グレースタイル 2008年09月
m9パール
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヤングチャンピオン増刊号「漢」(ホモ雑誌じゃないよ)買ってきたら、週刊の新連載情報ががっつり載ってましたので転載。

s030.jpg
48号からはナンバデッドエンド。これは既定どおり。

注目すべきはなんといっても米原先生の新連載でしょう。戦国とか盗賊とか好きすぎる設定です。
やっぱり、石川五右衛門が主人公なのかな。47号から連載開始。

後は、本誌でアシ募集していた内藤拳一郎もとい内藤ケンイチロウ先生の新連載。
クローズZEROのタイアップ企画なようで。となると、全二三巻コースかな。
内藤先生はやれる子だと思うのでこれも期待。しかし、秋田のエース漫画のタイアップか……育てる気まんまんですなー。

後は、ヤングチャンピオンで鈴木大先生がこれまたクローズのタイアップ連載を始める予定。
ドロップどうするんだろう。かけ持ちなのかなー。

ちなみに、漢の連載陣はこんな感じ。

s031.jpg
全部不良漫画かと思ったらギャグ有り、サッカー有り、渋かっこいいバイク漫画有り、レポ漫画有りで割と考えられた布陣。
なかなか楽しめました。

チャンピオン読者的には園田ともひろ先生で腹を満たし、漫画好きは綱本将也先生に注目、といったところか。
でも、個人的お勧めはメタボライダーと銀河総長で。

それと、週刊で細川雅巳先生の短期連載も始まるとか。
後は哲弘先生と梅田阿比先生が帰ってくれば、俺黄金期が始まりそうです。うわー、楽しみだ。

画像の出典:【ヤングチャンピオン増刊号漢】予告ページ 秋田書店
画像の出典:【ヤングチャンピオン増刊号漢】目次ページ 秋田書店
スポンサーサイト
・加筆修正しました。
・チャンピオンのアンケがハガキな理由がマツリ先生のブログで判明(一番下のコメント参照)。なるほどねー、こりゃ大手でもないとハガキは無理だわ。

スクール人魚(最終回)
まさかまさかのズッギュゥゥゥゥゥンな相思相愛エンド!!
こ、これは確かにルールの盲点を上手く突かれた感じだなぁ。
確かに異性限定とは書いてないわけだし。

名字のギミックは前作でもやったけど、佐藤と鈴木というありふれた名字を使ったことのせいなのか、確かにありえる展開だな、と思わせるところも見事。

さすがはベテラン、と思わせてくれる内容でした。次回もまたよろしくお願いしますよ!

バーサス(短期新連載)
島崎カオル新連載。作者はREDにて同ジャンルの漫画を連載しているので、ド新人というわけでも無い。
さて、何からいうか……。

思うにこのバーサス、編集部の期待はそれなりにあると思う。
表紙でも煽り文ありで触れられているわけだし。

ただ……作品の内容はその期待に応えてはいない。
一言でいって、つまらない。二言でいって、お粗末。
男は度胸! 何でもやってみるもんさ、と良い男は言うけれど、さすがにこれはやらなくても反応がわかるレベルだと私は思う。
なにゆえ、こんな作品にゴーサインを出したか、理解に苦しみます。

何といってもセールスポイントが微塵もない。
喧嘩の構図に迫力があるわけでもなければ、お話が良いわけもなく、キャラに魅力があるわけでもない。
かといってクローバーのようにキャッチーな絵でもない。というか、絵に関してはちょっと酷い……全体的にバランスが悪すぎて登場人物がことごとく短足に見えるんだよなぁ。

先に述べたとおり、お話内容も肝心の一話目とは思えないほどお粗末。
腹減った不良が不良にたかって(その際にすごいパンチを見せてこいつは強いんだぞアピール)ラーメン食べて終わり。
これを読んでどうしろ、と。そもそも似たようなキャラをREDの連載で出しているじゃないか、と。

いくら不良漫画が秋田のお家芸だとしてもちょっとこれはあんまりだと思う。
こうなってくると、煽り文やら自画像までにもいらん突っ込みをしたくなってくるから不思議だ。
本当の漢はどこのどいつだ! なんてタイトルページで書かれてますが、少なくともこの中にはいねぇよ、と言ってやりたい。

短期連載だからいいものの……再開後のナンバでお口直し出来ることを期待します。以上。

モイラ(短期新連載)
原作:藤澤勇希、作画:高木智誠。作画の高木先生は他誌でデビュー済みっぽいがどこでデビューしたかは不明。
藤澤先生についてはチャンピ読者ならば説明不要かと。知らない人はBMネクタールとかを漫喫あたりで読んでみよう! あまり知られていない名作をあげよう、的なスレなんかだと高確率で名前が上がる作品です。

さて、本作。
こういったSFアクションは好みなので、内容自体は素直に楽しめた。
ただ、作画が粗い……いや、作風なのかな。
ハッタリの効いたアクションをやっているのは感じられるのだが、何が何だかわからないシーンが多々あるのがマイナス点。画面が黒過ぎるんだよね。

……あとは、特にないかな。この荒廃した世界観ならモイラを女の子女の子する必要も無いし、ケルビムを始め、敵の不気味さは良く表現されてると思う。
司教が女性たちを薬漬けにするシーンなんかは崩れたような作画が雰囲気を増していてとても良かった。

もう少しじっくりみたいが、前後編なため次回で終了。
わざわざ原作をつけているから、間を空けずに帰ってくるとは思うけどね。

にしても、やっぱり似てるよなぁ……カオナシ……じゃなくて空王シャフォーに。

範馬刃牙
これでもう思い込みマッハは打てなくなってしまうんだろうか。
いや、その前に克己の空手家人生が……。
さすがに、すごいね人体(はぁと では済まなくなってるからなぁ……。
しかし、これを見る限りではバキ(主人公補正)か百歩譲ってジャックぐらいしかピクルに勝てるやつがいなさそうだ。
ガイアとか鎬じゃぜってー無理。

クローバー
ダブルパンチのコマは絶対笑いが取れると思って描いただろw
ていうか、揃いも揃ってクローバーパンチが必殺技なんだな。昔の仮面ライダーだってもう少し決め技があるだろ。

