グレースタイル 2008年07月
m9パール
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
みんながやってるからやってみましたよ。作者名は割愛。


1日 クロエ出版 エロい事してあげる 

4日 集英社 ぬらりひょんの孫(1)、魔法の料理かおすキッチン(1)、シャーマンキング完全版(11)、(12)

7日 少年画報社 ツマヌダ格闘街(4)

8日 秋田書店 明日のよいち(7)、聖闘士星矢 冥王神話(10)、空手婆娑羅伝 銀二(5)、エンジェルボイス(6)、ストライプブルー(6)、侵略!イカ娘(2)、悪徒‐ACT‐(1)覇道(1)、D-ZOIC(1)、鉄鍋のジャンR(7)、24のひとみ(6)

11日 小学館 LOSTBRAIN(3)、金剛番長(3)

18日 ぶんか社 ミスミソウ(2)

20日 悪鬼堕書店 危さん、シグルイ(11)、セーラー服と重戦車(2)、ヤクザガール(1)、聖闘士星矢 エピソードG(15)、ペンギンMAX(1)

22日 講談社 夜桜四重奏(5)、まじもじるるも(2)、将国のアルタイル(2)、制服ぬいだら(1)

22日 スクエニ 精霊の守り人(3)

25日 スクエニ はなまる幼稚園(4)

26日 集英社 ローゼンメイデン(5)

26日 角川書店 くらくらくー(2)

27日 角川書店電撃 よつばと!(8)

27日 芳文社 アットホーム・ロマンス(2)


書くの結構疲れるわ、これ。大文字は幻想です。
スポンサーサイト

ヤングチャンピオン連載。

医者を目指すちょっと世間知らずなお嬢様、倫子。順風満帆だった彼女だが、ある日、父親の会社が倒産。両親ともに蒸発し、倫子は文無しになってしまう。
何とかして生活費&医者になるための学費を稼ごうとする倫子だが、勉強以外何も知らずできず、庇護もない彼女を雇うところは無かった。
そんな彼女が最後にたどりついた場所は……AVの制作会社だった!

素人が主人公という設定なので、AVの知識&うんちくは違和感なく挿入される(AVだけに)。
さらに、医者を目指していたという設定のおかげで人体に詳しい、そして人を気遣えるといった点がプラスになる。
CAA1AURY.jpg

このあたりはキャラ作りがうまいと感心した。倫子の優しさも引き立つ。

肝心のエロシーン、つまり絡みだが、これはあまりエロくない。
けど、エロメインの作品ではないのでこの程度でちょうどいいと思う。

AVを取るに当たって、色々な事(人間関係や女優とのあれこれ)があるが、暗い話重い話ではないので、読後感も悪くない。
なので、全体的に爽やかな感じ……だと思う。
男ならそのほとんどが興味を持つ&世話になる題材なので、敷居も考えるよりは低い。

以上の点から案外さくっと読める作品かと。
登場人物にも嫌味はない。制作会社社長とのちょっとしたラヴも期待できるかも?

CAE7MB6N.jpgちょっとした告白

ただ、恋愛ご法度の社風なので、それがどう作用するかが心配ではある……まぁ、今のところは特に進展も何もないけど。

一話完結なので、気になる人は本誌をチェック推奨。

参考リンク
マンガ一巻読破様
い~かげん人間のダメダメだいあり~様

画像の出典:【18倫】松本タカ ヤングチャンピオン 秋田書店

チャンピオンREDに続編連載中。

どこまで行けるかのチキンレースをしているのと思ったら、どこまで飛距離が出るかのレースだったようで……。
ブレーキだと思って踏んだらそれもアクセルでした、みたいな? そんなマンガです。

ジャンプネタオンパレードの回があるのだけど、出身から考えるといまいち笑えないというか……いや、まぁ、笑えたんですが、なんか涙が……。

一方でRED本誌のパロディはそんな感情が入る余地もないぐらい笑えた。
単行本派ガン無視なこのやり方を私は支持したい!

ていうか、二ノ瀬先生愛されすぎでしょう。
ラストの兵器にまで名前を使ってもらえるなんて……。そのうち本人まで登場しそうだから怖い。

制作サイドの暴走も相変わらずで安心した。安心という言い方もおかしいけど、安心した。

CABN7E90.jpgそういうことは西条先生か松山先生に頼みなさい

CAI4DZEW.jpgこの場に山口先生と二ノ瀬先生がいないのが悔やまれる

第二部もすごすぎる内容で連載中なので、気になった人は本誌をチェゲラ。
ちなみに、二部からでも楽しめます。パロディが嫌じゃない事が前提ですが。

一巻レビューはこちら。

画像の出典:【どきどき魔女神判!】 SNKPLAYMORE/八神健 チャンピオンRED 秋田書店

チャンピオンRED連載中。

眼球の移植手術を局部麻酔……もうこの時点で頭がおかしくなりそうだ。
それでも恍惚の表情を浮かべるふらんを間近で見れるなら……。

一巻以上に過剰な善意を振りまくふらんがまぶしいなぁ。

エピソード10、連載当時は耐えられたが、単行本で改めてみると……やはり、絵面は最悪だな、うん。
しかし、あの極限状態で異性を犯すなんて考えが出てくるものなんだろうか。とても勃つとは思えない。
補足エピソードがカバー裏に載っていたけど、さらに最悪な絵面になっていて笑えた。部屋を掃除したくなりました。

エピソード11は収録されている中でも一番秀逸な話だと思う。
患者が手術できないなら、医者を手術すればいいじゃない。いや、そういう話ではないのだけど。
ジェドラル医師の今後が気になる。このまま医療神の名を欲しいままにするのか、廃人まっしぐらか。

今巻初登場となるふらんの妹分、ヴェロニカはふらんとは真逆の存在。
殺すことを旨とし、ショートカットでMなのだ!
……Mというのは正しくないか、受けキャラといった方が正しいな。

事実、話の最後では電極によるお仕置きを喰らうし、本誌連載分では逆さ吊りを喰らったりもしている。
そのくせ、なんだかんだで拠り所であるお姉さまがLOVEなのだ。何この、萌えっ子。
訂正、やっぱりドM属性だわ、この子。

そんなヴェロニカたんだけど、収録数の関係か、今巻での出番はラスト一話で終り。
三巻分に期待しましょう。
おまけページである程度、補完ができるのが嬉しいところ。

先生がたまに本誌に描いていた禍談も収録。
何といっても変態ガキのエピソードが素晴らしい。萌えは人種を超える!


すべてにおいて一巻からパワーアップしているので、一巻所持者は買っても損なしです。
表紙買いした人も、半分ぐらいは楽しめてるんじゃなイカ? 知らんけど。

http://graystyle.blog79.fc2.com/blog-entry-679.html(ウチの一巻レビューはこちら)
・遅れたような気がするが、いつもより早いのです。と言って言い訳を。
・暑いからなのか更新のモチベーションが保てなくて困ってます。はぁ……。
・チャンピオンマスコットガール選手権開幕!! ……これほどまでにどうでもいい企画は久し振りだ。ミスマガジンとかならまだしもチャンピオンで選ばれて嬉しいのだろうか。どうせならチャンピオンの事を知ってる人が選ばれて欲しいが。まぁ、知ってるといってもせいぜいバキか浦安なんだろうけど。
や、好きなマンガはギャンブルフィッシュと悪徒とみつどもえです♪なんて言われてもそれはそれで反応に困るが。

へラクレススピリッツ(前後編読みきり)
阿虎、侍としての何かを取り戻し、笹雲を倒す。
読みきりの締めとしてはきれいな最終回でした。
ただ、前編にあったわくわく感に対する答えがあったのかと聞かれると微妙なところ。

特に、阿虎が歯車工学を習っていた設定があまり生かされなかったのが残念でした。工学の産物である雷神棒を気合いで破ってしまうというのは少し……。
確かに侍らしい勝ち方ではあったが……。

歯車工学による産物も雷神棒と沙維弗ぐらいしか出てこなかったなぁ。もう少し+αを匂わせてくれれば……。侍の時代を終わらせてしまうほどのものなのだから、如何にそれが強大であるかの描写はいると思う。

もっとも、これだけを描写するには読みきりのページ数では足らなかったろうなぁ(今回の61Pでも難しいだろう)。
読みきりで楽しむにはオーバーすぎた要素だったか。ワクワク感はすごかったのだが。

