グレースタイル 2008年12月
m9パール
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
当ブログのマスコット的存在である宮下~。
本編において未だ明かされる事の無い下の名前がどういったものか、少し予想してみた。

①普通な名前(~子とか~江とか)
もったいぶってそれかよ! みたいな反応が予測される。

②古風な名前(菊とかそよとか)
名前によっては評判いいかも。

③DQNネーム(宝石(じゅえり)、月美姫(かぐや)とか)
空気が凍る事必至。しかし、これなら今まで明かされなかった事も納得。

④名字と同じ(宮下宮下)
どうみても某剣道漫画の主人公です。

⑤宮が名字で下が名前だ
最悪で最高なパターン。

⑥名前は明かされない、のりおは非情である


さて、どうなることか。
ここまで書いてて何だけど、⑥の結末が一番確率高そうだなぁ。

当ブログは来年も変わらず、宮上を応援していきます。
スポンサーサイト
・スターは遅れてやってく……いや、すんまそん。
・色紙プレゼントはムラマサに応募。……ふふ、わかってるよね。
・40周年……その4分の1しか体験していない身だけど、感慨深い。
・沢編集長の文章は相変わらず読ませる。流石だ。

バキ外伝 GaiA(読みきり)
バキ本編のスピンオフ。作画はエイリアン9で好評を博した富沢ひとし先生。
で、えーと、本編は……たった8ページのあれこれだけなので、何ともいえません。
まぁ、クローズZEROよりは面白そうではある。作者も作者だし。

しかし、オバマがぼんちおさむにしか見えないという怪奇。
作者的には金持ちの幼女を警護とかの方が良かったんじゃないだろうか。

内容はともかくとして、花山本編を入れると(これが連載になった場合)バキ三本体制になるのか……。
それはそれで、雑誌としてはダメなような気がするが、どうなんだ?
面白ければ正義……の問題ではないような。花山とのバトンタッチなら悪くないのだけど。

ヘレンesp(新連載?)
新連載、というよりもちょっと休載していた感覚だ。
本編は何という俺達、みたいな回。大みそかはイタ電してすごしなさい、って事ですね。わかります。
いくら三重苦とはいえ、espもあるし、感知能力は一般人よりは優れてだしでえっちぃ事は出来なさそうだ。何という生殺し。
出来るとしたら、意味もなく全裸になるぐらいか。ぶっちゃけ、オナニーと大して変わらな……。

おっぱい揉まれてテレポーテーションして帰ってくると思ったけど、そんな事なかった。
さすがにパロディが合う作風ではないか。

現代怪奇絵巻(最終回)
詳しくは別記事。
後釜が育っていないのが気になるが、巣立ちは止められないね。お疲れ様でした、ほんとに。
単行本は無理なもよう。わかってたけど、悲しいぜ、ちくしょう。
来月からは定期的にボニータを読んでおくかなぁ。

関係ないけど、曽田正人先生はまだチャンピオン読んでるんだな……。
帰ってこないんかな。

範馬刃牙
今年度最強のディープキス。これは痛い、読者的にも。
本気にさせたのは良いのだけど、ジャックが受け止めることは出来るのだろうか。
烈のようにぶっ飛んで終わりって事はなさそうだけど。

全力でのパンチは迫力があってすごかった。板垣漫画はこういうシーンがあるからやめらんない。

弱虫ペダル
巻島先輩は優しすぎるっショ。
三年生の走破距離に個人個人の性格が出ていると思った。田所っちは相変わらずニヤニヤ出来る。

鳴子くんは携帯持ってないのかな?

ナンバデッドエンド
やよいを味方につけたらだいぶ楽になりそうだ。
吟子も吟子でまず話をしたいと思っているし、未来はそこまで暗くない。
後は鉄が余計な事をしなければ……。

みつどもえ
みっちゃんの腹の変化に一人だけ気づく杉崎にニヤニヤ。
来年もこんな感じでやっていってね、のりおー!

クローズZERO
滝谷って本編の人物と照らし合わせると誰ぐらいの強さなんだろう。
龍信ぐらい? 美藤次男ぐらい?
本気の喧嘩がまだ無いからイマイチわからないんだよなぁ。

聖闘士星矢 冥王神話
私の中ではボルトは点での攻撃、プラズマは線での攻撃、みたいな認識なんですよ。
なわけで、あれはライトニングプラズマだと思うのだがどうだろう。
手代木先生とは認識の違いがあるのかもなぁ。

デジェルの罰を云々発言は罰を受けるように見えて罰じゃない怪奇。
見ろよ、シジフォスの「それは罰じゃないだろ」みたいな表情。
沙織さんなら罰になるんだろうけどね……。

次号はOVA版の声優発表。荒れる、これは荒れるよ。

トンボー
世間一般の認識が良くわかりました。
これって、沼田先生の実体験じゃあるまいな……。

「沼田君、それってエロ本?」 
うむ、ありえる展開だ。
かくいう私もREDいちごをエロ本と間違えられた事があってだな……。

風が如く
田中さんが予想以上に良い奴だ。
五右衛門は逆に振れ幅がデカイなぁ。じっくり付き合う必要がありそうだ。

侵略!イカ娘
早苗回は総じて神回だと思うの。
そういえば、コミケで早苗×イカ本はどれだけ出たのだろうか。凌辱風味ならなお嬉しいのだが。

幻仔譚じゃのめ
冒頭のやり取り、どうみても事後です、本当にありがとうございました。
暗い世界観なので、朝灯の眩しさが一層際立つなぁ。
舞台は日本的なのに、制作現場がグローバルという怪奇。マレーシア人のアシスタント、そういうのもあるのか!

