グレースタイル 2010年01月
m9パール
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
・小池里奈は写りが安定しているなぁ。
・ペダル人気投票!

ミッチェル田中の美少女探訪(読み切り)
第二弾。この分だと小池里奈第三弾もあり得るか……!
チャンピオンガールの山口(ry
ところで、ミッチェル先生も結構女の子とか泣かせるの好きだよね。

バチバチ
第一話を思い出させる冒頭。新章が始まった、みたいな感じが出ていていいなぁ。
殴られているけど、読者としては爽快な終わり方でした。田上さんのような人がいると心強いなぁ。ただ、彼は上には上がれないタイプなんだろうな……。

体が固い石川には笑った。村神のセリフはまだかなぁ。

ANGEL VOICE
さくっと快勝できるといいけど……。

弱虫ペダル
巻島さんが興奮して小野田から坂道呼びになっているのがすごく良かった。

さて、人気投票。とりあえず御堂筋、巻島、今泉くんに投票しました。
五位は田所っちだと予想。今泉くんが五位……だったりしないよね……。

ハンザスカイ
こういう形式でシメるなら、最初に仮入部届けを書かせた方がいいな。
番場さんも不安の種顔だなぁ。しかし、体制崩れたところに顔面への突きって鼻の骨折れるんじゃないか。いや、それで済めば良い方かも。

ドカベン スーパースターズ編
岩鬼のキャラの強さは見習いたいよね。

範馬刃牙
前にやった体力テスト編は好きだったから、今回の健康診断編にも期待。
当然、勇次郎の健康診断やってくれるんだろうなぁ!
コレステロールが少し高いですね、とか言われたら笑える。

AL
アルにトラウマがまた一つ、な展開になりそうだ。
牙王はちょーごーまんだわ。パンがなければトリケラを食べればいーじゃない。うわー、ちょーごーまん。

幻仔譚じゃのめ
本当に重傷なのは出流だな。精霊化したときのパーツとはいえ、腕が吹っ飛んだぜ……。
兵梧からもらったアイテムと超パワーアップした邑が大和に大ダメージ→大団円、の流れになりそうな気がする。
光流ママンは影が薄いなぁ。

聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話
輝火がパンドラの服を焼くために出てきたとしか思えない。ていうか、パンドラ様は守り人に触れることすら出来ないんじゃ……。
カリツォーを自力で壊せないような人ですよ?
悪いことを言わないからテンマ達の後ろからこっそりいくんだ。

風が如く
師匠は忍者としては失格なぐらい人格者だぜ。人としては最高だけどな!
しばしまてぇい、で本当に待つ斬鬼さんに笑った。切ることは出来なくても首の骨を折ったりすれば……。組み付いたら危険そうではあるが。

みつどもえ
今週はなんか普通だったな。

侵略! イカ娘
今週はなんか普通だったな。

木曜日のフルット
網に入ったフルットが可愛い。動物の心、人知らず。

ツギハギ生徒会
単行本出るんだね、良かったわ。このノリで怪奇絵巻の単行本も出してください。

ナンバ デッドエンド
店中でも無いし、伍代と大丸もいるんだからボコって乙になりそうなんだけど、何か隠し玉でもあるのかな。

クローズZERO
内藤版芹沢はいいキャラだけど、こういうシーンでは映画並のキャラになってもいいと思う。

クローバー
トモキの出番が多くて良いですね。最後は、ハヤトでしょうがちゃんと行動しているのがいい。

釣り屋ナガレ
初期を思い出させる展開だな。最近は大物フィッシュングバトルみたいな感じだったから。
お嬢をメインに据えてきたのも良い。

ギャンブルフィッシュ
麻雀ルールについての説明があると思ったらさっぱりだぜ!
こんなボクのためにえろシーンをもっともっと増やしてください。

CTC
小野妹子さんの宮下、これは普通に美少女だー! 宮下の新たな一面、再発見!(ゾクセイみたいな煽り)
ズ・ゼさんは優勝おめでとうございます。
 
次号予告
新連載、増田英二「透明人間の作り方」。
センターカラースタート、ってことは短期連載の可能性もあるなぁ。ジャンルはミステリーとあるが作者のことだからギャグ分も入ってくる?

アンケート
シュガーレス、ケルベロス、バチバチに投票。
スポンサーサイト
          _,,..,,,,_
         / ,' 3  `ヽーっ
         l   ⊃ ⌒_つ
          `'ー---‐'''''" 散歩だよ散歩

前評判通りのシャケの強さに痺れる。
鹿嵐くんだって、決して弱いやつでもないだろうに(得意技はパンチなんだろうな)、その彼の全力を受けてかつ腰の入っていないブロウで一撃KOとか……。
外見からしてスピードファイターかと思ったら驚いた。シャオリーとか使ってんのかな。

犬の目のくだりもまた細川節ですねぇ。思った通り、ヤンキー漫画と細川節は中々に噛み合いますね。良いね、良い。

シャケの持っているライターがこれまたシャケで驚いた。
シャケさん、結構ニックネーム気に入っているんだな。名字が荒巻で、シャケの小物ばっかり持っているからシャケって通り名をつけられたんだろうか。
コンビニいってもおにぎりはシャケ、回転ずしでもサーモン、ほも弁でもシャケ弁を頼むのですね、わかります。塩分には気をつけろ!