浦安
地味三人にスポット当ててもうまく話が回せるあたりはさすがだなぁ。

釣り屋ナガレ
私が支えます!
いやいや俺が! と思った読者は十人に八人はいるはず。
あんな事やそんな事まで支えてあげたい。

やっとこさ大イカを釣りあげたけど、これは喰えそうな感じじゃないよなぁ。
でも、お爺さまはすごく喜ぶんだろうな。次回が楽しみだ。

ギャンブルフィッシュ
アヴィさん、それじゃ癇癪起こした子供と同レベルや!
女キャラばっかり目立つ作品だけど、男キャラが要所要所でしっかり活躍してくれるから良いんですよね。
何が言いたいかというとキノコ超GJ。

次週からは新章らしいけど、日常編も少しはやってくれると嬉しい限り。
合間合間のキャベツは大事よ。

みつどもえ
「食う」じゃなくて「喰う」の領域に入ってきたな、みっちゃん。なんか一人だけ手づかみだし。文明の利器はどうした。
そして、ちゃっかりと隣の席を確保している杉ちゃんが素敵。
宮なんとかさんは無理やり座りました。

聖闘士星矢 冥王神話
ユニティィィィィ!
うーん、このタイミングであっさり殺されるとは予想外だったなー。フラグなんかは立ってたけどね……。
死に際のユニティと、ラストのデジェルの表情は見ごたえがあった。まぁ、それ以上にパンドラの冥衣がくいこんだ太ももの方が……ユズリハといい手代木先生の萌えポイントは太ももなんだろうか。

来週は順当にデジェルVSラダマンティスだろうか。
それともカルディアが任務を優先しろ的な事をいう展開かしら。
どちらにしても燃える展開になりそうだ。後、是非ともパンドラにスカーレットニードルを打ち込んで欲しい。

侵略!イカ娘
クソ暑い夏に段ボールに数時間閉じこもれる早苗の根性は異常。
プレイコミックの新連載とシンクロニシティーしているところがさらに厄い。
向こうは潜入成功してこっちは失敗しているけど。

D-ZOIC
フックとバーンがいい感じすぎてニヤける。プロなだけに切り替えも早いね。

マイティハート
アリオトって確保されてなかったんだ。

現代怪奇絵巻
>ビデオを見るだけの~
これはあるなぁ。でも、ビデオの方が教え方がウマい怪奇。

>TVを見ながら~
このブログの更新もニコニコを見ながら……ごめん嘘。

CTC
咲来氏、おめでとうございます!
ルーキーで優勝とはこれまたすごい快挙だなぁ。

イラストコーナーは矢印氏のはちゅね風お嬢が良かった。私のタイミング的にも。
や、今日ウチに届いたんですよ、某ワキミクが。

次号予告
アニメ化に合わせてラインバレルのアニメ版第一話を掲載。
好きな作品なので嬉しいが、これもモイラ同様、たまに何やってるかわからないところがあるので、そこが不安といえば不安。週刊だから月刊以上に紙質も悪いわけだし。
ていうか、一話で収まるのかな……。

ちなみに、アニメの方はマクロスFの後番。よって天下のTBS様の放送です、何気に力入ってるぜ!
見れない方はビッグローブストリームで放送後、一週間無料配信なので、そこで楽しむと良いと思うよ。

それに合わせてか平野綾の巻頭グラビアも敢行。
グラビアアイドルでも残念な感じになるのに、これまたすごい試みだ……。
あ、でも小清水亜美の時は割と普通だったから、今回も大丈夫……だと思いたいよ、ほんとに。
事務所に怒られなければいいんだけど。

チャンピオンのカメラマンは真実を写すラーの鏡。おーにが出るかじゃが出るかー♪

後、しつこいようですが、45号からヘレンespが短期連載開始です。

先生は暇なの?
陽虎が紳士なんかじゃねぇ! と拳をふるう中、その痛みに快感を見出すクリス。
……とんでもない変態だよ、この子……。

益龍によって植えつけられたM魂が、陽虎の拳によって再び開花、といったところだろうか。
はい、胸がドキドキする魔法入りましたー!

恋の滝登り、という出オチのような技を使いその場から退却するクリス。
その胸に芽生える感情は……恋かな?

クリスの獣道を作るかのごとき爆走にも突っ込みたいが、なんといってもわけのわからん登場をしたスカルさんに目がいく。
そもそも何で木の上にいるの? そこに登る必要性はあるの? 制限時間があるはずの貴重な変身なのに何でどうでもいい事でちょくちょく変身してるの?

一見すると、部下の気持ちを汲む良い上司風の登場だが、任務失敗した杏ちゃんを速攻で殺そうとした前科があるだけに、クリスにも何かしそうで怖い。
まぁ、狡猾な彼の事だけに下手に動いたりはしなさそうだが。

巻末コメントで仰っているナナフシの子供の真似はぜひスカルさんにやってもらいたいところだ。
……それとも、今回の木登りがそうなのかな。
二代目覇王を名乗りだしてからのジャンの安定感は異常だ。
前作の時は+αで大ピンチに陥ることも多々あったけど、Rになってから揺るぎが無い。
ただ、安定しているということは変化もないという事なので、漫画的には面白みに欠けるというか……。
五番町編に入ってからはだいぶ改善されてきた感がありますけどね。まぁ、でも、今のジャンじゃ絶対に宴会料理の失敗なんてしないんだろうなぁ。なんだかさびしい。

さて、本編。
とりあえずあまり話は進んでません。
経同盟は相変わらずの突っ込み役でした。

ちなみに、我らがリュウさんにも特に出番は無し。フカヒレ選んだだけ。
予告の煽り文は正しかったんだなぁ……リュウが活躍する可能性もあったのに許せない!

いや、それにしても、マジでリュウはどうやって課題をクリアするんだろう(こればっかだな、最近)。
克己が当てない打撃を編み出したように、リュウもXO醤を使わない料理を編み出すのだろうか。
そうなったら、そうなったで面白そうだ。

話は変わるけど、刻んだハムがマックのポテトに見えたのは私だけだろうか。
……私だけですね、腹減ってたのかな。

月刊少年チャンピオン連載中。

江戸時代に実在した力士・雷電為右衛門。これは彼の若き日を描いた物語である。


現代(2008年)において、最強と称されるオランダの格闘家エミル・ハーン。
そんな彼が人類史上最強と崇める雷電為右衛門。エミルはそのルーツを探るため、二本に来るが……。

と、ここで話が江戸でタイムスリップ。何と雷電(幼少時は樽吉)自身の話にシフトしていく。
なので、エミル自身が雷電のルーツを暴くといったルポ的要素、お勉強的要素は無し。
史実を完全再現(ある程度は正しい模様)という風でもなくどちらかといえばif的要素が多めで、あくまでも少年漫画している。