エンジェルボイス
鬱展開加速。あの野郎はホモにケツ掘られるべきだ。
マイちゃんはどうなってしまうのだろう。順当に交通事故あたりかな。
1巻始めの展開につながってきた。

ギャンブルフィッシュ
武装ポーカーならぬ脱衣ポーカーか……。
本名で登録していたのが中学生的だなぁ。ていうか、なんで十文字はそんな事知ってるんだ?
実は自身も常連だった、なんてオチじゃないだろうか。そうだったら、キノコとは刎頚の友にでもなれそうだ。

D-ZOIC
何このヤンキー漫画の1シーン。

マイティハート
オレゴンは可愛い、ちぃ覚えた。

次号予告
新連載、二本。
山内雪奈生「バキ外伝 疵面」、石黒正数「木曜日のフルット」。

疵面は順当に連載開始か。グランドマスターにどうケリをつけるかが気になるなぁ。
ぶっちゃけ、マスター編は微妙でしかないから、花山のワンパンで終わりにしちゃってもいいのだけどね。

で、石黒正数先生だけど……まさかこの人が週刊、それもチャンピオンにくるとは思いもよらなかったなぁ(いちごの創刊号では描いてたけど)。
巻末2ページ、それも10週限定らしいので(公式BBS情報)、どんな物がくるか全くの未知数だが作者的にはそう外れは無い……と思う。

読みきりは西森茂正「THE KIZAKURA SHOW」。
遺影を捨てての新作かー。期待半分、不安半分。
ミツ子はインパクトあったからなぁ、さて、どうなるか。

今週のアンケ
面白かった
ムラマサ、じゃのめ、ヘレン

チャンピオンを読み始めたのはいつ頃ですか(つい最近って項目が無いのは何故だろ)
10年前

もう一度読んでみたい作品(悪徒とか最近のを入れる考えが思い浮かばなかったからバカ正直に選んじゃった)
バビル二世、シャカリキ、オヤマ

余白
・根本先生の再登場に期待
・ムラマサの夫婦をまた出して
・まごころ便、ジャン、京四郎、エコエコアザラクも読みたい
・バキ三本はくどい


それではこれで本年度の感想は終了です。来年もよろしく。
前回で岸部夫婦終了かと思ったら、まさかまさかの連戦でたまげる。
夫婦で妖刀持ちってわけか。哲弘先生の中の岸部一徳像が気になる。

嫌な事云々の定義が少しわからないが(仕事やりたくねーでも発動するのかな)、動きが速くなるというのはシンプルで強力な能力だ。
先週の岸部といい、岸部シリーズはかなり強力な刀らしい。
弟の方にも期待しておこう。それとも、先週のが弟の方だったりして。

それはそれとして岸部夫婦の愛は素晴らしい。愛というより共存の形に近いかもしれない。
夫からの一方通行じゃないところが特に良い。むしろ、奥さんの愛の方が深いのかな。
夜のアレの時は鮪なのかどうかが気になるぜ!

メガネちゃんはメガネ外した方が可愛いと思った。哲弘漫画でこれは珍しいパターンかも。
後、上で岸部夫婦とか書いてますが、岸部はあくまでも妖刀の名前であって、登場人物の名前でないところがミソ。
夫の方は履歴書から春一だとわかるけど、奥さんの名前は謎だ。

面白いコンビだったから、妖刀無しでも使い回してほしいなぁ。
やはり、哲弘漫画は登場人物が多く出てからが本番だな、うん。
最終回。
学校編で始まったので学校編で終了とのこと。
ニョッキ、レベッカ、微妙な表情の猫等は出たものの最終回だからといって、何も特別な事は無し。
それはそれでこの作品らしくていいか。


初期はあるあるネタの羅列、微妙な絵とあまり評判の良くなかったけども、連載を続けるうちに徐々に徐々に、読者を怪奇の渦に巻き込みいつしか安定した巻末漫画のポジションに落ち着いていた。

根本先生のブログ、「怪奇!」「などとぬかす」「たまげる」といった使いやすい名言、たまに出てくる美少女キャラ、無駄に表情豊かな登場人物、一人歩きしていったオタクAA……。
今作がそういったポジションになれたのは上記の要素全てが絶妙なバランスで成り立っていたからに他ならないと思う。

この加減を三年間保ってきた今作、ここで失うにはあまりにも惜しい。
が、創作物である以上、終わりの時はある。
後顧の憂いこそあれど、ここは素直に根本先生の次回作を待とうと思う。それが単行本を出せるような作品であればなお嬉しい。

根本先生、お疲れ様でした。
ボニータの連載も頑張ってください。

秋田書店刊、月刊少年チャンピオン。
コンビニに並ぶ月刊漫画誌でありながら、ネットの世界でそのレビュー・感想を見る事はあまりない。
どんなマイナー雑誌の作品でも読み、自他共に漫画好きだと認めている人ですら、月刊少年チャンピオンの内容に触れることは少ない。
それは何故だろうか。

理由として真っ先に思い浮かぶのはやはり、ヤンキー漫画の跳梁跋扈。これに尽きるであろう。
週刊チャンピオンでヤンキー漫画(っぽいのも含め)が始まると、月刊でやればいいのに、と言われるのもこれが大きな原因だと思う。

ネットユーザー、とりわけ漫画好き、漫画オタクといわれる人種とヤンキー漫画の相性は最悪に近い。
ファンタジーもスポーツも萌えもエロもグロもいける。でも、ヤンキー漫画はノーサンキュー。良くある話である。

その理由に深く突っ込む事は本記事の主旨とはずれるので、割愛するが、各々思った事でおおむね正解であろう。
そんなヤンキー漫画が多く載っている月刊少年チャンピオン。読まれなくて当然である。

が、本当にそうなのだろうか。
月刊少年チャンピオンは本当にヤンキー漫画の無法地帯なのだろうか。

そのことを証明するため、連載陣を大まかにジャンル分けしてみたのが以下である。

ヤンキー……ワースト、ドロップ
スポーツ(武道含む)……野球しようぜ、卓球ダッシュ、銀二、BMN
ギャグ……アンダーライフ、賞味期限あり、夢現生徒会
歴史ロマン……らいでん
ホラー……サイレントブラッド
萌え……明日のよいち、あゆまゆ

いかがだろうか。
ヤンキー漫画がたったの二つしか載っていない事ジャンルが細分化されている事が分かってもらえただろうか。

確かにワースト&ドロップは月チャンの屋台骨であり、単行本の売上もこの二作品がツートップである。
売れているのがヤンキー漫画だけなら、ヤンキー漫画しか載っていないんだろうと思われるのも当然である。
が、現状はそうではないのだ。

芯の通ったストーリーとアクションで魅せる空手婆娑羅伝 銀二!に、見栄えのするスポーツ漫画卓球DASH、展開の速い少年漫画らいでん、少しの毒と少しの笑いがある賞味期限あり!、正統派ラブコメなあゆまゆ、そしてアニメ化の決まった明日のよいち、と実に色々な作品が載っている。