それ以外は高水準な内容だったので満足度は高かった。新人が持つ
……前後編じゃなかったらもっと評価も上がってただろう。歯車工学に関してももう少し満足できたはず。
やはり、週をまたいで読むのはテンション維持の点にかけてはマイナスにしかならない。読みきりでこれをやられると致命的だ。これに関しては掲載決めた側に問題があるんだけどね。

さて……先生は次にどのような作品を描いてくるだろうか。
今作を連載用にさらにチューンしたものでも(歯車工学という設定は捨てるには惜しい)、まったくの別作でも同じぐらいの期待が持てる。
伸びしろがあるだけに頑張ってほしいです。ひとまずお疲れ様でした。

弱虫ペダル
川田くん、抜かれたんですね。哀れよのぉ。
抜く時くらいこっち見ろよ、ってなんか印象に残るセリフですね。

田所っち先輩は見た目に反していいやつですね。愛嬌がある。
ショ先輩や部長もいい味が出てるなぁ。
ラストの三十回転発言にはたまげましたが。

ところで、オタク仲間を探すって事はまだ覚えてるorやる気はあるのでしょうか……。
このまま自転車部にずるずる、って展開だけは避けてほしいのですが。

でも、このメンツじゃそれは難しそうだなぁ、やはりどこかから引っ張ってくるか?
とかいって、来週スタミナがやばい坂道を励ますために部長がヒーメヒメヒメ♪とか言い出したらすっごく笑えるのですが。ていうかみてぇ。

範馬刃牙
なんでここまでやっても勝利が見えないのだろう。いや、ほんと、今までの行いって大事ですね。
しかし、烈さんはいつのまに食いしん坊ゾクセイに……。少しは接待しなよ。

侵略!イカ娘
筋肉は脂肪より重い。
つまりだ。イカ娘の真のフォルムはだな……。

クローバー
安藤さん、弱すぎww
ていうか、決着まで早すぎる。ページ飛ばしたのかと思ったよ。
なんか再犯フラグにも見えますが、もう出てくることはないでしょうね。

後、サヤカは最後まですばらしいメガネキャラでした。

ギャンブルフィッシュ 反逆の銀牙伝説エミリー
虹色素胞か……つまり、イカ娘の真のフォルムは超圧縮された筋肉に、催眠効果を持つ眼力だというわけか。イカ娘、おそるべし!
などと、ネタを考えたくなるような展開だった。ラストのダイブからギャンブル的展開に戻る事を望む。

ナンバMG5
佐藤くんは超できた子でした。変に溝を作らず落してきたか。今後、親が出てくる展開もありそうだが、ひとまずはこれで良し、かな。
おばちゃんは空気読めないけど、案外良いこといってますね。確かに長い目で見ると良いことは無いのかもしれない。
何で泣いてんの! のシーンはこっちも泣いてしまった。笑いで。

みつどもえ
うわ、今回はちょっといい話ですか。キャラが確立した後でこれをやられるときついんですよね……なんかしんみりしちゃって。
でも、最後は笑いで締めてくれたので良かったです。
ふたばのいいお姉さんっぷりが非常に良かった。ひとは回、なんでしょうが、ふたばの良さも余すことなく描けてました。ザリガニ千切るとこも併せてね。いってきますのチュー……ちょっと弟になってくる。

最後のみっちゃんの絵は捕まえるというより仕留めるといった方が正しそうだ……。

ところで、みつばの日記の文体が子供学級のあとがき風で、ひとはの日記の文体がみつどもえのあとがき風になってますね。どっちが本来の文体なんだろう。

悪徒
むっ、ここで新たなモードですか……。つくづく王道路線だな、そしてそれが外していないから良い。
隠された力……ACTタイガードラゴンモードですね、わかります。

にしても、一巻のカバー絵がかっこよすぎる。帯が杏ちゃんなのもわかってますね!

何が何でも二巻が出て欲しいので、久々に複数買いする事になりそうです。
あ、もちろん、発売日に大量に買うことはしませんよ。しばらく経ってからにします。

ストライプブルー
アー坊がすごいんじゃなく、平太がすごい、か……。まぁ、そうなるだろうね。
ていうか、平太のスペックは異常だ……。老獪というかなんというか……。
アーは平太でしかまともに投げられない(今のところは)ですが、平太は誰にでも合わせられそうな気がする。それぐらい彼はすごい選手だ。
番太郎はすっかりオトナになったな。少しさびしい。

マイティハート
ま、まっとうにラブってやがる……!

聖闘士星矢 冥王神話
そういえば、テンマの師匠は童虎でしたっけ。自力で小宇宙覚えたりアテナの兄だったりで、何気に高スペックなんだよねぇ、テンマ。
……あんまりそんな感じしないけど。まぁ、ハーデスを止めるのは彼しかいないのでしょうが。

ところで、結果が解けて云々とハーデスが言ってるけど、いつ結界が解けたんですかね?

D-ZOIC
テトリたんって下が限りなく裸なのか……。
いや、だからといって特に何もしないですよ? 雑誌の向きを変えたりとかしてません。

ヤンキーフィギュア
次回最終回ですか……まぁ、妥当なところだと思います。

LOOK UP!
こちらも次回最終回……しかも巻末コメントでの発表ですか……。
ファンの方すべてが巻末コメントまで読むわけではないので、告知ぐらいは本編に載せて欲しいものです。
本編は覆面滝先輩がツボでした。着々とチームが育ってきてますねぇ、次回で終わりだけど。
正直、好きなマンガだったので辛い……ですが、敗因はよくわかっています。次回はしっかり感想書きたいなぁ。

覇道
剣さんは忌川さんを好きすぎです。何が彼をあそこまで……。
ところで、握った手から相手のことがわかるって結構すごいと思うのだけど。

次号予告
竹下けんじろう「釣り屋ナガレ」が巻頭カラーで連載開始。読みきりからの昇格なので、予想の範囲内ですね。
範馬刃牙にも重大発表があるらしいですが……なんだろ? 実写化?
久々のセンターカラーである、やはり力強くてカラーで映えるタッチ。
が、裏がDS応募券のため無情にも一部を切り取られる運命であった。
グラビアページの裏にしろよ、応募券は……。

で、本編。
地球的拡大解釈のホイコーローを作るといい、ジャンが取り出したるはラクダの瘤。
どうやら来月のミニ満漢全席で使うために用意したものらしいが……

当然、反対する弥一だが、キリコがそれを止めることに。
オーナー的にそれでいいのか、キリコ!

まぁ、スグルもお金で何とかできるよん的な事を言ってるから大丈夫なんだろう。
こういうときに金持ちキャラは便利だなぁ。

そもそもジャンの食材持ち出しは今に始まったことじゃないしね。龍の涙とか(XOの人が泣いたわけではない)。

そういえばリュウジくん、ちゃっかり服着てますね。やはりガンベルト披露は少し恥ずかしかったのだろうか。
何気に刈衣さんにもダメ出しされてるぜ!

さて、地球的拡大解釈だが、どうやら肉は豚肉じゃなくていい的な解釈のようで。
うん、無駄におおげさ。地球とかいらんだろ、俺的解釈とかでも構わんだろ。
ちなみに、表紙の煽り文には宇宙の単語が。なぜこんなところで、インフレが!