現在と江戸を行き来する構成はちょっと違和感を感じるところもあるが、二巻ではそれが重要な意味を持つ。

展開が月刊漫画の水準以上にスピーディーで読んでいて気持ちがいい作品。
昨今の相撲業界のあれこれにうんざりな人はいっそこれでスカッとしてみては?
……そんな人は漫画読みませんかね、そーですか。

いや、でも、実際にテンポはすごくいいですよ。

バトル描写は躍動感があり、迫力満点。筋肉の描写も良い。
古き良き少年漫画が読みたければ、迷わずお勧めします。

帯コメントは10万24歳のあの方。確かに最適な人選だ。


よそ様リンク
マンガ一巻読破様


今のところ、レビューが一巻読破様以外見つからないなぁ。面白いのに。
色々な意見を読みたいので、他にレビューしてるとこを知っている方、または自分がレビューしたよ、という方は教えてください。次巻以降の感想の参考にしたいので。

週刊少年チャンピオン連載中。

裏門坂編クライマックス! そして、鳴子との出会い。

この二巻は坂道の転機となる巻ですね。
鳴子との出会いにより、自転車で自分の求めるものを坂道が見つけ始めてきます。
しかし、見開きの使い方がかっこいいよなぁ、渡辺先生。

後、タイトルに灼熱の時間とつけてしまいましたが、今現在、本誌でやってる方がそっちに相応しい状況かなぁ。後、渡辺先生の制作状況もそんな感じだと思うよ、うん。

ここからしばらく(三、四巻ぐらい?)はウェルカムレース編が続くので、オタクである坂道が好きな人は脳を切り替える必要があるかも。
自転車をやる動機はオタクのそれなんですが、レース展開は完全にスポーツ漫画の形式ですからね。
そのあたりの落差を楽しむのもまた良いと思いますがね。

まぁ、渡辺先生の事だから、レースが終われば少しはアキバ編なんかもやってくれるんじゃないかと期待してみたり。

おまけページは前巻と同じ取材日記。先生の人柄が出ていて良い。

一巻感想はこちら

よそ様リンクは無し。レビューサイトが多い作品なので検索した方が良いかと。
・今週は金曜日に更新出来たらいいなぁ(願望)
・みつどもえカバー、松岡さんって未だにチーム杉崎にカウントされてるんだね……買い物なんかはたまに付き合ったりしてんのかなぁ、背表紙の眉毛とピンで笑った
・今さらですけど、マガジン41号の佐藤将「黒い教室」の感想を最後に書きました。情報感謝。
・今回のグラビアは壊滅的

ナンバMG5(最終回)
一応、最終回。再開は48号からのようで。
肝心の新タイトルはナンバ デッドエンド。
デッドエンド……行き止まり……って意味だよなぁ。随分と不吉なタイトルだ。

確かに今回のラストで剛の二重生は「行き止まり」的な状況になってしまったのだろうが。
そう考えると上手いタイトルではある。

連載再開後、いきなり嵐が吹き荒れるか、ひとまずは平穏な日常か……。
ああ、見るのが怖い。

何はともあれ、小沢先生、ゆっくり休んでください。


……ふと思ったんだけど、今回の伍代ってゲームしてただけだよな。
なんだか某ダブルオーの某姫様みたいなポジションだ。向こうは2クールに渡っての筋金入りだったけどさ。

フジタチバナ(最終回)
短期連載最終回。
別れではなく、残留でオチをつけてきたかー。
最終回は農業な流れもなく、普通にパンツで終了。農業パートが良かっただけに最後も農業で締めて欲しかったが……。

作品自体は前作よりも大幅に読者を意識した内容になっていて良かった。まぁ、前作が酷過ぎただけなんだけどね。
まだまだ課題は残っているだろうけど、これからも頑張ってほしい。生え抜き作家は大事だからね、うん!

金縛っておくれよベイベー
憑依という新要素と久しぶりに読んだことによる新鮮さが相まって今回は面白かった。
問題は二回目以降だな……。

ところで、冒頭の引っ越し完了ってどういう意味なんだろう。深い意味は無いと思いたいけど、プッシュの仕方が大きいだけに色々気になってしまう……。

みつどもえ
カラー二枚(普通一枚だろ)に、描き下ろしカバー、単行本作業に表紙イラスト、そして二本立て……。
そりゃ一週ぐらい休むだろ、常識的に考えて……。

皆さんが言うとおりお話の内容は一本目>二本目だと思いますね。
二本目も面白エロかったけど。びちゃびちゃひとはとか濡れ濡れひとはとか。

一本目は口を開けて待っているおがちんが同人的な意味でエロいと思った。絶対、使われるよ、あのシチュ……!
後は、杉×みつが最高潮だったり、宮下さんのやり切れない表情が笑えたり、千葉氏が普通にかっこよかったり。
いやー、えがったえがった。にしてもみっちゃんは完全に豚化してしまったんだなぁ……。
いや、わかってたんだけど、体育ぐらいは普通にできると思ってたんで……。

カラーイラストは二枚目の方が好きです。もちろん一枚目もいいけど(雌豚、お菓子持参かよ)。
のりお先生のカラーはキャラの声が聞こえてくるから好きです。ドアの所の矢部っちとひとはなんかその典型かと。
イラストレーター的な上手さのあるイラストじゃないんだけど、漫画家としては良い形になってるんだと思います。

範馬刃牙
菩薩マッハ突きでもやるのかな。
眼力でグラサン割る郭のがすごそうに見えたのは気のせい。

弱虫ペダル
もう三十回転あげました^^
……もはや、狂気の沙汰だな、坂道……。
ていうか、もう限界超えてるんじゃないだろうか。来週あたり、ぶっ倒れて気を失うような気がする。
まぁ、いくらポテンシャルが高くてもここまでだろうなぁ。ようがんばった。

クローバー
これをDDE(どうでもいい)の戦いと名付けよう。

ギャンブルフィッシュ
目じゃなくて鼓膜で来るとは……!

確かにこの手の能力は命令さえ聞かなければどうとでもなりそうだ……。
脳に直接呼びかける系やエレセロスみたいなのは防げそうにないけど。
つまり、本家本元のギアスも耳さえ塞げば大丈夫って事かな? まぁ、向こうは今週で終りだから今さらどうでもいいけどさ。

ここ二週はサバゲー以前のギャンブルフィッシュらしい展開で本当にうれしい限り。
で、盛り上がったところで阿鼻谷を投入、と。わかってるなぁ、制作サイド。
ていうか、どこで待機してたんだ、阿鼻谷。アパッチ用意してずっと崖下で待機してたの? 暇なの?