また、今号の2009年カレンダーブックのような誠意ある付録も嬉しい。
この付録カレンダー、月ごとに連載陣が季節にあったイラストを描いてくれている。
六月は空手婆娑羅伝 銀二!の主人公、銀二のカエルスーツ姿、八月はみなもと先生による美麗な水着画、十月はサイレントブラッドコンビによるユーモアなハロウィン姿……といったものである。

こういった何気ない誠意がとても嬉しい。
売上だけ気にするなら、高橋ヒロシのお膝元であるなら、全部のイラストを高橋ヒロシや鈴木ダイに描かせればいい。
ヤンキー一色のカレンダーにして、ヤンキー漫画ファンだけに向けたカレンダーを作ればいい。
なのに、それをせずに全ての作家に平等にチャンスを与え、全ての漫画ファンが喜べる仕様にしてくれてある。

ヤンキー漫画しか載っていない月チャンはもう無い。月チャンは変わりつつあるのだ。

根付いてしまった印象を払拭するのは容易ではないだろう。編集部の益々の努力に期待したい。
そして、明日のよいちアニメがそれを手助けする一因になってくれれば幸いである。

最後に改めて。
月刊少年チャンピオンはヤンキー漫画だけじゃないぞ。
だそうです。詳細は冬長先生のサイト(商業誌のところ)を見てください(無断リンク禁止なので、検索してください)。

月刊になるのは嬉しいですが、そうなった場合、どれだけの作家がペースについてこれるかが問題ですね。
隔月でも落としたりする人が何人かいますので……。
それを調べるためのプレ月刊化でもあるのでしょうね。

個人的には無理に描いてクオリティー下げられるよりは、落としてくれた方がありがたいのですが、そうもいかないんだろうなぁ。
漫画だけでなく、色んなものをランキングにしてみました。
色んな、といっても漫画、アニメ、フィギュアとかですけどね。
コメントは簡素に。作品の詳細はググれ。
ま、まぁアマゾンリンク(アフィじゃないっす)ぐらいは貼ってあげてもいいんだからねっ。

秋田書店編
1.ブラック・ジョーク 原作:小池倫太郎 漫画:田口雅之
エンターテインメントの極地。このマンに上げられなかったのが不思議でならない。

2.みつどもえ 桜井のりお
今さらどうこう言ったりはしないよ。来年の今頃までこの作品が続いていたらまたランクインしてるかもな!

3.フランケン・ふらん 木々津克久
ヴェロニカが出てからもっと面白くなったよ!

4.ミカるんX 高遠るい
全裸特撮。

5.空手婆娑羅伝 銀二 野部優美
真っ当に面白い。

6.明日のよいち! みなもと悠
アニメ化を機にどうだい?

7.弱虫ペダル 渡辺航
売り切ればっかだな、おい。

8.聖闘士星矢THE LOST CANVAS冥王神話 原作:車田正美 漫画:手代木史織
かゆい所に手が届くスピンオフ。

9.レギオン 藤沢勇希
パニック物が好きならぜひ。

10.危さん どれえじゃっきぃ
クレイジー。

ネ申.悪徒 原作:猪原賽 漫画:横島一
駆け抜けた。

こんなもんかねぇ。他にもあげたい作品はあるんだけど。まぁ、このブログ見てる人ならだいたい知ってるか……。
次は他社編。


他社編
1.マコちゃんのリップクリーム 尾玉なみえ
みんなもっと騒げ。

2.トリコ 島袋光年
イッツ少年漫画。

3.脳内格闘アキバシュート 本田真吾
オタクが~する系。真っ当に面白い。

4.ブロッケン・ブラッド  塩野干支郎次
三巻表紙の可愛さは異常。

5.トクボウ朝倉草平 高橋秀武
これが国家の犬の正しい姿。

6.ノノノノ 岡本倫
男装スキー。

7.日本全国豆投げ音頭 ガビョ布
ロリータギャグ。

8.ハイテンション 土居坂崎
暴走ギャグ。エロいけど抜けない。

9.ちはやふる 末次由紀
かるたはいいよね。

10.プピポー! 押切蓮介
普通に泣いた。

次点.よつばと! あずまきよひこ
一位でもいいんですが、ここで。みんな知ってるしね。

次々点.楽屋裏 魔神ぐり子
編集と漫画家のやり取り物では屈指の面白さ。


以上。聖お兄さんぐらいは目を通しておくべきだと思った。
他にももっともっと漫画を読みたいけど上手くはいかないな。時間も金も。
でも、良い出会いは出来たのでサティスファクションです。

次はアニメ編。リンクはもう貼らないんだから!

アニメ編
1.遊戯王ファイブディーズ あんまり言ってないけど、デュエリストなんすおー。
2.イナズマイレブン  熱いね。
3.紅  ロリではなく幼女を描いた作品。
4.コードギアスR2  なんだかんだで楽しんだ。
5.プリキュア5GOGO!  りんちゃんは俺の嫁。
6.ガンダムダブルオー  現状はこのくらいかな、これからどうなるかわからないので。どうでもいいけど、ティエリアの女装はOMEGA 2-Dさんが全力でネタにしそうだぜ!
7.墓場鬼太郎  もうちょっと上にした方が良かったかな。
8.ケータイ捜査官7  アニメじゃないけどいいよね。
9.地獄少女 三鼎  安定した面白さ。
10.鉄のラインバレル  期待票を込めて。
次点.精霊の守り人(再放送)  感動した。
次々点.ペンギン娘  色々と意欲的な作品でした。スタッフ、頑張った。

今年は全然アニメ見なかった。来年はもっと減るかなぁ。よいちは見るけどね。
後、Niceboat.が去年の出来事だと気づいてたまげる。いや、リアルタイムで見てたんだけどさ。
時間が経つのは早い! 次からはおまけ(記事が長くなったので畳みます)。
[【2008年度版】この~が凄かった! ]の続きを読む
・遅れてサーセンw
・巻頭カラー、みつどもえ。なぜかひとはだけ表紙に登場。ビジュアルか、ビジュアルなのか!?