ズボンの裾を捲くっているのも好印象。いつでも喧嘩できるぜ、という意思の表れ。最近は、腰履きで戦うやつがいて困るわ!
ヘッドホン君は捲りすぎな気もしますけど。

1話と変わらず面白くて満足したけれど、校舎の小ささが非常に気になる。
天井とかすごい低いだろうに……どういうことなんだろう。屋上からそのまま飛び降りれそうだもんなぁ。

学校で頂点を狙うなんてすごく小さいこと、という細川先生の隠れたメッセージだったり……はしないかなぁ。
近くに見えるものってやつは本当はすごく遠くにあるものなんだ、という風にも取れるな。
まぁ、どっちも単なる深読みだけどな!
冒頭のおばちゃんは1話で話に出た怪談好きの古書店のおばさんですね。
怪談好きというだけあって、異変に気づくのも早い。もしかしたら、何かしらの形で景に関わってきたり?

景に心が向いている金屋さんが非常に可愛らしい。
少し儚げでぽわぽわしていて純粋そうで……高身長女性を描くのがうまいのに、ロリもうまいなんてフクイ先生は罪作りです。

いや、しかし、友恵のおっぱいの大きさがマジでやヴぁいですね。
P293、金屋さんの頭よりもおっぱい大きくないですか? 何というビッグバンインパクト……。

それでもって、偽金屋さんのサドっぷりがすごいこと。
リョナられる側だと思ったら、まさかリョナる側に回ってくれるとは……!
にしても、こうしてみると、墓守ってきつい商売だ。腹に穴開けられても途中退場禁止。不死身でも痛いもんは痛い。そのうち、精神の方がイカれてしまいそう。ああ、大変だ。本当に大変。

偽金屋さんが早々に正体をバラしてしまったのは少し残念ですが、景をだまくらかすためにもう一度か二度、あの姿になる展開もありえますな。
崩ならば何をしても許されるんだよな。

今回の敵は百代狸。崩はみんな動物の名前が入るのかな。
月並みな考えですが、虎とか狼とかは強そうだなぁ。
元となった動物の造型が全くわからないのが少しアレなのですが。

金屋さんは予想通り、少し特別な力を持つ人間なので、今回の騒動が終わった後も記憶を消されずに景の理解者となって欲しいところ。
そんでもって、急接近した二人に友恵が慌ててくれれば俺は素敵な気持ちになれると思うのです。


ち◯んこに反応しそうな絵柄なのに、内容のせいでち◯んこが全く反応しないおバカえろ漫画ももう3巻。
3巻では、サクの新たな娘が登場し、カオス度GUNと急上昇。

CA3521PD.jpg

こうしてみると、本当に可愛い絵柄。

なのに……

CAOZILZ4.jpg
CA2XER2Y.jpg

ここまでアッタマ悪い漫画も中々無いですよ。
アニメ・漫画やらのパロディ分もところどころに入り、飽きが全くこない。
一時期あった爆発はないものの、安定した面白さを提供してくれます。

今巻はおまけページも大量にあるので単行本派にも嬉しい。

画像の出典:【ヨメイロちょいす 3巻】tenkla 秋田書店 チャンピオンRED


2009年、チャンピオン読者の心を鷲掴みにした漫画は今作バチバチですが、2010年ブレイクしなければならない漫画もまた今作バチバチだと思います。

3巻は鯉太郎初の取り組みが為される巻。
空流部屋の面々の実力も明らかになり、今後への妄想と期待が膨らみます。

見どころは凶悪なまでのヒールさで魅せる王虎……も捨てがたいですが、精神的に大きく成長した鯉太郎に注目。
観客のヤジや悪意ある視線にも動じなくなった。それどころか、相手の心も感じ取れる大きな人間になってくれました。

P67、土俵で自らを証明したいのは、土俵に生を求めているのは俺だけじゃないと鯉太郎が感じ取るシーンは3巻最高のシーンだと思います。
1巻の頃の鯉太郎を知っていれば特に。

合間合間の笑い部分も緊張感が適度に抜けて良い。
それでもって、そこでも鯉太郎の成長を見ることが出来るのです。


このところ、漫画家漫画というか、まぁ、業界の内側を描く作品が流行っているようで、今作もその流れに乗っかって始められた作品……ではありません!
任侠が漫画家を目指すお話……なのですが、目指しているものは漫画サンデーやゴラクで描いているような漫画家でなく、なんと少女漫画家。

立場の問題を気にしながらも、周りにバレないように熱くシリアスに漫画家を目指す……作品でもなく、要はギャグ漫画。
強烈なまでの乙女心をもった武闘派任侠が漫画家になるために奮闘したり空回ったり。

勢い重視のツッコミほぼ不在のハイテンションギャグ作品、わかりやすくいえばDMCタイプの作品ですが、向こうと違って人を選ぶような作品でなく、万人に読まれるタイプの作品。

8話からは主人公のライバルも出てきてさらに混沌とした内容に。
萌えとかそういうの抜きで純粋なギャグ漫画を読みたい人には、是非とも読んでもらいたい作品ですね。
個人的に好きなのは、第十話。少女に海に連れて行って、と言われて、チャカ輸入に使用している倉庫(海が見える)に連れてくる流れは最高に笑えました。
主人公・香に悪意が全くないのも良い。

関係ないですが、極道と少女漫画というと、立原あゆみ先生を思い出します。
いや、先生は極道漫画と少女漫画畑の人であって、極道やってるわけではないですが。

参考リンク
情報中毒者様
キャまの本屋様
・弱ペダ人気投票とな。御堂筋くんに入れますよー。

バチバチ
鯉太郎がすごく成長しているのがわかる。
環境は人を変えるね。

川口さんの銃は本物なのだろうか……。吽形、元ヤン説が真実味を帯びてきた。

ANGEL VOICE
ここにきてダーティなチームとかかませ臭すぎるだろ……。

弱虫ペダル
尺取虫みたいだな、御堂筋くん。ていうか、マジホラー。マジ不安の種。マジ崩。
聖水とかかけたら絶対苦しがると思うよ、彼。
ていうか、実力差がハンパない感じ。今泉くんとの。

