかこらえたけど、今回の長谷川先生の涙には涙腺が震えた。
海老沢がこんなところで足を引っ張るとはなぁ。これは、白百合バレも近いな。

クローバー
不良漫画には絶対に出てくるよね、極端な甘党。
おしっこ、べたついてませんか?

釣り屋ナガレ
ゆっくりに、ミクにドアラ……何というニコ厨大会……。
リズのノリの良さっぷりを見て、愛人にするには素晴らしい性格だなぁ、と思いました。汚れてますね。
いやでも、あの肉付きは何というかその素晴らしい。

ギャンブルフィッシュ
テクニックという面では利があった月夜野さんだけど、ジャスミンの登場でついにそれすらも奪われてしまったような気がするぜ……!
間違いなく人工呼吸フラグが立っている。ところで、アヴィって何だかんだで辛勝が多いような。

ジャスミンさん、回復できたのはいいけれど、知らず知らずのうちにロストバージンしちゃってるんだろうなぁ、カワイソス(最低発言)。

次号予告
巻頭カラー、ケルベロス。

BJ企画、第二弾は吉富先生のブラックジャック2010。って、まだBJリーグとコラボってんのかよ!
個人的には足かせになっているような気がするんだよねぇ。

読み切りでミッチェル田中の美少女探訪シリーズ。すっかりレポ漫画家のポジションだ……。

アンケート
シュガーレス、ケルベロス、スーパーバイトに投票。
単行本も無事発売して、今までのまとめをするよー。
そんなおさらい役を担ったのは知謀の男・田中ヒラオリ。って、まさかこいつにこんな役割が与えられるとは。
しかもその解説姿がこれまた似合っている……!

彼には是非とも節目節目に登場して、解説をして欲しいものだ。
この人、何でも知っとるわぁ~~~。

三田実の楊枝を颯爽と払い除けて、反撃に転じようとするあたり、ヘタレじゃないところもうかがえる。それが良い。
後、あれだけの大敗をしたにも関わらず(そのうえ、一度逃げたのに)、仲間もまだついてきている。それが良い。

所変わって、コンビニでは岳がえろい本との攻防を繰り広げていた。
漫画誌を見る振りをしつつ、えろ本へ熱い眼差しを……周囲には悟られてはいけない。えろ本への視線を……。
もうこうなったらがっくんは卜部にえろ本を買ってもらうといいよ! 性癖の違いで激突しても知らん。

多少緩めな展開も入ってきたし、キャラに深みも出てきたしで土台作りがようやく出来てきた感じ。
後は、長期連載に向けて走り……出して欲しいなぁ。

昔の云々入るあたり、三田はマリモの旧友なのだろうなぁ。
主人公のライバルキャラには付き物だよね、旧友は。
反対に主人公の背景は案外にシンプルなもの。少なくとも私の知っている不良漫画はそんな感じ。

しかし、九島の制服はバリエーションありすぎだろ……。卜部が着ているのは指定のジャージなのかな。
ヒラオリのは間違いなく正装だろうけど。
こうしてみると、一番フリーダムな服装をしているのはマリモなんだなぁ。岳もなんだかんだでシャツにネクタイしているし。

日常描写が入ってきたついでに、彼らの私服も見たくなってきた。卜部の私服は、ペダルでいう今泉くんタイプだと思うのだがどうだろう。

住居崩壊(世々さんの)。
典如を動かしつつも仇喰はアクションできるわけで、景の心身一体の戦い方とは一線を画す。
タイマンでは景で、複数の相手とヤル時は仇喰STYLEが良いだろうねぇ。
はっ、なんかこの書き方だと仇ちゃん仲間化前提みたいだな。いや、でも、今週の仇喰たんは年相応な子になってたと思うんです。気に入らねぇんだよ! とか。

雪房のような異形系相棒は、得てして非情なものなのだけど、その点雪房は血が通いに通っている。
それが今作の魅力だと思うのです。暗くて黒くて、でも、ちょっとだけ暖かい世界とキャラ達。

だからこそ、雪房は今回の戦いが終わったら景に全てを話す必要があるだろう。
や、こまけぇこたぁいいんだよ! と最初に突っぱねたのは景だけど(一話参照、覚えてない人は単行本を買おう!)。後から聞くって、どんだけ後回しにしてんだ!?

お腕が吹き飛んで痛がる景が素晴らしくS心をくすぐる。
後、今更だけど、仇喰の蹴りを受け止めた友恵はやっぱりすごい。流石は60オーバー……!
・表紙、いちばんうしろの大魔王。カッコよくて可愛い良い表紙!
・今月のふらんちゃんは少し難解で理解に困った。
書きかけですがずっと更新しないのもアレなので少しうp。残りは後で追記かな。やったお。

デビルマン対ゲッターロボ(新連載)
永井豪、新連載。
永井豪先生の少年心は色褪せないなあ。先生がワクワクして描いているから、こっちも見ていて楽しいぜ!