Can you(勧誘?)(読みきり)
71回新人賞受賞、濱口裕司作。
前編後編で話の内容が丸っきりちがくてたまげる。

前編はともかくとして、後編が思った以上に真っ当なバスケ漫画だ……。
水着の設定もハッタリが効いていて(DBチック)面白かった。敵キャプテンを幼馴染設定にしたのも上手い(主人公のキャラを説明できるからね)。

まだまだ課題が山積みだろうが、ガンガン作品を載せて成長していってほしい。
次作にも期待!

浦安
カラー袋とじ。チャンピオンの袋とじはミシン目が無いから面倒くさい。
せっかくのカラーなのにメインが花丸木というのはどうなんだろう。
この手の袋とじって最初と最後のページを提示して、途中で一体何が? と思わせる手法だと思うのだけど、花丸木メインなので途中経過すらも読まずにわかってしまうっていうのはどうなんだ……。
まぁ、確信犯なんだろうな。

みつどもえ
小学生でも合コンを行うという事実にたまげる。
吉岡さんは本当にいんらんな子だよ!

男子六人のメンツが気になる。佐藤に千葉氏に……えーと、龍太? 小金井くん?
そういえば名有りの男キャラってあんまりいないんだよなぁ。小金井くんだって、自分から名乗っているわけでもないし。
連載がこれだけ続いているのに、よく既存キャラだけで回せるものだ。

ナチュラルにハブられている松岡さんが気になる。本人は気にしないだろうが。

弱虫ペダル
チャンピオンウザキャラ男女別選手権をやったら杉元くんは間違いなくナンバーワンだな……。
無知以前に洞察力が無さすぎる……。余計な事を考えないのが強みともいえるが。

後、巻島先輩のお助けHEROっぷりに泣けた。

範馬刃牙
ピクルが今まで奪ってきたものは(知ってか知らずか)その者が持つ最強の部位。
烈は足、克己は腕……となるとジャックは……やっぱり顎?

侵略!イカ娘
やっぱり、あれだね。渚が出てこない方が面白いね。
オチよりも2ページ目の方がオチてる感が強いのはもうご愛敬。

風が如く
良かった、五右衛門の相撲に品格はあったんだね。
さて、田中&坂田コンビは仲間になってくれるか。
そろそろ、大きな目的も欲しいなっ!

クローズZERO
リンダマンに勝てるわけないだろ……常識的に考えて。

ツギハギ生徒会
ああ……うん。キャラのあれこれが確立されるまでが戦いだね。
でも、次回掲載は間が空いて6号。ガイアにページを取られたか?

クローバー
相手がやる気まんまんの時、クローバーパンチはあまり効き目が無い。これ豆知識な。

聖闘士星矢 冥王神話
倒れゆくユニティを救った者、それはカルディア!
出番終了かと思っていたら、こんな役割があったとは……。
無言で運ぶ姿が何とも言えない。爪がホッカイロ代わりになってたけど、まぁ良し!

ユズリハの発言はヤトごときいつでもぶち殺せるという意味があるように思えてならない。
実際そのとおりなんだけど。

獅子座くんからはリア充な匂いがします。ヤトと知り合いならテンマとも知り合いなんだろうか。

後、アニメ公式サイトがオープンした模様、まだ何も無いけど。
しばらくはユズリハのおみ足で我慢しとけって事ですね、わかります。

ギャンブルフィッシュ


726 名前:名無しさんの次レスにご期待下さい[sage] 投稿日:2008/12/11(木) 22:24:05 ID:WtDn0nxW0
キノコと月夜野さんの活躍比較

・BJ編
月夜野さん…指失う覚悟でもしなきゃ勝てなかった強敵
キノコ…勝負後、入院中のトムのためにノートとプリントを確保する使える友人

・ビリヤード編
月夜野さん…「素人の白鷺がああも鮮やかにディレクションをやってのけるとは…
       この私も危うく引っかかるところだったよ」
キノコ…特訓に明け暮れるトムを甲斐甲斐しくサポート
    あと空調止めたり最後のイカサマに協力したり

・ダイス三番勝負編
月夜野さん…「あつっ…はぐぅうぅぅ!」
キノコ…トムの発言の真意を汲み取り、宵鮫相手に勝利

・ビクトリーフラッグ編
月夜野さん…「ダンシング・クイーン!!」
キノコ…飛行船の操縦をマスター。アヴィからトムを救出

・今週
月夜野さん…速攻で全額スッてテンパる
キノコ…カイザー!! カイザー!!

菌類呼ばわりされる言われは無いよな、完璧に


月夜野さんはキノコの引き立て役のような気がしないでもない。
ていうか、カイザーって他称なの? ポーカー界じゃ知る人ぞ知る存在なわけ?
小賢しいイカサマでもしてるのかと思ったけど、そんな様子も無さそうだし……。
鷲巣のような剛運でも持っているのだろうか。レートが跳ね上がっていても、指先が震える様子一つも無いしで、マジでキノコの正体が気になってきた。

最後に出てきたギャンブラーは趣味はミニ四駆とか言い出しそうな風貌だなぁ。

エンジェルボイス
百瀬の名言がまた一つ追加されました。
学校の方はヒロナオさんがどうにかしてくれるだろう、たぶん。

マイティハート
この作品で死人はオーケーなんだろうか?
事が終わったらひょっこり出てきそうな気がするんだけど。

現代怪奇絵巻
いきなり次週最終回と言われてたまげる。

……とはいえ、続きがどうだのキャラがどうだの、とは一切無縁な作品だし、ここで終っても何の間違いも問題も無いのだけど。
怪奇を続けていても単行本は出ないのだし、次作につなげるといった意味でもここでの終了は妥当なのかも。

ただ、現状でこの巻末4ページを任せられる作家がいるか、と言われるときついものがある。
連載待ちしている作家さんにもそれが出来そうな人は……いない。正確に言えば想像できないと言った方が正しいかな。
それだけ、この怪奇絵巻の安定感はすごかったわけで。

出来ることなら次も根本先生に任せるのが得策な気もするが、ブログのコメントを見る限り、真・現代怪奇絵巻も日本一移籍も田舎メイドレベッカもやる予定は無いようで。

適当な作家が穴埋め的にホイホイやるようなポジションじゃないし、色々と不安だ……。
まぁ、まずは次回最終回を見届けるしかないけど。
出来ることならチャンピオン編とかやって欲しい。最後なんだからタブーだしまくりでも問題ない……はず。

次回は個別記事を書く予定。でも、予定は未定。

次号予告
新連載、木々津克久「ヘレンesp」第三部!
早くても夏ぐらいだろうと思ってたらもう帰ってきたよ! 
単行本に併せての復活だろうし、ふらんもまだあるから、また4週ぐらいで終わるだろうけど、これは嬉し誤算だなぁ。
編集部の期待が見て取れるよ。

また、特別袋とじで「バキ外伝GaiA」が掲載。作画はエイリアン9の富沢ひとし。
って、何でこのタイミングでガイア? 独歩や渋川の方が人気あるんじゃないの?
ネタ的には本部とかの方が話題になるだろうし……何でこんな微妙なやつが……?