ジャンの解釈はさておき、スグル(もう誰も甘えん坊将軍とは呼んでない)が誰かを呼びつけていたのが気になる。
湯水グループにはまだ実力のある料理人がいるのだろうか。
それとも、審査員をしていたツテで会長やら大谷やら家元やらを呼んでいるのだろうか。
何にせよ今以上に厨房が暑苦しくなる事は必至だなぁ。
http://www.akitashoten.co.jp/CGI/new/new_listput.cgi?key=list
お久しぶりです、リハビリがてらに単行本記事でも書きます。感想じゃなくてカタログみたいな感じの。

というわけで(?)、秋田書店九月刊行物のページが更新されました。

最も注目するのはブラック・ジョーク一巻です。
ハッタリの効いたアクションに定評な田口雅之先生の新刊です。マフィア群像劇なのですが、基本的に一話完結のスタイルなので、読みやすい作品です。出てくるキャラもかっけぇです。ランオーバーも好きですが、吉良ちゃん側のボスも好きです。

隔週連載なので、年内に単行本が出る事はないと思ったのですが、どうやら原稿が溜まり次第出してくれたみたいです。ありがてぇ。

ざんねんなこ、のんちゃんも一巻が出ます。トラウマ的あるある漫画です。
ナンバリングされていないのが気になりますが……。巻数表示が無いと出版社的に不安。

凍牌はもう五巻かー。この機会に一気買いしておこうかな。今週の展開、すごかったし。

サトケン×こつえー(デザイン)の合作、VITAセクスアリスも一巻が発売。隔月な上に展開が遅くて本誌じゃあんまりおもしろくないのですが、単行本だとどうでしょうかね。
まぁ、この中ではかなり売れそうです。

みつどもえも待望の五巻です。巻が増えるたびに面白くなるギャグ漫画は貴重です。
ジャンRももう八巻です。弱虫ペダルは二巻が出ます。ギャンブルフィッシュは相変わらずアホみたいな刊行速度です。

……む、らいでん一巻も出るのか。これは今の月チャンで一番面白いマンガだと思います、これもお勧め。
空手婆娑羅伝 銀二六巻も発売。……あれ、銀二ってこの前四巻が出たばかりでは? あれれ、八月にも五巻発売ですか?
どうやら前のギャンブルフィッシュと同じく三ヶ月連続発刊のようですね……。読者としては嬉しいのですが作者は大変だろうに。
ていうか、もう少し宣伝して欲しいですね。らいでんと銀二は。本誌に出張しないかなー。


あ、そうそう。みつどもえブックカバーは外れました。俺の宮前さんへの愛は届かなかったようで……無念。
……ガビョ布先生は当たったですか。ぬおーうらやましい。ていうか、その応募はがきがほしーっす。


以下、単なる日記。
遊戯王カードの最新パックを一つつまんだらターボ・ウォリアーが当たりました。
うー、なんかまたデッキが組みたくなってきた。一度、カードは譲渡しちゃったのですが。
デッキセットでも買おうか、ヤフオクで落とそうか……。
・小池里奈、再臨だよ。キバみてねーなー……。
・むぅぅ、チャンピオンの半濁点部分がイカ娘に! 今週はセンターカラーでもグッズプレゼントでもポスターでも生下着プレゼントでもなんでもないのに、これはすごいな。
・最近ポスターつけまくってるけど、値上げしないのがすごいなぁ。しかも紙ペラペラじゃないやつだし。
・SAMURAI7はおもしれーなー(感想とは関係ありません)。久々にまっとうな作品を読んだ気がする。
本誌の連載陣は案外曲者揃いなもんで……。

ヘラクレススピリッツ(前後編読みきり)
新人賞準入選、西村ユウタ読みきり。
>多くの侍が頂点を目指した兜王時代。が、突如、異大陸から入ってきた学問「歯車工学」により時代の主権は侍から学者へと、また工学を用いる部隊【武煉銃】へと移っていった。

侍が近代兵器に敗北するっていうのは侍SF(今つけた)系の作品にはなくてはならない展開だ。
そして、一度変った体制はまず立て直せない。笹雲がいうとおり兜王時代は終わったし、再来も無いだろう。
ならば侍はどうすればいいか。剣を振るえる場所がない以上、どう生きていけばいいのか。

阿虎のように生きるのも間違いじゃないし、天子のように生きるのも間違いじゃないはずだ……賢くはないけど。
最終的には侍達がどう生きていくのか、というテーマにつながるはずだ。精神的な問題、つまりはスピリッツ。
私としては侍としての生き方は捨てつつも、侍の精神を捨てないのがベターだと思う。阿虎と天子を合わせたような生き方。どっちつかずともいえるけど。

と、ここまで書いてこの作品が前後編の読みきりだという事を再認識。
直前にSAMURAI7を見直していたせいで、色々と思うところが……時代背景的には似てるよなぁ。向こうは主権が商人だけど。

受賞時カットと展開を見る限り、後編は阿虎が笹雲達を倒す展開になるだろう。
その後の阿虎の身の振り方が後編のキモなんだろうな。天子は……それほどブレないで終ると思う。

気になったのは沙維弗らの装備がことごとく雷神棒(単なる警棒だったりして)だったこと。
飛び道具とかないのかな。いくら雷神棒の性能が高いとはいえ、初太刀を受けることが前提の武器では侍を倒せたとは思えない。
その辺も合わせて次回見ていきたいところ。

この世界観だと巨大歯車兵器なんかも出せそうでちょっとわくわく。
連載だったらもう少し色々出せるだろうな。

そういえば、読みきりなのに話数表記がされているところが気になる。ひょっとするとひょっとするんだろうか。

弱虫ペダル
かませカップルを出すことによって、さらに坂道の実力を再確認させる方式。
ちょっと時系列がわかりづらかったけど。テニス君、普通に抜かれてたんすかw

侵略!イカ娘
>イカ娘の生下着

あれ……俺、いつ本編に書き込んだっけ?
何気にQ‐uteのシャツを着ているところが細かいな!

オチの早苗は普通にウマいと思った。財力あるよね、彼女……。

クローバー
今回ばかりはハヤトに同意だ。
というか、今回の話は安藤さん以外割ととまともっつうか、安藤さんがあらゆる面で小さすぎる……。

サヤカの裸眼姿が珍しいぐらいストレートで笑った。この時代、それも業界最先端の週刊少年誌でベンゾウアイを見ることになるとは……!
最近はSKETDANCEぐらいでしか見た記憶がないから新鮮だった。しかも向こうは口だし。

ところで、モジャ弟って兄貴と微妙に顔が違うんですね(多少兄よりイケメンか?)。初めて知ったよ。

範馬刃牙
克己、開眼。まぁ、これでピクルに勝つる、とは誰も言ってないけど。郭さんだったら勝てるかもしれんが、やはり克己持ち上げはどうも信じられない。

後、卵を食べる気なら下に受け皿ぐらい置いとけよ、カツミン。不衛生じゃないか。

ギャンブルフィッシュ
絶対遵守のセレブの力!! ドーンの血はお前を孤独にする!
単純に憧術的な何かだと思うけど、時期が時期だけにギアスにしか見えない……。
しかし、この展開は……いいのかなぁ。

鳴り物入りで登場したグリーンベレーだけどパンツボルケイノの人以外は大した印象残らなかったなぁ。エミリーを庇ったところもポイントUP!

だが、ラングレン。てめーはダメだ。
無駄に思わせぶりな顔しやがって!! そんなの範海王だけで充分だっつうの!

ナンバMG5
アルゴリズム吹いたw
今週は破壊力高いなぁ、吹き替え外人とか。

母親のせいでバレかと思ったら、まさかの隣のおばちゃんとは……。
ちょっとこれは溝が深くなりそうだ。

後、剛のシャバい姿がどういうものか、家族が知ったのも大きいような。
今後、街中であった場合「あれ、お前うちの剛に似てるな」なんて事もありえるかも。

みつどもえ
みっちゃんの汗をバケツに集めて焼けたアスファルトに打ち水したい。
洗濯物を気にするひとはが家庭的だったり、ひとはを引っ張る宮ウザさんが良かった。
何気ないコマでキャラが動いているのがいいなぁ。やけに子供っぽい飲み方をするふたばとか。

ところで、みっちゃんがバツイチになってしまった件。

聖闘士星矢 冥王神話
スターダストレボリューション、かっこいいなぁ。効かないってわかってたけどね。
アテナの剣が壊れてしまったけど、結界解除はどうするのだろうか。
童虎がいるから、天秤座の剣でも使いますかね?

……いっその事、ヤトを結界の中心に突き立ててもいいかもしんない。ほら、あの角刺さりそうだし。
なぜかあの場にいないけど。サボりですか、あの人。

遥かに神、はハーデスの強さが伝わってくるっちゃあくるけど、なんだか怪しい言語だ。

ストライプブルー
高校時代の番太郎の悪行が目に浮かびまくるわぁ……。
今はだいぶ大人になったけど。

にしても平太のリードはすごいな。相性ばつぐん。

悪徒
覚悟完了、ZIPUP!
というわけで、ACTスコーピオンのご披露。なんだか前衛的なデザインだ。
戦闘方法は着装者に準拠するようで。針技を得意とする杏ちゃんには持ってこいのスカジャンだな。

ACT二段階変身システムには驚いた。でも、そうなると陽虎の変身に感じた違和感が説明できる。
やっぱり使いこなせてなかったんだなぁ。使いこなす、もとい着こなすには改造人間になるしか手は無いのだろうか。

ただ、陽虎ちゃんには不完全な変身ヒーロー道を貫いてほしいところ。

スカルの疑いが強いレーイチだが、今のところ何のアクションも起こしていない。
全くの第三者という点もあるにはあるが……うーむ。

単行本アナウンスがやっと本編にも。これで、君もソウルメイト! 8月8日発売です。

D-ZOIC
フリードくんのツンデレが派手すぎてたまげる。
ツン部分短けぇ。
そしてパウルスくんはやっぱり強い。躁竜術では今のところ最強か?