次回は巻東戦か、楽しみ。

ハンザスカイ
おー、サクサク進むねぇ。こういうのを読みたかったんだよ、こういうのを。
ヒロインの性格もまだまだ未熟な感じですね。お互いに成長していってくれると良い。

範馬刃牙
また官邸にいかないかなー、勇次郎。

AL
ちびトリケラの声が節子で脳内再生される件。

聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話
うお、ここにきてひっくり返してきたなぁ……! これは読者も裏切られたと思うよ。
パンドラ派、アローン(ハーデス)派、サーシャ派とみつどもえの戦いになるのかなぁ。
まぁ、パンドラ派はこの場で消滅しそうな勢いだが……どうなるパンドラたん。
というか、ハーデスは毎回毎回依代選びで失敗してるよなぁ。

風が如く
やはり、師匠は死ぬのかなあ……。だとしたら悲しいなあ。

元祖! 浦安鉄筋家族
もう、あんまん食べられない。

みつどもえ
ふたばたんにハグされたので腰が痛い。

侵略! イカ娘
清美ちゃんの乳首ピンポンきたぁぁぁあぁぁぁぁぁぁぁぁぁあぁぁ!
……ふぅ。

木曜日のフルット
ウマいな、今回w
とりあえず、このカレーを持ってジェノプリ世界に特攻してくる。

ナンバ デッドエンド
海老沢さん、こんなんじゃバイト先にいられなくなるわw
グリさんはヤクやっている匂いがぷんぷん。ナンバでこういうラリ系キャラはなかったっけか。

クローバー
敵の一人に旧ハヤトヘアーがいるわ。

釣り屋ナガレ
新展開か……掲載順的に弱い考えしか浮かばない……。
サイン会をやるぐらいには人気あるし、まだ大丈夫だろうとも思うが。
これで高知編も終わりなのかなぁ。

ギャンブルフィッシュ
月夜野さんの痴態は森三中ぐらいの価値しかないな!
真世さんの痴態は大歓迎です。
しかし、友人の生き死にがかかっているはずのにキノコはぶれないな。さすがは獅子堂の生徒。

麻雀のルールがわかんないので、出来るだけえろ大目でおなしゃす!

ギャル番ゲーマー・マリー
漫画にはもうなれたんだけど、文章がツマンナイ……。なんか説明書みたいな感じの文章だ。事務的、機械的。

次号予告
読み切り、ミッチェル田中の美少女探訪問! 今回の美少女は小池里奈……って、また小池里奈かよ!
チャンピオンガールの山口ひかりは何やってるんだ!

アンケート
シュガーレス、ケルベロス、バチバチに投票。
次号はじゃのめが復帰するので迷います。
何度も何度も言って申し訳ないのですが、長身女性に萌えるのですよ。
相方はもちろん低めの男子。この黄金率は全ての創作家に守っていただきたい……。

景と友恵の身長差が素晴らしすぎる。顔がちょうど胸の位置っていうのは黄金中の黄金ですよ。
黄金聖闘士で例えればサガぐらい黄金。これが仮に二人の身長が同じぐらいだったら、デスマスクぐらいの黄金に格下げですよ!

さて。
冒頭で起こしにくる叔母さんも中々に素晴らしい。メガネ、巨乳、スーツと起床のシチュエーションがすでにえろい。
なんかえろいえろい言ってばかりですが、本当にえろいので仕方がないことなのです。
しかもお弁当作ってもらえるとか……なんだよ、これ……景、勝ち組すぎるだろ……もうお前は無限に戦い続けろ。

少し、真面目に話を戻して。
幽霊姉妹が食われたというのには何か意味があったりするのかな?
例え相手が崩という化物であっても人を食うというのは禁忌(雑誌的な意味で)、なので幽霊にしたお、という意味か、はたまた黒くて濁った魂、というセリフを言わせるためなのか……。
もし前者の意味だとしたら結局えろいので何ら意味ねーな!(意味不明)

金屋さんが崩に気がついたのも興味深い。崩の言っていた特別な力を持つ人間……だったりするのだろうか。
これで、黒く濁った魂だから旨そう、というオチだったら……いや、腹黒ちびっ子もアリだな!

雪房が案外、社会に興味があったのが驚きだった。
そのうち、景の知らないような言葉も使い出すかもしれない。それも妙に間違った感じで。
ところで、景はプライベートでも学ランを着なきゃいけないのかなぁ。
九島高校に入学した椎葉岳が不良どもの頂点を……

                 ハ_ハ  
               ('(゚∀゚∩ ねらうよ!
                ヽ  〈 
                 ヽヽ_)


いやはや、中々に意表をつかれた作品でした。
何がって、今までの細川作品と全く違うタイプの作品だったことにです。
ブンガにせよ、フンドシにせよ、埋葬虫にせよ、どこかしらひねったような作品でしたが、今作は全力ストレートな不良漫画。

ストーリーは、学校の頂点を狙う、ただ、それだけ。クローズに代表される不良漫画の王道ですねぇ。
もっとも、ストーリーやキャラの描写が進むにつれ、その目的を達成することがどうでもよくなったり、逆に強まったりもするのでしょうが。

絵柄の方もグッと荒々しいものになっていますね。
キャラ達のアウトロー臭さがすごい。
クローズZEROやクローバーワールドのようなほのぼのしさをこの作品に期待するのは無粋でしょうね。

独特の細川言語が変わらず。
ショートケーキのくだり等は細川先生ならでは、だと思います。
不良漫画って案外ポエム臭いところがあるし、独特の言語感覚がある細川先生には合っているのかも?