それとも、前にやったアンケート(バキキャラで外伝を読みたいキャラをお答え下さい、っていうやつがあった)でガイアが多くの票を獲得したんだろうか。
それこそ、ありえないような気がするが……。軍隊なだけに組織票でもあったのだろうか?

まぁ、富沢ひとし先生だからそう外れる事も無いだろうし、心配はしなくていいかな。
せっかくだから新作で帰ってきて欲しいところだけど。エイリアン9みたいな奴じゃなくてもいいから、SF作品描いて欲しいなぁ。
都合のいいことに編集長も沢編集長だし、材料は揃ってるよね。

週刊連載が出来るかどうかは微妙だけど……。

今週のアンケ
面白かった作品
ムラマサ、じゃのめ、エンジェルボイス

本誌連載作で袋とじを読みたい作品
じゃのめ、聖闘士星矢 冥王神話、イカ娘

バキ外伝を買う予定はあるか? 
まだ決めていない

WORST総集編を~
買わない

表紙やグラビアで見たい有名人は?
DAIGO(正直、誰でもいいんだけど)

電遊日記のカラーゲームレビューはどうでしたか?
良かった

余白
怪奇絵巻が終了するなら、日本一を移籍させて欲しい。
私はミクシィの方で答えたけど、ここに書けば答える人がもっと増えるかもしんないから転載(微妙に加筆)。

作成者:恥ずかしながら。様


1・好きなチャンピオン漫画は?
過去作だと覚悟のススメ
今やってるのだとムラマサ。何といおうとムラマサ。

2・好きなチャンピオン男子キャラは?
過去作:マシロきゅん
今:坂田さん

3・好きなチャンピオン女子キャラは?
過去作:ハカナでいーや
今:宮前でいーや

4・読んでみたいと思ってる漫画はありますか?
あんどろトリオ

5・思い入れのある作品は?
鉄鍋のジャン、友達が貸してくれてそこからチャンピオン道へ堕落

6・月刊やRED、いちごなどは読んでますか?
それ+烈もヤンチャンも買ってるでゲソ。
プレイコミックはたまにチェック、ボニータとプリンセスは単行本をたまにつまむ。

7・CTCに掲載されたり、懸賞に当たったことはありますか?
CTCは道場訓に送ってみたいなぁ、と思いつつうにゃうにゃ時間が経ってます、懸賞は何度も当たったことあるよ。
ドアラや真ゲッター、キンゲをありがとう。

8・チャンピオンデビューはいつ?
11年前。 購読はしたりしなかったり。年が年なので250円は大金でした。
毎週購読できるようになったのは高校生になってから。

9・フリースペース。一人ガツンするなりブルマとニーソックスについて語るなりイラストを載せるなりご自由にどうぞ。
チャンピオン版バクマンがまじめに読みてーなー。
作画:余湖裕輝で、タイトルはチャンピオンマスターSでよろ。

10・バトンをまわす人をテキトーに!
俺の腋で一時間熟成させたバトンでよければどうぞ。

以上です。
CAR6CXHL.jpg
まんが実話マッドマックスZで描いていてたまげる。

CA40UV85.jpg
何度見ても井上フェイス。

CAIWZQ2G.jpg
ヒャッハァーな外人講師。

やはり、画風は隠せないものだな、うん。

画像の出典:【ザ・女の罵り合い メイドVSAV女優】GENSIN まんが実話マッドマックスZ コアマガジン
画像の出典:【これがNOVA外国人講師の生徒ハメ倒しシステムだ】GENSIN まんが実話マッドマックスZ コアマガジン
ドキッ! 体育倉庫で男子の顔が超接近! ぽろりもあるよ(目玉的な意味で)!

朝灯がいちいち可愛すぎてたまげる。
初体験直前の二人のような初々しさだ。俺っち、本当に良く分からないけど、そんな感じ。

おかげで霞啖のあれこれがかすむかすむ。
そりゃ、邑くんが一撃で倒してしまうってもんよ。

目玉の力が強いせいか、たいていの妖怪は一撃で倒せてしまうらしい。
緊張感が足りないといえば足りない気がするが、作品・作者的には邑くん蛇化までの葛藤や過程を楽しんだ方が正解か。

霞啖や虹蛔が「低俗」な妖怪だった、という線もあり得る。
それならば、一撃で倒されて当然なのだが。そろそろそういった情報も提示して欲しいところ。

霞啖の散り様は最高に美しかった。コミックスでもう一度、読みなおす時が楽しみだ。

のぞみと白の距離感が何というニヤニヤ仕様……。
茜と五十六とは違う感じの距離感だな。これは……何ていうんだろう……。
カップルになりそうでならない、そもそも友達といっていいのかどうかも微妙な……俺っち、良く分からないんだけどそんな感じ。
思い出してみると、茜と五十六の距離感は初めから近かった。

今回登場した妖刀岸部はずいぶんと能力の高い刀だ。
物体全てにやる気が存在するというなら、要は何でも溶かせる刀ということになる。
修造の持ち主なんか一瞬で全溶けしてしまいそうだ。切れないのは指先イナゴくらいか。

効果が強力な分、自分のやる気もなくなってしまうというデメリットがあるけど、あのやり方なら問題無い。
自らの身体能力も高いしで、連載開始以来の強敵だった。
まぁ、妖刀が折れちゃったんで再登場があるかどうか怪しいけど。
一話毎に刀を叩き折ってしまうので持ち主共々使い捨て状態になってしまうのがちと問題か。