LOOK UP!
カリヤン、一話でデレすぎだろ。先週は相川だったのにもう下の名前て……挙句の果てにはタマキンを自分色に染め上げやがった……。天然ジゴロここに極まれり。
滝先輩がラストページにいない事が気になる。マジで入院しちゃったんじゃないかしら。
着々とチームが育っているなぁ、公式戦が楽しみだ。

覇道
裏社会をまとめあげる、って忌川さん、あんた……。絶対、高校いってねぇだろ、お前ら!
今の年齢に+10してやっと違和感がどうにかなるぐらいの展開だ……。あ、ヒロくんはそのままでいいです。
背景の女性キャラが大幅に変化。前二週の方が良かったなぁ。

現代怪奇絵巻
>メイド喫茶のメイドは~
ロングスカートじゃないと二次も三次も認めない。
レベッカ再登場にたまげる。三週に一回ぐらい出してくれると嬉しいかも。

>なつかしのアニメ特集は~
ごくたまに最近のアニメが入るとスタジオがドン引きor興味なしだから笑える。

>この漫画がアニメ化したとき~
サーセンwwみつどもえでしょっちゅう妄想してます。ていうか、好きなマンガ読むときはたいてい脳内アフレコ入ります。

CTC
綺染らんる氏のスキが美しい。が、その上に野火さんを持ってくるレイアウトには脱帽だ。
最近の台風レポーターはあまり体を張ってくれないから寂しい。

次号予告
弱虫ペダルが表紙&巻頭カラー。このペースはすごいなぁ、人気出てきたのかしら。
そして、ジャンRがセンターカラー。待ってましたよぉ! やはり三人組投入が良かったのかな。
ヘラクレススピリッツ後編も掲載。
さーて、リュウさんフルボッコタイム始まるよー。

内容はあまりにも悲惨すぎるので(先週の調子に乗りっぷりと比べて見てみよう!)割愛しますが、ようは香りと香りがかち合ってしまい、うるさい料理になってしまったようで。

XO醤に関してはいい線いったのに、こういう所がダメなのは変わらないなぁ、リュウジ。
香野院サトルに弟子入りでもしたらどうですかね。

XO醤を使わない料理なんて~というのはいいですが、ただ使うだけじゃなくて、使ったらどうなるかまで考えないとXO醤のリュウなんて通り名は使えないんじゃなイカ?
というか、それが料理ですからね。ただぶち込むだけじゃだめなんですよ。

結果的に誰からも突っ込みが無かった五行のホイコーローが一番だったんですかね。
蟇目のは突っ込み入りそうだし。

なわけで、ついにジャンがホイコーローを作ります。
絶対に負けない? と言っているキリコが可愛すぎてたまげる。ジャンもジャンでアイコンタクトしちゃってまぁ……この夫婦め!

後、速攻で正体がばれているスグルがツボでした。
刈衣さんをどうやって説き伏せたんだろうか。
CAU2VK4S.jpg

とりあえずこの三作だけ買ってきました。今月の秋田書店お勧め三作です。後でレビューします。
メイドサンダーとかレギオンとかキミキスとかWAVEとかクェイサーとか豆投げ音頭はお給料入ったら買います。
ていうか、また今月も電気止められそうなんすけど。
次号発売日直前です、簡易感想です。

フランケン・ふらん
お仕置き(実験?)されてたはずなのに、すぐさまふらんに抱きつくヴェロニカがツボでした。
後、アドレアはいいスタイルです。

なぜかスカイクロラのレポマンガが載っててびっくり。

シザーマン
アクションに力入ってるなぁ、お話はいつもの倉田英之でした。髪よ!

メイドサンダー
終わってしまったー。
いい清涼剤ポジションでしたのに……。お疲れさまでした。

聖痕のクェイサー
同じ元素使いってのもありなんですかね。
なんでもいいけど、このたすく&元カノコンビはなんか微妙です。

シグルイ
なぜ雪千代はちょくちょく現代語を使うのだろう。つぅか、ここで死んじゃいますか。

ペンギン娘MAX
鮪の妹、すげー久々に見た。作画はだいぶ元に戻りました。もう少し丸みが欲しいけど。

ペンギン娘はぁとアフレコレポート
高橋先生のアシスタントである井冬良先生の描いたレポ漫画だそうで。
絵柄はこっちの方が私好み。内容も普通に面白かったですじぇ。
CA0A51AF.jpgこっちが高橋せんせ

CAO9POIV.jpgアシさん

しかし、絵がこなれてるな、と思ったらすでに色々描いてる方だったのね、納得。

山の学校はOH!バケバケ
次の清涼剤ポジションを狙える作品です。合間合間にキャベツを挟むんだ……。
ですので、早くいちごから本誌に来てほしいな、と思っております。隔月だとタンコーボン出るの遅いしね。

どき魔女
最終回でした。お疲れ様アンドまたよろしくです。
タンコーボンも今日買ってきたよ。

デッド・ソウル・リボルバー
最近、面白くなってきた。

多脚系彼女
多脚……ありだな! 

おともらちぃ
アリスよりこっちの方が尿的に優れてると思う。

次号予告
どき魔女2としまだわかば先生の「ぽかぽかばんぱいあ」が新連載。
ばんぱいあはいちごでやってたのが本誌移籍みたいですね。昇格?

画像の出典:【ペンギン娘MAX】高橋てつや チャンピオンRED 秋田書店
画像の出典:【ペンギン娘はぁと~突撃!? アフレコ現場~】井冬良 チャンピオンRED 秋田書店
不定期ヤンチャン感想です。
時間がない時にさくっと書ける。

ブラック・ジョーク
>ボディーガードに必要なのは威嚇・抑止力としての存在感
>いくらすご腕でも相手が知らなければ用心棒にならない

なるほど、これは納得できる。
ってことは、逆にあかりのような暗殺者タイプは強さ・顔が知られてると不味いって事にもつながるのかな。
ドンパチするだけじゃないから、この作品は面白いなぁ。

で、次は9月9日に掲載ですか……つくづく掲載スピードだけが残念だ。

センセ。
ぶちゅれろネタがこんなところで見れるとは思わんかった。たぶん、違うだろうけど。
もう先生が沢編集長にしか見えない!

サクリファイス
>ロードレースにはエースとアシスト~
んー、これもタメになるなぁ。なんか今回のヤンチャンは学術的ですね。
原作小説に興味が出てきましたよ。
でも、ググるより先に2ちゃんに書き込みとは……。いや、最近は私もそうだけど。

18倫
この作品にシリアス分は求めていないので、この落とし所は問題ないですね。

オレに聞かれても
今回は担当と編集のお話でした。時期的にもタイムリーですね。近頃は沈静化しましたが。

CA815T7K.jpg

しかし、どちらもすごい生活だ……。いや、どちらかといえば担当Iの方がインパクトでかいかな。味海苔て。

そういえば、単行本もう出たみたいですね。秋田書店じゃないけど買おうかしら。

あまからい生活
おっぱいちゃんと街中で呼ばれるのは恥ずかしいだろうけど、ヨコチンと呼ばれるのも恥ずかしいと思うんだ。

倒れるときは前のめり。
私も樹海探検って行ってみたいです。マジで。

次号予告
どろろ梵センターカラー。

画像の出典:【俺に聞かれても】金平守人 ヤングチャンピオン 秋田書店
お待たせ、おまたせー
・表紙はクローバー、これ先週とおんなじでは? 特に背表紙が。
・サヤカコスプレが良いと思う。でも、次のページでいきなり脱いでいるのには笑った。
・Tシャツ1000円は安いですね。
・コミック150万部突破だと? 確かに売れている作品とは思っていたけど、まさかここまでとは……範馬刃牙に匹敵するぐらいの売上なんかな。

クローバー
本編はミジンコ王子・安藤のターンでおおくりします。

えーと、イチゴちゃん、事件起こしたら危ないのにケンジをここまでぶん殴ってしまって大丈夫なんだろうか。
安藤が絡まなくてもこれはアウアウ!