聖闘士星矢 冥王神話
黄金聖闘士に感知されない犬と馬のがすごいと思います。
本の量に圧倒されるカルディアが可愛かった。

釣り屋ナガレ
竿が悪い! 的な事を言わず、すぐ謝る波夫は良い子。
次回はVSイカ娘ですね、楽しみ。

トンボー
だんだんとエンジンかかってきたようで。

ストライプブルー
アー坊、黒いというよりこれでは情緒不安定なのでは……。
案外、抱え込むタイプなのかね。直木は出来る子になったなぁ。

侵略!イカ娘
ついにイカ娘に巨乳キャラが!! しかもエロい! 素晴らしい!
いや、ほんと、今回だけで出番終了は勿体ないので二回、三回と出していってほしいなぁ。
なんだか今までで一番新鮮な回のような気がした。

スクール人魚
前回同様、二話目は特に語ることがないですね。さて、オチはどうなるか。
相討ちになったりしてね。
巻末コメントが吉富先生らしいなぁ。

マイティハート
はなっから大きなお友達向けの衣装だと思います!
そんな事よりマツリ先生が随分と体張ってる件。

悪徒
女装は覚悟だったのか……まぁ、確かに覚悟しないと出来ない行動ではあるが。
針塚姉ちゃんが普通におっぱいが大きくて絶望したようなしていないような……。いや、イメージでは貧乳スレンダーだったので。
お姉ちゃんは何か別の組織にでも入っていると考えるのが妥当かな。アンチ更生省みたいな。

クリスさんは殴られたことにより、そろそろ目覚めるだろうな。

現代怪奇絵巻
>転校した~
転校じゃないんだけど、未だに返してないゲームがあるんですよね……。卒業してから会ってないからなぁ。

>頼みにしないのに本棚の~
ナデガタボーイの家でこれをやってみたい。

CTC
ジャンのイラストが上手い……描ける人はいいなぁ。
ロキさんの改変ネタは良いとこ突いてる。

次号予告
原作:藤沢勇希 作画:高木智誠「モイラ」
島崎カオル「バーサス」

の二つが短期新連載。
藤沢先生、本誌に来るの久しぶりですよね。エレル以来……かな。
レギオンが終わったのもこれが有ったから……としておこう。そうでなきゃ悲しい。
高木智誠先生はこれがデビュー作なんだろうか。予告イラストを見る限りでは悪くない絵柄。
モイラが少女に見えないけどな。

で、もう一本のバーサス……だけど。これ、明らかにナンバ2の繋ぎ……だよね。
それとも、あわよくばクローバーの奇跡をもう一度って思ってるんのかなぁ。

ていうか、島崎カオルってあの島崎カオル先生だよね。寅壱の。
あの作品を読む限りじゃこれっぽっちも期待できないんだけど……どうなるかなぁ。
今でもREDワースト漫画の一つに名前上がるほどだしなぁ、寅壱。
まぁ、読んでみない事にはあれなので一応、次週に期待、ですかね。

後、45号から木々津先生の「ヘレンesp」が再開なようで(ソースは今月のRED)。
これは普通に楽しみ。待ってますよー!
でも、体は大事にね。


週刊少年マガジン41号 佐藤将読みきり 黒い教室
えーと、確か佐藤先生ってデビューがサンデーだったっけ。
で、チャンピオンで連載&読み切り数本。今回でマガジンですか。
何気に三誌制覇してるんですね、後ジャンプだけじゃん!
まだ単行本すら出ていないのに、すごいな、これ。

で、作品の内容だけど、どこをどう読んでも佐藤先生的な作品でした。
なんだか説明になってないけど一読すれば、ああ佐藤先生だな、ってわかってもらえるかと。
先週号だからお店には無いけど。

一言でいえば、人物の顔がおぞましかったです。
CA6EZHWZ.jpg
(*´д`*)
CAI01HSL.jpg
もちろんチャンピオンは二冊買い。三冊買おうと思ったら売り切れやがった。ポスターの時も売り切れんの早かったなぁ。

CAAZ25QS.jpg
で、着けてみた。みつどもえ五巻も二冊買いしたよ!
本棚のスペースが無いので並べてニヨニヨできないのが残念。

関係ないけど、パニッシャーのイラストハガキも当たってた。

CAU7XW3J.jpg
悪徒も当たるかなぁ。
蟇目兄さんが満面の笑みでラジコン遊びしている最中、残りの三人も着々と準備を進めていた。
自らを薬膳の帝王と称し、料理を進める五行、その目にはかつての黒い輝きが宿り始めていた。

五行の回想でスープを飲んでいる料理人(禿の方)が望月の親戚に見えてならない。
あの不用意さといい、血縁関係が! まぁ、どうでもいい。

着々と経同盟の死亡フラグが積み重なっていて笑えるなぁ。いったい、どういう反応をするのやら。

それと、今回の勝負は皆が皆、やたらと「王」を自称したがっているけど、何か心境の変化でもあったんだろうか。
こうなってくると、我等がリュウジ様がどんな王を名乗るかが気になるところ。
覇王、帝王、龍王だから……大王? 違うなぁ。
喜劇王? 確かに出てくるだけで笑えるけど……まさか、X王とか言わないよね?

それ以前に予告の煽り文で思いっきり無視されてるけど、ちゃんと来週活躍が描かれますよね?
おら、なんだか心配になってきたぞ。

もっとも、無視されたらされたで別にいじりがいがあるんだけどねー。
neta027.jpg
まさか封書で知らせがくるとは……。
切羽詰まってそうだなぁ。
・また表紙がサンデーっぽい。
・アンケートでやたらワクワクしてしまった(フィギュア絡みの質問でした)。とりあえず、みつどもえ・悪徒・イカ娘にしてみた。立体映えとかも考えたんだぜ?