今回の岸部夫婦(特に奥さん)は面白いキャラだったので、また出してくれるとありがたいんだけど……。

おでこちゃんは椿に出てきた瑞木家の血筋なような気がする。サディスティックオーラは持っていなさそうなので綾女さんに近い……のかな。
岸部奥さん共々、前作を匂わせるキャラがちょくちょく出てきてくれているのが嬉しいなぁ。

週刊少年チャンピオン連載中。

この作品がいかに面白いかは過去のレビューミニ耳にタコが出来るほど、語っているのでそのあたりは割愛。

今巻で特に目立っているのはふたばと宮下さんの二人。
ふたばは104、5、6卵生でその魅力を、宮下さんは104、110卵生、巻末の宮下外伝でそのうっとうしさを発揮。

特に105卵生でのふたばの良いお姉さんっぷりはふたばスキーなら悶絶もの。
一見、ひとは回に見えるこの回だけど、真の主役は良いお姉さんっぷりを見せるふたばなんじゃないかと。
女の子の新たな一面を見つけちゃおうってね! あ、これは違う漫画だ。

個人的ベスト回は114卵生。
これもふたばメイン(グレースタイルはふたば押しです)の回なのですが、ふたばの創作に対する姿勢が良くわかります。
みつばのスイーツ設定を聞いて微妙な表情をするあたりが特に素晴らしい。


また、今巻の単行本特典はおまけ4コマ数本、浦安増刊に載ったガチレンジャー入門編(通称宮下外伝)、巻頭カラーページ、そしてみつご達の幼少時を描いた三つ子今昔物語を収録。

CADZSUYS.jpg
雌豚女王様でないみつば、暗くないひとは、そして非力なふたば……。
なぜ彼女たちが今はああなってしまったのか。これだけで色々と妄想が広がる。

巻頭の描き下ろしカラーページでものりお先生の細かい芸がきらり。


485 名前:名無しさんの次レスにご期待下さい[sage] 投稿日:2008/12/09(火) 22:39:58 ID:+1yWjLq1O
六巻カラーページでようやく気付いたんだが女子は鉢巻きみんな女巻きでふたばだけ男巻きしてるんだな
いつもながらキャラの特徴を的確に描写するナイス芸コマ



ん、素晴らしい、素晴らしいぞ、のりお!
まぁ、何が一番すごいってこれだけの作業量を一人でやってる事か。
サブタイだけは編集がほとんど考えていると思ったんだけどなー。

のりお、恐ろしい子!

画像の出典:【みつどもえ 6巻】桜井のりお 週刊少年チャンピオン 秋田書店
CACTCB8H.jpg
今月のチャンコミ。月刊合わせても六冊なので、いつもより少なめ。
おぼろ様がはいてなくてたまげる。

真ん中のカードは覇王様のカード。買ったら当たった。……持ってたけどね……。
・あけおめ!
・目次ページがまたまた一新。前より見やすくなった! ……毎回おんなじ事言ってるな、俺。
・新年一号の表紙があずあず。依存っぷりが良くわかる。
・auでも秋田書店DXやってくれよ!
・花山増刊が12月18日と1月6日に出るらしいですね。新規収録とか他作家さんの作品とかは載るのだろうか? 
グラップラー時代の克己戦も載るみたいなので、読んでない人は読んでみると良いかも。バキ史上でトップ3に入る戦いです。ピクルVS克己で克己ファンになった人も是非。

サナギさん(復活)
いきなりサナギさんが宣伝をしていてたまげる。
というわけで、食べてきました。クォーターなんたら。
……うん、玉ねぎが良いね。

久々サナギさんは相変わらず面白かった。やはり、施川作品が載っていると満足感が違う。
早く帰ってきてー。

それと、宣伝するなら次はモスにして。

ツギハギ生徒会(新連載)
伊藤正臣新連載。
ギャグだからそんなにページは無いだろうと思っていたけど、4コマとは驚いた。
内容は……普通、かな。4コマだと全身像があまり入らないからせっかくのスリット制服やローライズブルマがあまり見えないのが辛い。もっと、あざとくなれよ!  

絵は好きな方なので今後に期待します。

ヘラクレススピリッツ(最終回)
拠り所であった道場を破壊され、天子は……。

え、あれ、終わっちゃった。ああ、五話って前回の掲載分も合わせて五話って事か。
てっきり後二回あるもんだと……。

というわけで最終回。
うん、良かった。
歯車工学とか武煉銃という組織のあれこれとかはどっかいっちゃってたけど(そもそも三話じゃ説明しきれないだろ)、阿虎がカッコ良くて良かった。

後、笹曇が侍上がり云々というのが気になった(前後編の時にも出てたっけか?)。

変わりゆく世界に絶望し、それでも妥協して軍人になったものの、昔抱えていた思いと今の自分のしている行動に矛盾を感じていた。
その彼の前に現れた天子と阿虎は昔思い描いていた理想の侍だった。自分が叶えられなかった、手に入れられなかった物を持っている彼らを見るとムカついた。だから壊したかった。

極大解釈すると、こんなキャラなんだろうか。さりげない一言があると、色々妄想できて読者的には良いですなぁ。
ただ、徹底的な悪として描かれた方がインパクトはあった、と思う。ムカつくから壊す。そんな奴でもキャラ的には問題なかったような。

やはり、これは伏線的なもの……なんだろうか。
どう転ぶのが分からない(特にチャンピオンは)連載においては正しい選択かもしれない。

とにもかくにもヘラスピ全五話、自分は大いに楽しませてもらった。
ヘラスピ2か、新作かはわからないが、西村先生の次作に是非とも期待したい。
西村先生、お疲れ様でした。


……しかし、あれだな。西村先生はぴゅあなはーとの持ち主ですなぁ。
天子ちゃんの稽古後の稽古着ハァハァなんて言ってた自分をタイムマシーンに乗って殴りに行ってやりたいと思ったよ……いやぁ、汚れてる、俺。
しょうがないんで、ここは素直に将軍にハァハァしておきますか! キリっとした女上司、ブラボー!
以上、締めの言葉でした。

クローバー
友達が倒れたから真っ先にダッシュは不良漫画の主人公が良くやるパターン。
こういう王道(悪くいえばベタ)要素は忘れちゃならないと思うんだ。

クローズZERO
源治のキャラが時生にも負けてるような……。次回も芹沢喧嘩編みたいだし……。
もっと頑張れよ、主人公!