そんな安藤くんですが、サヤカを丁重に扱っておりました。
なにこの紳士。

あんだけ時間あったのにやる事が紐で縛るだけって、何なのこの子。インポテンツなの?

そしてハヤトは一瞬で安藤の監禁サンクチュアリに到着。
早!  速! 疾!

まぁ、これはタクシーの運ちゃんがサミー・ナセリか何かだったんでしょう。
なわけで次号激突!

トラベラー(読みきり)
前作、トラベラーでその高い画力を見せつけた宮谷拳豪先生。
そして、今度のトラベラーは現代劇だ!

前回と比べればオチがついている分、話としては面白いけど、キャラがなんかダサいなぁ。
あ、面白いと書いたのは間違いだ。前回よりマシになったのほうが正しい。
相変わらず何がしたいのかがよくわからんです。画力はわかったので、そろそろ充分なページ数を与えて欲しいです。

ていうか、登場人物がトラベルするのではなく、読者の感覚がトラベルする作品なんですかね、これ。
中国風歴史→現代劇、ときたら次は近未来か一巡して原始か?
まぁ、次回に期待です。

金縛っておくれよベイベー(最終回)
順当に短期連載最終回。イカフンドシの奇跡は起きなかった模様。
言いたいことは大体前回の感想で書いたので、特に言うことはないです。
一方的なキャッチボールは続けてみるには適しません。

次回の作品にも期待します。まずはお疲れ様でした。

範馬刃牙
>試し割に使用した卵は必ず食べるように
わ、わかりました、老師。そもそも割ること前提なんですかね?
勇次郎に敗れたとはいえ、やはり郭老師はすごい迫力だ……でも、なんでこれを勇次郎戦で使わなかったのだろう?
なんだかんだでピクルには通用しなかったりして。これ使えば勝てるよ、なんて老師は言ってないしねぇ。

弱虫ペダル
忘れちゃっている、なんてところがらしいといえばらしいですね。
のめり込みやすいのはオタクである証拠。

侵略!イカ娘
何者なんだろう、って今さらかYo!

ナンバMG5
やっと会えたね!
猛のヨン様は不意打ちすぎるだろう……笑った笑った。しかし、こうしてみると元はいいんだなぁ、元は。
剛も普段のシャバイモードとは違ってみえるなぁ。……なんか大人だ。

ギャンブルフィッシュ
中学の頃カッコいいと思って
怪我もして無いのに腕に包帯巻いて、突然腕を押さえて
「っぐわ!・・・くそ!・・・また暴れだしやがった・・・」とか言いながら息をを荒げて
「ドーンの血がまた騒ぎ出してきたみたいね…」なんて言ってた

クラスメイトに「何してんの?」と聞かれると
「っふ・・・・ドーンの血(自分で作った設定で私に流れる一族の血)を持たぬ物にはわからんだろう・・・」
と言いながら人気の無いところに消えていく

ここまでやって改編めんどくさくなった。
天狗は瞬殺無音部隊の生き残りですね、わかります。

みつどもえ
宮下さんが得意げに友情と書いているのがウザかったです。何もしてねーのにすごいよ、彼女。
宮下さんは髪留め、吉岡さんは眉毛、ときたら杉ちゃんはドリルだろうな。みっちりはもちろん腹。

しかし、このネタ、ある意味自虐が入ってるよなぁ。面白いからいいけど。

マイティハート
うおー、アリオトさんの四十八のポリ殺し、非情なるバイオリンだー!

ストライプブルー
なんか検大付属もあまり強くなさそう……
アー坊に、だんだん反逆の種(主将に対する)が植え付けられているようで……いつ芽が出るか不安ですわ。

番太郎は毒が抜けて良い男になったなぁ。

聖闘士星矢 冥王神話
戦士たちの願い、思いを胸に……積尸気転霊波!!
積尸気って随分バリエーションがあるんだなぁ……。そりゃ、冥界波しか使えない(使わなかった)デスマスクは弱いわな。

しかし、ヒュプノス退場は案外早かったな。大物感はそのままだったから、上手い退場だとは思うけど。
まぁ、ハーデス目覚めれば二神いらないしなぁ。ていうか冥王軍すらいらない……。
よくよく考えたら絵を描いただけで相手を殺せるなんて、チートにもほどがある。さすが神。ゴッド。チェーンソー。

後、シオンの表情の変化が秀逸だった。

悪徒
野火さんが校舎にいる時よりもでかくなっていてたまげる。成長期?

杏ちゃんのスカジャン姿はまさにエロカッコカワイかった。
腹部のラインが少年らしくて良い。女装少年はこうでなきゃ。胸が無くてちんこがあって、後は女の子……みたいなキャラを作ればいいってもんじゃないのですよ、女装少年道は!! その点が非常にわかっている作画でした。横島先生、グッジョブ!

マシロくんとかも良かったなぁ。彼も骨格が少年少年してましたもんねぇ。
椿ナイトの茜ちゃんなんかは女装にはまっていく過程があって良かったなぁ。
……あ、すいません。トリップしてました。脱線という名の。

で、杏ちゃんは次回誰かヤるつもりなんですかね。候補はヨーコか、スカル?
それともひとまずジャケットを着てみるだけなのかな。

HADOU
今回から読み始めた人はこの作品のタイトルがわかったのだろうか。
剣さん、かっけーっす。

LOOK UP!
カリヤンとかみんないいなぁ、と思っていたらリカリンが痛すぎて笑った。ていうか、震えた。
きっと、彼女はこの作品の腐ったミカンポジションなんだろうな。顧問なのに。

現代怪奇絵巻
>世の中の諸悪の
ゲーム脳(笑)ですね、わかります。

>家族そろってゲーム
これはない。あるわけない。ゲームはみんなファミコンですがな。

次号予告
新人マンガ賞受賞作、西村ユウタ「ヘラクレススピリッツ」前編が掲載。
やはり、前後編掲載で来ましたかー。ページ数が多いみたいだから予想はしてたけど。
同年齢の方なので期待します。
ちなみに、連載陣で次に若いのがのりお先生、その次が安部先生なのである。……既出情報だけど。

インタビューで新垣結衣。良く引っ張ってきたもんだ……。

関係ないけど、予告のおバカ&アイドル特盛り号のが見えなくておバカアイドル特盛り号と読んでしまい、全国誌で随分と失礼な表現だな、と思ってしまったのは秘密である。
up282731.jpg
うおー、リュウさんの一ページで七回のXO醤発言だぁー!

XO醤は飲み物ー!
とでも言いたげなリュウくんであった。
いやいやいや。
……久々に「おまえは何を言っているんだ」の画像を貼りたくなったよ。

産湯て、あんた。
それ、醤の材料にされてただけだから。明らかに幼児虐待ですわよ。

……なんか喋れば喋るほど泥沼にはまってるような。
前作の敗北を自分で際立せてやがる(何しろ一種類しかXO醤持ってきてねえんだもん)。

だが、今作のリュウは違う!
失敗を踏まえ、多種多様の醤、進化した醤を持ってきたのだー!

そして下されるリュウへの評価!!

「だがこの回鍋肉は失敗だ、うるさすぎるぜ」byジャン
「そうね、ちょっとうるさいわ」byキリコ

メイン二人からのダメだし入りましたー!