ベクター・ケースファイル(最終回)
こちらも最終回。
123同様に、少年誌的な面白さをしっかりと持った作品だっただけにここでの終了は少し惜しい!
とはいえ、スピンオフ元の作品であるサイカチが1巻で終わったに対しこちらは10巻と二桁達成なのだから上出来も良いところ!

稲穂の成長というテーマもしっかりと描ききっていた。
しかし、最後に彼女がやった事が思春期特有の症状の治療というのは……いや、この作品らしいけど!
最後に選んだ虫がポピュラーな働きアリというのもなんだか良かった。

グリーンプラネット関連がまだ謎のままだが、それはまあ、今度の作品で書かればいいのかなあ。

次回作開始もすぐのようなので、一安心。
ひとまず両先生方、お疲れ様でした。

ちぇんじ123(最終回)
最終回!
最後に子供三人生まれていたのには泣いた、ベタだけどこういうのはすごく好き。
ここが抜群に面白い、でなく毎回毎回安定して面白い、REDには貴重な少年誌的作品だったなあ。

両先生方、お疲れ様でした。

真マジンガーZERO
やっぱり世界は滅んでいた……のか。
今までミネルヴァが廻ってきた世界と同じことになる可能性も出てきたかも。

増殖少女プラナちゃん
前号のフィギュアの件から薄々思っていたが、お友達は腐成分も持ち合わせていたとは…
というかデパートでそんなイベントやるのか! いやあ、にしてもプラナもりんねも可愛いなあ。
ネタバレ:プラナ可愛い、が認識される日も近いな。

後、ご結婚おめでとうございます~。

鉄のラインバレル
ヴァーダント! しかも眼がある!
しかし、この作品もスケールが大きくなったなぁ、と。

みのりスキャンダル
おっぱい怖い、マジで怖い。
凄まじいまでのえろシチュエーションだよ…いや、えろくないけど。

カラスヤサトシのオタク探訪
読めば読むほど、編集T・Kが存在しているかどうかが気になるなり。
カラスヤ先生、いなくても話作れるな、こりゃ。

聖痕のクェイサー
聖痕のクェイサーの真髄はおっぱい吸いでも中二要素でもなく、サーシャとまふゆのカップルっぷりだと思う。
でも、俺はサーシャ華もありだと思うんだ……。

シグルイ
ついに一話に繋がる……のか。今の藤木だと怪物め! とか言わないような気がするが。
結末はわかっているのだけど、結末通りに描かれない気もしてきた。

ミカるんX
ミカさんキリストさん。
臍矢も何だかんだで地球人より優れてるんだなあ、と(当たり前だが)。

あと、読者コーナーで七宝洞さんの正体にやっと気づいたでござる。
……正直、彼女の事が記憶から消えてた。

人間失格 壊
堀木くん、すっかりクズになってしまって……。
編集の描き方は明らかにモデルいるだろ、と思ってしまうほどだなw

しかし、見れば見るほど引き込まれる作品だ。
背景や周りのモブまでもがオリジナルでおかしい、唯一無二の歪みっぷり!
コロッケお母さん、何で壊れてしもたん。

この才能が漫画界をもっと浸食しますように。

ヨメイロちょいす
いらない子、じゃなくてもえぎ回は少し良い話が多いよね。
まあ、それ以上にバカをやってるのだけど……。
しかしこの淫語ネームの乱発はすごいなぁ、どっからこんな発想が。

どみなのド!
セリフのバカさナンバーワンがヨメイロなら、シチュエーションのバカさナンバーワンがどみな。

いちばんうしろの大魔王
ファーストキッスでディープキスだと……。不二子さんが急に良く思えてきた。
いいんだよ、おっぱい大きければなんだって。

目覚めたら目の前に犬のうんこがあったらやだなぁ。

AI:パト
なんか今月えろい……ぱっつんぱっつんの幼稚園児コスえろい。
くそっ、ロリ巨乳はそこまで得意じゃないのに何だこの感情……!
と思ってたら次回最終回だと! あ、あれ単行本は?

次号予告
新連載、ニトロプラス×廣瀬周×山本賢治「装甲悪鬼村正 鏖」。
また、ニトロかよ! でもって、作画担当がまた廣瀬先生かよ!
とはいえ、絵コンテのヤマケンの四文字に期待せざるを得ないのである。

週刊でも絵コンテやって……いや、週刊は流石にダメか。
フクイタクミ先生とヤマケンのコラボとか見たいんですが。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。