それとアクション描写が派手で、その上綺麗。
不良漫画の華ってやっぱり血が飛び散る喧嘩シーンだと思うのですが、これが良く描けている不良漫画ってそこまで多くない。
集団戦でもターン制でボンボコ殴って終わり、なんてザラなんですが、この漫画は一コマの中に動きが詰め込まれていて良い。

例えば、冒頭の喧嘩シーン。一人を倒したと思ったら、もう一人が動いている。
63Pでは、一人を殴ったら、一人が組み付き、後ろにいるもう一人がすでにアクションに入っている。
こういった動きが描けるのは良い!

ラスボスと思われるシャケの登場の仕方も印象的。通り名もねw

その他、気になったところは、椎葉岳のキャラが丸母タイジに負けているところでしょうか。肉体的強さや物事に対する考え方、行動理念全てにおいて丸母が上。
相棒型の不良漫画で、これはちょっと珍しいタイプかも。普通は同等ですからね。

女っ気が期待出来ないところも気になる。こればっかりは不良漫画というジャンルの問題でもありますが。
レディース出せばいいかもしれないけど、暴走族を出張らせるのも学園が舞台としてはどうなんだ、と。
そもそも九島高校が男子校かどうかもわからないですが(十中八九男子校でしょうが)。
とはいえ、どこかで女性キャラは出てくると思います。いくら不良漫画といえ、少年誌でやる以上、異性は欠かせないかと。

後は……ネットで意見を聞く機会が少なそうなところ?
ネットで不良漫画はそこまで騒がれないんですよねぇ。特に漫画好き界隈では。
個人で感想をバリバリ書いている方はいるのですが。
そのあたりは自分自身が新規開拓やらで満足するしかないかな。

とはいえ、一般層への認知には不良漫画というジャンルは非常に適していると思います。

もちろん、不良漫画というだけで売れるほど「甘くない」のは分かりきっていることですが、今作はそれだけのポテンシャルがあると思うので、秋田書店にもガンガン販促をしていって欲しいです。
不良漫画は面白いんだよ、ってね。
ジェノサイド・プリンセス連載終了のお詫び

単行本売上とか人気の問題で打ち切りってことか?
単行本の売上は週チャンマニアクスで見たところ、一巻二巻ともそこまで絶望的な結果でもないように見えるのだが。

人気に関してもクリアファイル(フランケン・ふらんやヨメイロちょいすでもまだなのだ)やらセンターカラー、巻末インタビューの場をもらっていたしで、中堅以上の票は得ているように思えた。

展開に関しても、これからアリマリが窮地に追いやられ、兄とカレーかけられ君の思惑を明かせばいいだろうにで、特に詰まるところは無いように見えたのだが。

まぁ、こんなところで色々書いても、真相には届かないわけだが……楽しみにしていた作品だけに残念。
というか、REDは休載から休止の流れが多すぎるなぁ。風魔の小次郎とかエピソードGとかデッソルバーとかさ……。
好きな雑誌だけど、そこだけは本当に直して欲しいわ……。

いちばんうしろの大魔王は休載しても普通に持ち直したから良かったよ。
s163.jpg

知っている方も多いでしょうが。
太宰治×二ノ瀬泰徳の奇跡のコラボ! コラボというよりは魔改造か? 
古屋兎丸版人間失格をマシンガンで蜂の巣にするかのごとく所業! そもそも生誕101周年ってめでたいのかめでたくないのかわからん!

っと、突っ込みどころ満載なこの企画ですが、作者の二ノ瀬泰徳先生のファンである身としては非常に非常に楽しみ。
なにより、新年最初のトップバッターに二ノ瀬先生が選ばれたことが俺には嬉しい。

ちなみに、作者の二ノ瀬先生はこんな方。
では、2月19日、RED4月号を待て!?

あ、そうそう。次号は二ノ瀬先生のインタビューも載ったりします。
なるか、前回超え。
バチバチ 3巻 佐藤タカヒロ
王虎戦。一巻から変わらずのテンション。毎話毎話これだから、すごいとしか言いようがない。
個別感想予定。

釣り屋ナガレ 4巻 竹下けんじろう
相変わらずおまけページが楽しい。
波夫たんは本当に素晴らしき萌えオヤジだと思う。

ギャンブルフィッシュ 15巻 山根和俊×青山広美
え、もう15巻!
とむくんはすっかり大人しくなりました。キノコはニョッキニョキ。

空手婆娑羅伝 銀二 10巻 野部優美
え、もう10巻!
相変わらずの迫力。空手における乱打戦の痛さ、熱さの迫力をここまで描く作品は中々ない。
伝統空手についての話も今巻にはある。そんでもって、これも良いオチがついていて読んでいて気持ちがいい。

極☆漫 極道漫画道 1巻 横山了一
漫画を極めると読むのでなく、極道の漫画道とそのまんまな作品。
DMC系の力技ギャグ作品。マンガ家マンガじゃねーので、それが見たけりゃ、ジャンプを読めい!
誰が読んでも面白い、つまり、万人向けの良いギャグマンガです。個別感想予定。

エンマ 5巻 ののやまさき×土屋計
人の生死を深く深く描くオムニバスファンタジー。いつのまにかもう5巻。
徐々に徐々に舞台の裏側が見えてきました。

オススメいっぽん!