スクール人魚(短期新連載)
待ってましたよー! 今回もいい感じの一話ですねー。
基本設定は前作と同じですが、今回は同じ男の子が好きという事(つまり敵同士)と、夜明けまでに人魚の肉を食べないと人魚になってしまう、という決まりを二人が始めから知っている事が違いかな? 
汚い方が勝つと思いますが、はたしてどうなるか。

サナギさん(最終回)
4年間お疲れ様でした。良い最終回でしたよ。
楽しい時間を楽しいままずっと……か。サナギさんらしいセリフですね。

実をいうと、フユちゃんがサナギさんの脳内友達だった、という初期構想を最終回でやるのかと思ってました。
でも、それじゃなくて良かったです、ほんとに。いや、それも見てみたいっちゃ見てみたいんだけどさ……。
ファンは泣くよね、絶対。

次回作楽しみにしてます、ではまた。あ、森のテグーも読みますよ~。

荒神(最終回)
え、もう終わりですか。こんな早く終わったんじゃ何も評価できないと思うけど。いや、面白かったは面白かったけどさ。

と、とりあえずお疲れ様でした。
巻末コメントが印象深かったです。沼田先生といい、新人漫画家さん達は(二人とも新人ってわけでもないが)大変だなぁ。

聖闘士星矢 冥王神話
なんかカルディア様から仄かにデスマスク様の香りがします。
手代木先生のことですから、あんな扱いはしないと信じたいですが、だからこそデスマスクの一族を出してきそうな気もするんですよね。
次回からはポセイドン編になるみたいで。海闘士も出てくるのかなぁ。

所変わってテンマは修行が終了。
デフテロスはアスミタの発言からすると、双子座の聖闘士なんでしょうかね。
デフテロスという名前も二番目という意味らしいですし。
登場した場所もカノン島だしね……。

となると、兄貴の登場が気になるところ。

範馬刃牙
克己のターンもそろそろ終わりでしょうか。
手足がイっちゃったけど、このマンガの事だから治るんでしょうね、きっと。
でも、喰われちゃったらさすがにやばいよなぁ。どうなる克己!

みつどもえ
ずっと宮前さんのターン! 
こーお! のコマがやたらニヤニヤできる仕様でした。いやぁ、この二人の絡みはいいなぁ。
大石小学校の子(胸でかいな、この子)に捕った時のひとはの表情がやけに新鮮でした。あんな表情するんだなぁ。


次回は二話掲載&ブックカバー付き! やべぇよ、ブックカバーの宮上さんがエロいよ。
とりあえず二冊買いはする予定です。

弱虫ペダル
田所っちのダンシングが見たいと思う回でした。サイン会行きたかったなぁ。
……二巻の感想もかかねーと。

クローバー
絶対、これ女の嘘だよ、と思わせといて普通に暴力兄貴が登場するのがクローバークオリティー。

侵略!イカ娘
渚と早苗が出会ったらどんな事が起きてしまうのだろう。
イカ娘が抱きつくシーンなんて見たら……nice boatはこの作品に望みませんよ?

ギャンブルフィッシュ
聖矢が同誌でやってるからって、何も脱ぎたがりの真似せんでも。
潰しているとは考えづらいけど、指はマジで飛ばしたからなぁ。どうなるんだろ?
ゴッキーは期待通りの働きでした。油ぎっててかっこいいよ。

ナンバMG5
皆さんもう知っての通り、仕切り直しコースだそうです。
タイトルが何になるか期待半分不安半分。
ツヨシ、とかじゃないよな……。

釣り屋ナガレ
ナガレの左目は偏光レンズ……なのかな。
でもって、コンタクトじゃなさそうだから眼内レンズかな。形もモロだし(某スレより引用)。

>手術費用(眼内レンズ費用を含む)は片眼につき49万3500円です。
高。あの生活じゃ費用なんて払えないだろうに……。
事故かなんかでせざるを得なかったのか、自発的なものなのか、はたまた第三者の介入かでつけるハメになったのかが今後のカギになりそうですね。

ストライプブルー
監督が「一回ぐらい良いだろ?」的な事を言ってるようにしか見えない。

マイティハート
ミグレスはヤンデレっぽくないんだよなぁ。

悪徒
クリスは潜在的M。間違いない。
あの益龍は洗脳済みの状態なんだろうか。どうも、洗脳されている風じゃないんだけど……。
益龍関連は本当に謎が多いなぁ。

クリスがここにきて、魅力を増してきたけど、やはり本ヒロインは上だったか……。やにぱぁー

D-ZOIC
かっこいい爺は良いよね。

フジタチバナ
今週はうんちくが少なくて物足りなかった。

パニッシャー
ヤックデカルチャ。……すいません。

現代怪奇絵巻
モミーヌの擬音が懐かしく思える怪奇。

次号予告
トンボーが復帰。金縛ベイベーも復帰! モミーヌは伏線だったのか……。
悪い作品じゃないけど、別の作品が読みたかったというのが本音。
良い意味で人物間のキャッチボールが出来れば良いんですけどね。ずっとミツ子のターン! ではちょっと……今回はそれが改善されていることを期待します。


みつどもえ祭りも開催ですよー!!
いちご編集ブログ
>放送直前・10月2日発売の週刊少年チャンピオン44号では、大々的に「鉄のラインバレル」大特集ありっ!! 清水先生&下口先生が描き下ろすカラー付きオリジナル特別編が掲載され、九条美海役の声優・平野綾さんグラビアも有り

ですって。
ここまで力入れてくるとは予想外。でも、良い作品だと思うのでこういう事はどんどんやっていいと思う。
とりあえずプラモは買うぜー!

追記
動いとる動いとる。

チャンピオンRED公式
>次号、チャンピオンRED 2008年12月号(10月18日発売)予告
>センターカラー血まみれ新連載!!
お姉チャンバラ 紅
原作/TAMSOFT/D3 PUBLISHER
構成・コンテ/山本賢治
漫画/服部三枝


山本賢治復活っ!!! 山本賢治復活っぅつぅ!!  山本賢治復活ぅぅっぅつぅつつ!!!
誕生日にいい報告もらったぜ……! そして、おめでとうヤマケン。

ここからヤマケンの完全復活が始まると信じるぜ!