……ダメだな、もう。
前回とまんま同じ失敗をしている感がプンプンしますわ。
次回のフルボッコに期待します。

画像の出典:【鉄鍋のジャン!R 頂上作戦】 西条真二/おやまけいこ 秋田書店

R.O.Dシリーズやかみちゅ!で有名なライター、倉田英之のコラム集が出ましたよん。
チャンピオン読者にとってはサムライジな人。うわ、いい印象ねぇ。

帯に羽音たらく、鳴子ハナハルのイラスト有り。目次イラストはokama氏である。無駄に豪華。

内容は各メディア誌に収録されたコラム等を再録したもの。
収録作品とあまりにも簡単な感想は以下。

第一章 俺と生活(PCエンジェル掲載)
主観、内輪ネタ全開で、簡潔っぷりがガン無視のバカ文のオンパレード。
第四章の俺とDVDのような購入日記ではなく、割とバラエティにとんだバカ文。
パソコンを即効でぶっ壊した話が好き。

第二章 俺とアメリカ(電撃大王掲載)
倉田英之とその他大勢のロス旅行記。
和月先生とか黒崎薫先生まで登場する。
ジャパニメーションの人気はすげぇな、と感じた。

第三章 俺とラスト・ラヴ(書き下ろしっぽい)
倉田英之、最後の恋愛活動。コスプレ外人(読子)に恋をして。
素晴らしく最低なラストであった。

第四章 俺とDVD(チャンピオンRED掲載)
いわゆるDVドロームです、松本英先生のイラストはカット。
チャンピオンREDである意味、一番狂っていたコラム。コラムなのに狂ってるってなんだ、それ。
ぶっちゃけ、RED買ったらまっさきに読んでました。私がこの本を買うきっかけになったのもこれが収録されていたから(だって、最初の方スクラップしてねーんだもん)。

主にDVDを何枚買ったか、とか何枚ダブってるか、とかそんな話。
オタクの浪費具合をこれでもか、と見せつけてくれる。そりゃ、谷口監督もキ○○イって言いたくなるよ。らきすたのDVD、そんなにいらねーだろ。
思い入れがある分、一番好きな作品です。

第五章 俺と俺の過去(小説誌ファントム掲載)
倉田英之の過去の話。今までで一番まじめな内容かもしれない。
みんな苦労してるのさ。

表紙
なんか表紙についても触れたくなったから書く。
うん、これはオタクの理想的な部屋だ。あ、オタクっていうと決め付けになりそう。
私にとって、に訂正。

このいつ崩れてくるか感が素晴らしいですね。
右側にある山崎のずっしりクリームデニッシュが生活感出てる。高カロリーだぁ。

ん、足元のフィギュアの箱はクイーンズブレイドですね、しかもカトレアだよカトレア。人妻とショタ。俺も持ってるよー。げ、黒のフランコまでありやがる。
……足元の抱き枕は天羽雅音かしら? おっ、水上悟志先生のサイコスタッフがあるよ。

やべぇ、中身よりも表紙の方がわくわくするぞ。……人の部屋の写真って案外見ていて楽しいモンですね。

総評
まぁ、著者の事を知ってる人なら買いなんじゃないですかね。ある程度、コラムなんかを読んだ人向けかなー。
私は満足しました。有名人いっぱい出てくるしね!

意外と歴史性も感じられる作品である。
最初の収録作品のときに倉田英之は30代なのに、後半じゃ40歳になってんだもんなぁ。ピアキャロとか懐かしいぞ。……いや、私はまだ20代なんですが……ね。

週刊少年チャンピオン連載。

スポーツ漫画を読むと、そのスポーツがとにかくスゴイもの、かっこいいものだ、ということが伝わってくる。
それと同時にそのスポーツをやってみたい、と「興味」を感じることがある。感じさせられるといった方が正しいか。

この作品はその興味の部分を「強く」感じさせられる漫画だと思う。
私はスポーツが苦手だし、好きでもないのだが(スポーツ漫画と格闘技観戦は別)、そんな私でも街中で見る自転車乗りの方を目で追うようになったり、自転車関連の語句で検索をかけるようになってしまった。

同誌でやってるサッカー漫画や野球漫画を見てもスポーツ中継を見たいとも思わないのに、だ。
もちろん、これはその作品が弱虫ペダルに劣っている、入れ込み具合が違う、などという理由ではない。断じて。

そもそも、私はそのうちの一作に毎週アンケートを入れているわけで。
じゃあ、なぜそんな興味を感じたのかというと、この作品のアプローチの仕方がそれら三作と違ったものだから。
少なくとも私にはそう思えたし、そう感じてしまった。

とにかく熱くて、とにかく呼び起こされる。意味不明なほどに。

これは主人公がこちら側に近いことが原因なのか(運動に苦手意識を持つ等身大のオタク少年)?
思えば、主人公のオタク描写、というより精神描写には感じるところが多いな(才能の差はあるし、向こうは漫画のキャラということもわかってるのに)。
シンパシー感じちゃってる、のかなぁ。

作品としての面白さに加え、こういった面(題材に興味を持たせる事)も兼ね備えている漫画こそが「王道」っていうのかもしれない。


ここからは単純な感想(ちとネタバレ含む)。
一話タイトルのメガネの女の子と左端のガタイのいい彼が気になる。
メガネの子はやはり坂道が求める仲間、なのだろうか。
左端の子は件の御堂筋くんだろうか。扱いからすると、次巻で出てくる先輩の一人とは思えないが。

両親がなぜフロントギアを細工したのか、その理由も気になるところ(ほっておくと自転車でどこまでも行ってしまう、という事以外にも何か理由があるような気がするので)。

関係ないですが、今、ヤングチャンピオンでも「サクリファイス」という自転車漫画をやっています(同名小説のコミカライズ)。
今、秋田書店は自転車が熱い!


……何とか感想書けたけど、上手くまとまらない、というか何が言いたいかが伝わらない。伝えられない。
これも面白い作品が持つ特有の感じだよ。ブロガー泣かせだよ、ほんとに。

なわけで、後はnadegataさんにまかせる。きっとよそ様のレビューもまとめてくれるだろうし。
ですので、残りはそこで(丸投げ)。
http://www.nintendo.co.jp/fe/fet_info.html
ミクシィでも書きましたが、こっちでも。当分、FEの記事を書くかもしれません。

で、キャラクターイラスト……すごくね? 士郎正宗だよ?

ナバールが無駄に紅いな、さすが紅の剣士。
後、マルス王子、脚太いなw 確かにこれで短パンだったら主人公としてあれだ。ギルティ初期のアクセルみたいな感じになっちゃうしな。
ていうか、全体的に筋肉すごいですね、王子。レイピアより大剣の方が似合ってそう。

……まぁ、ゲーム内でのキャラデザは士郎正宗先生とは似ても似つかないわけですが。
イラスト集なんかも出してくれるかなー。
久々の月チャン感想です。
・表紙はワースト。これかドロップしか最近は見てないなぁ。次回は違うようですが。
・賞味期限ありが連載百回記念に特別版コミックのプレゼント。外れたらショックだ……!

アンダーライフ(新連載)
平沢健二、新連載。
月チャンの温めてきた秘蔵っ子らしいが……この作品は……確かに最低だ。
テニスのヤツは良かったけど。うん、まぁ、ありなんじゃないか。……え、これ連載なの?

ヘル・フレイマン(読みきり)
鈴木大四郎、読みきり。今作でデビュー作。

女手一つで主人公の千鶴を育ててきた母親が再婚するという。
どんな相手でも受け入れるつもりでいた千鶴だが、目の前に現れたのは覆面プロレスラーだった。

図体の割には弱かったり、ゴキブリが嫌いだったり、その割りにはやるときはやる男だったり、と割りと典型的なキャラ作りだったが、フレイマン自体には好感が持てた。
後はページ数があって、千鶴やママの掘り下げが出来れば良かったのだが。
まぁ、このページ数じゃ仕方が無いかも。次回に期待。

空手婆娑羅伝 銀二!
古ちゃん、澤田、共に卒業。んー、やっぱり古ちゃんはここで退場か。
あごの爆弾のせいで、これまでのような堅実かつ迫力のある試合は出来ないだろうし、好きなキャラだけに少し残念だ。
まぁ、でも、研二が言っていたとおりそれだけが空手じゃないし、それだけが古川強ではないのだろうけど。
メインの二人がいなくなってしまったので、後は銀二の成長メインになるのかな。なんだかんだでひょっこり顔出してきそうな気もするけど。

後、単行本4巻に帯がついていて驚いた。秋田書店の単行本は一巻以降はほとんど付かないのに……。

明日のよいち
このカニカマはねーわwと思ってブログのラフ見たらさらにありえないカニカマで二重に吹いたww
ていうか、何でカニカマを持ち歩いてるんだ!

……って、カニカマの上の写真が! 三重でびっくりしました。

らいでん
あ、鯨紋生きてた。てっきり作画の都合で死んだのかと(刺青大変そうだし)……。
にしても毎号毎号展開が速いなぁ。出し惜しみ一切ゼロだ。個人的に今の月チャンでは一番好き。

もっと野球しようぜ!
これは相手方は自滅だろうなぁ。瓦解といったほうが正しいか?

あゆまゆ
某フィギュア漫画もこれぐらい下着を描き込んでくれれば……。

賞味期限あり!
連載百回記念センターカラー!!! 