新規開拓兼ねて。
・ハンザスカイは単独表紙にしてもよかった気がする。

バチバチ
阿形のくそったれ発言は自分自身に対してなんだろうか。
気迫負けした自分に対しての。
しかし、王虎が付き人か……できるのか……? 猛虎さんに惚れる展開なんてのもあったりしてね。惚れるは言い過ぎにしても、認める展開は。

ANGEL VOICE
噛んだw と思ってたらその後のナレーションで寒気がした。
すんごい嫌な予感がする。でもって、この予感はたぶん当たるだろう……な。
ああ……メガネの先生!(違います)

弱虫ペダル
み、み、み、御堂筋だー!
って、なんかもうUMAみたいな登場の仕方だな! モスマンとかの類か!
予想はしていたけれど、彼はどう抑えるか。案内、見逃してくれたり……? 
御堂筋の完全優勝発言も気になるところ。

範馬刃牙
ポッポにとっちゃ、30億なんて鼻紙にもならねーんじゃないだろうか……。
つうかさ、いくら情報制限されてても多少なりとも耳に挟んだりしなかったのかよw

AL
なるほど、牙王は勇次郎的存在なんだな。宇宙のごとく成長する獣。

幻仔譚じゃのめ
すんごいまとめてますね。いや、もう、ほんと、すんごいまとめてる。
出流はもう仲間になってるし、兵梧ももう和解寸前。
というか、陽パパは兵梧をマジで落としていたんだな。彼は神緒の町長になれるんじゃないだろうか。その時は俺も住民票を移します。

次号は休載だそうで。
うーん、終わりが近い作品をわざわざ休載させるのは変じゃないか……。
クライマックスに向かわせるなら勢いを削ぐ事はなかろうに。
ひょっとして、希望はまだあるのだろうか。

聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話
裏であれこれ行われていたことは全部ヨウマのやった事なんだろうな。
この手のキャラは最後までしぶとく生き残るか、惨たらしく死ぬか、だと思うのだけれど、彼はどうなるかねぇ。

風が如く
数ある漫画の中でチェーンソーを本来の目的で使ったものはどれほどあるんだろうなw

元祖! 浦安鉄筋家族
晴郎、結構スペック高いじゃねーか……。

みつどもえ
三十路祭りじゃぁ!
海江田先生は出るたびに可愛くなっているような気がする。これで結婚できないなんて、二次元世界は修羅の国か。

侵略! イカ娘
早苗はぶれない。本当にぶれない。そこが好き。

木曜日のフルット
フルットが埋れているのかと思ったよ。
耳をつけて歩くぐらい、暇でも、自分で雪だるまを作ったりはしないんだろうなぁw

ナンバ デッドエンド
……マジでこういうDQNっているよな……。
でも、ここで剛が手をだしたら個人の問題では済まない。難しいところだ。

クローバー
水沢関係じゃなくて、バイク関係のヤンキーが出てきた。
あれか、バイクぱくったりして売るのか。そうだとすれば、浅ましいよなぁ。

釣り屋ナガレ
最後のコマがすんごく不穏……。まさかあそこで撃たねーよな、コーイチくん。

ギャンブルフィッシュ
阿鼻谷やるには今しかねぇだろ! 覚悟! 
実際殺ってしまったら、多くのあれこれがお蔵入りになってしまうのだけどね。

ギャル番ゲーマー・マリー
4ページで3本紹介は無理があると思うな。
2本目のシレン記事がすんごいテケトーに見えちゃう。

CTC
>遠足が楽しいのは~
確かに行くと大したことないんだよな……シミュレーションしている時が一番だ。何事も。
どうでもいいが、Google日本語入力がシュミレーションを普通に予測変換しやがる……。

次号予告
誠実に喧嘩しようぜ!
新連載、細川雅巳「シュガーレス」!
こちらは個別感想予定!

アンケート
バチバチ、ケルベロス、じゃのめに投票。
一話で描ききれなかったバトル分、完全補給!
墓守の力を手にいれたものの、その力に戸惑い気味の景。

一話ラストで力を求めたものの、本来、彼は強い力が自分には必要ないと考えていた人間であって、前半にはまだ迷いが見えましたね。
仮に一話で景の価値観を描かずに、このように戸惑うシーンを入れたら少し不自然になったのではないかと思います。
一話で不自然なくバトルまでするには景が力を常に求めているタイプ、または弱い自分を変えたいと思っているタイプでないといけなかった(難しかった)でしょう。
そうであるとしたら、余計にテンプレ臭さが増してしまうでしょうし、やはり、景の人物像を描いてからの導入は間違いなかったと思います。

ただ、景は後半、戦いが終わって冷静になったのかどうかはわかりませんが、一応は吹っ切れたと思います。
墓守の仕事以外は自分の力でやりたい。
この言葉に彼の魅力がグッっと詰まっていて良い。

不明だった墓守と崩の関係も判明。
崩は倒せない。墓に封じて柱になるまで待つ。
封じるということは一話のように封が解ける可能性もあるわけで、同じ崩との再戦も考えられそうですね。

また、景自身も墓守、つまり人ならざる者となってしまったわけで、この力を誰かに見られる時、どのような反応があるか。
崩のような化物として見られるか、英雄として見られるか。

能力の対価が無いのが気になったのですが、よく考えてみれば、景は死ぬまで崩と戦い、身を傷つけていくわけで、ある意味ではそれが対価のようなものですね。
言い換えてみれば、対価は人としての人生、でしょうか。
墓守がどれほど生きられるかはわかりませんが、寿命や病気で死なない存在だとしたら、その代償はあまりにも重い。

や、フクイ先生の巻末コメントを見る限り、なんかそんな感じがするので。というか、なぜに第三者風の語り口w

しかし、フクイ先生は本当に女の子を苛めるのが好きだなぁ。
回想で襲われている姫様の嬲り方がアレな事。アレな事。

あ、どうでも良い情報ですが、管理人は一応リョナ好きです。
ですが、リョナによる射精はしないので悪しからず。
喧嘩の場に居場所を見出す男・半座龍之介。
しかし、喧嘩でついてくる仲間は彼の求める仲間ではなかった。