服部先生は多脚系彼女を見る限りでは期待が出来そうかな。
まぁ、でも、想像以上のコンテになりそうなので、頑張ってください、ほんとに。
gekimeka.jpg
これが蟇目様の超秘技、セーリング・ダンスだーー(これはRCですが)!!
この漫画は料理漫画です

ラムネコーラなんぞ、一歩間違えれば口腔が裂傷しかねない代物を飲ませられた経同盟連中ですが、提訴には至りませんでした。
それどころか、フカヒレ料理を食う気満々です。ジャンへ点を入れる気は無さそうですが、ちゃんと料理を待ってるあたりがアホ……スバラシイ。
そうじゃないと、漫画が成り立ちませんが。

さて、兄さんのご乱心ですが、これはちゃんとした料理行程の一つらしいのでご安心を。
なんで調理場にRCが置いてあるのか、という問題はスルーでお願いします。

ていうか、今週の兄さんは自称「龍王」発言とか痛い子すぎるような気がするのですが、どうしたのでしょう。
どんどんキャラ立ちしていくリュウジに負けてられないとでも思ったのでしょうか。

まぁ、確かに今回のフカヒレ料理はリュウジが如何にして課題をクリアするかが肝ですからね。
どうせ、他の三人は難なくクリアするでしょうよ。上の画像を見る限りじゃちょっぴり不安ですが気にしない気にしない。

にしても、キリコの、あの四人ならなんなくクリアできる発言が全く信用出来ないから困る。
だって、リュウジですよリュウジ。XO醤代だけで足が出るよ。
それとも、XO醤は俺が自腹切るから原価は0円だぜ、とか言う気なんですかね。

どうでもいいけど、タワシって不衛生じゃないだろうか。新品だからいいのかな……。
でも、タワシの繊維は混入するよね。気分的にも嫌だなぁ。

真珠夫人気分を味わえそうな料理になりそうです。

画像の出典:【鉄鍋のジャン!R 頂上作戦】 西条真二/おやまけいこ 秋田書店

あんた、何やってんだ!

別冊ヤングマガジン連載。

ダチョウ倶楽部メンバーの一人、寺門ジモン。
芸人として日々働く彼にはもう一つの隠された姿があった。
自然を愛し、自然に取りつかれた男……それが真の寺門ジモン……ネイチャージモンである!!

……要はネイチャージモン(以下、ネイチャー)がクワガタ取ったり、肉喰ったりな作品です。
その中で長い蘊蓄を語って、読者視点のキャラ・コマツくんがそれに突っ込んだりする話です。
ある意味、エッセイに近いような……まぁ、ぶっ飛んだ日常ですけど。

前半はネイチャーのクワガタ取りにコマツ君が取材で同行する話です。
クワガタといっても天然のオオクワガタなので、そこらの森にはいません。

そう、オオクワガタは山にいるのです。それも熊が出たりするような山です。
そんな山の中でネイチャーが蘊蓄を披露したり、説教をしたりして話は進みます。
まぁ、この話はネイチャー入門編みたいな感じですね。ここできついな、と思った人はすぐに本を閉じてブックオフにゴートゥーした方が身のためです。そのかわり、君はバッドネイチャーだ!


所変わって後半は焼肉編。
ウマい焼肉屋でネイチャーがとにかく肉を褒め、語ります。
前半のクワガタ編なんて眼じゃないぐらい語ります。読者とコマツくんなんか完全においてけぼりです。

でも、このネイチャーの姿はある意味、私たちに近い姿かもしれません。
だって、これをチャンピオンに置き換えるとまんま俺なんだもん。

それが作品として成り立つかどうかは受け手次第だけど。
この語りをうぜーwwwwと笑い飛ばすか、うざったいなぁ……とマジでウザがるかでだいぶ評価が分かれる作品でしょうね。

え、私?

そりゃもう……大好物に決まってるじゃないか!
人が何かを喰う姿と、何かを語る姿って好きなんですよね~。そういうのが好きな人はハマるんじゃないでしょうかね。
特に肉の描写は良いですね、旨そうですよ、本当に。

刃森先生の他作品は、作風のせいで人をかーなーり選びますが、今作に限ってはだいぶ読みやすくなっているんですよねー。
相変わらず人間の表情はキモイけど、ジモンちゃんには合ってると思いますし。


さぁ、これを読んで君も明日からネイチャーの仲間入りだ!
ナイスネイチャー!


その他のナイスネイチャーな人達↓
マンガ一巻読破様
ネイチャー無駄話様

週刊少年チャンピオン連載中。

みつどもえもついに五巻です。
サナギさんが次週のチャンピオンで最終回となるので、チャンピオンのギャグ陣では最も長期連載をしている事になります(厳密には怪奇絵巻が一番ですが単行本的な問題でもみつどもえを一番にしました)。

連載開始からもう二年ほど経っており、ここまで期間が長いと、ギャグ漫画としてはマンネリの声も上がってくるはずですが、そんな声がほとんど聞こえてこないのがすごい事だと思います(個人の感じ方もありますが)。
むしろ、世界観とキャラが長期連載でより一層確立され、どう転んでも面白いという状況を生み出しているという怪奇。

ファンの盛り上がりもチャンピオン作品にしては大きいしで、名実ともにチャンピオンのエースといえるのではないでしょうか(信者目で)!

さて。
五巻での主役は何といっても宮下さんでしょう。
思えばこのあたりから、彼女のウザキャラが確立されてきたような気もします。
具体的にはメインを張った81卵生あたりから……かな。
今では、すっかり彼女の虜。コミュニティを立ち上げてしまうほどですよ、フヒヒ。
おまけの四コマでも宮下ネタがあるしで、もう辛抱たまらないね!

巻末の吉岡脳内相かん図も見ごたえあり。
杉みつの矢印が無いのは、いかがなものかと思ったが、それが加速するのは六巻あたりなような気もするので次に期待しよう。
それとも、吉岡さんにとって、ストーカーは愛じゃないのかな? ん?

帯の折り返しにハガキプレゼントの告知あり。
とりあえず、この記事を読んだ人は送るのを禁ずる。だって、俺が送るから!!