百回か……長かったなぁ。
何よりこれが初のカラーだっていうところが泣ける(連載始まったのが2000年だよ?)。つうか、カラーの塗りが予想以上に上手い。
そして、連載100回記念に特別コミックプレゼント! ……うーん、普通に販売しても売り方次第ではいけるのでは? ……むりかなぁ、私は絶対買うけどな。

ちなみに、作品の概要については本スレの118様が懇切丁寧な説明をしてくれているのでそれを引用。


118 :作者の都合により名無しです:2007/08/22(水) 17:21:28 ID:4KDbyqwg0
>>113に代わって俺が答えよう。

リスとは?
優香あきみ原作の四コマ漫画「賞味期限あり!!」 の事で
「リスのラーメン屋さん」シリーズのリス店長が看板キャラ。

2000年より連載開始され、
毎回5~7ページの掲載であるものの現在月チャン連載中の作品の中では最長寿作品。
単行本は出版されていない(つ∀`) が月チャンの大リストラ期を乗り越えるなど
地味ながら隠れた実力派。
掲載される四コマ漫画の大部分はシリーズになっており
>>113の言った「リス」「阪神」とはその四コマシリーズの事を指す。
シュールなギャグが特徴で四コマ目はシリーズの主人公に対して周りがドン引きしてオチをつけるケースが多い。

「めっちゃキャン」作者の国広あづさがブログでこの漫画のファンであると書かれていた


オチの形は割りと一定だけど、基本的に外れが無くて面白い作品です。曲がりなりにも8年続いていますしね。面白いと思う方はきっと多いはず。
時流に合わせたギャグもあるし、これを機にチェックしてくれるとファンとしては嬉しいなぁ。

あ、コミックスはもう応募しましたよ。絶対当たって欲しいです。

次号予告
予告ページがすごい密度だ。
表紙&巻頭カラーが明日のよいち。さらに衝撃告知があるらしいようですが……。
クローズZERO、ドロップに続き、とも書いてあるので映像化でしょうね。
もちろん実写、ではなくアニメ化の線が濃厚なんじゃないでしょうかね。フィギュア化はもうやったしな!
次号が楽しみだー。

読みきりで伊藤蘭「俺様が大将」が掲載。漫画賞出身ということなので、これがデビュー作かな。
前回の記事の続き、というか補足です。色々な情報をいただいたので改めてまとめてみました。

ヤングマガジン
ほぼマガジンと同じ。携帯電話からの投票も可能。
あて先カードの捕捉もあるのである意味マガジンより親切か?
聞いていることは少年誌よりも複雑。

ヤングジャンプ
ジャンプと同じく綴じ込みハガキ式。このやり方が集英社の強み。
面白かった作品BEST3に加え、面白かった作品全てを選ぶ欄まであり。漫画ファンにはかなり嬉しい仕様。
設問はかなり突っ込んだことを聞いている様子。やはり青年向けか。

コミックバンチ
こちらはアンケート用紙式。
携帯電話からも投票可能。設問は普通。

ヤングガンガン
綴じ込みハガキ式。
面白かった作品三つに加え、面白かった作品全てにも○をつけられるオタ歓喜仕様。いいなぁ、これ。
設問は答えやすいものが多い。意見欄もきちんと取ってある。

漫画ゴラク
用紙式。
全ての作品に面白いor面白くないの評価をつけることが可能。
設問はかなり容易でお手軽。あて先カード無し。

赤マルジャンプ
ジャンプと全く同じ。さすが増刊。

ホットミルク
ハガキに設問の答えを書く形式。あて先カード無し(あて先欄が縦書きなので切り取ってはるにも工夫がいるかも)。
応募券があるのでそれを貼って投函。結局のりは使うらしい。

プルメロ
あて先カードありの用紙式。チャンピオンと似ている。
違いは住所カードも分かれているところ。ちょっと貼る手間が多いかな。

ペンギンクラブ
プルメロに同じ。

テックジャイアン
アンケート送料負担が売り。

追記
コミックアライブの単行本に挟まっているハガキ式アンケートも送料負担でした。
今はどうだかわかりませんが。

総評
綴じ込みハガキの利便性にくわえ、ヤングキングのような全作品に票を入れることの出来るというズボラな漫画オタク嬉し涙目な仕様のヤングジャンプ、ヤングガンガンのやり方はかなり理想的なものだと思います。
特にヤングガンガンは自由に意見を書く余白のスペースまで考慮してあるのが素晴らしい。
というわけで、Sinsenのアンケート脳内ランキングではヤングガンガンがチャンピオンになりました。
おめでとうおめでとうー

……えー、以上です。前回の記事&コメント欄と併せて読んでいただけると幸いです。
情報をくれた中備さん宇都宮勇さん、その他コメントをくれた皆様、ありがとうございます。
引き続き何かあればこちらのコメント欄にどうぞ。
ラノベ作家140人ソート

1 甲田学人
2 田中ロミオ
3 乙一
4 紅玉いづき
5 おかゆまさき
6 日日日
7 浅井ラボ
8 有沢まみず
9 支倉凍砂
10 嬉野秋彦
11 土橋真二郎
12 葵せきな
13 桜庭一樹
14 十文字青
15 片山憲太郎
16 奈須きのこ
17 谷川流
18 冲方丁
19 秋山瑞人
20 上遠野浩平
21 米澤穂信
22 時雨沢恵一
23 古橋秀之
24 成田良悟
25 西尾維新
26 ハセガワケイスケ
27 平坂読
28 壁井ユカコ
29 阿智太郎
30 鈴木大輔
31 入間人間
32 榊一郎
33 高橋弥七郎
34 ヤマグチノボル
35 有川浩
36 鎌池和馬
37 あざの耕平
38 神坂一
39 竹宮ゆゆこ
40 高畑京一郎
41 清水文化
42 水城正太郎


まぁ、だいたいこんな感じ。引き分けは一切選ばないから割としっかりとした順位が出た……かな?
一位は納得です、はい。
ギアス
オレンジが仲間になったら嬉しいかも。というか、かなり距離が縮まったなぁ。
サヨコさんはいいケツしてた。うん、まだ、あんまり見てないんだ。
シュナイゼルがOPのトリにいるのが気になるなぁ。あと、南がロリコンすぎてたまらない。

・何回も見直してしまった。……シャーリー……。
公式で完全に死亡扱いされてるので、復活はなさそうですね、悲しいです。というか、人員整理感が否めない。
せめてフィギュアを出してあげてください。りゅんりゅん亭のやつ。

・もうオレンジなんて言えないぜ……。これまた公式ではルルーシュの臣下扱いに。
さすがに裏切りイベントをやってる暇は無さそうだから最後まで仲間のままかな。
それならそれでいい。肉弾戦も強くなったしな。

・新OP、アーニャとジノが気になるなぁ。特にジノの暗い表情。

・ロイドさんってはっきりいってセンスが無いですよね。紅蓮、魔改造しやがってwww

・咲世子さんの新衣装がありえません。とても20代半ばの女性が真顔で着るもんじゃねぇぇぇ!
というか、私の中で咲世子株がここ二週間で急上昇なんですがw

sayokoketu.jpg

画像は拾った。さよこさん天然かわいいよさよこ。


ペンギン


まとめて。つーか、書くことがありません。各自脳内補完……おーけー?



で、最新話。

まさか地上波放映とはな……大きく出たな、ニコニコ。
コメントも地上波で流すという試みは面白いと思うが、その記念すべき第一歩がなんで第10話なんだろう。
10話っていうと、あれですよ? 伊集院鰈がメインの回ですよ? 主人公空気ですよ?
そんなに鈴木裕斗さんを前面に押し出したいのだろうか。まぁ、彼は掘り出し物だとは思うけど。

何から何まで謎な展開だ……。読めん、ニコニコの動向が……。
後、ねんどろいどペンギンは読んでました。OPのちまちま絵だったら買うかもしれん(まず無いと思うが)。
・DS&DSvisionプレゼント企画開始。お試し版は無料とのことだけど……一巻ダウンロードは315円か……。配信作品にもよるけど、普通に単行本買ったほうがいいような。フンドシやらブンガ二巻以降やらが補完してくれるならいいんだけど……。
ところで、DSvisionのためし読みのところに鉄鍋のジャン無印があるのですが、版権はどうなってるんだろう。文庫版はメディアワークスから出てるのに……。
・イカ娘ポスター、ノスタルジックでいい感じ。で、ノスタルジックってどういう意味?
・クローバー表紙、相変わらずかっこいい。良し、次はHADOU表紙だ!