普通の生活がしたい。普通の恋がしたい。

そう思った彼は高校入学を機に逆高校デビュー。
しかし、半座龍之介という珍しい名前、喧嘩っ早い性質が災いしてしまい、彼の高校生活は今まで通りのものとなる……予定だった。

龍之介の目の前に現れた少女・藤木穂波。
彼女は、龍之介の持っている価値観を根底から叩き割った。そうして、龍之介は落ちた。恋に。


不良が経験者にフルボッコされて、その人個人に、そしてその人がやっている物に興味を持つ、という王道展開。
同じ題材を扱っている月刊の銀二もそんな感じですからね。序盤の展開はやや違えど。

一話目で主人公・ヒロインの人となり、動機づけ、これからの展開の展望全てを描ききった見事な第一話だったと思います。
思えば、前作はそのあたりが良く出来ていなかった。まぁ、それは終わったこと。

佐渡川先生自身が経験者なだけにアクション部分がすごく自然。
見開きの飛び足刀なんかすんごいキレイに描かれてますね。

この分なら血汗乱れる乱打戦の迫力も問題なく描けそう。いや、必要以上に描いてくれるはず!
ただ、龍之介は穂波に興味を持ったものの、空手自体にはまだ興味を持っていないんですよねぇ。
そのあたりの過程も含めて、第二話が今から楽しみです。

ハンザスカイがエンジェルボイス、弱虫ペダル、バチバチに次ぐスポーツ漫画四天王になれるか。
なれる。なれるのだ。

・また表紙が刃牙か。また表紙が刃牙か。
・刃牙カレンダー、ゲバルよりも烈さんとかのが良くないか、人気的にも。

ケルベロス(新連載)
何、鶴原さんのおっぱいを下から支えてやりたいだと……。
そんな危険なことを親愛なる君たちにやらせるわけにはいかない、ここは俺に任せろ!
(書くことが無くなったのでネタ文で濁す)

ギャル番ゲーマー・マリー(新連載)
電遊日記に代わっての新企画。
漫画は結路いさと先生。自社の新人さんのようです。
とりあえずは様子見……かな。まぁ、10回も読めば馴れるでしょう。絵は見やすくて良いです。

出陣!! 武将頭高校排球軍(最終回)
試合終了と連載終了、どっちにもかかってましたー。
まだ入学していない、というオチには笑った。入り口にすら立ってなかったとかw
ギャグ設定でありながら、ギャグにいかず、スポ根したのには良かったなー。おおっ、と思うセリフもあったし。

二部をやるなら、さらにギャグを減らして、登場人物のビジュアルをさらに濃くして、やってみて欲しい。
こういうのは味付け濃くてナンボだと思うんで。

このまま終了は勿体無いので、春か夏にでも帰ってきてくれることを祈ります。
ひとまずお疲れ様でした。

バチバチ
虎城親方、親方としてもダメ人間じゃねーか!
こっち方面ではそれなりに大物、かと思ってたのに。
先週までは阿形側でしたが、今週は猛虎側につかざるを得ないような感じ、猛虎さん、ええ男や。
部屋の移籍とかができたらいーのにね。実際は部屋が潰れない限りは出来ないようですが。

ANGEL VOICE
ヒロナオさんもかっけぇわぁ。これで、怒剣は無敵になる。

弱虫ペダル
巻島先輩か(ry
それにしても、東堂は巻ちゃん巻ちゃん言い過ぎだろう、これは疑われてもおかしくないレベル。いいぞ、もっと言え。
巻島さんが追いついてきたらすんごい良い表情するんだろうなぁw

範馬刃牙
まぁ、うん、納得しているならそれでいいんじゃないか。
さぁ、勇次郎とヤる準備に入るんだ。今のままじゃ絶対無理だけど。

AL
うお、展開はえー。
この分だと再来週には牙王との再戦になってそうだ。
そんでもって、アルの戦う理由がもう一つ増える、と。

幻仔譚じゃのめ
なにこの展開! ちょっとまって、何このTENKAI!
明らかにまとめに入っているとしか思えないような……いやいや、でも、これを乗り越えればかなりの安定ラインに達するような……いやでも……むぉー。

それにしても父子でもぺろぺろとはやることがすごいな。近親相姦の極地やで。
返す刀で妹もぺろぺろ。大和は近親するために生まれてきたような男です。

陽パパがやられてしまったのは地味にショックでした。志田パパを堕としてくれると思ったのに。
実際、もう一押しでしたが。

聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話
あ、やっぱり、冥衣着るんだ。そりゃそうか。
そういえば、メフィストフェレスは原作には出てこないんですよねぇ。かなり、おいしいポジションにも関わらず。
このへんの説明もしっかり入れないといけないのか、難しそうだ。

風が如く
斬鬼さん、またころっと負けそうな気がするのは気のせいか。
インフレが進んだら「おい、汚いから片付けておけよ、そのボロクズを」とか言われてそうな雰囲気が。

みつどもえ
ふたばの掘り下げ回というか、今までになかった雰囲気の回というか。あー、ふたばかわいいなあ。

侵略! イカ娘
メタネタをこの作品で見るとは! 番外編ならまだしも。
面白かったです。

木曜日のフルット
フルットは猫というよりもフルットという新種にしか思えない。
常時、のろい6回積みみたいなニブさ。

クローズZERO
おおぅ、拳さん……。

クローバー
この作品の日常描写のウマさは異常。
バイクには乗らないだろうと思っていたのに、欲しくなってきちゃったじゃないか。
さて、ここからどうヤンキー展開にもっていくか。妥当なところでは、「おい、俺の女に何手を出してんだ」みたいな感じですかね。
美人局的な意味ではなく、迷惑な男登場という感じで。まぁ、そんなんせずに甘酸っぱい展開がずっと続いてもいーんですけどね。