みつどもえ
ケーキ、シュークリーム、ココア……雌豚まっしぐらだなぁ。
あぐら描いている宮なんとかに萌える。

聖闘士星矢 冥王神話
アニメ決定! OVAで。
お、OVAか……久々に週刊からの地上波かと思ったんだけど……。何もここまで原作通りにせんでも(原作のハーデス編はOVA)……。
まぁ、贅沢は言ってられないか。幸いにもキャラデザは手代木準拠だし、何よりもユズリハがエッローーい! 何か元のデザインよりも肌の露出が多くね? ほぼ裸じゃん、あれ。ビキニアーマーの親戚か、あの聖衣は?

で、本編。
良いとこなさげなデジェルだったけど、割としっかりした最後で良かった。

まぁ、それよりもパンドラさんのへっぽこっぷりが凄まじかったわけだが。みつばとタメ張れるよ!
前々からへっぽこ上司キャラだったのが、このポセイドン編で一気に花開いたなぁ。
これはもうアニメ化記念パンドラたん特集でもやるっきゃない!

トンボー
THE IWASHI。
これだけで爆笑してしまった。

それ以外の内容はあっさり気味だから、こんな感じのチャンピオンパロをちょこちょこ入れていくと良いかもしれない。
目指すはチャンピオンの太蔵ポジション! まぁ、あそこまでやられるとそれはそれで扱いに困るけど。

範馬刃牙
ジャック参戦! ま、負けて欲しくないよ、ジャックには。
後、烈ちゃんは何であんな不思議な登場をしたんだろう。

弱虫ペダル
体力バカのはずである古賀先輩がこの練習に不参加……だと?
流石にこれは可愛い嘘だと信じたい。青八木(だよね?)先輩達も微妙な表情をしていたので、どこかで何かはあるのだろう。
桜井くんは本当に体調不良っぽいけどな!

風が如く
で、この喧嘩に品格はあるの?

ナンバDE
HAHAHA、もう言い逃れできねぇ……。

ギャンブルフィッシュ
カイザー水原てw
ここまで壮大な負けフラグ、久々に見たよ。
次回あたり、全裸でキノコッコーしているビジョンが見える見える。

ただ、逆に爆勝する可能性もあるっちゃあるわけで。
どう転んでもキャラ的にはおかしくない。勝ってもブーイングは受けないだろう。

本当のカイザーになれるか、はたまたバカイザーになるか……。
男の見せどころだ。

幻仔譚じゃのめ
ああ、藤吉くんがあっさりと贄に……。
ラストの目玉舐め舐め発言には燃えた。萌えたでなく燃えた。
次回は本格的なアクションかな? 期待半分、不安半分。

侵略!イカ娘
この作品にしては低い掲載位置だなぁ、珍しい……。

マイティハート
やべぇ、司令がベタすぎて可愛いでゲロ。

現代怪奇絵巻
>このゲームは~
ムルルの大地ってクソゲーじゃなかったんすか。3になってから急に面白くなったんだろうか。
ああ、でも、クソゲーって案外やり込み要素あるんだよなぁ。結局、それも面白くないからクソゲーなんだけど。

CTC
こんな事を全力でやっちまう雑誌! そして、それに全力で乗っかる読者!
……もう……大好きだ! 

みつどもえ(特にみつば)、イカ娘の人気はわかっていたが、遺影もかなり人気なんだなぁ。
確かに無駄にアクティブだから色々と遊べるし……。

投稿ネタはどれもこれも素晴らしく良かった。こんなに満足行く読者ページ、チャンピオン以外にあるか! いや、無い!

にしてもチャンピオン読者はBLに寛容だ。まぁ、表現の一環なんだからどうこう言う方がおかしいような気もするが。
心理的表現に関しては見るべきところもたくさんあるし。……って、なんでいきなりBLを語ってるんだろう。
……この前買った雑誌の感想もやらなきゃ。

今週のアンケ
面白かった
ムラマサ、じゃのめ、ヘラクレススピリッツ

以下の項目で好きなマンガを(選んだのだけ書きます)
よつばと、みそ知る、ハルヒ

単行本を購入しているものがあれば
よつばと、みそ知る、ハルヒ、とらぶる

女の子が活躍するマンガを読むならどのようなマンガが良いですか?
Hなマンガ、バトルマンガ

余白
オヤマ!以上にエッチなマンガを載せて欲しい。中途半端なものはいらない。

次号予告
巻頭カラーはみつどもえ。
71回新人漫画賞受賞作「Canyou(勧誘)?」も掲載。主人公のカットが少しイラっとくるぜ!
眼鏡っ娘 【めがねっこ】
眼鏡をかけた女性。また,眼鏡が似合う女性。特に,マンガ・アニメ・ゲーム・イラストなどに登場する,眼鏡をかけた少女キャラクターをさす。おたく文化の中で,萌(も)え要素の一つとされる。メガネっ娘。

のぞみは授業中のみメガネをかけるタイプ。ちぃ覚えた。
主に変態っぷりが注目される哲弘先生だけど、メガネに対するこだわりがすごいのを忘れちゃなりやせん。

レンズの屈折による輪郭の歪みがね、ちゃんと描かれてるのよ(右目のあたりを見てみよう)。
この情報はある人からの受け売りなんですけどね、ふふふ。

さて、今週のムラマサ。

>男前おしゃれっプリがスターレベルでないと使えない妖刀反町
反町て。我鳴といいネタのチョイスがちょいちょい古いよ、哲弘先生!
スターと聞くと錦野と連想しがちですが(私だけか)、あえて反町。その選択に痺れる。

それはそれとして、反町の能力は普通に強いな。奇襲性がすごい。
あの光量ならSOS代わりにも使えそうだし。
我鳴は爆発力こそあれど、今のところ制約バリバリだしね。……のぞみパパはどれぐらい使いこなせてたんだろう。

15P目右下ののぞみのタッチがなんだか新鮮。
先生の成長が垣間見れる。

後、オギオギって言葉がすごく可愛らしくて良いと思った。おぎーん! もいいけど、こっちも良いね!