追記
春に発売した浦安増刊号に掲載された特別編も収録されているので、未読の方はぜひ。

追記の追記
カラーページ描き下ろしあり。
ひとはのお待ちなさいパロが見られます。

前巻(4巻)レビューはこちら

よそ様リンクは以下
360度の方針転換様
・最終回は突然に
・ペダル二話掲載。カラーええのぉ、映えるのぉ

範馬刃牙
だが、巻頭カラーは範馬刃牙なのであった。

ピクルをダウンさせたのは大きいなぁ。少なくともレックスのそれよりも効いてるって事だよね。
全身マッハ状態って事は、全身が壊れるって可能性もあるだろうけど、今が正念場なので頑張って欲しいです。
まぁ、ほら。すごいね人体はぁとで治るでしょ、たぶん。

みつどもえ
ジャイアントスイングパンツ脱がせとか栗山っちのセリフとかが浦安パロディーな感じでした。
にしても、みっちゃん、汗が甘ったるいって……。本格的に糖尿なんじゃないか……。
でも、ひとはたんなら糖尿病食も作れるよ、良かったな雌豚! パパンもダイエットできて一石二鳥! ……なわけないよな。

弱虫ペダル
表紙に鳴子がいないのはこういうことだったのか……。色々なところで語られましたが、今週はすごかったです。熱い!
この展開なら二話掲載して良かったと思えます。渡辺先生、ご苦労様です、ほんと。

後、田所っちこと雄豚先輩が可愛くてたまらないんですけど、何なのあれ。

浦安
赤塚さん、追悼的な回。コメントが無いのはこういうことだったんですね。
漫画家なら漫画で応えるって事ですか。グレート。

クローバー
そんなに美人に見えないんだけどな、この子。
ハヤトのパンチの構図、たまには変えてください。

ギャンブルフィッシュ
久々に頭脳戦。
まぁ、ゴッキーは囮だろうね。杜夢は今頃、トンボちゃん直伝三点目潰しの構えに入ってるに違いない。それか虎口拳。

侵略!イカ娘
>みんながみんな変だからそれが正しいと錯覚してしまっているんだ!
ちゃ、チャンピオンを侮辱したな!

ともかく、「サ」イトウ「ナギ」サちゃんにはサナギさんの抜けた穴を埋めてもらえるとありがたひ。
シンディーよりも出番がありそうなポジションなので期待。

聖闘士星矢 冥王神話
鬼の修行も終わりが見えてきた。最後まで婆さんの方が怖かったけど。
黄金聖闘士になれば、きれいなお姉さんが侍従についてくれるんですね、わかります。

釣り屋ナガレ
ナガレの素早い反応により、マキエは無事だった。が、貴重なショタをキズものにした波平は万死に値するぞえ。
トゥイッチングの説明をしているナガレがらきすたっぽかった。俺っち、らきすた読んだ事ねーけど、そんな感じ。

後、釣りをしていれば合法的に少女に抱きつく事が出来るらしい。
というわけで……ちょっと行ってきますね。

サナギさん
>次週最終回
い、異議あり!
と言いたいことだけど、このあたりで終わるのも有りかもしれない。
サナギさん世界のこれ以上の拡がりは無いだろうし。逆に施川先生の拡がりはまだまだあるだろうし、ね。
でも寂しくなるなぁ。しばらくはヤンチャンのテグーで餓えをしのぐしか無いか。

トンボー
キャラが多い方が良いよね、沼田先生は。
内容は明るいけど、巻末コメントが現実的すぎて泣ける。アサリを詰める姿まで想像しちゃってさらに泣けるなぁ~~~。
きっと次々週も鮮魚コーナーコメントなんだろうな……。

エンジェルボイス
所沢スキーとしては嬉しい展開でした。

荒神
女の子がいちいち凌辱されるのはご時世だからしょうがないよね、うん!
こういうことはどんどんやれー!!
二話目にして、主人公ピンチ。この展開の速さも集中連載ならではだなぁ。

後、私は加護女は全三巻じゃなくて全四巻だっ!!
先週も間違ってたぞ!

フジタチバナ
農業うんちくは良いんだけど、エロとつながらないよなぁ……。
まぁ、アクエリオン学園よりはずっと面白いからいいか。各キャラの掘り下げもしてるし。
一番人気は二女、その次は四女ってとこだろうから、次回と次々回に期待。

パニッシャー
何も書かないものあれなので。
この漫画の限界ってどこなんだろうね。異種族はありなのかー。
まぁ、今週は別にいいんだけど、そろそろアウトラインの提示をして欲しいなぁ。
うたわれるものでアヴ・カムゥが出てきたことを思い出しました。向こうは納得いく説明があったけどね。

いやぁ、ファンタジーって難しいなぁ。

D-ZOIC
ゴッロかっけぇ。

現代怪奇絵巻
>全品50%オフ~
アマゾンのフィギュアコーナーで良く味わう思いですね、わかります。
定価で買ったものが、八割引ってなんだよ……。

次号予告
聖闘士星矢 冥王神話が100回記念巻頭カラー。まだ100回やってなかったんだな……。
小宇宙大炎上というよりはカノン島が大炎上である。

新短期連載で、吉富昭仁「スクール人魚」。
やっと来たかぁ、長かったー。

今のチャンピオンに足らないものはホラー要素だから頑張ってもらいたい。
前作のクオリティなら何の問題も無いだろうし。キーワードは歯茎だ!
ヘラを研ぐ金ちゃん。金ボタンの次はヘラがマイブームな金ちゃん。
最初、墨を磨ってるのかと思ったのは内緒だ。

クリスの武器は手に仕込んだ鯉のようだ。
この鯉はおそらくスーツの武器だと思うのだけど、どうやらクリスは体の一部分だけをACT化できるようだ。
今までのキャラで誰もしていなかった事(スカルもしていたかもしれないが)をあっさりしてくるとは、さすがはexACTといったところか。
奇襲性も高いし、ヨーコも是非習得しておきたいスキルだ。彼の性格からいうと、あまり似合わないのだけど。

最後の金ちゃんは洗脳されたようなされていないような微妙な感じだ。
とはいえ、操られているのは確実なので、ぜひ金ナッコォでぶっ飛ばして元に戻してあげて欲しい。
そうなると、またボスへのラブ度が上がることになるけど……。
ページの関係で荒神の女の子を襲いに行っているように見えるのが面白い

しかし、クリスたんは自分の主張ばかりする子だなぁ。ビバお役所仕事。

おまけ
CALZ168H.jpg
1220208586282.jpg
なんか似てる

画像の出典:【悪徒~ACT~】 猪原賽×横島一 週刊少年チャンピオン 秋田書店
李さんの長い説明によると、フカヒレ千円は無理らしい。
まぁ、そりゃそうだよな、常識的に考えて。

フカヒレ蘊蓄は見ていて面白かったけど、ジャンがあまり好きじゃない人には敬遠されそうなネーム量なのが気になった。いつものことだけどね。
ていうか、小此木、知らない事多すぎるだろ、常識的に(ry

そんな無茶な要求を出した経同盟に歩み寄るジャン。

「調理場は暑いだろ。料理が出来るまで冷たいコーラでも飲んで待ってろ」

……こ、こいつはやべぇぇぇぇ! スプラッシュな臭いがぷんぷんするぜ!
しかし、普段のジャンを良く知らない経同盟達は、それを飲み干し……

up296000.jpg
メントスコーラでゲソ(正確にはラムネコーラ)!