釣り屋ナガレ
跳弾の知っている兄ちゃんにたまげた。それとも割とポピュラーな知識なのかな。

ギャンブルフィッシュ
五反田のイメクラ、なんてセリフが少年誌で読めるとは! ていうか、政財界のエリートがいう言葉じゃねぇ! 性財界の間違いだったんじゃねぇの。
いや、つうか、人質全部が味方サイドなんて、素晴らしく酷い展開だ(ホメ言葉)。
敵に全くダメージがねぇ。これぞ、逆境。

次号予告
新連載、佐渡川準「ハンザスカイ」!
さぁ、注目度ナンバーワンと思われる今作。チャンピオンの若武者はどういった戦術でくるのか!

アンケート
ケルベロス、じゃのめ、ALに投票……したような(忘れた)。
複製原画はケルベロスにしました。じゃのめも捨てがたいのですが……。
色んなところで書きましたが、100万ヒットしてました。
当初からの一応の目標であったので、嬉しいです。

HPでチャンピオンの感想を書き始めて、そんでもって、ブログに移行してから合計で4年ちょいぐらいでしょうか。
それなりに長かったような短かったような。

出会いもあったし、別れも結構ありました。

当初は三年続けば上の上と思っていたんですが、ここまで続けられて良かったです。
終わりみたいな書き方ですが、グレースタイルはもうちっとだけ続くんじゃ。

これからもよろしくお願いします。
十三塚景に強い力は必要なかった。ただ、誰かを助けられれば良かった。
今日も今日とて、誰かを助けるだけの負け喧嘩三昧。

そんなある日、景は旧校舎に伝わる奇妙な噂を聞く。
元処刑場、神隠し、化物の住処……。

幼馴染み・鶴原友恵とその友人と共に諸用を片付けるために、旧校舎へ入った景。
そこで彼は日頃から耳にしていたある音を聞く。祭りの太鼓のような……体に響く奇妙な音。

音の正体を確かめるために旧校舎を探索する景……と、後からついてきた鶴原友恵。

旧校舎の壁の向こう……暗く長く、奇妙な音が響く先。
二人の目の前に広がる鳥居。鳥居。鳥居。大きな扉。

その扉が開いとき、多くの化物が飛び出した。
化物に吹き飛ばされる景。捕まる友恵。
友恵を助けるため、景は初めて力を欲した。

願いに応えたのはもう一体の化物。
化物は景に戦う力を、墓守としての力を与えた。



デビュー作「ジョギリ屋ジョーがやって来る」でチャンピオン読者の心をジョギッとぶった斬ったあのフクイタクミ先生が帰ってまいりました。

似たような路線の作品でくるかと思ったら、まさかの王道路線に転換でたまげる。
異能契約退魔物語……似た作品をあげるとすればうしおととらでしょうか。
うしとらをあまり読んだことがない自分が言うのもなんですが。

景が力を欲する流れが非常に熱いですね。どうもならない、でも、覆したい。
弱者が力を欲する、ということはこういう事だ、というフクイ先生のメッセージ。

緊急時に二人の呼び名が昔の時に戻る、というのもいいですね。
絵でもなく、長ったらしい説明でもなく、簡潔にそれでいてわかりやすく、二人の仲の深さを説明できる表現。

唯一残念なところは、一話目で敵を倒すところまでいけなかった、アクションシーンを入れられなかったこと。
ただ、それを入れるとすると、日常や景の強さへの価値観を入れきれるかが問題になってくるんですよねぇ。正解は無い。

後、非常に個人的な事で恐縮なんですが、ワタクシ、背の高い女の子が大好きでしてね、ええ。
それでいて地味目で巨乳で表情豊かで……幼馴染みで……。
ゾクセイのフルコースじゃないですか。俺得もいいところだ、こらぁ!

つうか、おっぱいバルンバルンじゃないですかー。やべぇよ、どんだけ重力にアンチしているの、あの物体。松山せいじ先生のアシをしていただけはありますね!

さて、少し冷静になっておっぱい。
二話目は重厚なアクションシーンが入ると思われますが、やはり、気になるのは狗骸「雪房」の能力ですね。
単純に力だけを与える存在なのか(今のところは簡単な変身能力だけですが)、それとも……能力を使うにあたる対価も気になるところ。
そもそも「墓守」とは何なのか。そのあたりの部分も少しはわかるといいですね。

化物共は普段は実体を持たない存在のようなので、大事な人に化物が乗り移って(崩が言うところの体を作る)……なんてダークな展開もあるとさらに面白そうです。俺得です。

一話にしては絵が粗いことが気がかりですが、それ以外は超高水準。新年一発目に相応しいモンを見せてくれました。感謝。
いや、しかし、フクイ先生は可愛い女の子を苦悶させるのが好きですねぇ。51Pの友恵なんてムチャクチャ魂入ってますよ。
王道路線で上手く隠せているようで隠せていないこの情熱!!

舞台を現代にしたのも良いと思います。今までやってきたハイ・ファンタジーと違い、ロー・ファンタジー。
世界観の説明をだいぶ省けますからね、これは正しい。


ケルベロスは、チャンピオンファンタジー氷河期を飲み尽くす闇となれるのか。
今から楽しみでなりません。
・まだやってませんよね。
・表紙はマジンガー。少年漫画雑誌ぽい
・谷口悟朗コラムが最近面白い。今週は特に。ラインバレル、スパロボに出るといーなぁ。ガンソが出たスパロボはまだやってない……たしか、ガンソ勢が強いんですよねー。やりたいな。

聖痕のクェイサー
困った時のカーチャ様。
アニメでも一番人気出そうな気がしますね。ロリは正義だよ。

真マジンガーZERO
新ジャンル:ロボ萌え美少女ロボ。
ミネルバさんに超合金マジンガーを与えたらホイホイついてくるに違いない!