天国遊戯‐ヘヴンズゲーム‐
優子は記憶を失い、もう一人の参加者であった義弟も優子を失った。

うーん、こう来たかー。予想以上にすっきりしたエンドだったかな。
まぁ、でも、この内容だったら前後編一緒に掲載してほしかったかな。
予想するのは楽しかったけど、テンションが少し下がってしまった。

後半が弟メインになってしまったのもどっちつかずな感じで惜しい。
もっと、どちらか二人の心情に踏み込んだ表現が欲しかった。

とはいえ、ここ最近の読みきりではダントツに面白かった。ミステリー分の補充も出来たし。
また、人物を変えて再掲して欲しいものだ。お疲れ様でした。

クローバー
安藤さんの小物化がとまらない。というか、小物を通り越してもうミジンコ以下のちっぽけなやつだ。
この作品の場合、出てくる敵がインフレでなく、デフレ(精神的に)しているのが面白い。

しかし、モジャ兄はいいが、モジャ弟の存在意義がわからない。
喧嘩に参加するでもなく、じいちゃんを助けるわけでもなく、ただ突っ立ってるだけ……。
毎回、面白い服装をしてくるとかじゃないと……インパクトないぞ。

ギャンブルフィッシュ
ウェアの下を脱げと言ったら全部脱がれてしまった。
しかし、これが月夜野だったらよしきた! と言って……。あなおそろしやー。
にしても、裸率たけぇなぁ。雪山である事を忘れてしまいそうになる。

範馬刃牙
突きならぬ貫手ということか。……いやー、ここまでしても通用するかどうか。
ピクルどころか、オリバも無理なのでは?
ここは郭の爺ちゃんを呼んでくるしか……。

ナンバMG5
吟子、住む世界の違う人間との出会い。
いやー、ラブでコメってきたんじゃなイカ?
ヤンキーがバレるとしたら身内関連か、佐藤君が不良に絡まれて吟子が素を見せちゃうって展開か……。
何にせよ、今までとは違う展開になりそう。

侵略!イカ娘
僕も大人なので深夜アニメをかかさず見ています。セキレイとか。

弱虫ペダル
部長はどうみても歴戦の傭兵って感じがする。
まだお前のリタイアは認めていない、か。とても数年前まで義務教育だった人間の吐く台詞とは思えません。かっこいいからいいけど。

でもって、坂道が新機体に乗り換え完了!
いやー、燃えるわ、これ。ロボットアニメの王道展開がまさかスポーツ漫画で見れるとは思わなんだ。
次回からは猛追が始まるのかな? それとも、初めはある程度振り回される?
どちらにせよ、面白くなりそうだ。

D-ZOIC
ルルランコンビが見ていて微笑ましい。やってることは悪以外の何者でもないが。
ゴッロは良いヤツ、ちぃ覚えた。

みつどもえ
みっちゃん、予想以上にバカだ……。ていうか、授業中なのに机の上に何も出していないなんて。
まぁ、でも「ふたばの作ったてるてる坊主よ」は良い台詞だと思います。

ちなみに、あのカッチンカッチン(トングっぽいの)はうちの学校では月夜野を捨てるのに使ってました。
掃除用具入れには入れてなかったけど。野良犬が多かったんだよぉ。

ストライプブルー
アー坊がちゃくちゃくと兄貴化しています。
色恋沙汰なだけに、もっと根が深くなりそうですが。
そして、相変わらずのりっぺなんとかが入る隙が無い。もう俺のとこきちゃえよ。

金縛っておくれよベイベー
作品の質もテンションも内容も前二話と変わらず。
なのに……その……ちょっと飽きた。

毎週読むとなるとどうしても目新しさを求めちゃうからダメなんだろうか。
ひとみ先生なんかは様式美的な面白さがあったのだけど。

武器がハイテンションの一つしかないだけに、再読性に欠けるのも関係しているのかもしれない。
月イチならいいのだけど、週イチで読むとなると……。ページ数ももう少し欲しいかも。

ただ、一見さんにはこれ以上ないほどわかりやすい作品でしょうね。何話から読んでもキャラと世界観が把握可能。
そういった意味ではみつどもえとは逆の作品です。あの作品は一話から読んでこそ、だと思っているので。

聖闘士星矢 冥王神話
うーん、シオンとユズリハは本物っぽいかな? でも、テンマとヤトがいない事の説明が……何よりシオンの黄金としての面子が……。
実は部屋に入って結界を見つけた時点で、ヒュプノスのフィールドに入っているんじゃないかなぁ。
陰腹は熱かった。

悪徒
麻酔とは銃撃ですか……ていうか、猛獣用って。
次の日に起きてくる陽虎も陽虎だけど。
このまま戸塚を出ちゃうんでしょうかね。それはそれで勿体無いような。まぁ、残る理由は消えてしまうのだけど。

天井ギリギリの身長の野火さんがツボった。

マイティハート
これは新しい幹部連中の人かな。微妙にナルシストっぽいが、それだとシヴァルツと被りそう。

覇道
盛り上げ方がわかってるなぁ、キヨマサ。
ヒロもヒロでだいぶ貫禄が出てきた。

LOOK UP!
僕がメロスだ!
痛いけど、かっこいい! キモイけど熱い!
相反する要素が干渉しあってここまでの熱を発するとは……。
カリヤンのキャラもかっこよくていいなぁ。この掲載位置は勿体無いよ。
あ、今回もアンケ入れました。

現代怪奇絵巻
>カーブで体を~
格闘ゲームで「痛っ!」っていうのも禁止ですかね?

>友達がいないと通信~
これはある。そもそも私のようなぼっちにとってはゲームは一人でやるものなのに、協力前提ってもうね……。
なんで、ゲーム内でもそんな関係を味わう必要があるねん。
リメイクFFTの通信システムはかなり最悪だと思います(よって買ってない)。

CTC
みつみ美里の名前が普通に出てくる投稿コーナーって……。

ところで、文字ネタに投稿する場合、一枚のハガキにいくつまでネタが書けるんですかね。
多く書きすぎるのはダメなのはわかってるんですが。教えてエロイ人。
や、別に投稿するわけじゃないですわよ。うふふうふふ。

次号予告
表紙&巻頭カラーはクローバー。
センターカラーは弱虫ペダル。

シリーズ読みきりはトラベラー第二弾。
カットの雰囲気が前回とだいぶ違うけど……現代劇なのか?

てっきり、前の続きが載るとばかり……。
さぁ、ついに五行のターンだ!
汗が出るか、血が出るか、尿が出るか、ふ(ry

……あれ、案外普通? というか、前作初期に出していた人体に(適度に)優しい料理みたいですね、これ。
犬の小便云々はちょっと驚いたけど、それ以外では特にびっくりするようなもんではなかったかな。

というか、少し食べてみたいですな、これ。

そして、忘れ去られていた男、リュウが動き出す!
「俺もXO醤も進化し続けているんだ!」

いや、大丈夫なのか、こいつ……。いくら物が進化しても使い手が使い手だと振り回されると思うのだが。
まぁ、リュウジ自体のレベルは結構高くなってるんだろうけどさ。フランベ知らないその他のキャラに比べたらさ。

期待半分(ネタ的に)、不安半分。旨ければ御の字。さぁどうなるのかなー。
後、蹴られていた望月がすごい輝いてました。彼は馬鹿なこと言って虐げられてナンボですからねー。

一位:三峯徹(なぜこの方が……)
二位:スク水ホルダー(みんなそんな気になってるのか?
三位:聖痕のクェイサー(未だに根強い人気)
四位:土居坂崎(光栄だな)
五位:コードギアス 二ーナ(前期放送時にニーナがニナニーなんて記事を書いてからずっとこれだよ! はい、常にこの言葉がランクインしとります。

一位の上は当ブログ名であるグレースタイルがランクインしています。いつもワードランク一位なので、殿堂入りさせました。
……たぶん、これはファッション関連の言葉で来ているんでしょうね。毎回見るとしたらいちいち検索かけないもんね、きっと。

ご期待の内容でなくてすいませんでした。これを機にチャンピオンどう?

ちなみに、それ以降はドスペラード、土井坂崎(これは誤字です)、山本賢治、感想 鉄鍋のジャン、チャンピオン マイティハートと続きます。
こうしてみると、週チャン関連の言葉がかーなーり少ないのですね。

ちなみに、悪徒はランキング16位でした。沢編集長より下。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。