月刊チャンピオンRED掲載。現在は連載終了。


もったいない作品である。
当初、予定されていた(であろう)陰尿道という設定はほぼ彼方へ消えさり、そればかりか第一話で出てきた陰尿姫虜日記の女の子など半分も出てこずに終わってしまった。

ネギま的ラブコメにおしっこというスパイス(ライトな外出しからハードな中出し有り)が加えられたバカ漫画になる……プレビュー版を読んだときはそんな印象だったのだが……。

おしっこの表現も女の子がちょいとおしっこを出したり、主人公がおしっこを軽く飲んだりと(しかもストローで間接的に)掲載誌に似合わず極めてマイルドなもの(外出し)で終ってしまった。

陰尿道を名乗るなら、直飲み・口○○尿・○内射○といった中出し要素もしっかりと行って欲しかったのだが……。
本当にもったいない作品である。

これに懲りず、中嶋先生には良い尿を描き続けていってもらいたい。
お疲れ様でした。
現在の週刊少年チャンピオンは少年漫画あり、ギャグあり、萌えあり、スポーツあり、と漫画雑誌において必要なジャンルを満たすといった点では隙のない布陣だと思っている。
が、どうにもひっかかるものがあった。これだけの連載陣がいながら足らない物が誌面から感じ取れた。

それはエロスである。

ここでいうエロスとは梅田阿比作品が放つ妖艶といったエロスでも、ストライプブルーの花ちゃんが持つ健康的なエロスでもない。
直線的で分かりやすいエロスだ。フジケンの富士山健作風にいえばボッキ出来る作品、小池一夫風にいえばエレクチオンできる作品である。
もっと簡単にいえばAV的なエロスである。

本誌でそういった面を担ってる作品といえば最初に思いつくのがマイティハートだろうか。
確かにこの作品に出てくる女性陣は中々にエロい。
が、本作はどちらかといえば舞島心と天河十市のラブコメを描く作品である。ラブコメであってエロコメとは足りえない。
あくまでエロスはスパイスであってメインではないのだ。
単行本の表紙だって、書店で見て「うっひゃ、エロい!」と思うようなものでもない。


次にムラマサだが、確かに哲弘先生の描くあれこれはエロい。
が、パッと見のエロスがあるかと聞かれると大声でYes! とは言えない。

梅田阿比作品は確かにエロいが、あれは作品全体から立ち上ってくる物であって、AV的な物とは質が違う。
手代木先生の描くおっぱいと太ももは大変に素晴らしいが、あれも所謂スパイス的なエロスだ。
それを全面に押し出しているわけではない。
みつどもえはえーと……宮下がうっとおしい。

このように今の連載陣が持つエロスはストレートなものではない(と思う)。
歌のお姉さん的エロスといえばいいのだろうか。どこか変化球的なものがある。

それらももちろん悪くない。いや、むしろ漫画大好き! チャンピオン大好き! な読者にとってはそういった変化球の方が新鮮味があるだろう。
が、大多数の読者はそういった変化球的エロスよりも直球的なエロスを好むだろう。

今のチャンピオンに足りないものはそのような多数を惹きつける直球的エロスだと思う。
まず惹きつけてから落とし込む。その最初の撒き餌に当たる作品(少々例えが悪いかもしれない)が是非とも欲しいところだ。

作品に求める条件としては……

①一枚絵や内容がエロいこと(表紙だけエロいのではダメ、中身もきっちりエロくないと)
②作品自体の面白さはそれなりに(ライトという意味でつまんなくてもいいと言う意味ではない)
③キャッチーな絵(売れなきゃ意味が無い)

こんなところだろうか。もちろん秋田で描いてくれそうな作家さん限定である。
矢吹健太朗は選択肢には入らない。

となると、まず最初に思い浮かぶのは……最近結婚したあの人だろうか?
うん、確かにあの人ならそういった意味では合格だ。乳の大きさを多少自重してくれれば(ロリ巨乳は絶対封印で)大丈夫。

反対の声が聞こえてきそうな個人的要望はともかくとして、次の新連載陣(どうせまた四五本は始まるんだろうから)には、シンプルに股間をスカイスクレイパーさせてくれる物に期待したい。
・被るけど、モツ鍋。

サイコカウンセラー鬼首愛子(読みきり)
前にもあったやつ。今回の方が話的には面白いかな。
オチは読めたけど、やられた感が強かったので満足。次も期待。

凍牌
じゃあ、体を好きにしますね。
指? そんなもんアロンアルファでも使っとけ。

冗談はさておき、いまいち乗り切れなかったお姉さん編もしゅーりょー。
次の相手はもっとデカい奴でお願いしたい。
ただ、Kが随分と成長しちゃったからなぁ……またハンデつけるか?

ウルフガイ
羽黒さん、反則すぎだろ。それでも犬神の方が強いような気がするけど。

大阪ヤンキータイガース
関西に関わらず、何でもミックスしたがるオバはんはいるわね。

バガ!!!
さいですか。

ママは同級生
今週の話はいらねぇような気がする……。まぁ、おっぱいがエロいので許す。

オレ聞か
ほっ、ほんとにTENGAプレゼントかよ! しかも編集者の真心梱包なんて……。
これは送るしかないですね、ネタ的に。で、これはクリスマスまでに必着なの? まさか年明けに来ないよなぁ。

次号予告
新年一号だけど新連載はありません。
基本、ネット放送待ちなので一週遅れになるのがきついです(部屋にテレビ無いし)。
地獄少女の感想が無いのはあれです、飽きた。
いや、地獄少女自体は普通に好きで全期見てるのですが、作品の展開上、八話ぐらいでいったん飽きちゃうんですよ……。一期は煉獄少女あたりから面白くなったわけだし……二期はえーと……どっからだっけ。
ある程度話が動いてからは面白いんですけどねー。


ラインバレル
硬軟の振れ幅が良くないと思う。
シリアスなら最後までシリアスで一話使って欲しかった。
具体的にはもっとロボをガシガシ動かして。
宗美さんがただのサド野郎に成り下がったのは残念だー。原作のエピソード好きだったのに……。


ダブルオー
ついにティエリア女装を見れたよ!
……は、恥じらいがねぇ……。任務だからといえもうちょっと……その……。
まぁ、男の子っていう存在でもないからしゃーないか。

せっちゃんは少しぐらいまともな変装をだな……。

後、貧乏が子供に食べ物もらってて哀しくなった。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。