フランケン・ふらん
つまり、ミカさんは服を着ろ、と。
え? そういうことじゃないんですか、網元さん。

ミカるんX
おまんじゅう工場、おまんじゅう工場じゃないか!

どみなのド!
また、プロレス形式で勝負するのかしら。
何にせよ武の股間に電流が流れるのは確定ですね。

ヨメイロちょいす
今週もキてました。というかさ、ザーメン、言いたかっただけちゃうんかと。
使いどころが難しそうな新キャラですが、天才女子高生tenkla先生なら何事もなかったかのごとく、再登場させるでしょうね。
クーゲルシュライバーのカッコ良さには同意。ドイツ語ってなんであんなに惹きつけられるんでせう。

ちぇんじ123
ひぃ、終わりそうでこわいわ。でも、もう10巻以上もやってるのね。
でも、終わる前にひびきのフィギュアを付けてあげてください。

ひみchuの文子さま
マイティ・ハートの企画の時に零描いてもらった事、思い出したわぁ。
しかし、この雑誌でこのネタをやるとは……。
だが、26歳妹の魅力がわからんやつにオタキングの称号はやれんなぁ!

雲の上の首切り姫(読み切り)
舐めさせる展開が少し唐突だし、内容もちょっとわかりづらかったけど、久々のオリジナルが見れて良かったです。
何度も言うけど、廣瀬先生にはえろこめを描かせろ、と。この絵なら売れるだろ、ずっこんばっこんと売れるだろ、と。

ペンギン娘MAX
そうか、終わりか……。ペンギン娘エクストリームとかそういうオチは無しですよ?

すくすく保健体育(読み切り)
なんかあれだ、MF文庫っぽい!
あ、でも、今回の読み切り陣では文句なしに一番です。つうか、この手のは好みです。
何気にRED初めてなんですね。

ベクター・ケースファイル
リオックきたよーリオック。ハムスターまで殺っちまうんですね……強すぎるだろ、リオック。
ポケモンで出たら確実に強ポケですね! タイプは虫単で。

飼育できないなら、責任持って云々というのには同意です。虫に限った事じゃないよ!
しかし、グリプラ関連はどうオチをつけるんだろうなぁ。

開花させてアゲル
西臣先生もRED初めて……だと。いかんな、いちごとごっちゃになってるぞ、俺。
シリウスのデザインはもっとファンタジー臭くても良いと思いました。

次号予告
おっぱいフィギュアがつくでおっぱい。
略してちょむか。
第二回をやるかどうかは未定。


今作はカードを扱った作品、とはいうものの、遊戯王のようなカードによるバトル作品ではなく、カードに封印されたモンスターを召喚して戦うバトル作品。
カードというよりはどちらかといえばポケモンの形式に近いか。

じゃあ、カードじゃなくて札とかデバイスとかでもいいんじゃね、と思うのだが、タイアップ企画の一環だったのでこれも止む無し。
なお、タイアップ企画は何事もなかったかのごとく自然消滅。なんじゃそりゃぁ!

とはいえ、一応はブロッコリーが関わった企画であり、そうそうはっちゃけた事はできないはず……と高を括ってはいけない。
……いや、侮っていたのは当時の自分だったかもしれない。

第一話からジェットコースターのようなスピード感溢れる展開、牛一頭捉えて串ぶっ刺してそのまんま焼いているような大味なストーリー、気を抜けば一瞬で合い挽き肉になる登場人物達。
エロ! グロ! エロ! グロ! グロ! 断面図! バイオレンス!
山本賢治が作りなれた作品の空気がそこにあった。

カードバトルにおけるプレイヤーへのダイレクトアタックがこれほどまでに強烈に描かれた作品もないであろう。

そんでもって、とにかく悪役はすぐ死ぬ。4週持てば長生きだ。
つい筆がノって、メインキャラを皆殺しにしちまうような作者だから、味方だっていつ死ぬかドキドキモノである。

女の子キャラはみんなカワイイ。成年誌で描いていただけあって、ムチっとしていてとても可愛い。
エロ描いていた作者だけあって高確率でおっぱいも出る。そんでもって、それ以上に高確率で断面図も出る。
幼女が四肢ぶった斬られて、機械のアームつけられる展開だってある。ボカして描くわけでもなく、じっとりねっとりと描かれる。それも主人公の眼前で。

もうね、とにかく油ギトギトのジャンクフード漫画。

なんだ、じゃあ、良いとこないじゃねぇか……と思った方。違います。
ええ、はい。今、言ったことは全てこの作品の良いところですよ。

ある漫画家は言いました。

自分にとって漫画とは、駄菓子、またはジェットコースター。栄養にならない。目的地にも近づけない。
だけど食べているとき、走っているときは、絶対に楽しませる。漫画は、それでいい。


では、栄養にならないジャンクフードのようなこの作品は何か。
漫画だよ。最高に漫画だ。毒のような漫画だ。

チャンピオンの負の部分を全て飲み込んだような超悪作……なのですが、漫画好き、とりわけチャンピオン読者の方々には是非とも丸ごと喰らっていただきたいですねぇ。


ちなみに、さらにバイオレンスを増した続編「カオシックルーンEs」は月刊誌、チャンピオンREDで絶賛休載中。
ええ、まぁ、色んな事情があるんですよ。

とはいえ、状況は最悪ってわけでもないのですが。
まぁ、毒を創るにも時間はいるって事で。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。