……いやぁ、仮にも料理漫画でメントスコーラをやるとは思わなんだ。
でも、こういうのもジャンの持ち味というかなんというか……。

心証云々の前に警察沙汰な気がしないでもないですが、まぁ、そこはほれ、この世界の常識に当てはめればセーフですよ。
マジックマッシュルームでも高笑いで済ませられる世界ですから。
むしろ、これぐらいで済んで良かったな、って感じかな。五行コーラなんて飲まされた日には……。

嫌味な奴らを一泡吹かせて(ラムネコーラだけに)、次回へ続く。
……ところで、厨房の掃除は誰がやるんだろう。油とコーラでベッタベッタになってそうだなぁ。

※ちなみに、実際にメントスコーラをやるとこうなる可能性があるので、明日を捨ててまで笑いが欲しい人以外はやらない方が吉。

画像の出典:【鉄鍋のジャン!R 頂上作戦】 西条真二/おやまけいこ 秋田書店
・なんかもう今更なんで縮小更新です。明日には新しいのでちゃうよー><
・あずあず秋田
・いつも「みつどもえ」を初めに読むので、今回はどれから読もうか迷いました。もし連載が終わってしまったらどうすればいいんだろう。一か月くらい休んじゃうのかな。

荒神(短期集中連載)
近藤豪志、短期新連載。
いやー、これは面白いわ。ひいき目抜きにしてもこれは良い。
ペイサさんの、読みきりだったら9.5点、も納得できる内容でした。

結末も世界観に合っていて良かった。
にしても、近藤先生がこれだけのモノを持っているとは……。
元からこれだけの力があったのか、今までの連載から手に入れたものなのか……。
何にせよ、最近の短期連載では最高の作品でした。次回にも期待!

覇道(最終回)
ノブトラの拳を受け切ったキヨマサ。
そして、自らの思いを拳に込めて……この瞬間をブン殴る!

ポエムに突っ込むのは負けです。
HADOUになってからはチャンピオンらしい独特な作品になってきてたので、ここで終了は残念。
初期のバンカラ路線が無ければもう少しイケたんだろうなー。
次回作があるとしたらが初めからHADOU路線で来て欲しいものだ。

結局、この作品のテーマって友情の確認、だったのかなぁ。
離れ離れになっても、見た目が変わってしまっても……変わらないもの(ポエミィにしてみた)。

まぁ、なんでもいいや。面白かったんだし。
木村先生、お疲れ様でした。

……単行本二巻発売の告知が無い。……ああ、わかってる、わかってるから。

ギャンブルフィッシュ
何トンだ? のシーンでなごんだ。こういうかけ合いも最近は無かったからねぇ。

範馬刃牙
レックスの尾、って事は耐えられるって事なんだろうか。克己さん、やばいのでは?

弱虫ペダル
追いかけられる側としては怖いものがあるなー<坂道

クローバー
もうこのまま元から逃げ続ける展開でいいと思うよ。
ラストの女性は件のユイちゃんだろうか。魔性くさいなぁ。

ナンバMG5
ハワイ編の焼き直しかと思いきや、兄貴をこう絡めてくるとははなぁ……。少し荒れそう、ではある。

釣り屋ナガレ
お嬢様は妾の子。的な展開でしょうか。
こういう設定があるとなると、お嬢はメイン確定なのかな。
次回は砂原さんガードが見れると予想。お付きのメイドは何でもできるんです!

サナギさん
母さん返せ、は洒落にならねーぞ!

ストライプブルー
空の意見に同意できるよ。なんなの、これw
予告のもう一人の鬼が気になります。で、このあとは……

聖闘士星矢 冥王神話
カノン島の鬼! 
こんなシンクロ見れるのはチャンピオンだけ!!
小宇宙の修練は螺旋丸の修行を思い出した。いや、あんま記憶にないけど、こんなんだったよーな、こんなんじゃないよーな。

トンボー
今週は面白かった。でも、そんなことより巻末コメントが笑えねー!
鮮魚売り場なだけに生々しい!!

フジタチバナ
農業うんちくは見ていて面白かった。でも、エロは必要なのかな。
まぁ、汗で透けるとか農作業中の女性に欲情とかは一話よりもシチュが凝っていて良かったけど。

悪徒
野火さんのかっこよさに痺れ、金ちゃんのヤムチャっぷりに涙した回でした。
野火さんにはずっとこの位置でいて欲しいなぁ、誰かに負けるなんて想像できないっすわー。
スカジャン拘束の際に苦悶の表情を浮かべてたけど、あれは拘束力に苦しんで、のものなんだろうか。
サイズの問題だったら笑えるけど。

後、なんだかんだでクリスさんってあんまり冷静じゃないよね。

D-ZOIC
援軍に燃えた。ギガス隊かっこいいよギガス隊。

現代怪奇絵巻
>トンカツ屋で
ご飯お代わり自由じゃないところがごくたまーにあるよなー。損した気分になるわ。

>ハンマー投げ
あるあるw

CTC
初投稿のお二方のイカ娘ズが可愛くてたまげる。
空夜さんのナガレは素晴らしい迫力だ。
ロキさんのようなネタをさらりと載せるあたり、CTCは懐が深い。

次号予告
弱虫ペダルが表紙&二本立ての超快挙。
ストーリー漫画で二本立てなんてバキ並みの待遇じゃねーか!
煽り文からすると、単独表紙になってるようだし、これはマジで人気があるって事なんだろうなぁ。
今年は渡辺航の年だ!

くれぐれも過労死には気をつけて……いや、気をつけてっておかしいか。
……漫画って本当に大変なんだな。

参考に渡辺先生の日記をぺたり。
そりゃ断るわなぁ。
経同盟連中が相当嫌味でした。が、もうバレを見たので……ニヤニヤしてます。

ラストのコマで、もう食材を用意しているのだけど、まさかこのまま料理を作る気なんだろうか。
……作る気なんだろうな。休憩時間過ぎてるってレベルじゃねーぞ!
というか、あのコマだけで材料費1000円超えているような気がしないでもない。

後、今週もミスターが殴られて(正確には握撃)安心した。
ていうか、あの禿、あんな顔と唇でさらに握力まで強いって、どんだけ忌川さんリスペクトなキャラなんだよw

しっかりチャンピオン読んでるんだなあ、西条先生。
まぁ、その覇道は今週で……。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。